チームB さん プロフィール

  •  
チームBさん: ベランダ蘭栽培48
ハンドル名チームB さん
ブログタイトルベランダ蘭栽培48
ブログURLhttp://fanblogs.jp/brs48/
サイト紹介文関東のベランダで蘭を栽培しています。原種カトレア、原種パフィオが好きですが、色々育てています。
自由文ベランダで試行錯誤しながら蘭を栽培しています。まだまだ研究生レベルですが、憧れのセンター目指して頑張っていきますので温かく見守って頂けると嬉しいです。同じような環境の人もそうでない人も、一緒に頑張りましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/04/11 22:46

チームB さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 世界蘭展日本大賞2016(開会式・内覧会)
  •  ブログを読んでくださっていた皆様、申し訳ありません!やらなければならないことがいくつか重なって、一時蘭に関わることが嫌になっていました。自分はこのまま蘭から徐々にフェードアウトしていくのだろうと思っていたのですが、色んな人にドームで声を掛けて頂いて、今日初めて会った人にまでエールを送って頂いて、そしたら心の扉が稲妻に打たれて、また蘭栽培やブログを頑張ってみたくなったので再開しました。 そういう訳 [続きを読む]
  • 第17回 田口洋蘭園秋の洋蘭まつり
  • 「第17回 田口洋蘭園秋の洋蘭まつり」にイッテきました! 会場は田口洋蘭園で、複数の業者の物販がありました。展示は少なく、買い物中心のこのスタイルは数年前と変わらず、懐かしかったです。以前、コーヒーを飲んだところも全部一緒で、当時東北にいた時の様々な思い出も一緒に蘇り、センチメンタルになります、、、、 以前は日帰りで参加していましたが、今回は初めて宿泊し、夜のパーティにも初参加してきました。講演や商 [続きを読む]
  • Gchls.japonicus(和名;カシノキラン)
  • Gastrochilus japonicus(ガストロキラス ジャポニクス、和名;カシノキラン)が咲きました。 いつだったか、「カシノキランは株が充実したら咲く」ということを教わりました。 しかし、我が家では2年連続で春と秋にしか咲いていないので、この性質が普遍的なものかどうかはまだわかりません。冬にも生育させて、冬や夏にも咲かせることができたらこの仮説が立証できると思うのですが、現在の我が家の装備では試すことが困難です [続きを読む]
  • C. labiata semialba 'Icarus'
  • Cattleya labiata semialba 'Icarus'(カトレア ラビアタ セミアルバ 'イカロス')が咲きました。 親は'Machan'×'Bom Dia'です。今年は、自分の中で最も重要で面白いと感じていた栽培管理に十分に時間がさけず、花も株も不十分なものが多いです、、、このような状態に咲かせてしまったことが嫌で、できれば見たくなく、撮影・計測後早々に切り花にしました。写真を撮ることにも魅力を感じなくなってしまい、撮影した写真もSDカード [続きを読む]
  • Gom. radicans alba
  • Gomesa radicans alba(ゴメサ ラディカンス アルバ)が咲きました。 以前の属名はOrnithophora(オーニソフォラ)で、その前はSigmatostalix(シグマトスタリックス)でしたが、現在はゴメサです。1cm以下の小さい蘭で、ミニでアルバというところが個人的には気に入っています。ブラジルのエスピリットサント、リオデジャネイロ、サンパウロ、パラナ、サンタカタリーナ、リオグランドスル州の海岸近くの標高400m付近に自生してい [続きを読む]
  • B. nodosa 'Good' × self
  • Brassavola nodosa 'Good' × self(ブラサボラ ノドサ)が咲きました。 今回も一斉に咲かせることができず、バラバラに咲いています。新芽はほぼ同時に伸び始めていたので、バルブが充実するタイミングがずれているのだと思います。ベランダ栽培では、どうしても一方向から光が当たりやすいので、バルブごとに生育に差が生じるのではないかと考察します。広い場所で、様々な方向から光を当ててあげられていれば、もしかしたら違 [続きを読む]
  • C. guttata alba(Miura's collection×self)
