明人(みょうじん) さん プロフィール

  •  
明人(みょうじん)さん: 差取り塾
ハンドル名明人(みょうじん) さん
ブログタイトル差取り塾
ブログURLhttp://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/
サイト紹介文自由や幸せを在るようにできる人たちが続々誕生中です。自分で立って歩くことの大切さを知ります。
自由文自然の成り立ちを知ることは人間の成り立ちを知ることです。
成り立ちが分かったのなら、社会生活において生きやすくなることは当たり前で、生きることが輝きだしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/04/13 22:49

明人(みょうじん) さんのブログ記事

  • インドの聖者
  • 最近インドの聖者の本があったので少し読んでみました。その時感じたことを書いてみたいと思います。質問者は貧困や争いがあると言い、聖者はそんなものはないと言う。この会話がかみ合わない事・・・・聖者が言っていることを理解しようとしてもできません。それは山の上とふもとで景色の話をしているようなものです。それでは質問者が理解できることは無いでしょう。こういった勉強をするなら、いつまでたっても聖者の境地には近 [続きを読む]
  • すべて表れている
  • 差取り塾でお話をしていて感じる事ですが、一生懸命生きてきた人は知っているということです。表われを通して、何かを感じて取っているからです。どうしてそれが起こるかという事は差取り塾でも話していますし、グループセッションの動画でも公開しているので省略します。前回のグループセッションでは一生懸命生きてきたことをとおして、すでに勉強の材料はすべてそろっているというお話でした。だから、あらためて勉強する必要な [続きを読む]
  • 自覚は修行なのか?
  • 自覚。修行なんですか?と聞かれた時、YESともNOとも言えません。多くの人にとって修行とは苦しくては根気がいるものという観念が在るからです。ですからその観念を抱いている人にYESと答えることは間違えています。だからと言ってNOでもないのです。自覚を始める人によって違いますが、苦行とする人もいますし、障害など全く無いかのように楽しむ人もいます。それは初期のばらつきです。自覚に真摯に取り組んだ人はいずれ自覚が楽 [続きを読む]
  • なんでそうなるのか?
  • 人間はなんでそうなるのか分からないでやっていることが沢山あります。その代表的なものが、なんで生きているのか?これが分からないでも生きています。それができるのが人間の意識であり、その意識が物事を見えなくしているといえます。少し、ハードルを下げてみるなら、なんで悟るのか分からない人が悟りを語ったり指導していたりします。面白いことだとは思いませんか?なんでそうなるのかはっきりしているなら、その様に道を歩 [続きを読む]
  • ちょっとした工夫
  • 難しいこともたまには書くかもしれませんが、難しいことを分かることが大切なのではありませんから、分からなくてもよいのです。差取り塾で伝えていることは、動画やTwitterなどを含めるとかなり惜しみなく公開しているつもりです。しかし、できるようにならないのはちょっとした工夫が足りないから。それが分かればスルスルと分かるようになっていきます。分からないことにとらわれてはいけません。ブログや動画で伝わるなら差取 [続きを読む]
  • 「わからない」は解ろうとしないで向き合うだけ
  • 生きていると度々「わからない」という事か起こります。そこで思うのですが、多くの人間は「分からない」を分かっていないという事です。「わからない」を分かった気になる事で「わかった」といっている場合がどのくらいの率で起こっていると思いますか?10% ?20% ?想像してみてください。「わからない」と真摯に向き合わない限り「わかった」と「分からない」を区別できません。「解る」のは個人的な現象です。解った時 [続きを読む]
  • 同じ景色を見るという事
  • 自覚を伝えているのは、悟ってほしいとか、覚醒してほしいとかそんなことではありません。人間として生きていて、目の前に広がる景色以外の景色があるんです。その景色は目には見えません。しかし、在る無いものを在るといっているのではないのは少し勉強した人なら分かると思います。私が何かを語るとき、そこの景色を見ながら語ります。そこには記憶などの思考を使うわけではありません。確かに広がる景色。それを見ながら、それ [続きを読む]
  • 差取り塾って何?
