ピアノ教室ちっぺんでーる さん プロフィール

  •  
ピアノ教室ちっぺんでーるさん: ピアノ教室チッペンデールのブログ
ハンドル名ピアノ教室ちっぺんでーる さん
ブログタイトルピアノ教室チッペンデールのブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chippendalepiano/
サイト紹介文福岡県飯塚市の生徒さんの個性を大切にしたピアノ教室です。生徒さんはみんなピアノが大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/04/14 01:16

ピアノ教室ちっぺんでーる さんのブログ記事

  • レッスンの裏側あれこれ
  • 小学校も高学年になると自分の主張をし始めます。1週間に1度しか会わない私には外交的なお顔をしていても、お母様には素顔で体当たりの様です。それを支えたり対処したりするお母様はストレスに晒されていることが多そうで、たまにレッスン室でポロリと本音をこぼされることもあります。私は基本的にお母様の味方からスタートです。私も通って来た道なので、親としての立場や考え方がある程度は理解できるつもりです。親として、お [続きを読む]
  • このレベルで止まるかと思いました
  • “認識”系がちょっと苦手な年中さんはピアノ歴1年ちょっと、中々手強い感が満載なレッスン展開です。お話を聞いていないわけではないのですが、そのうち当たるだろう、そのうちできるだろう、そのうち教えてくれるだろうという意識が見え隠れしていて、依存度大です。パーティーAの卒業テストにはまだ程遠い状態です。右手と左手の認識が怪しいのが1番の問題で、毎週お尋ねを繰り返すけれど適当なお返事で、困ったな…という感じ [続きを読む]
  • 前を見るんだよ
  • レッスン直前にお母様からLINEが届いていることに気付き、急いで読みました。すると学童からの帰り、コンクリートの柱に思い切りぶつかって転倒したとありました。うわっ…と思いましたが、レッスン室に入って来た生徒さんはいつも通り元気でした。“どこをぶつけたの?”と聞くと、“ここ”と言って左側頭部を指します。そっと触ってみましたが、傷もたんこぶもないようだったので、そのままレッスンに入りました。この生徒さんは [続きを読む]
  • かすみミュージックスクール 石黒聖菜先生特別講座
  • 娘が大学に在学していた3年前、石黒加須美先生のスクールの生徒さん達によるオータムコンサートを見学させて頂きました。その舞台の素晴らしさは他に類を見ないものでした。生徒さん達の統率の取れたきびきびとした動き、堂々としたセリフや掛け声、そして笑顔、何もかもが素晴らしくて呆気にとられたのを覚えています。そのオータムコンサートを実体験できる講座が今日開催されました。講師はリトミック指導カレッジでお世話にな [続きを読む]
  • バスティンパーフェクトセミナー第7回 池川先生
  • 今日はバスティンパーフェクトセミナー第7回目でした。池川先生による、ベーシックス2巻のお話を聞かせて頂きました。舞台の上にいらっしゃる池川先生の前のテーブルの上には、お持ちになったレッスン用のグッズがたくさん置いてあります。何をどう使われるのかな?と興味津々でした。池川先生は鹿児島バスティン研究会を主催されてあります。そのバス研が研究開発して生み出した様々なグッズやレッスン方法を惜しげもなく伝授して [続きを読む]
  • 妹ちゃんがライバル
  • とても感受性の強い1年生の生徒さんは、目下のところ妹ちゃんがライバルです。妹ちゃんもピアノを習い始めたので、ライバル心は天井知らずです。妹ちゃんは3歳年下です。お姉ちゃんとは性格が反対で、穏やかで人見知りです。でも忍耐強くて頑固ちゃんでもあります。姉妹だけれどこんなに違うんだなあといつも思って見ています。レッスンの際にお姉ちゃんが1人で入って来ました。いつもはママも一緒に皆んなでワイワイ賑やかに入っ [続きを読む]
  • レンタルピアノのお問い合わせ
  • 指にお湯をかけてしまって火傷を負った際、急いでワセリンを塗りたくりながら処置をしていたら、携帯の着信音が鳴りました。こんな時に…と思いましたが、相手にわかるはずもないのでワセリンだらけの手で携帯に触りました。画面に出た電話番号は全く知らないもので、しかも宮崎県と通知が出ていました。??と思いながら電話に出ると、少々訛りを含んだ柔らかい声が聞こえて来ました。どなたかのお母様かなと察しがつきました。宮 [続きを読む]
  • 台風一過の日曜日
