ピアノ教室ちっぺんでーる さん プロフィール

  •  
ピアノ教室ちっぺんでーるさん: ピアノ教室チッペンデールのブログ
ハンドル名ピアノ教室ちっぺんでーる さん
ブログタイトルピアノ教室チッペンデールのブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chippendalepiano/
サイト紹介文福岡県飯塚市の生徒さんの個性を大切にしたピアノ教室です。生徒さんはみんなピアノが大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/04/14 01:16

ピアノ教室ちっぺんでーる さんのブログ記事

  • 赤松先生のバッハのいろは
  • 今日は、赤松先生の“バッハのいろは”を受講する為、北九州のひびしんホールのリハーサル室に出向きました。バッハのどんなことをお話されるのだろうとワクワクして出掛けました。赤松先生はお若い頃はコンクール出場等で、お仕事としては演奏会やリスト音楽院の講師として、海外を飛び回る生活をされてあります。ですので先生の講座では、世界中のあちこちの国のお話をお聞きすることが出来るんです。今日はバロック時代の舞曲に [続きを読む]
  • お話を聞いて
  • お母様から“最近、全然言うことを聞きません”と嘆きの言葉をよくお聞きする生徒さんがいます。頭のよく回る利発な小学生の男の子です。ここのところ妹ちゃんの方がメキメキと力をつけて来ていて、練習も頑張っています。お顔もとても大人びて来て、お姉ちゃんになりました。それでもまだ年長さんです。2人揃って来月コスモスコモンで開催されるピアノEKIDENに出るので、今はその練習に余念がありません。発表会後からその曲に取 [続きを読む]
  • ホールレッスンとバレエの発表会と試験問題
  • 今日の予定は、生徒さんのホールレッスンから始まりました。隣の市の文化会館の大ホールのピアノが夏休みの間一般に開放されることを知って、生徒さんのお家の方が申し込んでくださいました。久しぶりのホールレッスンです。時間は短いけれど、音の飛ばし方や響かせ方を中心に娘と2人で演奏を聴きました。いつになく気持ちの良い時間でした。それからバタバタUターンして地元に戻り、コスモスコモンの大ホールで別の生徒さんのバレ [続きを読む]
  • 書き出すこと
  • 1ヶ月間帰省する生徒さんと、帰省先で頑張ることを決めて行きました。帰省先には楽器が無いので出来ることは限られますが、知識をつけることやストレッチはやれます。先日のリズム教室で、手島先生から“とにかくたくさん色んな曲を聴いてください”というお話を伺いました。それはどこにいても頑張れることの1つなんです。別の小学生の生徒さんの1人にも、曲を弾く時に気をつけることを書き出してもらいました。頭はとても良く回 [続きを読む]
  • 知識の大切さ
  • スケールテストの筆記試験が近づいています。楽譜を何気に眺めているだけでは解けないことを伝えているので、調性や指番号やカデンツなどを自分なりにお勉強してもらっています。基本的な知識はどんなお勉強でも大切です。何となく…では、先で必ず行き詰まるので、その構成や仕組みをしっかりと覚えることが大切なんです。低学年の生徒さんはスケールテストそのものにまだ馴染みが薄いので、筆記試験となると慎重に取り組んでいる [続きを読む]
  • 夏休みに突入する為の色々
  • 地元の小中学校は今日が終業式です。すぐ近くにあった小学校は統合でこの春廃校になったので、子ども達がワイワイ言いながら下校する姿もめっきり減りました。さてお教室では、夏休みに突入するのでその様々な動きに対しての連絡や変更などで、結構バタバタした感じがありました。夏休みのゆとりのある時間を利用して補講をお願いしたいと仰るお母様、逆に私の方からきちんと修正が出来ているか確認したいので補講を入れましょうと [続きを読む]
  • 1人だけのレッスン
  • いつもは元気の良い妹ちゃんと一緒のレッスンですが、今日は年長さんのお姉ちゃんだけのレッスン時間となりました。お泊まり保育があるので、お姉ちゃんの時間だけ変更したんです。お母様と1番下の赤ちゃんと3人でやって来ました。幼稚園の制服姿ではなかったのでちょっと新鮮でした。妹ちゃんのやることが常に気になって中々レッスンに集中出来ない年長さんは、私のお話を聞き逃すこともよくあります。でも今日は違いました。指 [続きを読む]
  • 教えたいことが山のように
