剽右衛門 さん プロフィール

  •  
剽右衛門さん: 剽右衛門の陶芸と自転車 ぐるぐる。GO!GO!
ハンドル名剽右衛門 さん
ブログタイトル剽右衛門の陶芸と自転車 ぐるぐる。GO!GO!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/s_hyouemon_t/
サイト紹介文陶芸とロードバイクで、ただ今、人生絶賛迷走中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/04/07 17:33

剽右衛門 さんのブログ記事

  • 試作簡易小屋③
  • 暑くなってくると午後の作業はしんどいです(^^;箱組完了。そして筋交いを入れます。作業が終わる頃には全身水をかぶったかのように汗でグッショリしています。 [続きを読む]
  • 試作簡易小屋②
  • ほぼ一ケ月遅れでお送りしております【独立準備】のコーナーです。7月某金曜日。土曜日。日曜日。天気がもちそうだったので、続行。草刈りをしながらの作業なもんで、なかなか一気には片付きません。写真をつなげてみたのですが、この広さを草刈りですからね(^^; [続きを読む]
  • 試作簡易小屋①
  • 先日、カケヤがなくて中断した、小屋造りを開始します。まず、束石のフラットをおおまかに出し、その周りに杭を3点打ちます。その杭に適当な垂木ないし板を打ち付けます。この垂木で柱を固定します。柱が長すぎました(^^;ここまで高いと逆に使い辛いかも知れません。切ってしまうのももったいないんで、別の短い材をあてがいました。同様にもう一本。このやり方だと一人で柱が建てられます。横木を渡し、番線で固定します。通 [続きを読む]
  • 解体材、調達⑮
  • さて、調達してきた木材の養生です。まずは2基目の保管場所をやり直します。下から、梁>太柱>細柱、と横に積んでいき、縦は垂木をかまします。梁と太柱がほぼ片付きました。幾分かスッキリしたでしょうか。で、3基目なんですが、次は趣向を変えようかと。残った材は垂木と板がメインなんで今までの積み方では不安定な気がします。そこで簡易式の小屋を組んでみようかと。角材ではなく、細い丸太を番線で括って簡単に造ろう!が [続きを読む]
  • 解体材、調達⑭
  • さて、解体材の搬出もいよいよ大詰めを迎えました。この土曜日は2tダンプ2台で二往復して、一挙にカタをつけちゃおう、という按配です。しかしながら、一点問題がありまして・・・この山積みしてある所からダンプを停められる所までが少々離れてんですよね〜。クレーンも相当大きなものを用意しないと届かないので断念。結局、手積み(・_・、で、もう一つ問題が手積み要員も私含めて2人。これがキツかった。2台のダンプを満 [続きを読む]
  • 解体材、調達⑬
  • 壊れたデジカメは早速新調いたしました。こうやってブログ記事にすることが私の活力源になってるといいますか、【後に引けない状況】を作り出しているのは事実なんで(^^;で、先日の終わりの状況がこんな感じです。こうやってみると、そこそこの斜面なのが判りますね。それが、こんな感じに。次のダンプ場所もスッキリ確保。ゴツイ梁が何本か投げてありますが、もう、虫が入ってボロボロなんで、これは材としては使えないかなぁ [続きを読む]
  • 解体材、調達⑫
  • 平日は午後の作業になります。暑いです。めちゃ暑いです。先日つくった木材置場の隣に同じようなのをつくります。まずは、このゴソをどかして下草をキレイに刈り込みます。これだけでも1時間近くかかるのが泣けてきます(^^;斜面がややキツいので水平をしっかり出してやりましょう。右手(北側)の方が高くも見えますが、水準器あてがってみると、これでもまだ左手(南側)の方が高いんですよね。不思議フシギ(^^;と、思い [続きを読む]
  • 骨折
  • しょ〜もないことで小指のラインの甲の骨が折れました(・_・、7月29日の『はりちゅう早朝エンデューロ』はDNSです(TДT)独立準備の山仕事は幸いにも力仕事が済んでたので助かりました。それにしても、なんだかなぁ〜、です。 [続きを読む]
  • 解体材、調達⑪
  • 解体材を貰ってきても、そこらに投げっぱなしではすぐに痛んでしまうので、きちんと整理整頓しなくてはなりません。まずは置場の確保。このスペースは落とした枝などが散乱していたのですが、それをどかした上で丁寧に草刈をします。短めの梁があったんで、これを輪木として使います。ちょっと斜面なんで、ブロックを敷く場所の水平を出しておきます。厳密に言えば右手下がりなのですが、これくらいなら良しとしましょう。これに長 [続きを読む]
  • 解体材、調達⑩
  • 解体材の調達がいよいよ詰めに入りました。6月某土曜日。前日まで現場にクレーンがあったらしく、2tダンプに1杯積んでおいてもらいました。重量のある梁を中心に積んでくれてます。これをダンプすると現場に取って返し、柱を手積み。で、ダンプを返しに現場に戻り、最後の駄賃に垂木を軽トラへ積みます。この日は軽トラに垂木を積んだまま帰宅。翌日、山へ降ろします。軽トラは手降ろしになります(^^; [続きを読む]
  • サマーエンデューロード in はりちゅう 2017
  • 7月2日に兵庫県の播磨中央公園でおこなわれた「サマーエンデューロードinはりちゅう」に参加してきました。コースは毎度の【自然散策ゾーン】コース右回り。午前の部で下りS字の連続カーブ④で落車事故があったとのことで、午後の部の試走はありませんでした。今回の目標というか自分の中でのポイントは『S字カーブ④を抜けた後の小さな上りをアウターのまま押し切る』でした。スタート①から③までの上りは勾配・距離ともにキ [続きを読む]
