田中 さん プロフィール

  •  
田中さん: タイガース観戦記
ハンドル名田中 さん
ブログタイトルタイガース観戦記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/msk1963tnk
サイト紹介文タイガース観戦記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/04/11 01:06

田中 さんのブログ記事

  • 交流戦でまた新しい「発見」があった。
  • 交流戦が終わった。阪神戦を窓口にしてパ・リーグ球団の選手をみるのが楽しかった。僕のような阪神一点ばりだとパ・リーグの選手なんて全く知らない。こんなピッチャーがいるのかぁー、と驚き、凄い打者だなぁー、と印象に残る。つまり交流戦は、僕にとってはプロ野球選手の見聞と視野を広げる期間だ。そして、なぜか、それが阪神タイガースと結びつくことがある。たとえば、こんなことだ。5年前(2012年5月)、日本ハムとの交 [続きを読む]
  • 阪神バッテリーは盗塁するとは予想もしてなかった。
  • 「阪神2ー8楽天」 甲子園青柳のまるで綱渡りのようなピッチングが続く。崩れそうなギリギリの投球を、これでもかとしつこく見せられてしまう。正直言って、こっちは毎イニング見ているともう疲れるよ。。。「フルカウント」になることは数知れず、鋭い打球も打たれる。福留さんの好守があったりして運が良いだけなのか、それとも楽天には打ちづらい投手だったのか、あるいわイーグルス打線の拙攻だったのか。。。青柳は、5回表 [続きを読む]
  • 「一死2塁」にしたのは福留さんの心意気。
  • 「阪神3ー2西武」サヨナラ勝ち 甲子園せっかくの「スタメン」なのに全く打てない「原口」とにかく福岡からずっと内容が悪すぎだ。2回、無死2塁。原口の最初の打席は、Pゴロ。これじゃあ、2塁ランナーが3塁にも進めないわ。4回、無死、1・2塁大チャンスの2打席目。つまったようなバットに当てただけの浅いライトフライ。これじゃあ、タッチアップもできないわ。いったい何を狙い球にしているのか僕にはさっぱり伝わらな [続きを読む]
  • 俊介がこうなるのは試合前から判っていた。
  • 「阪神2ー4西武」  甲子園能見が慎重に投げる。と、言うよりも、および腰になっていた。秋山、浅村、中村の三人に、真っ向から勝負できないのだ。タイミングをすかして、ボールで誘うように投げる。「技巧」にすぎた。なまじ制球が良かっただけに、そんなピッチングでかわそうとしている。うまくいかないし、見送られカウントが悪くなる。特に3回、中村の3ランが痛かった。気持ちが逃げてるからやられる。結果として中村のホ [続きを読む]
  • 俊介にいきなりチャンスでまわってきた。
  • 「阪神7ー2西武」 甲子園7番に「俊介」がスタメンでがっくりする。俊介と原口のバッティング調子の比較だったのか?ファースト原口、ライト中谷でも良いのに。俊介の打撃の方が、まだ、ましだという所感なのか。僕がまったくあてにしない俊介にいきなりチャンスでまわってきた。左中間に先制2点タイムリーを放つ。同点にされた直後の4回には、なんとホームラン!チームの全得点を叩きだしている。鬼のような大活躍だ。僕は、 [続きを読む]
  • ふさわしい選手を指名することが監督の責務だろう。
  • 「ソフトバンク5ー2阪神」  福岡ドーム7回表。二死1・2塁。得点は、「2点差」後半にめぐってきた好機に僕は胸が躍る。2番打者「俊介」に代打。「糸原」を起用する。(僕は糸井でも良いと思ったぐらいだ)まぁ、当然だろう。俊介は、3打席ノーヒット。3回表は、一死3塁で外野フライも打てないバッターだ。と、いうよりもロッテ戦でまぐれの「3安打猛打賞」の余韻でスタメン起用されているだけだ。俊介は、プロ入り何年経 [続きを読む]
  • 糸井さんは大丈夫なのかなぁ。。。。
  • 「ソフトバンク3ー0阪神」 福岡ドーム敗因は次のとおり。①昨日はヤクルトに大勝して打線が絶好調との意識が刷り込まれすぎ。②バンデンが福岡で10連勝中なので萎縮した。③球審「原」の誤った判定により福留さんの打撃が狂った。④2安打糸井が6回表に交代する。僕の見方。①と②で阪神ナインの腰がひけたのかもしれない。特に序盤は、何か圧力を受けながらゲームをしているようだった。③については、僕はハッキリ言わして [続きを読む]
  • メッセは今シーズン一番悪い状態だった。
  • 「オリックス2ー3阪神」 大阪ドームメッセは今シーズン一番悪い状態だった。いったいどうなってしまうのか心配だ。ストレートもカーブも定まらない。だから、ストライクがとれない。メッセは首を傾げて頬から汗が流れている。右腕で投げる仕草をしたり、腰をひねったりしている。フォームがズレてるのか、体の使い方なのか、調整を試みているようだ。まるでどこが損傷箇所なのか探して補修しようとするように。やっと3回から球 [続きを読む]
