真珠好き さん プロフィール

  •  
真珠好きさん: 真珠の講座
ハンドル名真珠好き さん
ブログタイトル真珠の講座
ブログURLhttp://pearlhous.blog.fc2.com/
サイト紹介文真珠の好きな方へ あらゆる情報をお届します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/04/12 11:39

真珠好き さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 真珠の汎用性
  • 真珠はオールマイティー(塩月弥栄子)の「宝石の冠婚葬祭より」エレガンスの大家であるフランスの評論家のG・Aダリオー夫人は、その著書『エレガンスの事典』で「誰にでも同じ様に似合い、殆ど全てのアンサンブルに愛らしく映り、殆どどんな場所柄にも相応しく、どんな衣装にも対処が可能なのが真珠です。本物は勿論たとえイミテーションであっても、女性として初の社交デビューの時から、初デート、結婚、数々の節目の年、そし [続きを読む]
  • アンティーク・パール 2
  • 前回に引き続きアンティークの、流れを見て行きます。ジョージアン・スタイル〜ヴィクトリアン・スタイル初期〜ヴィクトリアン・スタイル中期〜ヴィクトリアン・スタイル後期まで(1901年頃)の、時のヨーロッパ王室中心のスタイルです。ヴィクトリア女王の61年にわたる治世は1901年に、女王の死去と共に終わります。そしてエドワード7世の時代となります。それは新しい金属プラチナの登場となります。デザイン的には、前の時代と [続きを読む]
  • アンティーク・パール
  • アンティーク・パールを使ったジュエリーアンティークジュエリーとは、1800年から1930年頃に作られたものの総称であるようです。その時代に多くの優れた技術を持って、華麗に花咲いたジュエリー達を時代の区分ごとに、見ていこうと思います。殆どは英国を中心に時系列で見ると判り易いと思われます。<ジョージアン・スタイル>希少な金、パール、ダイヤモンドなどを使い限られた素材を使い巧みに豪華さを持って作り上げた時代です [続きを読む]
  • アンティーク・パール
  • アンティークジュエリーの中のパール養殖真珠が発明される前は、当然ながら天然真珠のみしか存在しませんでした。養殖真珠に慣れてしまった我々は判らないことですが、当時100年以前の真珠の値段は遙かに高価であり。17世紀半ばころまで、真珠の値段は同じ大きさのダイヤモンドとほぼ同額であったそうです。天然真珠には真円真珠というものは、ほぼありませんので、そのデザインはいかにその形状を活かしたものにするかが、問われ [続きを読む]
  • 真珠王の伝説
  • 真珠王の伝説「世界中の女性の首に真珠をしめてご覧にいれます」御木本幸吉の、最も有名なことばである。明治38年(1905年)、日露戦争の講和条約調印が終わり、その報告を兼ねて、明治天皇が伊勢神宮を参拝されることとなった。この際、三重県の産業人であった御木本幸吉が、明治天皇に言上したとされた言葉である。尚このことは、後に徳川無声との対談の中でも語られている。戦後、貞明皇后は「戦争中閉鎖されていた、目黒の工場 [続きを読む]
  • 真珠がセピア色に
  • 真珠の日焼け長い間真珠も、日に晒されていれば“日焼け”をしてきます。ちょうど古文書のように黄ばんでくるのが特徴です。今でも街の時計貴金属店などのショウウインドウに飾られているのを、見かけた事はありませんか。ここで、真珠構造のおさらいです真珠の断面の模式図こんなに真珠層は厚くないが、模式図としてこの様な、抽象的な表現方法もさらに、詳細に真珠表面の拡大写真(100)倍真珠表面の拡大写真(400)倍真珠断面(10 [続きを読む]
  • 歴史の中で
  • 1200年前の真珠  1979(昭和54年)1月23日、奈良県立橿原考古学研究所より、奈良市此瀬町の茶畑から太安万侶の墓が発見され、火葬された骨や真珠が納められた木櫃と墓誌が出土したと発表された。当時の日本考古学学会はちょっとした興奮に、湧き返りました。何しろあの古事記の編纂者である太安万侶なのですから。更に驚くことに、4粒の真珠が一緒に出てきた事も話題となりました。早速学術チームが立ち上がり、真珠の分析が開始 [続きを読む]
