pia さん プロフィール

  •  
piaさん: ぴあのピアノ
ハンドル名pia さん
ブログタイトルぴあのピアノ
ブログURLhttp://think-think.seesaa.net/
サイト紹介文大人のピアノ練習記録。大人初心者ならではの練習法、ピアノ曲やピアニスト、本・楽譜の紹介など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2013/04/08 08:16

pia さんのブログ記事

  • 音楽の魅力とイチゴの甘さ ♪
  • イチゴを食べながらふと考えた。音楽の魅力、音楽を聴いていいな〜と思うところは、イチゴで言えば甘さ(美味しさ)に当たるのかな?…と…(^^)。酸っぱいイチゴも甘いイチゴも「イチゴ」であることに変わりはない。でも、できれば甘くて美味しいイチゴを食べたい。下手なゴルトベルクも上質のゴルトベルクもバッハの作品であることには変わりはない。でも、できれば心から「これいいな〜♪」と思える名演を聴きたい。家庭菜園でも [続きを読む]
  • 10分間練習法:ピアノの効率的練習方法?
  • 定年後の趣味のピアノを始めてからずっと「大人向けの効果的な練習方法」みたいなことを考え続けている。例えば2014年の目標(振り返り)はこんな感じ(↓)だった。《My Piano Life 2014 振り返り4:ピアノ・音楽を考える》この年は頑張ったみたいで、まとめ記事(↓リンク集)を作ったりしている。《[まとめ] 大人のための効率的ピアノ練習方法》ホントに効果があったのか?効率的だったのか?は定かではない。半分は、こういう [続きを読む]
  • スタインウェイを買うなら1900年〜1967年もの?
  • 「ニュースタインウェイ」という単語が気になって、つまりスタインウェイのピアノに新モデルがあるのか?と思って、図書館にあった『スタインウェイとニュースタインウェイ』という本を借りてみた。まぁ、私にはまず縁のない(せめて試弾くらいはしてみたい…)スタインウェイのピアノであるが、製作年代によってかなり品質が違う、ということが書かれている。この本には、スタインウェイの品質が低下していることに対して一石を投 [続きを読む]
  • ピアノの中には宝物が眠っている…?
  • ピアノの中には宝物が眠っている。その素晴らしい音楽という宝物を取り出すのはあなたのピアノの腕…。…という話ではなく、本当にピアノの中から金貨がザクザク(913枚、6kg以上)出て来た、という話!〓?ピアノの鍵盤の下から金貨913枚、数千万円相当 英大学〓?古いピアノの中から金貨900枚 誰が?何のため? 英国イギリスのある夫婦が古いアップライトピアノを大学に寄贈した。で、そのピアノを調律しようとした調律師が鍵 [続きを読む]
  • ラフォルジュルネ2017のマスタークラス ♪
  • ベトソナ第13番を第1楽章から始めて、気がつくと第4楽章まで来てしまって、基礎練習とかヴォイシングとかあれこれやっているうちに、ついラフォルジュルネのことを忘れていた。…わけではないが、いつのまにかマスタークラスなどの関連(無料)プログラムが発表されていた。ピアノのマスタークラスだけ抜き出すと…。5月4日(木・祝)12:30〜13:30 フランソワ=フレデリック・ギィ18:30〜19:30 マルク・ラフォレ5月5日(金・祝)1 [続きを読む]
  • ピアノ演奏でのカロリー消費量は?
  • 3月からずっとベートーヴェンのソナタ13番を、半分はピアノ教本がわりにしながら練習している。実は、うちのカミさんもこのところベートーヴェンのソナタを弾いていたりする。で、カミさん曰く「ベートーヴェンは元気があるときじゃないと弾けないわねぇ…」。まぁ…そうかも知れないと思いながら…。自分の場合を考えてみると、そうとばかりも言えないようだ。例えば、風邪気味でしんどいときも、私の場合、練習は苦にならない。 [続きを読む]
  • ピアノのヴォイシング、ボイシング、voicing…?
  • 私が初めて「ヴォイシング」(voicing)という言葉を知ったのは、ピアノにおける和音の弾き方・練習方法を調べていたときのこと。→《Piano Lesson:和音の弾き方:基礎》このときは、連続和音の練習をしていて、いちばん上の音を旋律として際立たせることをヴォイシングというのか、と思っていた。上の記事で紹介した Graham Fitch 先生のビデオ・レッスンはとても役に立った。 その後、いちばん上だけではなく、和音の縦に並んだ [続きを読む]
  • ベートーヴェン:ソナタ13番、第4楽章追加.!?.