  • お茶を飲もうとケトルでお湯を沸かした後、残ったお湯を処分しようとして自分の指にかけてしまいました。悲鳴を聞いた娘が目の前の椅子から即座に振り返りました。私は火傷が何より怖い人間です。数年前に右手の甲を火傷してからはいよいよです。そして、怖いと言いながら火傷に遭遇してしまうのも事実です。火傷の対処は昔とかなり変わりました。冷やすことは当座の痛みをおさえる効果しかなくて、ワセリンの様な保護する薬品を塗 [続きを読む]
  • 筑豊B1ミュージックフェスティバル2017
  • 台風18号の接近が危ぶまれる中、今日と明日で筑豊B1ミュージックフェスティバル2017が開催されます。今年で3回目の企画で、地元で活躍するバンドが結集します。発表会でも演奏して頂いた“Candy”が登場するので、K先生と娘と3人で会場であるコスモスコモンへ足を運びました。中ホールの客席はそこそこ埋まっていて、根強いファンが多いことが伺えます。Candyのギター担当のYさんは、K先生の従姉妹さんのご主人でもあり、私の母の [続きを読む]
  • 作曲してます
  • パーティーAをゆっくりのんびり進んでいる年少さんは、お母様から引っ込み思案とお聞きしていますが、マイペースで自分のやりたいことを優先しつつ頑張っています。最初のうちははにかんでいましたが、今ではレッスン室に入って来るなりお喋りを始めるような状態で、とてもリラックスしている感が伺えます。私のお話はその時の気分で頭の中に入って来たり遠のいたりな様で、1歩進んで2歩下がる時もありますが、毎回音楽を聴いてお [続きを読む]
  • 頑張ることを頑張る約束
  • 年中さんの男の子はやんちゃ真っ盛りでレッスンにやって来ます。お母様にそっくりな可愛らしいお顔とは裏腹に、落ち着かなく動き回ります。ピアノを始めて5ヶ月目に入りました。落ち着かないのでお話も最後までしっかりと聞くことができません。ですので定着するべきものが中途半端になっている感があります。最初の頃に比べれば、椅子に座っていられる時間も長くなって来ました。でもおふざけが多くてふざけている自分を楽しんで [続きを読む]
  • ママ、もう来たの?
  • 今日は所属しているバスティン研究会の定例会でした。ここのところ講座とかぶることが多くて中々出席できずにいたので、久しぶりの参加でした。朝から生徒さんのお母様とLINEでやり取りしていましたが、帰宅してからは更に数件のLINEが届きました。季節の変わり目だからか、体調を崩す生徒さんが増えています。そんな中、1人のお母様から、小学校低学年の生徒さんが1人でレッスンに行きたがっているのですが…とご相談を受けました [続きを読む]
  • 赤松先生の平均律の講座 第7回
  • ちょっと足元が怪しいお天気の中、赤松先生の平均律の講座へ出掛けました。今回は娘も一緒で、K先生と3人での参加でした。参加される先生方の顔ぶれはほぼ固定化されて来た感があります。純粋に平均律を学びにみえてある先生もいらっしゃれば、赤松先生のお話を楽しみに参加されてある私の様な先生もいらっしゃると思います。前回からほぼ3ヶ月間が空き、今回は即講座の中身に跳び込むのではなく、d mollで書かれた曲のお話から始 [続きを読む]
  • 邦雄先生の言葉を伝えて
  • 昨日の邦雄先生のソルフェージュ教室に参加した生徒さんが数人レッスンにやって来ました。お互い“昨日はお疲れ様でした〜”の労いの言葉からレッスンがスタートします。個人レッスンを受けた生徒さんもいました。その際の邦雄先生の言葉を再度確認しながら、音作りを進めて行きます。「心で歌わないとピアノも歌わない」今回、邦雄先生からうちのお教室の生徒さん全般に向けて発せられた言葉です。テクニックを身に付けてそれなり [続きを読む]
  • 今年3回目 邦雄先生のソルフェージュ教室
  • 佐々木邦雄先生のソルフェージュ教室の今年第3回目を開催しました。コミュニティセンターのいつもとは違う学習室401になりますが、とても広いお部屋にカワイのフルコンが置いてありました。常連の生徒さんや新規の生徒さん、先生方で会場が埋まると、ソルフェージュ教室が賑やかに始まりました。どんな会場でもどんな曲が登場しても、邦雄先生の指導はブレることがありません。 コンクール参加予定の生徒さんが数人いました。最近 [続きを読む]
  • 佐々木邦雄先生がおみえになりました
  • 今年3回目の佐々木邦雄先生の来福となります。ちょうど関ジャニ∞の福岡公演と重なっている為、飛行機のチケットが中々大変な状態で、いつもよりも遅い福岡空港到着となりました。邦雄先生の温かい笑顔を見るとホッとします。まだまだ改築工事中の福岡空港の中を通って駐車場に向かう間から夏の近況報告会が始まりました。今日は指導者の為のソルフェージュ教室です。K先生宅のレッスン室にて、自分達でお勉強したい課題を邦雄先生 [続きを読む]
  • 気ままな幼い生徒さん達