  • 南洋真珠
  • 最近話題の東京都知事小池さんに見るノーベル賞を日本人が、受賞して3年連続とか、誠におめでとうございます。マスコミでは騒いでいますが、何か当たり前のような・・感激性が薄らいでいるのは私一人でしょうか。一方でこの方は、以前話題のトップランナーです。豊洲問題、オリンピック問題等々都民を代表して精力的に取り組んでいます。真珠のブログに有るまじき始まりとなってしまいましたが、毎日テレビに写る姿を拝見できるの [続きを読む]
  • 淡水真珠
  • イケチョウガイの手術淡水真珠という、真珠が有ります。今では中国産真珠の代名詞の様に思われていますが、実は日本の琵琶湖で始めて養殖に成功したものなのです。最近では養殖技術が発達して、真円真珠ができたり、より商品価値の高い物を生産出来る様になりました。しかし当初はその形や色は、海の真珠を見慣れた者にとっては、驚かされたものでした。何しろ濃い紫色をもっていたり、オレンジ色を持っていたり、形がドラゴンと呼 [続きを読む]
  • 真珠を作るとは
  • そもそも、真珠はどうしてできるの?改めて、そんな疑問にお答えしたいと思います。と云いますのは、未だに 真珠と云うのは、貝の中に核を入れれば自然にできてしまうといった間違った常識が意外に行き渡っています。確かに挿核手術の場面が映し出されますので、事は単純に直結することになりますが、問題は核入れとそれに続く動作が有ります。核入れで出来た道に沿って3ミリ四方の小さなものが送り込まれます。実はこのモノこそ [続きを読む]
  • 貝掃除
  • 貝の雑草刈りこの時期になると、アコヤ貝を養殖している皆さんの一番の仕事は、貝に「良い真珠を作ってもらわねば」と頑張ることは、貝掃除と言われる作業です。海の中の貝に、限りなき愛情と注意深さを注ぎこみます。真夏の真珠養殖の現場を見ると、イカダの上に建てられた仮小屋の中で、沢山の人達が黙々と作業にあたっています。貝掃除と言われるそれらの作業は、機械化されたとはいえ、現在でもなかなか手間のかかる仕事です。 [続きを読む]
  • 黒蝶真珠に興味あり
  •                イメージ画像        消費者調査で明らかに(日本黒蝶真珠輸入協議会)以前ではあるが、「黒蝶真珠に関する一般市民調査」を行っているので、その報告をみたいと思います。黒蝶真珠を保有している方の平均保有点数は1.9点で平均購入額は¥382,000で在ることが分かった。現在の所有者の割合は11.9パーセントで、黒蝶真珠に興味がある方は82パーセントに上ることも分かった。さらに、買いたい [続きを読む]
  • 南洋真珠の神秘
  • パラワン諸島フィリピンのパラワン諸島、フラワーアイランドではゴールドリップによるゴールド系白蝶真珠の養殖が、今盛んに行われている。下 左右の2つは同一で、真ん中で切断した真珠ですこの興味深い、真珠をアカデミー・A氏が解説していますのでご披露します。  「この切断面を観察すると、濃黄色と淡黄色の色素が周期を持って分泌されているのが、判りますが特に濃い黄色が分泌される周期は、月2回の新月と満月の大潮の時 [続きを読む]
  • コンクパール
  •  コンクパール(Conch pearl)ヨーロッパでは古くから、真珠の中でも最高の座に位置図けられていた。ピンク貝(Storombus Gigas)という熱帯から亜熱帯に生息している、巻貝から採れる天然真珠である。アコヤ貝、白蝶貝、黒蝶貝などの二枚貝などに比べるとその出現頻度は、遥かに低く珍しい存在。形、色は多色ありますが、中でもピンク色のものが至上品とされています。真珠―Wikipedia西インド諸島のカリブ海に生息する巻き貝で [続きを読む]
  • 世界の大きな真珠
