おおパパ さん プロフィール

  •  
おおパパさん: おおパパの茅ヶ崎日記
ハンドル名おおパパ さん
ブログタイトルおおパパの茅ヶ崎日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mtkisco327
サイト紹介文食べること、呑むこと、海のこと、旅すること、遊ぶこと、そんな日々を日記の形で綴ります。
自由文俗に云う団塊の世代の一番下の世代。
料理が趣味で我が家では夕飯担当。
カミさんと愛犬モコとともに2015年5月に茅ヶ崎に移住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2013/04/09 23:47

おおパパ さんのブログ記事

  • トロトロキャベツとミートボールのトマト煮
  • 東芝が四苦八苦している。経産省が音頭を取った形での売却交渉がようやく始まることになった。とは言えアメリカでは提携先から訴訟を起こされているし果たしてこれでまとまるのかは誰もわからない。しかも半導体事業の売却がまとまったとしても稼ぎ頭を売っちゃった後は何で食べて行くのだろう。もっともそんなことももはや言ってられないのだろうな。それはそうと時代の流れとは恐ろしいもので予期せぬ競争相手がどんどん現れてく [続きを読む]
  • スコット新館@熱海
  • 熱海に行ってきた。沖縄に行くつもりが父親の具合が悪くキャンセル。近場ならすぐ戻れるので良いだろうと熱海で一泊だけすることにして夕飯はスコットで洋食としゃれこむことにした。https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220502/22003041/前々から洋食の老舗であることは知っていたものの実際に行ったのは初めて。創業70年ほどの旧館を斜め向かい側に見ながら今回は口コミでオススメの新館のドアを開けると6時という早い時間に [続きを読む]
  • 父の日ご飯
  • 昨日は父の日。とは言え母の日に対してはどうしても分が悪い。これは多くのご家庭内での地位みたいなもので残念ながら認めざるを得ないのだが、それだけでは悔しいのでそもそも父の日はと調べて見た。それによれば母の日がアメリカで国民の休日に制定されたのは110年ほど前、これに対し父の日はというと45年前の1972年。これだけ歴史が違うのでこれはもう恐れ入りましたというしかない。加えて日本の父の日のきっかけはネクタイ業 [続きを読む]
  • 行ったつもりで夕ご飯
  • 本来ならば今日から沖縄のはずだった。羽田を離陸して1時間、今頃は青い海でも想像しながら居眠りを始めた頃だ、などと恨み節を書くほどやっぱりちょい残念だった。もっとも沖縄地方は未だに梅雨前線の中で雨模様、その意味では今回のキャンセルは正解だったかもしれない。そうだ、そうに違いないと思うことにしよう。おかげでこの四日間がまるまる空いてしまった。どこか近場にでも出かけてみようかとは思うもののこちらの天気も [続きを読む]
  • カジキとメジナのミックスフライ
  • えっ、何で ?伊豆の石廊崎の沖合でアメリカのイージス艦がフィリピン籍のコンテナ船とぶつかった。しかもイージス艦側に7人ほどの行方不明者が出ているらしい。夜中の話なので当然真っ暗闇の中での出来事とはいえそもそもイージス艦といえばレーダーの塊のはず。まさかそんなイージス艦が何であんな広い海の上でぶつかるのかが不思議でならない。テレビで見たイージス艦のダメージは相当なもので自力航行もままならないとのこと。 [続きを読む]
  • ブルコギもどき?