  • 伐木⑥
  • 母の友人たちが4人で梅の実を採りに来ました。わざわざ採ってあげるのは面倒なんですが、こうして採りに来てくださるのは大歓迎。幾分かでも仕事は進むし、自分が陶芸のための施設を自力で造ろうとしてることのアピールにもなるんじゃなかろうかと。 [続きを読む]
  • 伐木⑤
  • だんだんと拓けていってます。薪置場がいっぱいです。これ以上積まない方が良いかと思われ。次の輪木を早く用意できれば良いのですが。 [続きを読む]
  • 伐木④
  • 梅の実を、近所のおじさんに「好きなだけ採っていいよ」と声をしたら、作業を手伝っていただけました。手慣れた手つきで枝を落としてくださいました。裸になった梅の幹は小枝を落として薪に。柿と違って重いです。 [続きを読む]
  • 伐木③
  • 伐った木の枝は焼却炉を造って燃やそうと思ってたのですが、アテにしてた耐火煉瓦の入手が外れました。なんで、使いでの悪い北側急斜面を夏から秋くらいにかけて重機でザックリ掘って、土窯の焼却炉にしようかと考えてます。薪は順調に増えていってます。 [続きを読む]
  • 伐木②
  • とりあえず、柿の木から倒していってます。と言うのも、梅はちょうど実がなってるんですよね(^^*なんで、枝を落として実をもいでいってます。薪の置き場に程よい輪木があったので渡してみました。トタンを被せるとバッチリです。 [続きを読む]
  • 伐木①
  • 下草を刈れたら次は伐木でしょうか。はじめは画像中央やや上あたりに置いたブロックの辺に焼却炉でも築いてやろうかと思ってたのですが、あてにしてた耐火煉瓦の入手がフイになったので後回しに(^^;逆に南斜面をどんどん上っていくことにしました。とりあえずは柿から。枝先はいずれ焼却。根元に近い太目の幹はサイズをとってカットします。こんなんでも薪として使えるでしょう。輪木が入るまではこうして一時保管。 [続きを読む]
  • 草刈り⑥
  • 山のようにある解体材を受け入れるために、用地を整えます。ついでに全体的に草刈りも。ちょっと目を離すと、すぐ草ボーボーです(^^;とりあえず、南斜面は今年中に造成までしときたいので解体材は北斜面にダンプしてもらうべく整えてみました。それから、サッシに目をやると、隙間に泥を噛んでたので、洗い流しとかないと錆がきてしまいます。なんやかんやとやること一杯ですな(^^; [続きを読む]
  • 解体材、調達⑧
  • 平日は午後から一便です。瓦の調達が終わったら、この仕事もおしまいだとばかり思っていたのですが、施主さんから「木がまだまだあるよ〜」嘘やん。ホンマでした。ただ、コンディションはあまり良くなくて、木材として使えそうなのは少量。さて、ど〜しよう。で、考えた結果・・・条件①これらを処分しようとすると結構な額の処分料がいるらしい条件②私の窯場用地はこのあと果樹を処分するために焼却炉を築く予定結論①燃やすこと [続きを読む]
  • 解体材、調達⑦
  • サッシの次は瓦です。セメント瓦なのですが工房の屋根にふくためではなく、排水溝に使ってやろうかなどと考えています。トタンも結構な量がいただけました。しか〜し!セメント瓦って重いんですね(^^;この積み方ですら過積載(多分)。走ってるとケツが振れまくり。車を停めて足回りを確認すると、サスはへたってませんでしたが、タイヤがヤバ気。めっちゃノロノロ運転で1時間ちょいの道のりに1時間半ほどかかりました。 [続きを読む]
  • 解体材、調達⑥
  • この日は土曜日で午前中は山で解体資材を整理していました。手前右のトタンがある所が元々資材を置いていた所なんですが、そこから10?ほど北に移動させました。こうしておくと、伐木が済んで「さぁ、造成だ!」となった時に南斜面だけをまず造成し、それが済んだら資材を造成地に移動。その後、北斜面を造成、と作業に無駄がなくなるかなぁ、と。が、しんどかったッス(^^;午後からは資材の調達。窓等、サッシをいただいてき [続きを読む]
  • 解体材、調達⑤
  • さて、この日で解体業者さんがおしまいです。と、なるとクレーンで積み込んでもらえなくなり、さすがに梁を人力で積むのは無理があるだろうということで、梁3本を無理やり積載することになりました。積載して走りだすと、なんだか金属の軋むような音が(((( ;゚д゚)))バックミラーなどで積荷を確認すると、見た目は問題なさそうなんですが、とにかく音がヤバ気。もちろん速度は法定速度順守!つか、ウマで後方を上げてるおかげで重 [続きを読む]
  • 解体材、調達④
  • 平日は午後のみ一便です。あとは梁がほとんどなのでクレーンで積載していただきます。この日は梁2本に柱2本。短めで重い梁なので降ろすのに難儀しました。重くても長いものだとバランス次第では自重でズザァーっと動いてくれるのですが(^^; [続きを読む]
  • 解体材、調達③
  • 某日曜日。解体業者さんのお休みの日こそ頑張って資材を搬出しないといけません。さすがプロ。あっというまに解体されてました。この日はここにある柱と板材を搬出することにしました。一度で半分以上積載できましたよ(^^;片道1時間超の運転が実は一番しんどかったりします。板材が二便目の柱の下になると嫌なので自宅裏の物置に一時避難。二便目、積載。転がってるのは朽ちて使い物になりそうにないものです。これは業者さん [続きを読む]