ピアノ教室ちっぺんでーる さん プロフィール

  •  
ピアノ教室ちっぺんでーるさん: ピアノ教室チッペンデールのブログ
ハンドル名ピアノ教室ちっぺんでーる さん
ブログタイトルピアノ教室チッペンデールのブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chippendalepiano/
サイト紹介文福岡県飯塚市の生徒さんの個性を大切にしたピアノ教室です。生徒さんはみんなピアノが大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/04/14 01:16

ピアノ教室ちっぺんでーる さんのブログ記事

  • 面談から入会へ
  • 生徒さんのお母様より、大手音楽教室からの移動を希望してあるお友達がいるとご紹介を頂き、今日面談をさせて頂きました。利発そうな小学校高学年の女の子とお母様が夕方おみえになりました。ご紹介くださった生徒さんという共通の知り合いがいる安心感からか、とても初対面とは思えないフレンドリーなご様子でレッスン室に入ってみえました。ブルグミュラーのタランテラを弾いてみせてくれました。とても緊張したと言ってはにかん [続きを読む]
  • 学んでも学んでも
  • ここ数年色んな講座に足を運んでお勉強させて頂いていますが、学べば学ぶほどその奥深さに気付いて、私ってなんて無知なんだろうと思い知らされることもあります。でも、学生時代には全く関心がなかったバロックダンスに今とても興味があるし、グリーグ・シベリウスといった北欧の作曲家等の曲が素敵だなと思える自分は過去にはいませんでした。又、1つの曲を演奏したりレッスンしたりする際に、その曲の中に隠れている素敵な和音 [続きを読む]
  • 発表会合同練習その①
  • 今日はコスモスコモンのリハーサル室にて、発表会前の合同練習の1回目をやりました。来週2回目を行いますが、春休みの帰省などで今回ほどは集まれません。ですので今日が1番大切な練習日でした。今日の様子を見て今後の方針が決まります。曲や立ち位置の変更、プログラムの順番など、頭の中で描いていても実際の様子とは異なることがよくあるんです。年少さん・年中さんからスタートしました。広いリハーサル室に小さな身体がちょ [続きを読む]
  • いつの間にかお姉さん
  • バロック時代のダンスの曲を弾く小学校高学年の生徒さんに曲の感じを掴ませる為に、あの手この手でお話をしています。硬かった音がずいぶん柔らかくなって来ました。彼女はシャイで、話しかけても頷いたり微笑んだりしてのお返事が普通です。ですので私が一方的に話すことがとても多いレッスンです。楽譜にモノトーンの写真が載っています。そこには貴族達が優雅に踊る姿があります。決してドタバタと弾いてはいけないよね、無茶苦 [続きを読む]
  • 楽しかったねをお持ち帰り
  • 先月からレッスンを始めた年少さんは、飽きて来たり興味が湧かなかったりすると“もう疲れた”と言って座り込みます。そうならない様にあの手この手で目先をくるくると変えながらレッスンを進めますが、幼稚園での昼間の活動やその日のメンタルに大きく左右されます。お母様が最近パートに出られる様になりました。そのせいか、小さな変化が見られる様になったみたいですとお母様が仰います。幼ければ幼いほど、そういう所には敏感 [続きを読む]
  • ごめんね
  • 7年間通った出張レッスンを終わりにしようと決めました。片道1時間弱の道のりですが一山越えなければいけないので、大雨や大雪の日は通行止めになるんです。自宅の生徒さんが増えて時間の調整が厳しくなり始めました。昨年末に体験レッスンにおみえになった方は出張レッスンに出かけている曜日をご希望でしたが私がお返事ができない状態で、本当に申し訳ないことをしました。出張レッスンの生徒さん達に少しずつお伝えを始めました [続きを読む]
  • 合同練習前補講
  • 発表会の第2部で高学年はスティックによる打楽器アンサンブルをやります。拍子感と等速感が大切で、仲間意識が高まります。今回はスティック初チャレンジの生徒さんが結構いるので、合同練習前の今日、小学校と中学校の卒業生に声かけをして補講を行いました。?=160というテンポで4分音符や8分音符、16分音符を叩いて行きます。独りよがりの叩き方では揃わないので、お互いの音を聞いて練習することがとても効果的なんです。発表 [続きを読む]
  • 石黒加須美先生のブルグミュラー講座第4回