  • 3月下旬に第2楽章を追加し、4月上旬に第3楽章を追加しと、やや暴走気味の練習を続けてきたのだが、昨日ついに第4楽章(最終楽章)の譜読みを始めてしまった…(^^;)…!!??何とかなりそうなメドがついたとか、そういうのじゃなく、3楽章の思わせぶりな終わり方に抵抗できなかった?のである。→《ベートーヴェン:ソナタ13番、無謀にも第3楽章追加!》「…ここまで弾くとつい次の楽章も弾きたくなる。いや、厳密に言うと、弾きたいわ [続きを読む]
  • ピアノを目で弾く:ちょっといい動画 ♪
  • 昨日の記事を書いているときに見つけた、ちょっといい動画。♪ Eye Play the Piano手や腕が不自由な子供が、視線を使ってピアノを演奏するというもので、実際にクリスマス会で合唱のピアノ伴奏をしている動画である。ヘッドマウントディスプレイをつけている男の子が演奏者。前にあるのは自動演奏ができるピアノ。そして前方スクリーンに映し出されているのが、男の子が見ている画面と目による「演奏」操作の様子。技術としては、 [続きを読む]
  • ピアニストはどこを見て演奏しているか:視点計測動画
  • 「ピアニストはどこを見て演奏しているか」という記事(↓)のご紹介。〓?Where Pianists Look When They Play以前、シューベルトのソナタで、どのタイミングで鍵盤のどこを見るか悩んだこともあり(↓)興味津々で読んだ(観た)。《シューベルトのソナタ14番:鍵盤を見るタイミングと場所 ♪》記事の動画は YouTube(↓)にもある。ピアニストは計測用のメガネをつけている。黄色い点が見ている場所。このタイミングではジャン [続きを読む]
  • ラン・ランが腱鞘炎!?…インフルエンザの次は…
  • 今朝、ピアノ関連ニュースをチェックしていたらラン・ランのこんな写真(↓ニュース記事から引用)があった。指長くていいなぁ、なんか自慢してるのかな?と思ってタイトル(↓)を見たら「ラン・ラン3ヵ月休養(予定キャンセル)」とある。〓?Just in: Lang Lang cancels next three monthsで、記事を読んでみると "inflammation in his left arm"(左手の炎症)のため医者に6月末まで完全休養するように言われたらしい。要する [続きを読む]
  • レスピーギのピアノ曲
  • 先日、クラシック音楽館(NHK Eテレ)でレスピーギの「グレゴリオ風の協奏曲」(ヴァイオリン)を聴いた。これがなかなか良かったので、ピアノ曲(独奏曲)でいい曲がないか調べてみた。レスピーギ(イタリア、1879 - 1936)といえば「ローマの〜」3部作くらいしか知らず、それもどんな曲だったかすぐには思い出せない…(^^;)。この人は若い頃に古楽の勉強をしたようで、その影響で「グレゴリオ風の…」などを書いているようだ。そ [続きを読む]
  • ピアノケープ?ピアノカバーの話 ♪
  • ピアノに関するニュースをチェックしていたら「ピアノケープ」という言葉に遭遇した。それって何?と思って調べたら、ピアノカバーの一種らしいことが判明。モノ好きなので、そのままの流れでピアノカバーのことを調べてみた。色んな種類があり、専門メーカーがあり、特注するときの型紙の作り方動画ありと、なんか暇つぶし的に楽しめた ♪ちなみに、ウチのピアノにはなぜかカバーがかかっていない…。一番高いピアノカバー…とい [続きを読む]
  • ベートーヴェン:ソナタ13番、無謀にも第3楽章追加!