  • 野際陽子がなくなった。ニュースによれば三年前から肺に癌が見つかって闘病中だったとのこと。ということはついこの間までそれを隠して出演を続けていたことになる。そんなところも含め今時はなかなかお目にかからない凜とした芯のある女優だった。合掌 このことに関してその人柄を惜しむいろんなコメントが寄せられているようだが、中には彼女がNHKのアナウンサー出身であったことや、元夫が俳優の千葉真一であることを知らなかっ [続きを読む]
  • テイクアウトで夕食
  • 共謀罪なるものが成立したらしい。何だか良くわからないが全てすっ飛ばしてやたらと急いで成立させたように見える。おそらく何らかの背景があるのだろうがここまで強引にやられると何か人にはいえない裏側があるように思えてしようがない。安部さんの好き嫌いはともかくとしても私個人は一国の首相がコロコロ変わることには反対で、だからそれなりの政策を実行できると思っているのだが、このところの一連の騒ぎを見ていると長期政 [続きを読む]
  • びしょ濡れ、その後はニョッキ作り
  • 昨日はゴルフ。このところ晴れならやる、雨になりそうならやめる、という何とも勝手な天気予報次第というゴルフスタイルを続けて来ていたが、昨日はそこを何故か読み違えまさかの雨となってしまった。同組の方に迷惑をかけることになるのでその当日になってキャンセルというわけにもいかず、出かけてはみたもののやはり上から下までびしょ濡れ、しかもスコアも最悪と予想通りの結果となってしまった。もっともバブルの頃であれば予 [続きを読む]
  • 南粤美食@横浜中華街
  • 昨日は娘家族とセンター南で待ち合わせ。多少の経緯はあったもののそこは大人の対応で無事ランドセルを購入し、その後は娘家族と別れカミさんと二人で横浜の中華街に向かった。向かった先はローズホテルの真ん前にある南粤美食という小さなお店。https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14064517/実はちょっと以前から日頃チェックしているグルメブログでこの店を知り、チャンスがあればいつかこのメニューの丸鶏の塩蒸し焼き [続きを読む]
  • 蒸し料理
  • 今ひとつスッキリしないのである。今日はこれから娘家族と待ち合わせをして孫のランドセルを買いに行くことになっている。そのこと自体はこれで3回目で当然嬉しいはずなのだが、今回だけは何となく嬉しくないし、そもそもそのプロセスが気に入らない。その経緯どうのこうのはともかくも、今回は言ってしまえばその店に来てただ単に金だけを払ってくれというもの。要は全てが娘とカミさんの間で打ち合わせ済みだということで、さす [続きを読む]
  • シリーズ・ランチ その42
  • さて、今日は月初恒例のランチシリーズ。「ビーフカレー」小田原ゴルフクラブ松田コース@秦野http://reserve.golfdigest.co.jp/golf-course/detail/370502アコーディア系列のゴルフ場の一つ。プレー代の中に含まれる昼食付きメニューの一つからいちばん無難なものを選んだが定番だけあってハズレなし。意外と旨かった。「メンチカツ定食」六丸@恵比寿https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13018840/夜は豚しゃぶを売り物にする [続きを読む]
  • 蒸気屋@茅ヶ崎
  • さて、昨日はようやく身の回りが落ち着いて来たこともあり外メシの気分。どうやらカミさんもそんな気持ちだったようで早速頭の中のデータベースサーチを開始。最近の茅ヶ崎あたりではいくつか新しい店が開店していたのは知っていたがランチも試してないところに飛び込むだけの勇気は無し。てなことで意見の一致を見たのがこのところずっとご無沙汰していた駅前の蒸気屋。https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140406/14058665/6時 [続きを読む]
  • ビーフカレー
  • ついに11連敗。あらら、また負けちゃうの? 途中からそんな雰囲気が漂い始めたと思ったらアレヨアレヨと4球の山。何にもしない間に塁が埋まりそのあともまるで想像通り。これが呪縛というのだろうか。解説者が「打者に向かって行っていない」と盛んに行っていた通りで、とにかく気持ちの上で逃げまくり、針の穴を通すようなコーナーばかり狙うものだからストライクなんて入るはずがない。その度に歪むベンチの表情を見ているのも辛 [続きを読む]
  • 真竹の筍と豚肉の炒め物
  • 我が家の近所に野菜の直売所がある。開店日は毎週の月、水、金曜日。茅ヶ崎市北部のとある農園がいろんな野菜を直接販売していて新鮮で安いので毎回繁盛している。さて、昨日はそんな直売所に出かけたところ「真竹 (またけ)」の筍が売っていたので買ってきた。http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/takenoko-matake.htmどうやらこの時期になるとこの西湘辺りではよく取れるらしく普段食べてる孟宗竹の筍に比べてシャ [続きを読む]
  • 手作り餃子
  • またテロが起こった。しかもロンドンの中心部のロンドン橋の上で車で歩道に乗り上げて次々と跳ねたという。おまけにその後も車から降りてナイフで通行人を刺したというから気違いに刃物そのものだ。どうやらISと言われるイスラム国が犯行声明を出したようだが、いったい何が目的でこんなことをしているのか正直な話さっぱりわからない。もちろんそれなりの宗教的、政治的背景があるのだろうが犠牲者側には何の罪もないはずで単に運 [続きを読む]
