田中 さん プロフィール

  •  
田中さん: タイガース観戦記
ハンドル名田中 さん
ブログタイトルタイガース観戦記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/msk1963tnk
サイト紹介文タイガース観戦記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/04/11 01:06

田中 さんのブログ記事

  • 「浜口」がこんなに良いピッチャーだと思わなかった。
  • 「阪神0ー1横浜」 甲子園まぁ、終わってみれば完封負け。それにしても秋山がナイスピッチングだった。プロ入りの最高のピッチングだった。「100点満点」だろう。負けたけれど、まだまだゲームは続くのだ。今日の「中谷」は、初回のエラーで、気持ちが追い込まれたのかなぁー。ベイスターズの「浜口」がこんなに良いピッチャーだと思わなかった。そんな情報不足感があったのだろう。だから、1番に戻した「高山」なら打ってく [続きを読む]
  • 東京ドームで阪神勝利を観戦。
  • 「読売1ー2阪神」 東京ドーム観戦13時半頃に東京ドームに到着しました。入場口で、なんでも今日はオフィシャルスポンサーの日本大学ディーとかで、日大のエコバックやら冊子やらを無料で配っていました。学生さん方が親切に「どうぞ」と僕にも渡そうと声をかけてくれました。僕はせっかくの品ですが、特に欲しくなかったのでお断りさせて頂きました。入場してから、喫煙室に行き、一服しながら何ともなしにまわりを眺めていま [続きを読む]
  • 軟投ピッチャーの緩慢なリズムに巻き込まれた。
  • 「読売4ー1阪神」 東京ドーム2回に北條が打った二塁打以降は全く打てません。チャンスもありません。左腕田口のスライダーとチェンジアップにタイミングが合わない。ただ、ひたすら凡退を繰り返している。一言で現すと、打者に工夫がゼロだった。狙い球を絞っているふうでもなかった。のらりくらりと投げ込んでいる田口だ。軟投ピッチャーの緩慢なリズムに巻き込まれたなぁ。。。。田口を見ると、昔のスワローズ左腕投手安田と [続きを読む]
  • メッセには猛虎魂がある。
  • 「読売1ー4阪神」 東京ドーム初回、「1アウト1・2塁」「福留」が打席にはいる。昨日(20日)の中日戦と初回は同じになる。昨日はショートゴロ併殺打。(そう言えば、開幕戦も初回ノーアウト満塁でゲッツーだった)悪い記憶だけが頭に浮かぶ。。。今日はどうか?ゲッツーだけは打たないで欲しいと願った。まさかの先制3ラン!!ナゴヤで連敗した悔しさを込めたような一撃だった。福留は4本のヒットをはなつ。しかも三塁打が出 [続きを読む]
  • 桑原では、終盤のピンチをしのぐ能力は欠如している。
  • 「中日5ー2阪神」 ナゴヤドーム今日は、汚名返上をしてくれるだろうと鳥谷の打撃に期待する。一打席目は平凡なレフトフライ。ベンチに戻る鳥谷を金本監督が見つめている。怒りを抑えている憮然とした面だった。二打席目は1アウト3塁のチャンス。フルカウントからサード真っ正面のゴロだった・・・。3塁ランナーがホームでタッチアウト。2アウトになって1塁ランナーが鳥谷。意表をついた「盗塁」をする。金本監督は、盗塁を [続きを読む]
  • 鳥谷が、そのゴロをグラブから前にはじく。
  • 「中日4ー3阪神」 サヨナラ負け ナゴヤドーム9回裏、1アウト2・3塁。この大ピンチで登板は高橋。亀沢をつまったショートフライに打ち取る。2アウトになった。「高橋」のピッチングに感動する。次は、新人の「京田」だから打たれないだろう。ただ、足が速いから、そこだけ注意。ボテボテのゴロだけが恐いのだ。内野安打だけを警戒する。京田が打ったのは、真っ正面のサードゴロだった。打球は速かったけど、サード鳥谷の正 [続きを読む]
  • 「8回裏」の投手起用は、大変に迷うところだ。
  • 「中日1ー3阪神」 ナゴヤドーム岩貞の制球は、相変わらずバラバラだった。ストレートが抜けてしまい高めに浮いてしまう。スライダーは、ほぼ真ん中だ。長い休養のわりには修正されてなくて失望した。初回は、中谷のファインプレーで無失点に抑えたが、二回以降もコントロールが悪い。つまり、中日打線の限りない打ち損じに助けられた。あと、ドラゴンズの外人打者三番・四番が不調なのもラッキーだった。彼らは、打ちたいがため [続きを読む]
  • その渦巻きは、ついに「8回裏」にやってきた。
  • 「阪神2ー1広島」 甲子園昨日のボロボロの敗戦で、僕は、すっかり意気消沈。期待の「青柳」の自滅ぶりに肩を落とした。(もうやるせなくて昨日は夜の9時にふて寝しました)その青柳が、今日、ベンチに座っている。たぶん、反省させる意味をこめたのだろう。1勝1敗から、「勝ち越し」のかかるゲーム。昨日の大敗を忘れて引きづらずにタイガースに戦って欲しい。僕は「開幕カード」の悔しさをよく覚えている。360度真っ [続きを読む]
