pia さん プロフィール

  •  
piaさん: ぴあのピアノ
ハンドル名pia さん
ブログタイトルぴあのピアノ
ブログURLhttp://think-think.seesaa.net/
サイト紹介文定年後の趣味のピアノ独習日記。 聴く楽しみ、弾く楽しみ、練習法を考える楽しみ…♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2013/04/08 08:16

pia さんのブログ記事

  • ピアノの音は色彩豊かな球体!♪上原ひろみインタビュー
  • 昨日の記事に「『いい音』は響き(情報量)が豊か ♪」という話を書いたが、ピアノの音を「球体」と表現しその響きの膨らみと色彩を大事にするピアニストの言葉に出会った。それは、ジャズピアニスト上原ひろみさんがインタビュー記事(↓)の中で、ピアノの音の響きや色彩豊かな「音のパレット」について語っている言葉。何度も頷きながら読んだ。〓?素晴らしいピアノは音の色彩豊か、上原ひろみ 理想の音楽とは「毎回ピアノの [続きを読む]
  • 2015年のチャイコン優勝者はロシア人じゃなかった!ギワク?
  • 中村紘子さんの最後のエッセイ集『ピアニストだって冒険する』を読みながら、一瞬「目がテンに」なってしまった。それは、次のくだりを読んだとき…。これはピアノ部門に参加した或る西欧の審査員が漏らした話だが、今年(2015年)のピアノ部門の最終結果を嫌ったゲルギエフは、表彰式当日になって他の審査員に断りもなく独断で順位を変えてしまったそうである。その時は、ロシア人以外の外国人審査員の大部分は既に本国に向けて帰 [続きを読む]
  • 近況:ベトソナ3番第2楽章で2種類の脱力練習 ♪
  • 前回の近況報告で書いたように、今回「脱力」というか「ラクに弾く」がまったくできていない感じがしている。…ので、かなり気にしながら2種類の「脱力」?を練習の中に取り込んでいる。一つ目は和音が続くA部分(↓)。といっても、重い和音が続くわけではなく「重音」といった方がいいのかもしれないが…。Aいまだに和音は苦手意識があって、構成音の同時打鍵、音量のバランスなどが思うようにいかない。和音が連続する場合には [続きを読む]
  • ババジャニアン、ちょっと面白い:アルメニアの作曲家・ピアニスト
  • 《2017年秋冬の来日ピアニストのリサイタルを眺めて…》にちょっと書いた、シャルル・リシャール=アムランがリサイタルでとりあげるババジャニアンという作曲家についてざっと調べてみた&聴いてみた。ちょっと面白い ♪Wikipedia や PTNA を簡単に要約すると…。アルノ・ババジャニアン(Arno Babadzhanian、1921年1月22日 - 1983年11月11日)は、アルメニアの作曲家でピアニスト。民族的色彩の強い作品を残している。ハチャトゥ [続きを読む]
  • 一番お金をかけている音楽祭は?
  • 面白い記事を見つけた。まったくの興味本位ですが…(^^;)。世界の「音楽祭」でどのくらいのお金がかかっているかという話。〓?WHICH FESTIVALS SPEND THE MOST MONEY(一番金を使っている音楽祭はどれだ?)その金額ランキングのトップ5を見てみると…。1. Salzburg ? 62.5 million Euros ザルツブルク:約82.3億円2. Verona ? 44.3m ヴェローナ:約58.3億円3. Glyndebourne ? 31.1m グラインドボーン:約40.9億円4. Bayre [続きを読む]
  • 2017年秋冬の来日ピアニストのリサイタルを眺めて…
  • 《ピアノカレンダー2017/2018:来日ピアニスト,コンクールなど》をしばらくぶりに追加・更新した。サボってたのでずいぶんリサイタルが増えている…(^^;)。記事を更新しながら、思ったことをいくつか…。12月6日に「モスクワ国際グランドピアノコンクール」優勝者・日本人入賞者コンサートというのがあって、優勝者のアレクサンダー・マロフェーエフくんと日本人入賞者の奥井紫麻(しお)ちゃんが出演するようだ。ところがそのポス [続きを読む]
  • キーシンが作曲家デビュー!?
  • 数日前から、コンポーザー・ピアニストというものに興味を持って、その探索手段としてピアノ音楽の作曲家("piano composer")を調べ始めた。→《ミゲル・デル・アギラのピアノ曲いい♪:現代ピアノ音楽作曲家探索》そうしたら、エフゲニー・キーシンが今年のヴェルビエ音楽祭で自作の曲を演奏したという記事が目にはいった。〓?MEET KISSIN THE COMPOSER(動画付き)雰囲気からして、アンコール曲ではないかと思われる。曲は "To [続きを読む]
  • ミゲル・デル・アギラのピアノ曲いい♪:現代ピアノ音楽作曲家探索