  • 今年初めての急変ぶりだった。
  • 「オリックス5ー4阪神」サヨナラ負け  大阪ドーム中谷の3ランで、今日も楽勝感が漂った。能見は、いつものように淡々と抑えている。これが油断だったのかもしれない。今になって振り返ると・・・。6回裏が難所だと見ていたが、まさか追いつかれるとは思わなかった。能見は、指先のマメを潰したようだ。これが影響したのは理解できるが、それにしても歯止めなく崩れ去った。能見が突然のように打ち込まれる闇モードに入ると立 [続きを読む]
  • 「二死2塁」からはじまったのだ。
  • 「オリックス4ー11阪神」 大阪ドーム初回の「2失点」は痛かった。投手金子では「得点」は望めない。と、いうか僅少さのゲームになるだろうと想像していた。阪神打線は、先日の甲子園3連戦で極めて「低調」だった。「2点差」をつけられたのは、正直いってきつい。しかも金子だしなぁ。。。僕のやる気というか観戦モチベーションが低下気味になった。。。「2対0」で3回。タイガースは、糸原のヒットでチャンスをつくった。 [続きを読む]
  • ドリスは、岡崎のサインにクビを振った。
  • 「阪神4ー2日ハム」 甲子園1回表だった。またも青柳がファーストに暴投。彼には、1塁送球がとても困難なプレーなのか?3回裏。同点のチャンス!一死3塁で高山の打席。昨日と同じようにチャンスにまわってきた。昨日はファーストゴロだった。今日こそは、打ってくれよ!昨日と同じ、というよりも、正面の「一塁ゴロ」だった。僕は、まるで、昨日のビデオを再生して見ている気分になった。4回裏。一死3塁で、岡崎の打席。僕 [続きを読む]
  • エース「メッセンジャー」を軸に回転するローテーションに。
  • 「ロッテ8ー1阪神」 千葉まぁ、今日は幸いにカープも負けた。それが救いだ。「糸井」、「福留」が唐川に抑えられたのが敗因だろう。「俊介」については、いつもの状態に戻っただけで、敗因でも何でもないから、今さら何かいう気も起こらない。唐川は、投げ方が変わった。僕は何年かぶりで見たけれど、前はもっとオーバースローだったな。ちよっとスリークォーター気味になっていた。ヤクルトの館山のようだ。阪神打線は、彼のカ [続きを読む]
  • 能見に勝ち星がついて良かった。
  • 「ロッテ0ー5阪神」 千葉やっと能見に勝ち星がついて良かった。能見が投げているゲームで序盤に3点取ったのは初めてのような気がする。いつも能見は良いピッチングをしているけど、今日も「快投」だった。中押し点が入っていれば、完投完封も視野に入っただろう。2回表。梅野は2ストライクと追い込まれてからよく打った!彼の打撃も少し上向きなのかも。明日はメッセで「3連勝」して欲しい。 [続きを読む]
  • 矢野の采配で同点にした。
  • 「ロッテ7ー15阪神」楽しみにしていた交流戦。それにしてもロッテが交流戦向けに案内する漫画は面白い。もう、6月になる。パ・リーグとの戦いは楽しいけれど、早いね。しばらくしたら「梅雨」になるよね、4回表。4対3でタイガースが負けている。まったくあてににならない「俊介」が珍しく二塁打。修介がスタメンで今日はガッカリした。俊介が、2打席目に打った!まぐれでもなんでも打ったのは素晴らしい。2塁にけん制球が [続きを読む]
  • 歴代の阪神監督とは違う、斬新な「革新性」を感じる。
  • 「阪神0ー1読売」 甲子園負けたけれど、悔しいけれど、ナイスゲームだった。糸井が打てないのが敗因だろう。3回一死2・3塁で、糸井が犠飛も打てなかった・・・。あれは痛いよぉ。。。7回、小林に打たれた秋山はコントロールミスだった。外角低めに投げるはずの球が高めに浮いたなぁ。あの「1球」の失敗が負けにつながった。こんな黒星もある。ピッチャーの宿命だ。とても可哀想だけれど、投手とはそんな孤立した人なのだ。 [続きを読む]
  • 3回が本来の調子だったのかぁ。
  • 「ヤクルト8ー3阪神」 神宮 5月20日スタンド観戦紀勝つイメージしかありません。観戦試合は、4連勝中です。しかも神宮観戦はここ2年負けていません。藤浪の快投を予想し、軽やかに球場へ歩をはこびます!開始20分前頃、藤浪がグランドに現れます。遠投のキャッチボールをして肩をほぐしています。神宮のブルペンは、3塁スタンドの脇に沿ってあります。ゲーム前のピッチング練習がよく見えました。そのブルペンマウンド [続きを読む]
  • 狙い球が絞れていないようだったなぁ。