  • お彼岸も過ぎた今日は、石黒加須美先生のブルグミュラーの講座でした。1回の講座で2曲ずつ進めて行くこの講座は、石黒先生の思いや考えをしっかり伝えて頂けます。今日は第9番の狩りと、第15番のバラードでした。どちらも耳に馴染んだ素敵な曲なのですが、きちんと教えようと思ったら少々ハードルの高い曲でもあります。石黒先生の講座に参加させて頂くと、緩んだ意識をしっかりと締め直して頂く感覚があります。適当やそこそこや [続きを読む]
  • お知り合いの先生の発表会へ
  • 今日はK先生と娘と一緒に、お知り合いの先生の発表会へ出掛けました。会場は筑紫野市にある生涯学習センターです。お知り合いの先生は、生徒さんと一緒に邦雄先生の講座へも足を運んでくださいます。ですので生徒さんも顔見知りが何人もいるんです。3時間半のプログラムの中に盛りだくさんの内容が盛り込まれた発表会で、ゲストの方が多いのが特徴です。ここ数年は、ゲストの方々とのデュオやアンサンブルにも積極的に取り組まれて [続きを読む]
  • 発表会のミーティングその③
  • 今日は隣組の総会でした。組長の私は、監査してもらった収支決算書を元に昨日から資料作りに勤しみました。夕方からの総会が終了し、無事ほぼ組長としての仕事も終了しました。1つ片付いたら又次の仕事が待っていて、26日の発表会の為の合同練習のスケジュール作成に着手です。一昨年・昨年の発表会のDVDを見てみて、できないと思わないでまずはやってみる・動作を機敏にする等の見直し点が浮かんでいます。小さな生徒さんが多いし [続きを読む]
  • 少しずつ少しずつ
  • 発表会の曲がどんどん仕上がりに向かっています。第2部のリズムアンサンブルや拍子の表現、スティックアンサンブル等もあるので中々の忙しさです。発表会のソロ演奏では“何か1つ学ぼう”をコンセプトにしています。できるだけ自分で音符読みを頑張る、ブレスのやり方を覚える、スラーのしっぽの表現ができるようになる等、生徒さんそれぞれで課題が違います。そんな中で、“自分の音を聴く”という課題に取り組んでいる小学生の生 [続きを読む]
  • 心の成長
  • 地元の小学校の卒業式でした。お天気も良く、数人いる6年生は母校にしっかりと別れを告げられたのではないかなと思います。下学年はお休みだったので、午前中に1年生の生徒さんの補講をやりました。美しい音を出せるその生徒さんは音符読みが苦手なんです。苦手という意識は他の場面でも顔を出します。指番号だったりスラーのしっぽの弾き方だったり、ブレスだったり拍子だったり、“そこはどうしたらいい?”と質問を投げかけて行 [続きを読む]
  • リトミック指導カレッジ第7回
  • リトミック指導カレッジも折り返し地点を過ぎて終盤へと向かっています。今日は第7回目で、石黒聖菜先生による3歳さんの指導の1回目でした。2歳さんと比べてできることが断然増えるこの年齢は、お母様の手を借りずに1人でやってみようと促すことを始める年齢でもあります。 そしてピアノの個人レッスンへの導入や絶対音感訓練・リズム感を養う訓練を始める年齢でもあり、タイムリミットや適期教育ということを判断して行く時 [続きを読む]
  • 娘の先輩のリサイタルへ
  • 今日はレッスンをお休みにして、北九州市にあるウエルとばたで開催された娘の大学時代の先輩のリサイタルに足を運びました。ロシアン奏法を学んであるという娘の先輩は、大学時代からピアノの上手さで名前が通っていた方です。今日はその演奏が聴けるとあって、楽しみに伺わせて頂きました。会場であるウエルとばたの中ホールはそんなに大きなホールではありません。舞台の中央に据えてあるスタインウェイが静かに奏者を待っている [続きを読む]
  • 成長が見えた時
  • ホワイトデーの今日は、色んな生徒さん達から色んなプレゼントを頂きました。賞状の様なお手紙だったりチョコレート1箱だったり、パンケーキの素だったりお菓子の袋だったり…。そんな中で、メンタル面のプレゼントをもらえたなあと思った生徒さんがいました。習い始めて1年とちょっとのパーティーBの年長さんです。初めてレッスンに来た日にピアノをグーで思い切り鳴らす様な元気の良い男の子なのですが、男の子によくありがちな [続きを読む]
  • 可愛いプレゼント
  • 先月からレッスンを始めたばかりの年少さんの男の子とお母様より、ホワイトデーのお菓子を頂きました。大事そうに胸に抱えてレッスン室に入って来て、ママに促されて“はい!”と差し出してくれました。中には可愛いお菓子とお手紙が入っていました。“年少さんなのに字が書けるんですか?”とお尋ねすると、“文字に興味があるようなので私と一緒に書きました”と教えてくださいました。レッスンをそれはそれは楽しみにしてくれて [続きを読む]
  • 発表会のミーティング その②