  • パーティーCに入りたくて仕方がない小学1年生は、お兄ちゃんがライバルです。まだまだ理屈が分かっているわけではないので、とにかく先へ行きたいんです。練習は兄弟3人の中で1番頑張っています。完璧主義な所があるのでミスタッチが許せないらしく、何度も繰り返しひたすら練習している様なんです。時々“もう1回最初から弾く!”というのを遮って、途中から弾いてもらいます。できない所だけを取り出して練習することを少しずつ [続きを読む]
  • リズム教室第1回目開催しました
  • 夏休み直前3連休最終日の今日も暑い真夏日でした。そんな暑さに対抗するかの様に、フライング・エレファンツの手島先生による熱いリズム教室が開催されました。手島先生は小学校に出向いて指導されたりもしてあるので、目の前に未就学の小さな生徒さん達が並んでいても、1番後ろに大人の生徒さんがいても、ご自分のペースで指導を進めて行かれます。リズムに興味をお持ちのお父様やお母様方が窓際にずらっと座ってあります。そんな [続きを読む]
  • リズム教室を開催します
  • 先日、フライング・エレファンツの手島先生にリズムに関するレクチャーをお願いして快諾して頂き、明日開催する運びとなりました。発表会の第2部で拍子やリズムに関する舞台を披露する様になって数年経ちますが、足並みを揃えることの難しさを実感しています。手島先生に“発表会の直前だけ頑張っても難しい。年間通しての訓練が必要”と言われて思い切り納得しました。今回が初めての試みですが、出来るなら数ヶ月ごとに見て頂け [続きを読む]
  • 小さな変化が嬉しくて
  • 今現在ちょっと気になる生徒さんの1人である小学生男子が、ほんの少し変化を見せました。頑なに自分の意見を押し通そうとする姿勢が和らぎを見せました。背中を丸めて自分の指を見て弾く癖があるので、まずはそれを何とかしたくて背中を常にトントンして目線を楽譜に向けるように促して来ました。楽譜を見ないと書かれてあることは全く頭に入りません。音符や記号は勿論、私の注意書きも意味をなさないんです。言われた時だけ楽譜 [続きを読む]
  • お姉ちゃんと妹ちゃん
  • ミニコンサートに向けての練習が賑やかになって来ました。今年はポップスが出ないかな?と思っていたら今月に入って“これ弾きたい!”と言って持って来る生徒さんが増加中です。そんな中で、習いたての妹ちゃんと、うちのお教室に移って1年のお姉ちゃんとでの可愛い連弾があります。曲はカエルの歌です。妹ちゃんの知っている曲を弾かせてみようと、保育士のお母様が選曲された様なんです。それにお姉ちゃんが横で両手伴奏をつけ [続きを読む]
  • やんちゃさんのレッスンは…
  • テンションMAXでやって来る年中さんの男の子のレッスンは、いつも半分賭けとなります。そのテンションが良い方に働けば、それはそれはスムーズなレッスンとなり、“素晴らしい!”“すごい!”といった賞賛の嵐となります。そのテンションがあまり良くない方に働いた時は、自分の好奇心を満たすことのみを追求しようとするので、集中力に欠けた発展性のないレッスンとなります。今日のレッスンは後の方でした。お母様が再三促して [続きを読む]
  • 大人の生徒さんからの嬉しい贈り物
  • 大人の生徒さんがじわりじわりと増えています。皆さんお仕事をお持ちなので、フレックスの方は夕方おみえになっていますが、その他の方はお仕事後におみえになるので最後の時間帯が多いですね。今日の最後のレッスンはご夫婦です。可愛い赤ちゃんのパパとママです。家の購入を検討してありますが、防音室を視野に入れてある様な音楽好きなご一家です。邦雄先生のソルフェージュ教室にもご夫婦で参加されます。奥様の方はとても物腰 [続きを読む]
  • お母様も一緒に選曲
  • 今年初めて夏のミニコンサートに参加する生徒さんが何人もいます。弾いている曲のタイトルを覚えて演奏前に紹介するんだよ、自分の学校や学年も言ってねとコメントの練習の必要性もお話します。学校の模試で既に参加出来ないとわかっている生徒さんもいれば、帰省からの戻りがギリギリ間に合うのでレッスンを入れてくださいと言われている生徒さんもいます。昨年末の冬のミニコンサートに初めて参加した生徒さんは、今夏は無理かも [続きを読む]
  • 気になる生徒さん考
  • 成長と共に自我が芽生えて来るのは普通のことです。自己主張が強くなったり反抗してみたりと、レッスンの中でも色んな場面が見受けられます。生徒さんそれぞれ考え方も性格も異なります。お家での様子は想像するしかありませんが、お母様やお家の方からなるべくお話をお聞きして、少しでも良い方向を見い出すお手伝いが出来ればと願っています。私が幼い頃からずっと見ている生徒さんは、お家の方のお考えも良く理解しているし把握 [続きを読む]