  • 《『蜜蜂と遠雷』風変わりな感想文?》に「コンポーザー・ピアニスト」に対する期待をちょっと書いた。「コンサートピアニストによる新曲発表リサイタル」なんていいよね ♪ という話も…。そこで、さっそく現代の「コンポーザー・ピアニスト」をネットで探そうとしたのだが、なかなかうまく見つからない。どうしよう?と思っていたら、英語の Wikipedia にいいページを見つけた。"List of piano composers" という項目で、ピアノ [続きを読む]
  • 選曲週間、迷走中?…でも新しい発見も ♪
  • 9月の初めから、何の方針も候補曲もないままに「選曲週間」を始めてしまった。なので、手当たり次第というか、家にある楽譜で以前候補にした曲などから探している。なので、何というか、候補曲としては変わり映えしない…(^^;)。何となく考えているのは、《近況:モーツァルト終了&選曲週間?》に書いた下記のぼんやりとしたイメージだけ。あまり難しくない、比較的短い曲で、1〜2ヶ月の練習で「止まらずに、全曲をコントロー [続きを読む]
  • 『蜜蜂と遠雷』風変わりな感想文?
  • 読書の秋に向けて…というわけではないが、そして今更という気がしないでもないが、恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を読んだ。小説はほとんど読まないのだが、テーマが国際ピアノコンクールということで読んでみた。これが実に面白かった。第156回直木賞(2017.1.19)、2017年本屋大賞(2017.4.11)を受賞しただけのことはある。それにしても、よくこれだけのリアルな(実際のコンクールで実在のコンテスタントがそれぞれに苦悩し進化 [続きを読む]
  • 近況:モーツァルト終了&選曲週間?
  • 数日前の近況報告《近況:モーツァルトのピアノソナタK.570時間切れ?》で、モーツァルトのソナタをどうしようか?という迷いを書いたが…。結局、8月末で「おしまい」ということにした。もう少し頑張れば…とか、この曲でもう少し基本練習をしようか?とか、いくつかの心残りがないわけではないのだが…。我ながら進歩の遅さにちょっと呆れながら、さすがにモチベーションの維持が難しくなってきたようなので、この辺りで気分を [続きを読む]
  • 近況:モーツァルトのピアノソナタK.570時間切れ?
  • 気がつくと8月も残りわずか、今やっているモーツァルトのピアノソナタK.570(第1・2楽章)、このままではかなり残念な結果になりそうだが…。続けるか、時間切れで一旦?終わりにするか、迷うところである。なのだが…1週間ほど前に「新規まき直し」を宣言し、この曲の「弾き方の色々研究?」をやり、「仕上げまでの遠い道のり」を認識し…、と頑張ろうとしていたところなのだけど…(^^;)。ちょっとだけ言い訳をすると、実は最 [続きを読む]
  • 本『クラシックの新常識』?
  • 若い頃は自分自身で「クラシック音楽ファン」だと思っていたのだが、最近は「(クラシック)ピアノ音楽ファン」だと思うようになってきた。オーケストラの曲で知っている、あるいは聴いたことのある曲はかなり限られているし、室内楽などほとんど知らないに等しい。それに世の「クラシック・ファン」が大好きらしいオペラやバレエ音楽にも興味がない。でも、少し(一通り?)は知っておきたいとも思う。…ので、たまに思い出したよ [続きを読む]
  • ブゾーニコンクール始まった:今夜、守重結加さんライヴ ♪
  • ブゾーニ国際ピアノコンクールが始まった。今夜6時(日本時間)のライヴ・ストリーミングは日本人の守重結加さんが登場する(↓)ので聴いてみるか?イタリアとの時差は7時間なので、現地11時からのセッションが日本時間で18時になる。これなら睡眠不足にならずに聴くことができる。ブゾーニのライヴ配信画面には、「7時間後に…」という表記に加えて、日本時間の「8月23日午後6時」とか表示してくれるので便利だ。「リマイン [続きを読む]
  • ピアノの本棚2017 ♪
  •  2017年に読んだ本(更新中) 2013 2014 2015 2016?:お薦め、→:関連記事『蜜蜂と遠雷』?恩田 陸→『蜜蜂と遠雷』風変わりな感想文?『痛快! クラシックの新常識』:許 光俊→本『クラシックの新常識』?『バイエルの謎: 日本文化になったピアノ教則本』?安田 寛→『バイエルの謎』面白い!最高のミステリー ♪『ピアノ奏法―音楽を表現する喜び』?井上 直幸→井上直幸氏の『ピアノ奏法』いい!座右の書にしよう♪『ス [続きを読む]
  • ピアノの上達?曲の仕上げ?遠い道のり…
  • 以前、自分のピアノ練習手順を整理してみようと思ったことがある。→《私のピアノ練習手順:1曲を仕上げる?まで》その時の手順は次の4段階。1. 譜読み:曲を知る・指使いを決める2. 暗譜:曲を覚える・指を慣らす3. 部分練習:弾き方訓練4. 通し練習:通して弾けることこれでは不十分なことをうすうす?感じていたようで、「5. 仕上げ:音楽として」みたいな項目を追加できる日がくるといいなぁ…、などと書いてもいる。最近、 [続きを読む]