しょーすけ さん プロフィール

  •  
しょーすけさん: わらじいっぱいピアニストの音楽三昧
ハンドル名しょーすけ さん
ブログタイトルわらじいっぱいピアニストの音楽三昧
ブログURLhttp://ameblo.jp/15shosho/
サイト紹介文合唱団みなまた 水俣演奏家協会情報、クラシック全般、加えて病気のこと、テーマありすぎ?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2013/04/15 13:02

しょーすけ さんのブログ記事

  • 久しぶりの物産展
  • これなーんでしょ。ナント!い草のプールです!27日(土)28日(土)は水俣みなとフェスティバル&物産展でした。うちは畳屋さんとして出店しました。このい草のプールは大手い草製品メーカーさんのご協力でできたものです。 自衛隊の船が入港し、潜水艦や陸上用の乗り物に体験試乗ができるとあって会場は子供連れで大賑わい。このい草のプールも子供たちがとても喜んでくれました。 今までは体験コーナーとして、い草の [続きを読む]
  • 音付き夢
  • 最近、夢の中でいつも音楽が鳴っています。今朝は「タイム トゥ セイ グッバイ」でした。 これは昨日練習したので、まあわかります。と言っても、練習しなくてはならない曲が7〜8曲あって、その中の一曲だし、おまけにこの曲に関しては一回通しただけの練習量で、なぜこの曲?とちょっと不思議です。夢の内容は覚えていません。 昨日の朝はブルグミュラーの「アラベスク」と中学の時歌った合唱曲「山のいぶき」(川崎 [続きを読む]
  • 時代考証
  • 「時代考証」ってあるじゃないですか。私、歌い方の時代考証もあるべきだと思うんですね。そんな発音や歌いまわしは、絶対この時代はしていないというイマドキの歌い方を戦国時代や昭和初期が舞台のドラマでやられるとなんだかとってもガックリしちゃうというか・・・ たとえば,歌に定評のある女優さんが歌が得意だという設定で歌いました。昭和初期が舞台です。歌いまわしというよりは彼女の発音だな、子音を立てすぎる。英 [続きを読む]
  • 昨日の音楽療法(5/25)
  • いつもR先生がプログラムを作ってくれます。だいたい何かテーマがあります。昨日は季節てんこもりバージョンでした。 「みかんの花咲く丘」に始まり、「ほたる」「ちゃっきり節」(茶切節)「ブルーシャトー」 「ブルー・シャトー」はなぜ?と思っていたら、「赤い薔薇」が出てきますね。 みかんの花が香り、ほたるが飛び交い、香り高い新茶をいただき、薔薇が咲き誇り・・・改めて5月という月に並々ならぬ生命力を [続きを読む]
  • 「ひよっこ」
  • 朝の連ドラ、今回も大好きです。毎日毎日泣けます。脚本家さん(岡田惠和さん)が「一話入魂」と語ってらっしゃるのがよくわかります。 登場人物がみんなとても魅力的です。有村架純ちゃん演じる「みねこちゃん」初め、みんな大好きですが私のイチオシは「三男くん」です。先日も時子ちゃんを励ますために粋な男気を見せてくれました。ホントにいいヤツです。「いい人」と言われるのは男の人にとって嬉しくない言葉だそうです [続きを読む]
  • ペンタトニックス クイーンを歌う
  • 日曜日のこと。帰りの車の中では小さな音量でラジオを鳴らしていました。 「???クイーンのボヘミアン・ラプソディ??でもフレディの声ではないし?それにしちゃ、この精巧なハーモニー・・・・なんだこれは?」とボリュームを大きくしました。 「これペンタトニックスだ!」と夫と二人、びっくり!「これ買わんばんね!」 なんて言っていたのに、体調を崩していたせいか、、すっかり忘れていて、ふと先程思い出 [続きを読む]
  • 行ってきました!
