剽右衛門 さん プロフィール

  •  
剽右衛門さん: 剽右衛門の陶芸と自転車 ぐるぐる。GO!GO!
ハンドル名剽右衛門 さん
ブログタイトル剽右衛門の陶芸と自転車 ぐるぐる。GO!GO!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/s_hyouemon_t/
サイト紹介文陶芸とロードバイクで、ただ今、人生絶賛迷走中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/04/07 17:33

剽右衛門 さんのブログ記事

  • 乾燥棚・製作 其の陸(加工)
  • さてさて、竹桟の固定ですが、太さのままならない竹でフラットを出すために台座をこしらえたわけですが、当然台座の高さは据える竹の太さによりまちまちなわけです。と、言うことは固定のためのボルトの長さも画一化はできないわけでして、その対策としてボルトの自作(^^;全ネジの長いのからグラインダーで切り出します。一本一本、現物合わせで切り出せば、ま、こんな感じでしょうか。一か所、節がへんなトコに来たのですが、 [続きを読む]
  • 乾燥棚・製作 其の伍(調整)
  • 竹桟の台座を造るのですが、その前に棚本体に筋交いを入れることにします。これで左右のぐらつきが治まりました。前後への筋交いは竹桟を取り付けた後にします。台座部品を加工します。必要な部品が揃ったところで仮組。こんな感じです。ネジくぎで固定したところで、フラットが出ているか確認。ま、概ねOKで充分なんですが(^^;台座が全て揃いました。次は竹を台座に固定します。 [続きを読む]
  • 乾燥棚・製作 其の肆(伐竹)
  • 乾燥棚に差し板を渡すための桟を竹でつくります。まずは山へ入って竹を伐り出し、必要な長さにカットします。で、本数が揃ったところで、仮置きしてみました。ただ、竹が微妙〜にねじれてたり太さが違ったりするので、このままではフラットが出ません。そこで次は竹桟にかます台座を造ることにします。 [続きを読む]
  • スプリングエンデューロ in はりちゅう 2017
  • 3月5日に播磨中央公園でおこなわれた「スプリングエンデューロinはりちゅう」に参加してきました。コースは昨年暮れのまさにこのコース。120分の耐久レースですが、前半はボチボチいい感じ。今年の冬は割合乗り込んでた成果が出てると思った矢先・・・バチィ〜ンッッフロントディレイラー辺りから爆ぜた音がしたと思ったら、フロントが変速できなくなりましたノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!フロントインナーで頑張って脚を回したんで [続きを読む]
  • 乾燥棚・製作 其の参(組立)
  • 木材に穴を開けたら、いよいよ組立です。インパクトでボルトを打ち込んでいきます。けっこう歪んでますが、とりあえずはこんなもんでしょう。もし強度や安定感に不安があるようなら、筋交いを噛ませば多分OK。次は差し板をのせるための桟を竹で作ります。 [続きを読む]
  • 乾燥棚・製作 其の弐(穿穴)
  • 木材の研磨が済んだら、次は穴を開けていきます。大工さんならホゾを切って組立られるようにするんでしょうが、私は穴を開けてボルトで固定する方法を採ります。奥側の踏み台に載せてあるのは垂直に穴を穿つためのガイドです。それはそうとして、冬の寒さも和らぎ春もすぐそこって感じがしてきましたよね。 [続きを読む]
  • 乾燥棚・製作 其の壱(研磨)
  • さて、備前陶芸センターでの練習は見切りをつけ、自宅でロクロの練習ができるよういままでの「趣味の作陶部屋」を【プロ仕様】へと改造することにしました。その【第一弾】が乾燥棚です。いままでは普通のスチールラックで乾かしてましたが、ロクロ技術を曲がりなりにも修めた今となっては収納力が今一つ。陶芸用として売ってるものは10万円前後するので手が出ない。と、なれば今後独立にむけて大工仕事は必須になることもあるの [続きを読む]
  • 山本兼一 『修羅走る関ヶ原』
  • 関ヶ原を舞台にした群像物語とでも申しましょうか。一章を一人の武将でクローズアップし、そこに深く関わった武将を次章の主人公にするという展開でさまざまな思惑が交錯する様を描いています。全体としては大名よりもその家臣である島左近(石田)、蒲生郷舎(石田)、明石全登(宇喜多)、松野重元(小早川)、可児才蔵(福島)といった侍大将たちが魅力的でした。山本兼一は合戦描写が下手だと思っていたのが本作の合戦シーンは [続きを読む]
  • ギザ SS-L329 ナノ ブレーキ ライト デュオ
  • リアブレーキのキャリパーに付けるストップランプです。最近はブレーキ感知式のリアライトが出てるのでそっちにしようかと迷いましたが、サドルバッグとの相性を考えた結果、とりあえずコレで。エンデューロで周回遅れにされることを考えたら、付けといてもいいのかなと。上級者からすれば「変なトコでブレーキかけんなや!」と思うことでも、初心者からすれば一杯いっぱいの状態なわけで、それならば少しでも早めにブレーキをかけ [続きを読む]
  • キャットアイ ボルト800
  • も〜、超定番です!レザインのゴツイ奴を下りで落として速攻コレを買いました。まぁ、これが良い悪いではなく、天地逆に装着するならこれより重量があると安定しないということなんでしょう。光量はトンネル使用には十分な感じです。最近は普段の練習走行にて点滅使用しています。以前に比べて対車でヒヤッとすることが減ったかも知れません。【ヘッドライトの旅】はこれにて終了かな(^^; [続きを読む]
  • 謹賀新年2017
