pia さん プロフィール

  •  
piaさん: ぴあのピアノ
ハンドル名pia さん
ブログタイトルぴあのピアノ
ブログURLhttp://think-think.seesaa.net/
サイト紹介文大人のピアノ練習記録。大人初心者ならではの練習法、ピアノ曲やピアニスト、本・楽譜の紹介など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2013/04/08 08:16

pia さんのブログ記事

  • ベートーヴェン:ソナタ13番、只管練習中 ♪
  • 「只管練習中」ってなんだか中国語みたいだが、れっきとした日本語。「ひたすら練習中」と読む。…というか「ひたすら」と入れたらこの漢字が出てきた。何となく、ひらがなよりも一生懸命やってる感じがする…?ちなみに「只管打坐」(しかんたざ)という言葉があり、これは「ひたすら座禅すること」。私の場合は「只管打鍵」…(^^;)??それはさておき、ベートーヴェンのピアノソナタ第13番第1楽章も、練習を始めてもうすぐ1カ月に [続きを読む]
  • 世界の(いくつかの)音楽院のYouTubeチャンネル
  • 数日前にカーティス音楽院のネット活用が進んでいる話をご紹介した。→《カーティス音楽院のサイトでトイピアノの演奏が聴ける ♪》→《カーティス音楽院の音源、デジタル化・クラウド化大計画!》このときに実は、カーティス音楽院の YouTube チャンネル(↓)もそこそこ充実していることを発見した。Curtis Institute of Musicそこで、思いつくままに他の音楽院のチャンネルもチェックしてみた。The Juilliard Schoolジュリアー [続きを読む]
  • ベトソナをピアノ教本にしようと考えた話(畏れ多くも…)
  • ベートーヴェンのソナタ13番、第1楽章の Allegro 部分で苦労している。アルペジオやスケールを組み合わせただけのものなのに…。もともと、基礎から練習してきたわけじゃないので「基本」が出来てないことには自信がある…(^^;)? 数年前にピアノの練習を始めたときから「基本練習は曲の中でやる」ことにしていて、今回もこの Allegro 部分は「基本練習」を兼ねて、やや多めの繰り返し練習をしている。…で、そればかりだと飽きるの [続きを読む]
  • ベートーヴェン:ソナタ13番、一進一退?
  • ベートーヴェンのピアノソナタ第13番第1楽章も、約3週間練習してきて、3月いっぱいで終わるとすればあと10日ほどとなった。1週間前は「少しは方向性が見えて来た」という、ちょっと明るい状況だったが、今回はやや悲観的な近況報告になりそうだ。というのも、やはり中間 Allegro 部分がなかなかうまくいかないのだ。基礎を積み重ねてきていないことによる「基本技術」のなさが重くのしかかっている感じだ…。悩んできた指使いにつ [続きを読む]
  • ピアノ独習者の仕上がり基準=ラクに弾ける+心地よく弾ける ♪
  • 先日、《ベートーヴェン:ソナタ13番「心地よく弾く」を目指す ♪》の記事に戴いたコメントに対する返事に、何気なく「曲の仕上がり」のことを書いた。記事には「ラクに弾く、気持ちよく弾くことはとても大事なことだと思う。それがあるからピアノの練習は楽しいのだと思う」と書いた。jjsdg さんに戴いたコメントは「心地好さがメルクマールかもしれませんね」というもので、それに対する私の返信が下記のようなもの。(メルクマ [続きを読む]
  • ヴェルビエ音楽アカデミーの受講生ピアニスト
  • ヴェルビエ音楽祭 (Verbier Festival) は、スイスのスキーリゾート地ヴェルビエで夏季に開催される有名な音楽祭だが、同時に音楽アカデミーも行われている。その受講生が発表されていた。ピアニストは次の8人。その中に、2015年の浜松国際ピアノコンクールで優勝したアレクサンデル・ガジェヴの顔が…。去年のリュカ・ドゥバルグのリサイタルで見かけて以来、なんとなく親近感を感じているピアニストだ。《浜松国際ピアノコンクー [続きを読む]
  • ベートーヴェンのメトロノーム記号
  • 先週の記事《ベートーヴェン:ソナタ13番、指使いが定まらない…》で書いた、「?.=108=112」と2つの数字が並んでいるメトロノーム記号であるが、ネットで調べた範囲では見つからなかった。結論としては、「?.=108 or 112」か「?.=108〜112」と理解するしかないと思った。…が、あとで説明するが、この数字もかなり怪しい気もしている。一説によると、ベートーヴェンの時代のメトロノーム、つまりメルツェルさんが発明したばかり [続きを読む]
  • 合奏でテンポが速くなる(走る)原因が分かった!
  • ピアノなどの楽器をやっていると、曲やフレーズによっては走りやすい(速くなりがちな)ことがよくある。…が、実は合奏においては、自然にまかせておけばほとんどの場合「走る」のだそうだ。そしてその原因が科学的に解明されたというニュースがあった。→合奏のテンポ、速くなるのはなぜ? 東大が原因解明私自身は合奏することもないし、そもそも合奏でテンポが速くなりがちなことさえ知らなかったのだが、ちょっと面白かったの [続きを読む]
  • ベートーヴェン:ソナタ13番「心地よく弾く」を目指す ♪
  • 前回は「前途多難」的な報告になってしまったのだが、この1週間で少しは方向性が見えて来た気がする。一つの大きな進歩?は、最初の右手和音(↓)がきれいに鳴るようになってきたこと。といっても、上達したわけではなく、ソフトペダルを使うことで和音の響きがイメージする音に近づいただけのことなのだが…。楽譜をよく見ると "1 C." と書いてあって、Allegro のところに "3 Corde" と書いてあったので、これらが "una corda"( [続きを読む]