  • 昨日は県の少年少女合唱団総会だったので、久々に熊本市内まで。 4月末にオープンした「COCOSA」という ファッションビル。行ってきましたよ〜?ここはむかーし某デパートがあったところ。火事でなくなっちゃって、そのあと[「◯イエー」になり、それもなくなって、今度は、とてもオシャレなビルに生まれ変わりました。 お洋服はもちろん、雑貨が充実しているし、お洒落な(そして高い)家具のお店があったり、見るだけ [続きを読む]
  • ”棚田のあかり”
  • 今年の「棚田のあかり」は今日でした。行けませんでした。いえ、行きませんでした。出たくなくて。本当は出不精のめんどくさがりの私です。人に会いたくない時もあるの。行けば、きっと気持ちも晴れるのよ。そのぐらい素敵なんだから。 で、去年の映像を見て、ちょっとだけ気分に浸りました。皆さんも雰囲気だけでもどうぞ。 [続きを読む]
  • 五月と言えば・・
  • 五月ももう二十日。「暑かっか寒かっかいっちょんわからん」という日が続いていますがそれでも確実に夏は近づいており、爽やかな五月はここ南国は特にあっという間に過ぎ去っていきます。 クラシック音楽に描かれる「五月」はとても素敵ですよね。文学に深く傾倒していたシューマンのやはりまずはこの曲を思い出します。歌曲集「詩人の恋」より「美しい五月に」他にも素晴らしい歌手がいるのでしょうけど、安心感はやはりこの [続きを読む]
  • ピアノの先生は・・・
  • 昨日の記事にFBの方で沢山コメントをいただきました。その中のやはりレスナーをやっている友人からの「テスト前のレッスンの時は、教科書を見せてもらい、その言葉通りにやりますが、普段のレッスンは違います」という文を読んで思い出したこと。 確か「スタッカート」だったかな?記憶が定かではありませんが、教科書には「スタカート」と書いてあるらしくテストで「スタッカート」と書いたら?だったそうです。 はああ [続きを読む]
  • 子どもの目線
  • 某大手音楽教室の最初の研修で「<線の上>という言い方はしたらいけません」とまず習いました。 何のことでしょ? ドレミを読む前にまず覚えてほしいのは5線の「線」と「間(かん)」です。導入では、マグネットを使ったりして、遊びながら覚えます。この時、「線」に音符を置いたり書いたりしてほしい場合、「線の上」と言ってはいけません、ということです。大人は「線の上」と聞いたらこのようにかくと思います。で [続きを読む]
  • 一人一人に向き合って
  • マイペースな子どもさんが増えています。「次はコレ、次はコレ」とレッスンが生徒さん主導で進んでいきます。Kちゃん、Rちゃん、Mちゃんがそんな感じ。それはそれで全然OKですが、まあ、その中でも小2のKちゃんはテキスト以外の曲をイロイロと弾いてくれたり、気に入れば何度も何度も弾くので、テキストが全然進みません。でも、そこが彼女のいいところなので、それをどう伸ばそうか、思案のしどころです。 とてもカンがよく [続きを読む]
  • 見たい!