  • 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。2016年は大晦日の時点で・・・39109uu73681pv・・・でした。一昨年の同時期には・・・30747uu59141pv・・・でしたので、昨年は 8362人の方に 14540回ご覧いただいた訳ですね。ありがとうございました。さてさて、ロードバイク以外の2016年回顧と2017年の展望ですが、昨年は(も?)仕事が波乱まみれでして、現場責任者と揉めて3月末で辞める [続きを読む]
  • 2016ロードバイク総括
  • 12月10日のはりちゅうをもって今年のロードバイクが閉幕しました。今季の成績を簡単に。5/15  もみのき耐久レース・春 12位/14名5/22  TD大山5/29  TSタカタ耐久・春 44位/57名6/12  鳥取CM7/23  はりちゅう早朝 38位/50名8/7   土佐CR9/4   はりちゅうフルコース 26位/37名9/11  もみのき耐久レース・秋 24位/27名9/25  HCダルガ峰  [続きを読む]
  • はりちゅう・冬 2016
  • 12月10日に「サイクルエンデューロin播磨中央公園」へ参加してきました。冬のはりちゅうは午前の部・午後の部と二部制になっており、私は午後の部(ソロ)へ。このコース図は午前の部ですね。午後の部はこの逆回り。全体図では右の【自然散策ゾーン】を使ってます。上の図ではポイント③が一番上がりきったところです。スタートからほぼ平坦ながら若干上がって下るポイント⑦へ向かい、ポイント⑥から上りになり、⑤〜④の中間 [続きを読む]
  • 陶芸センター・一日チケット【11月】
  • 備前陶芸センターは1年間の研修を修了した本科生を対象に「一日チケット」なるものを発行しています。(多分この説明で問題ないと思います。詳細は備前陶芸センターまで)10枚一綴りでいくら、という感じでして、私は2回これを購入したわけですね。で、今回をもってチケットがなくなりました。次回はというと、先生がお古の電動ロクロをくださるというので、今後は自宅で修練に励むということになりそうです。鶴首もいよいよ詰 [続きを読む]
  • みろくの里サイクルフェスタ 2016
  • 11月19日に広島県福山市で行われた「みろくの里サイクルフェスタ」に参加してきました。今年は随分とエンデューロに参加しましたが、思えば昨年のこの大会が皮切りでした。昨年と違い、今年は土曜日に90分耐久、日曜日に180分耐久と二日にかけて行われるようになり、私は土曜日の90分耐久に。リザルトは・・・47周(約51.7?) 32位/48名・・・でした。AVEは34.36?/h。まぁ、コースはほぼ平坦でホーム [続きを読む]
  • 北播磨サイクルエンデューロ 2016
  • 11月3日は兵庫県の三木総合防災公園でおこなわれた「北播磨サイクルエンデューロ」に参加してきました。一周約3.3?の平坦基調コース右回り。遊戯広場を抜けたあたりから野球場前が下りとなり、桜の広場前が上り。メインスタジアムの出入り口がヘアピンコーナーとなっており、意外と曲者。二時間ソロの部にエントリーしまして、リザルトは・・・19周 2:06:07 69位/95名AVEが29.82?/hと目標の30?/ [続きを読む]
  • 陶芸センター・一日チケット【10月】
  • やっぱり鶴首の練習になってしまいます。前回で口縁の造りが安定してきたのですが、ここにきてようやく首の内部にヒダらしきものが出現してきました。あまり手数をかけずに首を絞れればこのヒダは出現するのですが・・・。ただ、首の肉厚をギリギリのところで勝負することになるので首がねじ切れるモノ多数・・・(^^;すぐに潰して形に残してませんが、紐造りの鶴首にも挑戦。紐の積み上げが雑だったためうまくいかなかったので [続きを読む]
  • TSタカタサーキットサイクル耐久レース 秋2016
  • 10月23日に広島県安芸高田のTSタカタサーキットでの2時間耐久レースに参加してきました。朝7:30からの受付で発走が10:40という謎のスケジュールでしたが、オートバイの走行会も併催されてたんですね。朝が早かったんでひと寝入りすっかと思いきやエンジンの爆音でそれどころじゃねぇっス。コースは春と同じく外周1.8?を時計回り。リザルトは・・・39周:125m12s758(ソロの部最下位)・・・いや、 [続きを読む]
  • 秋の窯焚
  • 9月末から10月上旬にかけて先生の窯焚きがありました。原則、年2回の窯焚きをしているのですが、今年は木の仕事に忙しく春の窯焚きが中止に。昨年は私の(独立資金稼ぎの)仕事の合間にお邪魔して勉強させていただいたのですが、今年は諸事情もありガッツリ窯詰め〜窯焚き〜窯出しのフルコンボ。狙う景色によって変わってくる窯詰めの基本的な考え方や、窯焚きでの温度帯に応じた下くべの所作などを教わりました。で、おまけ( [続きを読む]
  • レザイン SUPER DRIVE 1200XXL
  • さてさて、先だっての「ライト新調」の一つがコレ。レザイン SUPER DRIVE 1200XXLも〜、めっちゃ明るいッス!暗いトンネルで無重力感覚に怯えることもありません!ただ、先だっての画像のように上下逆に取りつけてたところ・・・舗装が悪くガタつく下りでアタッチメントが外れ、どっかにすっ飛んで行きました。ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!結構高かったんで、割とマジで凹んでます。 [続きを読む]
  • ヒルクライム in ダルガ峰 2016
  • 9月25日に2年ぶりのダルガ峰に参加してきました。一旦下ってからの4?〜5?地点が相変わらず極悪というか、脚を削り心を折ってきます。今回はここで足を着いてしまっていた方を数名見かけました。15%にもなろうかという斜度だとリスタートもままならないと思います。いや、ホント、まじでキツイんですよ。リザルトは59m56s。順位はまぁ、ほぼブービー。前回は不覚の1時間超えだったので今回は自分の中では及第点。 [続きを読む]