  • 今日は差取り塾でどんな事をやっているのか書いてみたいと思います。わかりやすく言うと己を知ることなのですが、それでくくれるところではありません。己を知ることと言うと、「あ〜そういうことね」と考えますが、そういうことではありません。「そういうこと」と言っているとき、それは自分自身の理解の中でしか考えることが出来ていない表れで、「そういうこと」と言いながら同時にメモリー(知識)を辿っているのです。「そう [続きを読む]
  • 苦言を書け!?
  • 悟りとは○○だと規定する事は、間違っていると師匠は言っていました。私自身も自覚をしていてわかることは、確かにそうだな〜ということ。「こうやったら悟れます」とか、「こうやったら簡単だ」みたいなことは安易にいわない方が良心的。本当に仕組みがわかれば簡単なのですが、仕組みを分からないうちから簡単だと言えるならそれはどうかと思います。今までやってきて、やればやるほどシンプルになって伝えることが本当に簡単な [続きを読む]
  • 自覚ってどう?
  • 自覚という言葉に聞きなれないと感じる方も多くいらっしゃると思いますが、自覚ってどうなの?というお話に少しお付き合いください。お付き合いしていただいているうちに、思考の外からほどけているはずです。自覚をすると悟る?これはyesですが、自覚をしているつもりなら答えはnoになります。自覚っぽいことして、自覚を誤解する人は沢山いますし、それで発信までしてしまう人もいますが、それはそれでいつか気が付く時が来れば [続きを読む]
  • 3分間クッキング
  • 今日は独り言のようなことにを書きますので、気軽に読んでみてください。差取り塾では自然素材を使ったお料理を出しています。自然素材の中には自然の恵みが失われずにそのまま入っていますので、知る必要なく食べ続けると健康になっていきます。食べ続けるうちに自然の恩恵を無理なく取り入れています。美味しそうな別のお店のお料理は高次元や神・キラキラという化学調味料をかけて、特別な味付けをしているので、味覚(特別感) [続きを読む]
  • 神や高次元存在と身近に思い、家族になるグループセッション
  • 毎月第一日曜日公開グループセッションをやっているのですが、あまりお知らせをしていないので今日はそれについて書いてみたいと思います。回数を重ねるごとに変わっています。今日はちょっと違う切り口で・・・・グループセッションでは神に会いたい人は神をみますし、高次元の存在に会いたければ会うことができます。その際前もってそれをお伝えください。そうでないと、いつの間にか触れて気が付かないうちに知るようになってし [続きを読む]
  • ファンタジー
  • ファンタジーはいつもあなたの手の届かないところにあります。ですからあなたがファンタジーと感じるものは手に入れることはできません。ディズニーの映画・SF映画宇宙・宇宙人高次元・神超能力億万長者そこにファンタジーを感じて、追い求めたとしてもファンタジーはファンタジーのままです。ファンタジーに満ちた人は人を引き付けます。ファンタジーは人を魅了する力があります。そして人を盲目にします。今あなたが追い求めるもの [続きを読む]
  • 美を追求しそれを表す人。表面的でも美しくなることに力を注ぐ人。美を追求するあまり、すべてをなげうつ人。・・・・世の中「美」を追い求める人は数多くいます。「美」とは何か?それを哲学のように持っている人も追求の過程で通る道。しかし「美」を哲学したとしても、「美」を知っている事とは違います。「美」の哲学は「美とはこうだ」という本人の主張なのですから。人は「美」の追求を通してある深淵に触れることになります [続きを読む]
  • 演じ続けるあなた
  • あなたが自分自身を生きないのはもったいないことです。あなたがあなたを生きれば、自然にあなたが活きることになります。それはあなた自身がそういった可能性を持っているからです。どうしたらあなたがあなたを活きることができるのか・・・それはそんなに難しいことではなく誰でもやると決めればできるようになります。■演じることをやめる多くの人は演じ続けながら生きています。演じるという事は本来の自分自身ではない別の人 [続きを読む]
  • 差取り塾のカリキュラム
  • カリキュラムといっても、実際に決まったマニュアルがあるわけではありません。だからと言って闇雲にお伝えしているわけでもなく、一人一人それぞれの進み方に添ってお伝えすることで緻密に計算された結果につながっています。これから先マニュアルを作って一緒くたにあてがう事はありません。特に決まったことはありませんが、結果的にそうなっているということをここでお知らせ出来ればと思います。まず「悟る」と言うことを規定 [続きを読む]