  • Cattleya guttata alba (Miura's collection×self)(カトレア グッタータ アルバ)が咲きました。 久々の更新となりました。先日の鬼怒川の氾濫に伴い、各地で甚大な被害が発生しました。心配して連絡を下さった方が多数いらっしゃるので報告しておきますが、私が居住する地域は幸い無事でした。被災者の方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復興を心から祈念致します。このタイミングでブログを再開することに [続きを読む]
  • Gur. deckeri
  • Guarianthe deckeri(グアリアンセ デッケリ)が咲きました。 7月に咲いていたのですが、忙しかったり、体調を崩したりしていて、なかなか更新できずにいました。他の株に当たって葉が展開しなかったことに加え、恐らく開花期に水が少なかったことにより、花茎が伸びずゴチャゴチャ咲いていました。咲いてからもしばらく気付かず、申し訳ないことをしたなと思います。 変な咲かせ方をさせてしまったな、と原因を考えていたところ [続きを読む]
  • Phal. U/R(Sogo Vivien × Tai-I Yellow Bird)
  • Phal. U/R(Sogo Vivien × Tai-I Yellow Bird)が咲いています。 2011年、一寸毒々しい小型の蘭に惹かれていた時期があって、ドームで新垣洋らん園さんから購入しました。 何を考えていたのか忘れましたが、随分高植えになっています。恐らくですが、根が収まりきらずああなってしまったのだと思います。以前、ファレノプシスを鉢のみコンポストなしで栽培していて好結果だったので、高植えも大丈夫だろうと高をくくっていました [続きを読む]
  • Chiloschista lunifera
  • Chiloschista lunifera(キロスキスタ ルニフェラ)が咲きました。 6月下旬〜7月上旬には咲いていたと思うのですが、アップが随分遅れてしまいました。2015年の世界らん展でKok Kok Orchidさんから購入しました。もともと活着していない苗を販売されていたのか、輸送時の物理的なダメージなのか、結構ブラブラしています、、、ペタルが反っているうえに、それ以外の特別な特徴もないため良個体とはいえませんが、株の状態が良くな [続きを読む]
  • 軽井沢オーキッドフェア 2015(5)
  •  軽井沢オーキッドフェアで宿泊した、「ホテル軽井沢1130」です。 私はこの通路が好きで、この通路の景色を見ると「あぁ、今年も軽井沢に来たんだな」と実感します。 軽井沢オーキッドフェア 2015の特集は、今回で最終回です。最後はパフィオを紹介したいと思います。パフィオを得意とする方々が集まるだけあって、珍しい種やレベルの高い個体がたくさん展示されていました。折角最終回なので?、できるだけ多くの花を網羅した [続きを読む]
  • 軽井沢オーキッドフェア 2015(4)
  •  実は購入品はもっとたくさんあったのでした!フジナーセリーからC. warscewiczii coerulea 'La Floresta' × self、そして帰り道に望月蘭園に寄って、C. aclandiae coerulea 'Blue Sky' × selfとC. schilleriana(親不明の実生、既開花)も購入。ヘンリアナムの予約までしてしまい、結構お金を降ろして行ったはずだったのですが、残金が数百円になるまで使いこんでしまいました。 さて、展示のカトレアの紹介です。2枚葉が多く [続きを読む]
  • 軽井沢オーキッドフェア 2015(3)
  •  こちらは、軽井沢の朝です。軽井沢の森は、他の地方の森より黄緑の色彩が強い気がして、何度見ても美しいです。どこを走っていても、木々の間に白樺の木肌がのぞき、高原にいることを実感してさわやかな気分になります。 私は人一倍早起きして、散歩→コーヒー→温泉を満喫していたのでした。その間、購入した株達はホテルの部屋で光合成中。タイハナジマオーキッドさんからPaph. malipoense('Mafia Red' × 'JY-3')、Paph. mic [続きを読む]
  • 軽井沢オーキッドフェア 2015(2)