  • 西大后が愛したパール大きな真珠「パール・オブ・アジア」一時は世界最大級のパールとも云われ、パールオブ・アジアの名称ともなったその大きさは、縦76ミリ横50ミリ 厚さ28ミリもあり重さは114グラムです。そこにヒスイ、トルマリン、オパール等が付いています。17世紀前半にムガール帝国(現在のインド) 第5代皇帝シャーヂャハンの時代にペルシャ湾で発見された、天然真珠です。   左側が表           右側が裏 [続きを読む]
  • 大きな真珠の話
  • 世界の有名な大きな真珠の話ホープ・パール(希望の真珠?)             正面から             裏から19世紀に発見され、世界でも最も有名な真珠であり宝石でも有ります。サイズは11,43×5,08?の細長いドロップ・ウオーター型をしていて、450カラット(1カラット=0,2グラム)90グラムの重さがあります。因みに7ミリ程度のアコヤ真珠のネックレスで30グラムですので、単体でネックレス3本分ということで [続きを読む]
  • 真珠の話
  • 有名な真珠の話東方見聞録に出てくる真珠の話(マルコポーロ)「チ˝パング」は東の方、大陸から千五百マイル公海上にある島である。しかもまことに、大きな島である。住民は色白で、慇懃(いんぎん)、優雅な偶像教徒である。ここは独立国で、彼ら自身の君主を頂いていて、どこの国からも干渉を受けていない。莫大な量の黄金があり、この島では非常に豊かに産するである。それに大陸からは、商人さえもこの島にこないので、黄金を [続きを読む]
  • アメリカの真珠
  • アメリカ大陸での真珠アメリカでも、海水産、淡水産共に古くから産出しています。メキシコ、ペルーなどの古代遺跡から真珠の装飾品が発掘されていますし、又北米でも先住民、つまりインディアンなどの装飾品から、真珠が発見されています。それはコロンブスによる、アメリカ大陸の発見からの事で有ります。          当時は淡水産よりも、海水産が多く産出されていて、真珠貝も、アコヤ貝の仲間や黒蝶貝、マベ貝の仲間等 [続きを読む]
  • 日本の真珠の歴史
  •   日本の天然真珠四方を海に囲まれた日本、やはり早くから歴史の中に真珠は登場するものの、その当時世界との違いは装飾品ではなく、薬であったり、一部の権力者の副葬品などに見られる程度で、明治以降の洋装文化がその様相をガラリと変えてしまった。それだけ着物文化という独自性が島国、日本に定着していた訳で有ります。日本に於ける最古の真珠  「縄文真珠=鳥浜貝塚真珠」日本最古の真珠は鳥浜貝塚(福井県三方町)から [続きを読む]
  • 天然真珠
  •    真珠の神秘真珠は人類が最初に出会った宝石だと言われています。他の宝石類と違って、カットや研摩の必要がなくそのままで穴さえ開ければ、装飾品となり身に着ける事が出来るからです。始めはきっと、近くの川や海で食用に獲った貝の中から偶然に出たのでしょう、日本でもアワビの中から天然真珠が出たり、アサリから出てきたりなどニュースになることが有ります。貝其の物は、獲った直後は泥だらけで苔などが付いていて、お [続きを読む]
  • paerl story
  • パール物語世界の美女たちを華麗に耀かせる最高のクラウン ミキモト製で「ミス・ユニバース世界大会」の為に制作され寄贈された。120個の真珠と、800個のダイヤモンドが使われ、2002-2007の間、優勝者の栄誉を称えました。このモチーフは「永遠の美」のシンボル、フェニックスの羽をイメージしたもので、強くて優しい輝きを堪えるパールクラウンとして存在感、溢れるものでした。現在では世界的に知名度が高 [続きを読む]
  • プリンセスのパール
  •    世界の王妃・王女が愛したパール古くはクレオパトラの時代から、現代に至るまで王族達は、真珠をこよなく愛してきました。ダイヤモンドがキングと称せられれば、真珠はプリンセスと云われるように実際のプリンセス達にも、愛用されました。ハリウッドスターから、モナコ公国レーニエ大公妃に華麗に転身したグレース・ケリーの結婚式のウエディング・ギフトはダイヤと真珠で作られたネックレスとイヤリング・ブレスレットでし [続きを読む]
  • 過去の記事 …