  • 自分の運命を変えるために本当に大切なこと。
  • 運命を変えることとは、今ある運命に逆らう事ではありません。自分自身で運命を切り開くことではないのです。大切なのは自分で運命を創造していくという観点です。運命を変えようとする観点は、運命を受け入れられていない観点であり、運命を切り開こうとする観点は運命の流れと葛藤する観点です。運命を変えようとしていることがどういった事なのか、考えるのではなく感じてみてください。何かを知ることが運命を変えることではな [続きを読む]
  • 深淵なるものを理解しようとする器
  • 深淵を伝えるためには深淵を理解することができる意識が必要です。大きなものを受け止めるには大きな器が必要です。差取り塾ではそれを最も大切にしています。何かを覚えたり身に着けたりすることは、それとはまったく異なることです。ワークや能力といったものは全く関係ありません。かといって、人間の器が広がったり深い人間になったりすることは一朝一夕ではないのは世間の常識。世間の常識からすると、何かワークをやって少し [続きを読む]
  • 眼横鼻直
  • 映画「禅」で道元禅師話す言葉眼横鼻直的を射た説明が見つからなかったので掘り下げてみたいと思います。そもそも道元禅師は言葉の解釈をさせるために言葉を放っているわけではありません。しかし、言葉が独り歩きしたときから近しい弟子はそうでなかったとしても耳から入った言葉は思考で解釈されるのが世の常です。月を映し出す水面に月はありませんが、月を知る事ができます。しかし、見たそれを月といってはいけません。ただ、 [続きを読む]
  • 生きにくい・・・とは?
  • 世の中を生きにくいと感じている人は少なくないはずです。それぞれの人にそれぞれの感覚があると思いますが、読んでみてその感覚に近い人には参考になると思います。内容が違っているのなら直接お話に来られても良いと思います。され、生きにくさとは何でしょう?それが分からなければずっと「生きにくい」という感覚を抱えたまま生きることになります。「生きにくい」という感覚だけを頼りに何かをするうちに衝動的な行動を通して [続きを読む]
  • 我慢を成長の道具に使おうとしてはいけません
  • 人間は色々な場面で我慢を強いられることがあります。しかし、その我慢は本当に必要なもので、しなければいけないものなのでしょうか。人間の営みにおいて我慢で事態が好転したかのように見える場面が沢山あります。会社を辞めたくなった人はかなり多いはずですが、そこで会社をそのまま辞める人はあまりいません。そして、会社に残り、会社内でよいことがある我慢したことを思い出しそれが報いたのだと結論付けます。同じような場 [続きを読む]
  • 「こうでなければいけない」を一度すべて降ろしてみたら・・・・
  • 人が成長していく過程で「こうしなければいけない」「こうでなければいけない」とそれに向かって努力してみたり、そうでない自分自身を責めたりしている事は誰でも経験していることではないでしょうか。その様に教わって、その様に生き「それで何かしらの結果を手にした」と考えるかもしれません。人間は向上心を失ったら終わりだと考えることも一般的です。その中で、「こうでなければいけない」は正当化され、いかにも正しいよう [続きを読む]
  • 悟り後の視点
  • 関西在住 Cさん:数年前、私はうつ状態になり働けなくなりました。 それまでナースをしていた私は、仕事柄、精神疾患の患者さんと関わることも多く、そのような患者さんの辛さを感じつつも、どこか他人事のように思っていました。 「なんで自分で自分の首を絞めるような考え方しか出来へんのやろ」「そんなん気にしてんの本人だけやで」「薬で治るような問題ちゃうやろ」 診察介助につきながら、殆どの患者さんに対してそんな風に [続きを読む]
  • 悟り後の視点 〜推薦の言葉〜2
  • アーティスト K.M.さん:おめでとうございます!私は、差取り塾に 出会えて本当にラッキーだったと思っています。だから、これを読んでいるあなたも「ラッキーだなあ」と思うのです。 私は、ニューヨークに住んでいるアーティストです。日本から20年前に移り住みました。絵を描いたり、日本語を教えたりして、暮らしています。 アメリカの禅のコミュニティに参加して、座禅をしたりもしています。人生の苦しみからの解放を求めて [続きを読む]