  • 「ヤクルト4ー2阪神」 神宮岩貞が立ち上がりにまたまたつかまった・・・。その劣勢を最後まで挽回できなかった。6回は隼太のホームランだけの1点で終わったのが痛い。一死1・3塁で追加点のチャンス。「福留」に打って欲しかった。。。ランナーが溜まった好機は、結果としてあのイニングだけだった。ヤクルト先発の原をなんで打てないのか?たいして球威があるわけでもなく、変化球も並で特徴が見えない。初めて対戦するから [続きを読む]
  • ジョーダンを崩しきれなかったなぁ・・・。
  • 「阪神1ー2中日」 甲子園7番に据えた「上本」が、勝敗の分岐点でまわってくる。「野球の神様」は、厳しい配慮を昔からよくするもんだ。初回。二死満塁だった。ジョーダンからはそんなに点は取れない。ところが、1点を取ってさらに「満塁」のチャンス。さぁー、上本、打ってくれよ!良い当たりだったけど、、、サードゴロ。立ち上がりでジョーダンを崩しきれなかったなぁ・・・。こうなると静止的なゲームになるのはだいたい予 [続きを読む]
  • 阪神のベンチワークは、的中しまくっている。
  • 「阪神2ー1中日」 甲子園今年、最高のピッチングの能見。久しぶりに素晴らしい投球を見る。勝ち投手になって欲しかったけど、1点だけで逃げ切るのは難しかった。7回・8回と必死の継投でしのぐタイガース。レフトの守備に高山を起用。左腕バルデスなので「江越」かと思ったが。その高山が8回にタイムリーを打つ。金本談話だと矢野コーチの進言らしい。高山の打力に何か期待するものがあったのだろう。ここんところの阪神のベ [続きを読む]
  • 金本采配は、「未知のパワー」を引きだす。
  • 「阪神8ー1中日」 甲子園今日から二番セカンドに「上本」復帰かと予想した。ところが、二番ショートに大和、七番セカンド糸原がスタメン。一昨日の横浜戦、優れた結果をあらわした二人をスタメンで起用する。金本監督は、成果をだす選手を直ちに抜擢した。選手の昂ぶりを、そのまま次ゲームに生かすように。この戦術は、近年のタイガース監督では拝見できないことだ。本当に金本采配は生き生きとした「動力」を感じる。「岩貞」 [続きを読む]
  • 鳥谷の「1号」を見て盛り上がりました。
  • 「横浜1ー4阪神」 横浜スタジアム 観戦記8回表、鳥谷の「1号」を見て盛り上がりました。狙ってる感じです。その前に一発打った福留もそうだったけれど。福留のホームランで、鳥谷も狙いにいったように思いました。やっぱり球場で見ていると選手の発する迫力をすごく感じます。それがテレビで観る違いだと思います。僕は、3塁スタンドで、バッターボックスからは100メートル以上は離れています(たぶんそのぐらいはあると [続きを読む]
  • 大和は若手じゃあないけど、がむしゃらさを失っていない。
  • 「横浜2ー4阪神」 横浜スタジアム久しぶりにスタメン二番で「大和」だ。和田監督に寵愛されたプレーヤーだと思う。守備は抜群に上手いけれどバッティングがさっぱりダメ。それでも、和田監督は重要なゲームで大和を外さなかった。僕は、なんでそんなに大和だけをひいきするのか不可解だった。阪神チーム構成的に一番悪い所は、「30歳前後」が壊滅状態。と、いうか役に立っていない。上本がなんとか頑張りはじめているくらいだ [続きを読む]
  • 8点差の大逆転劇はさして話題にならなかったなぁ。。。
  • 1978年5月2日火曜日横浜スタジアム観衆2万6千六時半開始試合時間3時間39分     123456789 合計 阪神 000044101 10 大洋 107000001 95回に「掛布」が3ランで反撃開始。このホームランで盛り上がる。この一発でひょっとしたら?と反撃の空気を感じたのを記憶している。6回は、ブリーデン、ラインバックの連続ヒットで無死2・3塁。池辺の内野安打、代打桑野の犠 [続きを読む]
  • 観戦は、「3連勝」になりました。
  • 「読売2ー4阪神」 東京ドーム観戦阪神は5連勝中で首位、菅野は3連続完封中。勝者が、ガチンコで激突する一戦になりました。まさかこんな節目のような大事なゲームになるとは4月にチケットを購入した際には夢にも思いませんでした。それだけに、僕はゲーム前からワクワクしていました。戦前、金本監督は菅野から2点取れば良い方だとのコメント。僕もそう思います。とにかく僅少差の試合になるだろう。3塁側二階席で観戦です [続きを読む]
  • いったい、なんで彼が入団してきたんだ?
  • 「阪神3ー2中日」 甲子園鳥谷の名前がスタメンから消えている。これも、キャンベルが一軍加入で派生したことだろう。阪神ベンチの意向は、左投手が先発だし鳥谷に当たりがでていない。さらに言えば、昨日9回の守備もあるのかもしれない。キャンベルがサードでどんな守備をするのか見たい。しばらくベンチだった原口の復調ぶりを確認してみたい。様々な想像ができるし、色々な思惑から鳥谷をはずしたのだろう。今日の打順は、そ [続きを読む]