  • メッセの大きな目が、ぎょろついている。
  • 「阪神4ー2広島」 甲子園ベンチに座っている、メッセンジャーが、大きく体を前のめりにしてグランドを見つめている。九回表、1アウト1・2塁。バッターは五番の鈴木だ。もう、僕は、見ているだけで落ち着かない。。。メッセの大きな目が、ぎょろついているのだ。「勝ち投手」になるかどうか?最終回のピンチ。「ドリス」のピッチングにかかっているよ。その鈴木がまた粘るから始末におえないわ。。。。ボールをしぶとく見逃し [続きを読む]
  • 梅野と同じように、戸柱も打者心理を無視したリードをした。
  • 「横浜6ー8阪神」 横浜スタジアムタイガースバッテリーの攻め方が「素直」すぎる。。。。2回裏、「同点」にされたのは仕方ない。その後だ。2アウト3塁、8番バッター戸柱「1ボール2ストライク」のカウント。投手有利である。逆に言えば、まだ「2球」もボールを投げられるのだ。もっと言えば、最悪、歩かせて次の9番打者も考えてよい配球をするべきだ。何もストライクゾーンで勝負をする必要がないのに。。。インコースに [続きを読む]
  • 北條も、だんだん1軍選手らしくなってきた。
  • 「阪神4ー3読売」 甲子園「桑原」に大事なシーンは、まかせられないだろう・・・。同点後に能見が降板する。ノーアウト1・2塁のピンチ。5番マギー、6番長野と続く。そこでリリーフ起用されたのが、「桑原」だった。僕は、半ば呆れながら阪神ベンチを見つめる。こんなリスキーな場面で、またも、再び出てきた。なんで「桑原」なのか?桑原を買いかぶりすぎだ!桑原には何か特別なフィルターをすかして見ているのだろう [続きを読む]
  • 「糸井」の打席に僕は心が揺さぶられる。
  • 「阪神4対1ヤクルト」 大阪ドーム僕は、既に、もう、「秋山」には期待はしていない。彼がマウンドでオロオロして四球を与えて自滅する光景しか記憶にない。ところが、今日の「秋山」は別人のようにマウンドから投げ込んでいる。ひるむことなく、おじけづく変な挙動もない。僕が見た中では珍しい秋山であり、初めてのまともなピッチングだった。フォームに「ため」ができて、腕が鋭く振れている。球速が増していた。彼の一番悪い [続きを読む]
  • 金本監督の潔いよい采配は、どうしたよ?
  • 「阪神1ー3ヤクルト」 大阪ドームたった、1点差だ。7回裏、ノーアウト1塁。バッターは、北条。1打席目に、今シーズン初ヒットをやっと打った。僕は、金本監督の「らしくない」采配だと思う。北条に「送りバンド」をさせたからなぁ・・・・。なぜなのか、僕は考える。「1アウト2塁」にした采配について。本拠地開幕戦で負けられないゲームだからか?メディアや関西ファンを意識したのか?梅野か、代打中谷が打ってくれると [続きを読む]
  • 阪神が勝つには難しいゲーム。
  • 「広島9ー1阪神」 広島球場今日は完全に力負けしたタイガース。能見は、ベテランらしいマウンドさばき。緊張している様子もなく、いつものように無表情だ。コントロールも特に悪くない。(今日の球審佐々木はスタンダードの判定だった)しかし、能見はカープ打線と球場の勢いに呑まれてしまった。。。菊池・丸、そして相性の悪い新井に打たれた。能見のピッチングは普段通りなのに、、、、むしろ、そんな能見を打ち崩したカープ打 [続きを読む]
  • 守乱で負け。
  • 広島9ー8阪神 延長10回サヨナラ負け 広島球場とにかく「球審杉本」のストライクゾーンが狭すぎる。両サイドと低めは全部ボールの判定だった・・・。これだけ「四球」が連発したのは杉本の判定が原因だ。「エラー」やら「悪送球」がたくさん発生した。阪神の守備陣が酷すぎる。高山のフライ落球や、マテオの二日連続の悪送球。。。。まぁ、なんとか失点には結びつかなかったけれど酷い有様だ。特に延長10回のドリスのけん制 [続きを読む]
  • 開幕戦。
  • 「広島6ー10阪神」 広島球場初回に上本にヒッティングさせたのが、この試合の勝ちに繋がった。強気の金本采配。3回も、上本に送りバンドではなく攻めた。その、強行的な采配、ある意味、割り切った作戦だろう。点を取れるだけのことを駆使して、後は、逃げるだけ逃げて防御する。まぁ、終盤はハラハラどきどきの展開になったけれど勝てばよいのだ!まさか、ジョンソンから「7点」も取れるとは夢にも思わなかった。それもこれ [続きを読む]
  • いよいよタイガース。