  • 夏の疲れが顔を出す今の時期、それは小さな生徒さん達も同じ様で、どことなく眠そうなお顔でやって来ます。幼い生徒さん達は、面白いこと・楽しいこと・珍しいことにはとても興味を示すけれど、面倒くさいこと・わからないこと・面白くないことには見向きもしません。集中力がとても短い幼い生徒さん達のここ!という時間を捉えるのは中々大変ですが、こちらの誘導に上手く乗ってくれたらレッスンはとても広がりを見せます。逆に地 [続きを読む]
  • 1ヶ月半ぶりのレッスンでした
  • お母様のご実家へ夏休みの間中帰省していた小学生の生徒さんが、久しぶりにレッスンにやって来ました。夏休みに入ってすぐに行ってしまったので、1ヶ月半ぶりになります。お母様のご実家は海外です。楽器は無いとお聞きしていました。紙鍵盤を持たせて、楽器が無くてもやれることを2人で考えて、紙に書いて持って行った生徒さんです。昨年も同じ様に帰省して、ほぼ1ヶ月ぶりに戻って来た時には、習ったことを綺麗さっぱり忘れてし [続きを読む]
  • 座談会風レッスン
  • 今日の最後は大人の方のレッスンでした。いつもはご夫婦でおみえになるのですが、奥様の方が体調を崩されておひとりでおみえになりました。つい最近お引越しをされたばかりで、まだ落ち着かない日々の様でした。ご夫婦でお仕事をお持ちなので、忙しさの中で全てこなす大変さはわかります。練習が出来ていません…とは仰いませんでしたが、テーブルの所からピアノの方へ移動しようとされないので、お疲れなのかなと思いました。お引 [続きを読む]
  • パーティーAの卒業テストでした
  • 年長さんのパーティーAの終了テストを行いました。早くパーティーBに行きたい!と常々言っている生徒さんです。姉弟3人でレッスンにやって来ます。誰からやる?と聞いた時、“僕からやる!”と1番先に手を挙げてヤル気満々な様子が見て取れました。卒業テストはパーティーBに入っても大丈夫かどうかを私が判断する為のもので、内容はほぼ同じですが、生徒さんによって多少変わります。この年長さんは指番号が中々苦手で、出す時一 [続きを読む]
  • やっぱりお勉強!
  • 昨日のコンクールで様々な演奏を聴かせて頂き、頷く所や首を傾げる所、目を見張る所やエッとなる所等、目と耳と心に刺激と栄養を頂きました、自由曲部門では何を演奏しても良いので本当に色々な曲が登場しました。出だしはとても軽やかなものであっても、進むに連れて音が薄くなったり指が回らなくなったりの演奏もありました。物語の様に展開して良いはずの曲が最後まで同一のテンポで演奏されて面白味が半減したり、1曲1曲は小曲 [続きを読む]
  • コンクール予選会場にて
  • 娘が高校生の頃に参加したことのある懐かしいコンクールの予選に、生徒さんの1人が出場しました。会場は福岡女学院ギール記念講堂です。娘の頃から随分と時が経っているので、会場も雰囲気もかなり変化が見られる気がしました。ギール講堂はここの所何かとご縁のある会場でもあります。9月に入って暑さも和らいだ中、小さく鳴く蝉の声に夏の余韻を感じつつ足を運ぶと、課題曲部門の小さな出演者ちゃん達がドレス姿で広い中庭を走り [続きを読む]
  • 誇らしげなお顔
  • 中学生の生徒さんは、今日学校の部活動であるリコーダー部のコンテストでした。夜、お母様よりご報告のLINEが頂きました。写真が一緒に添付されてあって、トロフィーを片手に満面の笑みでカメラに向かってピースをする生徒さんとその仲間がそこにいました。お母様によると、生徒さんの学校は全ての部に於いて圧倒的な強さで金賞だったそうです。トリオでの演奏には優秀賞を頂いたそうてす。昨日のレッスンの際にリコーダー部の話に [続きを読む]
  • DVDを胸に抱いて
  • 今春からピアノを習い始めた年少さんは、先日のミニコンサートが初舞台でした。レッスンの際の練習の時は自己紹介の声も小さくて、本番はどうなるのかなあとちょっと不安もありましたが、年の近いお姉ちゃんもいるし、何とかなるさ的思考で臨みました。でも心配や不安も何のその、本番は自己紹介の声は小さかったけれど演奏は堂々として立派なものでした。年中さん・年長さん顔負けの落ち着いた良い演奏でした。初めてミニコンサー [続きを読む]
  • 8月は3回レッスンなんです〜
  • 8月最後の日の今日はレッスンはお休みでした。9月からの色々に備えて身体やメンタルのメンテナンスを…と考えてのんびりゆっくりするつもりでいました。エアコンの効いたレッスン室でミニコンサートの動画のDVDダビングの仕上げに取り組んでいると、玄関チャイムが鳴りました。ドアホンを見てみても誰も映っていません。玄関まで行ってみましたが、誰もいませんでした。携帯を覗いたらお母様より着信履歴が残っていたので誰がやっ [続きを読む]