  •  軽井沢オーキッドフェアの夜は、ホテルでパーティが催されます。温泉に浸かった後、パーティ会場でお酒を飲んで食事をし、賞品が当たる抽選会に続いてオークションが行われ、昼間以上に楽しいひと時を過ごします。抽選会では私も良い賞品が当たりましたよ!もし機会があれば、後で紹介したいと思います。会場では榊原さんが各テーブルを回って来て下さるのですが、驚くことに来場者の名前を全て覚えていらっしゃるか、1人1人の名 [続きを読む]
  • 軽井沢オーキッドフェア 2015(1)
  • 「軽井沢オーキッドフェア 2015」にイッテきました! 私は3回目の訪問でしたが、今年は今まで最も人が多く、ホテルも満室だったとか。売り場も大盛況で、中の様子が伝わるように、これでも人が少なくなった一瞬の隙をついて撮影したのですが、それでも人が多くて奥の方に出店されていたお店は見えませんね。選りすぐりのものが販売されているので、皆さん真剣に見ていらっしゃいます。私もこのあとすぐに販売店をみて回ったのでし [続きを読む]
  • Gur. skinneri alba 'Debbie' FCC/AOS
  • Guarianthe skinneri alba 'Debbie' FCC/AOS(グアリアンセ スキンネリ アルバ 'デビー')が咲きました。 NS6.0×6.1cm、PW2.6cmでした。昨年は5月だったのですが、今年は6月下旬頃に咲きました。一見albaのように見えますが、リップの奥やペタルにも僅かに色素が入り、厳密にはalbaではありません。 2年前に入手してから少しずつ大きくなっていて、経時的に写真で確認すると、その過程がちょっと楽しいです。(2年前の様子)(1年 [続きを読む]
  • サロン ド ネギシ オーキッドフェアー 2015
  • 「サロン ド ネギシ オーキッドフェアー 2015」にイッテきました! 梅雨の真っただ中での開催だったのですが、園主の日頃の行いが良いからか、皆の願いが通じたのか、この日は根岸さんの性格のようにカラッと晴れて、気持ちの良い1日でした。 私が知る中で最もアットホームなイベントで、なんて言うんでしょうか、親戚の家に行ったような感じ?参加者も蘭園のスタッフの方も良い方ばかりだし、何の気兼ねもなく参加できる、私が [続きを読む]
  • 第19回 つくば洋蘭展(裏)
  •  裏、、、なんて魅力的な響き。未知への好奇心、危険と隣り合わせのスリル、刺激的な大人の誘惑、、、、イケナイと分かっていても覗いてみたくなる心理、、、、そう、ウラに惹かれない人間などいないのだ。 そういう訳で、今回は前回紹介しきれなかった、「第19 回つくば洋蘭展」の裏蘭展、私の個人的お気に入りを紹介していきます。勝手に選抜総選挙をしたり、勝手に目玉企画を作ったりしていますが、あくまで個人的な妄想の世 [続きを読む]
  • 第19回 つくば洋蘭展
  • 「第19回 つくば洋蘭展」にイッテきました! 会場へいざなう通路で、まず出迎えてくれたのがこちらの株達。あっ、蘭神様の作品がありました!こちらの通路は、この蘭展の玄関・顔として重要な要素になるので、精鋭たちが並びます。V. Nara 'Yumika'昨年も巨大生物が今にも動き出しそうなインパクトがあったのですが、今年はさらに大きくなってパワーアップしていました!Den. agregatum黄金が降り注いでいるかのように仕立てられ [続きを読む]
  • Spiranthes sinensis var. amoena(和名;ネジバナ)
  • Spiranthes sinensis var. amoena(和名;ネジバナ)の季節になりました! 良く観察すると、捻じれの向きが反対のもの、あまり捻じれないもの、捻じれたうえにカーブするもの、色が濃いrubra type、薄いもの等様々なものがあり、興味深いです。ちなみに右巻きと左巻きの比率は1:1とのこと。 私が異常に興味津々だったせいか、知人がconcolor、quasi alba等を見せてくれました(写真はありません)。私はナマでみたことはありま [続きを読む]
  • Gchls.japonicus(和名;カシノキラン)
  • Gastrochilus japonicus(ガストロキラス ジャポニクス、和名;カシノキラン)が咲きました。 やっぱり今年も、変なちっちゃい虫の幼稚園児みたいです。株が力をつけてきたのかどんどん咲いて、年を重ねるごとに賑やかになってきました。 頼りないですが、また小株が1つ出てきています。こんな些細な気付きで幸せを感じ、蘭をやっていてヨカッタと思います。小株の分岐部が見えないのですが、多分フウランとかと同じような感じで [続きを読む]
  • 過去の記事 …