  • 1978年4月1日(土曜日)巨人対阪神 開幕戦7対6 タイガース負け(後楽園球場)阪神タイガース開幕スタメン1セカンド中村2センター池辺3サード掛布4キャッチャー田淵5ショート藤田6レフト池田7ファースト佐野8ライト島野9ピッチャー江本開幕投手江本は、3回裏、1死満塁から王に満塁ホームランを打たれた。それもポールにギリギリに入った・・・・・。結局、5回で6対0の大敗ムード。タイガースは9回に田淵のホー [続きを読む]
  • いよいよタイガース。
  • 1978年4月1日(土曜日)巨人対阪神 開幕戦7対6 タイガース負け(後楽園球場)阪神タイガース開幕スタメン1セカンド中村2センター池辺3サード掛布4キャッチャー田淵5ショート藤田6レフト池田7ファースト佐野8ライト島野9ピッチャー江本開幕投手江本は、3回裏、1死満塁から王に満塁ホームランを打たれた。それもポールにギリギリに入った・・・・・。結局、5回で6対0の大敗ムード。タイガースは9回に田淵のホー [続きを読む]
  • 7回表の大量失点。
  • 「阪神6ー10ヤクルト」 甲子園球児はコントロールが甘かった。もっと緩急を使ったピッチングをしないといけない。彼は、「綺麗な球筋」のストレートを投げるから球威がないと打たれる。打者には、「見やすいストレート」だと思う。「5点差」だったけれど、よく追いついた。4回裏、同点後に一気にゴメスが打ていれば流がきたと思う。あるいは、5回裏、狩野が勝ち越しを打っていれば。「同点」から追い越せなかいから主導権を [続きを読む]
  • 7回表の大量失点。
  • 「阪神6ー10ヤクルト」 甲子園球児はコントロールが甘かった。もっと緩急を使ったピッチングをしないといけない。彼は、「綺麗な球筋」のストレートを投げるから球威がないと打たれる。打者には、「見やすいストレート」だと思う。「5点差」だったけれど、よく追いついた。4回裏、同点後に一気にゴメスが打ていれば流がきたと思う。あるいは、5回裏、狩野が勝ち越しを打っていれば。「同点」から追い越せなかいから主導権を [続きを読む]
  • キャッチャー原口について思う。
  • 「中日0ー1阪神」 ナゴヤ8回裏、ドラゴンズの攻撃。先頭打者の「大島」「フルカウント」になった。絶対に、この先頭バッターは出してはならない。なんと言っても「1点差」なのだ。ドリスが投げた。原口がインコース構えた。なんと「ストレート」だ。フルカウントからインコースに「ストレート」これは、大島も(僕も)予期していない。見逃し三振だ!と、見えたが、、、、なんとボールの判定。惜しい・・・・。ノーアウト、1塁 [続きを読む]
  • キャッチャー原口について思う。
  • 「中日0ー1阪神」 ナゴヤ8回裏、ドラゴンズの攻撃。先頭打者の「大島」「フルカウント」になった。絶対に、この先頭バッターは出してはならない。なんと言っても「1点差」なのだ。ドリスが投げた。原口がインコース構えた。なんと「ストレート」だ。フルカウントからインコースに「ストレート」これは、大島も(僕も)予期していない。見逃し三振だ!と、見えたが、、、、なんとボールの判定。惜しい・・・・。ノーアウト、1塁 [続きを読む]
  • さらなる「超変革」を望む!
  • 「阪神1ー11読売」 甲子園4回表、江越のエラーが痛かった。あの失策を起点に、中継プレーの乱れやゴメスのエラーも発生。6対0と、4回で大差をつけられる。4回裏、そのエラーした「江越」が打席に入る。「三球三振」だった・・・・5回から「交代」させられた江越。これは厳し選手交代だ・・・。もう1打席でも良いから、「江越」にあのエラーを取り返すチャンスを与えて欲しかった。。。昨日のゲームで二人の選手に感じた [続きを読む]
  • さらなる「超変革」を望む!
  • 「阪神1ー11読売」 甲子園4回表、江越のエラーが痛かった。あの失策を起点に、中継プレーの乱れやゴメスのエラーも発生。6対0と、4回で大差をつけられる。4回裏、そのエラーした「江越」が打席に入る。「三球三振」だった・・・・5回から「交代」させられた江越。これは厳し選手交代だ・・・。もう1打席でも良いから、「江越」にあのエラーを取り返すチャンスを与えて欲しかった。。。昨日のゲームで二人の選手に感じた [続きを読む]
  • 広島キラー能見!
  • 「広島2ー6阪神」 広島能見の初回だった。先頭打者の田中に死球・・・。これは痛い。ノーアウト1塁。先日の「ドラゴンズ戦」で撃ち込まれたのが頭によぎった。まさか、今日も「大乱調」にならなければよいけれど・・・。二番「菊池」は、とても、とても、嫌なタイプのバッターだ。こいつに繋がられたら中日戦の二の舞になりそうだった。なんと!初球を引っかけてくれて、6ー4ー3のゲッツーだ!これは助かったなぁー、能見(^ [続きを読む]