  • クロッカスはタネで増える!→辻井伸行@Wigmore Hall
  • ピアノとは関係ないけど、嬉しい発見をしたのでご紹介…(^^)♪発見!…春の花、クロッカスは球根で増えるというのが常識。でもタネでも増えるらしいのだ!実は、我が家の庭に毎年クロッカスが群生するようになった(↓)。心なしか年々増えているような気もする。球根を植えた覚えのない場所なので長年の謎だった…。で(やっと…(^^;)…)調べてみた。…が、なかなかちゃんとした情報が見つからない。園芸関係のサイトには球根の [続きを読む]
  • モントリオール国際コンクール
  • 昨日、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールのことを書きながら、そういえば3月にコンペチターが発表されると言っていたモントリオールはどうなったんだろうと…久しぶりにサイトを覗いてみた。24人の写真が並んでいた。日本人は今田 篤さんただ一人のようだ。昨年のエリザベート王妃国際ピアノコンクールのファイナリスト。あいかわらず韓国勢はすごい。24人中7人もいる。こちらはロシアは1人だけ。ざっとみた感じでは、知っ [続きを読む]
  • LFJ:ネルソン・ゲルナー
  • 数日前に書いた《LFJ:フランソワ=フレデリック・ギィ ♪》に続いて、もう一人チケットをゲットしたネルソン・ゲルナー(Nelson Goerner)について。LFJ(ラフォルジュルネ)の紹介には「アルゼンチン出身の注目のピアニスト 」「LFJ初登場」とある。1969年生まれで、1990年ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門で第1位を獲得している。詳しいプロフィールなどは本人のサイトが日本語なので、こちらをどうぞ。2015年に50人の [続きを読む]
  • ベートーヴェン:ソナタ13番、指使いが定まらない…
  • 久しぶりのベートーヴェンということで意気込んで始めたソナタ13番(第1楽章)。まずは、曲そのものを大まかに把握することと、指使いを決めたり、難所を探っている「譜読み」の段階であるが、早くも暗雲?が漂っている感じ…。三部形式(ABA')のうち、とりあえず A と B を見ているところだが…。A パートは、プロの演奏を聴いている印象と比べると、想像していたより難しいと感じる。Andante なので舐めていた…わけでもないの [続きを読む]
  • LFJ:フランソワ=フレデリック・ギィ ♪
  • 数日前に、ラフォルジュルネの先行抽選の結果が送られてきた。《ラフォルジュルネ2017のプログラム発表 ♪》の記事に書いた、一番気になったネルソン・ゲルナーとフランソワ=フレデリック・ギィのリサイタルを申し込んだのだが、両方とも当選してしまった(^^)♪くじ運の悪い私が当選するくらいだから、あまり人気がないのかな…?とか考えてもあまり意味がないので、素直に喜ぶことにした。…で、二人とも聴いたことがないので、ち [続きを読む]
  • 『楽譜を読むチカラ』から「いい演奏」のヒント ♪
  • 「いい音楽」とは何か、「いい演奏」とは何かということを、ずっと(ときおり)考え続けている。その全体像はなかなかつかめないのだが、いくつかの側面が垣間見えたりすることもある。これまでに書いたいくつかをご紹介しておく。《「いい音楽」とは》《ピアノから音楽が聴こえて来る演奏 ♪(チャイコンから)》《いいピアノ演奏の条件?「音楽」を奏でるために…》で、今日の記事は『楽譜を読むチカラ』という本の感想文その3 [続きを読む]
  • 『楽譜を読むチカラ』からピアノ練習のヒント♪その2
  • 『楽譜を読むチカラ』という本の感想文(その1)を書いてから(↓)ずいぶん経ってしまったが、感想文その2である。《『楽譜を読むチカラ』チェロ奏者からピアノ練習のヒント ♪》表情をつけるヒント曲に「表情をつける」ときにヒントになりそうなことが「特徴をつけて演奏しよう」という章に書いてある。下記のような項目について説明してあるが、ここでは、自分の練習に参考になりそうなことを順不同で書いておこうと思う。1. [続きを読む]
  • お知らせ:チャット・ツール「チャットポート」の運用テスト
  • お断り今日の記事はピアノとは関係ありません。また、この「お知らせ」内容はパソコンを対象としたものなので、スマホなどには影響はありません。今日から1カ月ほど、このブログでチャット・ツールの運用テストを行います。(知人がやっている会社がこのツールを開発したという関係で…)このブログをパソコンのブラウザで見ると、ブラウザ内の右下にチャット受付中!とかお問合せ受付中!といった、青い付箋紙のようなものが表示 [続きを読む]
  • シューベルトのソナタ14番:一応終わり一応満足 ♪
  • シューベルトのソナタ第14番第1楽章、今月末までのつもりだったが、あと3日を残して昨日で終わることにした。スポーツ選手のコメントではないが「今できることはやりきった」みたいなことを感じたからだ。もちろん、まだ思うように弾けていない「難所4」も残っているし、他の難所も毎回ノーミスという訳ではない。でも、引っかかりながらも通して弾くことはある程度できるようになったし、正直、ちょっと飽きてきたところもある…( [続きを読む]