  • 先週、畏れ多くも「基礎の練習曲」として第2楽章を追加したばかり(↓)だが、数日前、無謀にも第3楽章を追加して譜読みを開始した。《ベートーヴェン:ソナタ13番、第2楽章追加で基礎練習 ♪》《ベトソナをピアノ教本にしようと考えた話(畏れ多くも…)》理由は、簡単に言うと「基礎練習」だけだとさすがに飽きてしまうから…。現在の「基礎練習」の課題は、第1楽章の Allegro 部分と第2楽章の3つの課題(↓)。「基礎」の課題は [続きを読む]
  • アルゲリッチのピアノデュオ(2台ピアノ)
  • ちょっと前に、2台ピアノのための曲を探索しようと思い立ったのだが、何を聴いていいのかよく分からずあまり進んでいない。《ピアノ・デュオの曲集(全音)》で、ふと思い出したのが、アルゲリッチが結構 2台ピアノのデュオをやっていることだ。なので、アルゲリッチがどんな曲を誰と弾いているのか、という興味で YouTube を探索してみた。色んな発見があって面白かった ♪〓は共演ピアニスト、〓は私のお気に入り度(1〜3個)→ [続きを読む]
  • 『ピアノ教本選び方と使い方』という本…
  • 図書館の新着図書に『レッスンの効果を倍増させる! ピアノ教本 選び方と使い方』という本が入ったというメールが来たのでとりあえず予約してみた。この3月に出たばかりの本だ。昨日、その本を借りて来たので、パラパラと読んでみた。まぁ、私のような我流の独習者にはあまり役に立たないだろうと思ってはいたのだが、予想以上に「対象読者」ではなかったようだ…(^^;)。タイトルを見て少しだけ期待したことは2つ。ひとつは、中上 [続きを読む]
  • 基礎練習を曲の中でやることの言い訳?
  • 何度か記事に書いている(↓)が、ベートーヴェンのソナタを「基本技術」の練習に使わせてもらっている。《ベトソナをピアノ教本にしようと考えた話(畏れ多くも…)》《ベートーヴェン:ソナタ13番、第2楽章追加で基礎練習 ♪》まぁ、私としては「基礎練習は曲の中で」と決めているので、これで問題ないのだが、心のどこかで後ろめたさ?のようなものを感じていない訳でもない。つまり…①ピアノが上手くなりたいんだったらチェル [続きを読む]
  • ピアノ・デュオの曲集(全音)
  • 数日前の記事で《アンスネス+アムランのピアノ・デュオ!♪》の話を書いた。で、この2人のプログラムの曲を一通り聴いてみて、けっこう面白かったので、しばらくピアノ・デュオ(2台のピアノのための〜、 2 pianos 4 hands)の曲を探索しようと思っている。→〈ピアノ・デュオの曲を聴いてみる〉→〈ピアノ・デュオの曲(聴くための候補)〉2台のピアノのために書かれた作品はほとんど知らないので、楽譜や YouTube などいろいろ [続きを読む]
  • 【お知らせ】PCのブログを模様替えしました
  • 【お知らせ】久しぶりに(初めて?)ブログの模様替え(テンプレート変更)をしました。ただしパソコン版だけです。スマホ版はとりあえずほぼ以前のままです。あまりの変貌に(別のブログに来てしまった?と…)驚かれた方、ゴメンなさい。失礼しました。使っているブログシステム(Seesaa)のデザインシステム変更があり、新しいテンプレートが出来たので試しています。落ち着くまで今しばらく時間がかかると思います。どうかご容 [続きを読む]
  • ベートーヴェン:ソナタ13番、第2楽章追加で基礎練習 ♪
  • 10日ほど前に、第2楽章を追加して、第1楽章の Allegro 部分と合わせて、ひたすら基礎練習を繰り返している。→《ベトソナをピアノ教本にしようと考えた話(畏れ多くも…)》冗談交じりに作った「ぴあの練習帳」(↓)が第2楽章の練習項目になっている。この第2楽章の3つの「基本練習」は、とりあえずそれなりに進んでいる。音のパターンが覚えやすいので、暗譜とまではいかないが、ほとんど楽譜を見ないで練習できるようになって [続きを読む]
  • アンスネス+アムランのピアノ・デュオ!♪
  • "the Guardian" にレイフ・オヴェ・アンスネスとマルカンドレ・アムランのピアノ・デュオのレビュー記事が載っていた。"Leif Ove Andsnes/Marc-André Hamelin review ? irresistible power and superb teamwork"記事の出だしは次のような感じ…。「ウィグモア・ホールのような小さいステージでは、2つのピアノがタイルのように組み合わさって、音は一つの本当に "grand" な楽器から聴こえてくるようだ」「アムランとアンスネスと [続きを読む]