ひるごけ さん プロフィール

  •  
ひるごけさん: 浮かず沈まず七十五日
ハンドル名ひるごけ さん
ブログタイトル浮かず沈まず七十五日
ブログURLhttp://75nichi.blogspot.jp/
サイト紹介文特にオチのない日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/04/08 22:11

ひるごけ さんのブログ記事

  • 夕方前の散歩
  • 15時30分頃、久しぶりに散歩しました。 歩いて思い知りましたが、この時期の散歩は早朝か夕方以降の時間帯にするべきです。それ以外の時間帯では危険です。 途中で引き返しました。 [続きを読む]
  • 無糖のコーヒー
  • 無糖のコーヒーを飲んでいます。眠気に効くときと効かないときとがあります。 今日は効果があったようです。 砂糖やミルクをどばどば入れた、コーヒーとは呼べない代物の方が好みです。 [続きを読む]
  • 選曲について
  • 職場の上司にカラオケに連れて行かれました。 参加者は7名、そのうち40代と50代は5名でした。何を歌えば良いのか、とても悩みました。 最近練習した曲は「ようこそジャパリパークへ」です。 「世界に一つだけの花」とか「風になりたい」とかで逃げ切りました。休み明け早々、苦しい時間を過ごしました。 [続きを読む]
  • 帰省と騒音
  • 実家に帰省しました。今回も3日間を怠惰に過ごす予定です。 夜、家の外が騒がしくなりました。 見ると、母と子の組み合わせが2組、キャーキャー遊んでいました。鬼ごっこのようなことが行われていました。 せめて、夏らしく花火で騒いで欲しいと思いました。 [続きを読む]
  • 想起する
  • 大学生の頃を思い出すと、少し元気が出ます。 平日の昼間から散歩ができた日々、朝までゲームで遊べた日々。 大学生時代のような日々に戻るため、頑張っているのだと思います。 [続きを読む]
  • 就活と回答
  • 職場見学が行われました。集まった就活生は4名でした。 就活生からの質問への回答要員として駆り出されました。 仕事へのやりがいや残業時間など聞かれました。自分も過去に同じようなことを質問した記憶があります。 1時間弱の対応でしたが、とても疲れました。 [続きを読む]
  • 研修と醍醐味
  • 研修のため、広島にいます。 今日の研修は座学だけだったので楽でした。ディベートやグループワークなどが行われると疲労度が跳ね上がります。 ホテルでだらだらと過ごす時間は至高です。出張の醍醐味だと思います。 [続きを読む]
  • チェンソー
  • 人生において初めてチェンソーを使いました。 刃を進めるのは難しく、扱いに苦労しました。想像と違っていました。 武器として使うにはセンスが必要だと感じました。 [続きを読む]
  • 眠気覚ましのドリンク
  • 眠気覚まし用のドリンクを服用しました。どうしようもないくらいに不味かったです。 味覚を刺激して眠気を覚ますように作られていました。「気付け薬」という印象を受けました。 気軽に飲めるものではないことが分かりました。 [続きを読む]
  • 意見の一致
  • 地元で友人に会いました。最近は男の娘がお気に入りだそうです。 居酒屋、公園、駅前と場所を変えながらだらだら会話しました。 楽しい時間でした。 お互い、働くのには向いていないという意見で一致しました。 [続きを読む]
  • 渋滞と待ち時間
  • 車を運転し、実家に帰りました。道中は車で混み合っていたので、動き出すのをぼんやりと待ちました。 話し相手が欲しくなります。 とても疲れました。出発は早朝にすべきでした。 [続きを読む]
  • 初日という意味
  • 今日がゴールデンウィーク初日であるというニュースが流れていました。大多数に漏れず、1日、2日は仕事です。 ゲームセンターに行きました。 初音ミクのぬいぐるみを取って帰りました。自転車のカゴにすっぽり入るようなサイズです。 帰宅後、棚に飾ると、スカートに目がいきました。 白でした。 めくる瞬間、ドキドキしました。許してほしいと思います。 [続きを読む]
  • ただの苦痛
  • 歓迎会がありました。5,300円の出費でした。 あまり楽しくはなく、むしろ、苦痛でしかありませんでした。さらに、現在、頭痛がします。 2度と出たくはありません。 [続きを読む]
  • 先輩として
  • 約1ヶ月後、職場の説明会があるそうです。就活生がやって来ます。 その際に、「先輩」として質問などの受け答えをするよう命じられました。 嫌です。 就活生が1人なら気まずく、2人なら気を使います。3人以上は手に負えません。 他に適任者がいると思いましたが、逆らうことはできません。どうしようもありません。 [続きを読む]