  • 昨年の今頃を思い出していました。娘の引越しがひと段落した後は最後のイベントである卒業式に向けて手落ちのない様に準備していたなあと懐かしくなりました。 でもこの時期は発表会前で、ただでさえ多忙な時期です。K先生と連絡を取りながら、頭の中があっちに行ったりこっちに行ったりしながら乗り切ったなあと苦笑いしていました。そしてあれから1年が経った今、又次の発表会がやって来ます。生徒さんの顔ぶれにも多少の変 [続きを読む]
  • 涙の季節
  • 今まで保育園に通っていた生徒さんが、先週からお姉ちゃんと同じ幼稚園の制服を着てレッスンについてくるようになりました。お姉ちゃんとお揃いの制服で入って来るととっても可愛いんです。幼稚園バッグはお姉ちゃんのお下がりの様で年季が入っていましたが、ここのポケットに手帳が入っていて、こっちにはお弁当が入ってると教えてくれます。帽子はひっくり返ったままかぶっていましたが、小さい子のそういう姿って微笑ましくて本 [続きを読む]
  • 赤松先生の平均律の講座 3月
  • 赤松先生の平均律の講座へ伺いました。初めての会場でちょっと迷いましたが、今日はチェンバロが用意されたお部屋でのセミナーということで、ちょっと楽しみに伺わせて頂きました。赤松先生は東京での演奏会の合間を縫って福岡にお見えになってあるとお聞きしていましたが、今日、そこへベルギーから代役の依頼が入ったと仰って、深夜便で海外へ向かわれるとのことでした。世界を股にかけてご活躍の先生ならではの動きです。今日は [続きを読む]
  • 馬場マサヨ先生の講座へ
  • 昨日はバスティンのパーティーAの講座へ足を運びましたが、今日はお知り合いの先生宅へ馬場マサヨ先生がおみえになってのピアノ奏法の講座が開催されたので伺って来ました。いつもとは違う顔ぶれの先生方に混じってK先生と娘と一緒に参加させて頂きましたが、西洋の楽器であるピアノを演奏するにあたって、日本人と西洋人の違いのお話から始まりました。とても興味深いものでした。田んぼや畑を耕す日本人は手に鍬を持つけれど、土 [続きを読む]
  • バスティンパーフェクトセミナー 二本柳先生
  • 寒の戻りの今日は、バスティンパーフェクトセミナーの2回目でした。会場であるさざんぴあ博多に向かう途中は吹雪で前が見えない様な状態でした。2回目の今日は、二本柳奈津子先生によるパーティーAのお話でした。今、私が何より大切だなと感じている部分なので、ペンを握る手にも力が入ります。今やセミナーで全国を回ってある先生ですが、オール出張レッスンからのスタートだったとかで、その時のお話にはあるあると共感する所が [続きを読む]
  • 怪我から10日経過して
  • 先日の邦雄先生の講座を受講予定だった生徒さんがいましたが、その2日前に怪我をして参加を見送らなければいけなくなりました。お母様から緊急のLINEが届いて、腕を怪我をしたこと、腕が動かないと泣いていること、病院に行ったら酷い捻挫だと言われたこと等が書かれた文字が目に飛び込んで来ました。その小学生の生徒さんが今日レッスンにやって来ました。腕を吊っているのかなと思ったらそれはなく、本人も普通にしていたのでち [続きを読む]
  • 今が踏ん張りどころ
  • “先生のレッスンはいつも工夫がありますよね〜!”と、来る度に褒めてくださるお母様がいます。それは言葉だったり、グッズだったり、ステーショナリーだったり様々です。当の生徒さんは面倒なことから逃避している最中で、音符読みが中々進みません。ちょっとだけせっかちで、ほんの少し完璧主義で、そして少々プライドが高いんです。あの手この手で音符読みへのアプローチを試している所ですが、読めなくても弾けるさという態度 [続きを読む]
  • 発表会のミーティング その①
  • 発表会の第2部の詳細を話し合う為にミーティングを行いました。娘も講師として参加する初めての発表会なので、気合が入ります。それぞれの考えや意見や方法を出し合って行きます。小さい生徒さんが圧倒的に多いので、無理は禁物なんです。1人では行き詰まっていたことも、誰かの言葉がきっかけで霧が晴れた様に展開が広がったりします。でも逆に、考案していた内容がボツになったりすることも多いんです。用意する物も少しずつ増え [続きを読む]
  • 邦雄先生が乗り移ったレッスン
  • 引き継いで半年とちょっとが過ぎた2年生の生徒さんは、発表会でとても美しい旋律の曲を弾きます。選曲する時に邦雄先生の曲の雰囲気だなあと思ったのを覚えています。2ページの曲です。譜読みはそんなに大変ではありませんが、大きなスラーやアウフタクトが特徴的なので、ブレスがとても重要になって来ます。レッスンで弾いてもらった際、両手で弾いているのに全然美しさが感じられないのがちょっと悲しかったので、両手で練習する [続きを読む]