  • 久方ぶりの家ごはん
  • サザンビーチでは早々と海の家の建設が始まった。そうは言ってもただ砂浜に柱を立てて、あとは上物を組み立てていくだけなので建設とまで言えるのかどうかはわからないが、2週間もすればそんな海の家で風景が一変することになりそうだ。ところで、あいかわず勝てない。なんとこれで9連敗。おかげで侍ジャパンでは英雄だったはずの小林もこのところはすっかり犯人扱いとなっている。確かにリード面では問題がないとは言えないが本 [続きを読む]
  • ビストロ ISOMARU
  • 昨日はスペイン語の日。例によって、忘れては覚えるを繰り返すためこの玉川学園でのクラスを終えると結構くたびれることになる。おまけに何年もやってるのになかなか喋れるようにならないので、そのあとも何人かで残って復讐などをやったものだからすっかり喉が乾いてしまった。てなわけでその後はそんなメンバー4人で昼飲みと決定し町田駅まで一駅移動。2年前まで町田に住んでいたこともあって店を探すのはどういうわけか私の役 [続きを読む]
  • 赤身肉のステーキ
  • 全くどうにもこうにも歯がゆくてたまらない。せっかくの交流戦が始まったというのにまるで蛇に睨まれたカエルみたいなもの。まるで二軍が一軍と戦ってるようにさえ見える。相手チームがブンブン振りきって来るのに対しこちらの投手は最初からビビリまくりの逃げまくり、対してこちらの打線は二線級の相手投手にすら当てるだけのコセコセ野球では試合にすらならない。これがかっての名門巨人の今の姿だというから情けないを通り越し [続きを読む]
  • 冷やしラーメン
  • 早いもので今日で5月も終わる。そんな今朝のサザンビーチではいつもははっきり見える烏帽子岩も江ノ島もすっかり霞んでいて、ましてや遠くの伊豆大島なんぞは一体どこにあるのやら。空気にも何やらいつもと違う梅雨の走りが感じられ、いよいよそんな時期になってきた。そんな中、ハマヒルガオだけが待ちかねたようにますます元気に花を開いていたのが印象的だった。砂浜ではすでに海の家用の地割りが始まったしこれからの茅ヶ崎は [続きを読む]
  • このところのツマミ
  • また今日は暑くなりそうだ。それでも食欲が落ちないのは立派なものだと自負している。もちろん呑む方の意欲も十分で今日はそんなお酒を美味しく呑むための「このところのツマミ」シリーズ。まずは甘じょっぱく仕上げた新ゴボウとニンジンのきんぴら。何もない時は一番簡単な焼き生揚げ。もっともこれからは冷奴になって来る。たまにはこんな刺身も。何かは正確に覚えていないがおそらくコチだった。ふきの煮びたしに鰹節を載せて。 [続きを読む]
  • 刺し盛りで大満足
  • 何やらまたミサイルの発射があったらしい。いくら追い詰められているとは言え、ろくに国民を食べさせられない中でそんなものにお金をつぎ込んでどうするつもりなんだろうか。もっともチキンレースももうここまで来ると降りるにおりられない、というのが本音かもしれないがそろそろ何とかして欲しいものだ。さて、そんなきな臭い話は置いとくとして、昨日は久方ぶりに近くに住む娘家族を呼んでの夕食となった。例によって何を食べさ [続きを読む]
  • 鶏もも肉のトマトソース煮込み
  • 昨日も今後の打ち合わせに施設まで出かけた。会話がままならないためにやたらと時間がかかってしまったが、なんとか父親に部屋を分けることを同意させることができた。この先もまだまだ今までの部屋の片付けとか、雑多なものを処分する作業が続くことになるが、こんな爺さん、婆さん絡みの話も私自身もうお腹いっぱいになってしまったので、これ以上このブログに書くのはここで打ち止めとしたい。さて、そんなこんなで帰宅するとは [続きを読む]
  • お疲れ様でいつもの寿司屋へ
  • 昨日、ようやく父親が退院した。2週間ほど続いた病院通いもこれでとりあえず一息することとなった。とは言え、よりにもよって、お世話になっていた若い看護師さんを退院挨拶のその瞬間にまで怒鳴りつけたり、そのあとの帰りの車の中でもひどい待遇を受けたとわめき散らしたりと、かってない父親の姿を見せつけられることになってしまった。以前にも同じ施設に暮らしている母親からは聞いていたものの、単に従来からのわがままと頑 [続きを読む]
  • 何だかんだで夕飯は出来合いで
  • 相変わらず忙しい。昨日も父親の退院の準備のため両親が入居する施設まで出かけた。そもそもが超高齢である上にこの先も誤嚥性の肺炎などを繰り返す可能性が高く、看護師さんやスタッフさんとそれに対応する食事や、いざという場合の酸素などの打ち合わせを行ってきた。さて、その上で次は一番肝心な同じ部屋で一緒に暮らしている母親の意向の確認。超わがままな父親が戻って来れば今まで以上に負担が増えるのは明らかなのだが、さ [続きを読む]
  • 騒がしい中の休肝日
  • すっかり更新をサボってしまった。理由は私の父親。ちょっとした手術で入院しそれ自体は無事に終わったものの点滴から普通食に変わった途端に誤嚥による肺炎を引き起こし一時は兄弟全員を呼び寄せるまでの事態となっていた。ところがどっこい、さすがは戦争体験者、こんなことでは死なないよとばかりの回復を示し、とても96歳とは思えないほど。ここまでならば万々歳だったのだがその後は回復に連れて持ち前のわがままと頑固さが復 [続きを読む]