  • 妹ちゃんのパワー全開
  • 髪の毛をちょっとだけ短く揃えて登場した幼い姉妹は、お姉ちゃんの右手の人差し指に絆創膏が貼ってありました。“どうしたの?”と聞くや否や“痛い〜!”と泣き始めてしまいました。怪我をした所を私に見せようとして、絆創膏を剥ごうとした様なんです。どうやら爪の間を剥離してしまっている感じでした。新しい絆創膏を渡してお母様に貼って頂くと落ち着いて、お姉ちゃんの方からレッスンスタートとなりました。2-3-4と弾く所も [続きを読む]
  • 20年ぶりのピアノ
  • 今日は、先日面談におみえになった大人の方の初レッスンでした。脱力と理論のレッスンをご希望なので、娘と2人でレッスンに臨みます。五線ノートとハノンの本をお持ちになって、真剣な表情でレッスン室に入ってみえました。その前の小学1年生の生徒さんが賑やかな子なので、少し和んだ感じに見受けられました。過去にベートーヴェンのソナタも弾いてあるし、バンドのキーボードにも携わってあったので、感覚的なものを思い出せると [続きを読む]
  • ピアノのレッスンを心待ちに
  • 発表会後に入会した年少さんは、とてもはにかみ屋さんです。自分のやりたいことが最優先で自由奔放なお姉ちゃんとは正反対です。玄関チャイムを鳴らすのが楽しみの1つで、いつも“◯◯ちゃんです、こんにちは?”とインターホンに向かってご挨拶してくれます。そんな年少さんも数ヶ月でずいぶん馴染んでくれて、レッスンの際のおしゃべりも弾む様になって来ました。パッツンと揃えた前髪がとっても可愛い彼女は、私のお顔を見て少 [続きを読む]
  • バスティンパーフェクトセミナー第6回 池川先生
  • 自分なりに早くに家を出たつもりだったのですが渋滞に合い、やっぱり今日も開始ギリギリ滑り込みでの参加となりました。今日は池川先生によるベイシックス1巻のお話です。ここ2週間ほど家に戻っていなくて…と仰る池川先生は、本当にお忙しそうです。それでもご自分の中にある音楽への思いやピアノ指導への情熱を伝えようとされる時は本当に真剣です。ベイシックスの講座を受講したことが過去にあったかなあ?と考えてみましたが、 [続きを読む]
  • 1分前にお話したよ
  • 台風が直撃するという予報だったので、近隣の幼稚園や小学校は軒並み臨時休校となっていました。でも予想に反して何事もなく、生徒さん達は皆んな元気にレッスンにやって来ました。幼稚園や小学校でパワーを使うこともなく、自宅にいたので暑さで疲れることもなくレッスンにやって来て、皆んな余裕しゃくしゃくでした。これだったらいつもより成果も出るかなと思っていましたが、1人の小学生の生徒さんは学校はないのにピアノに来 [続きを読む]
  • 池川先生の4期の講座 ロマン期
  • 明日、今年初の台風が直撃か?と言われる中、鳥栖の小川楽器まで出向きました。池川先生の4期の講座の最終回、ロマン期に参加する為です。今日の参加者は若干少な目でしたが、いつもお会いする大分や久留米・筑紫野の先生方はいつも通りいらっしゃってて、池川先生と親しげにお話されてありました。ロマン期はロマンチックな・夢見る様なという意味で、自由な表現が発展した時代です。ピアノが進化して、それに伴ってペダルが有効 [続きを読む]
  • 生徒さんよりご紹介を頂いて
  • 昨日・今日と地元の大手音楽教室のレパートリーコンサートがコスモスコモンの中ホールで開催されていました。今日の午後の部にお知り合いの先生の生徒さんが出るので、差し入れを持って伺いました。4月に発表会を開催し、5月にはステップ、6月にはコンペと毎月中ホールにはお世話になっていますが、客席に座って聴かせて頂くと又、趣が違います。午後からのその部だけ聴かせて頂いてコスモスコモンを後にし、そのまま田川へ向かい [続きを読む]
  • 脱力レッスンへのお問い合わせと面談
  • 娘の脱力レッスンを目的としてお問い合わせを頂いたのは今回が初めてです。今日の午後から体験レッスンを…ということでご連絡を頂いていました。Oさんと仰るその方は間違えてK先生のご自宅へ伺われた様で、K先生が我が家まで道案内をしてくれました。初めましてとご挨拶をさせて頂きましたが、年齢は私に近い方でした。ご自分のピアノ歴をお持ちになってありました。過去に何度か習ってあった様でしたが、お仕事の都合や忙しさで [続きを読む]