  • 今朝、車の中で懐かしい歌が!ビートルズの「ゴールデン・スランバー」「キャリー・ザット・ウェイト」 この後、本当は「ジ・エンド」「ハー・マジェスティー」と続く、アルバム「アビイ・ロード」の最後の部分。 NHKFM「ミーシャ星空のラジオ」でミーシャが吹き替えをした映画「SING」のことを話題に上げていたのでした。 面白そう!と思っていたし、実際見た人の「面白かったよ〜!」という話も聞いていたけど、 [続きを読む]
  • 打楽器
  • 明日の日曜日、第九の発会式を行います。 先日、打楽器奏者のT夫妻のところに打ち合わせに行ってきました。ご主人にはシンバルを、奥様にはバスドラを担当していただきます。(ティンパニ・トライアングルはまた別の方です)現在はお二人でバルーンアーチストとしてイベントに引っ張りだこのお二人ですが、ご主人は音大で打楽器専攻でした。 大学時代、第九のシンバルに抜擢された直後のレッスンでは一時間半みっちりピ [続きを読む]
  • 今日の音楽療法(2017年5/11)
  • 5月も11日でしたが、まだまだ「鯉のぼり」の季節。ということで「こいのぼり」を歌うのは必定。と言っても、「こいのぼり」を選ぶか「鯉のぼり」を選ぶかは、プログラムを立てた人の気分次第? 「こいのぼり」は♪やねよりたかいこいのぼり〜「鯉のぼり」は♪いらかの波と雲の波 普通はこのどちらかです。でもね、もうひとつ「こいのぼり」があるのです。井上武士作曲「こいのぼり(おひさまのぼる)」♪おひさまのぼる [続きを読む]
  • 定演リポート 番外編
  • 演奏会の翌朝は必ず実家の両親に電話をします。 母曰く「あんなにいっぱい弾いて、手、痛くならんかった?」・・・・ 一体、何十年ピアノ弾きの親やってんだ?ってセリフです。本番で弾く量なんてたかが知れてます。練習ではもっと弾きますから。ま、心配してくれてるということです。 私が今回、一番気合いを入れていたのが「雨の慕情」そう、あの♪あめあめふれふれもっとふれ〜です。ごくごくシンプルに弾くべき [続きを読む]
  • リフレッシユ
  • GW最終日、やっと家から脱出!これは宮崎県「五ヶ瀬ワイナリー」というところからの景色。目的地は少し手前の「幣立神宮」(こちらは熊本県)というところでしたが、ちょうどお昼だったので、ご飯たべてから行こうということになり、行ってみたら、営業中は営業中でしたが長崎からの大型バスが2台止まっていて、「本日は終日貸切です」だそうで、ガーン!!「雲の上のぶどう」という素敵な名前のレストランで期待していたのに・・ [続きを読む]
  • 教室便り 2017年5月号
  • ごめん、Yさん!今年も「5月生まれのお友だち」には載せなかったよ。「誰?」ってなるもんね。 あ、Yさんは私の大好きなブロ友さんです。昨年自己申告をいただいていましたが、謹んでお断り申し上げます(笑) GWだと言うのに、毎日毎日ブログが充実しちゃってるって、お察しください。はい、どこにも行かず、でございます。電話番です。 店番です。「最終日のお昼からは出かけられるかも」と昨日の朝、夫から告げられ、 [続きを読む]
  • 定演リポート たぶん最終回
  • 今回の一番の収穫は公募で集まってくれた小中学生との共演でしょうか。本番前のリハを含めて4回ほどの練習でみんなよく歌ってくれました。本番はちょっとおとなしかったかな?でも、子供たちは楽しんでくれたようでしたし、私たちもとても楽しい時間でした。 歌ったのは「365日の紙飛行機」「スマイルラブみなまたのうた」 「スマイルラブみなまたのうた」は水俣病公式確認50年の時に新実徳英先生に作っていただいた歌 [続きを読む]
  • 定演リポートその3
  • 「合唱団みなまた」は結成して30年以上ですが毎年演奏会をするようになって7年目、以前は,ホントにたまーにしかやってませんでした。「定期」と付くようになったのは最近です。で、今年は17回目。 「小さな空」(谷川俊太郎詞/武満徹作曲)はもうずっと歌っています。アンコールに歌っていたこともありましたが、最後の最後のアカペラはなかなかハモらないぞ、ということで、ここのところはずっとオープニングです。と言いつ [続きを読む]
  • 定演リポート というより反省文
  • 日が経つにつれ、「お楽しみコーナー」が「お楽しみ」にならなかったのかもしれないと、思うようになってきました。 「いろいろな世代のための」というステージを毎年設けています。アンケートの意見や団員の希望も反映させ、「ジブリメドレー」や「糸」なども取り入れました。SMAPの解散を受けて、SMAPメドレーとして3曲取り上げました。毎年一曲はと演歌も。水俣出身の村下孝蔵さんの名曲「初恋」から始まり、東日本大震災 [続きを読む]
  • 第17回定演リポート「しゅうりりえんえん」
  • 昨日、慰霊式のことを書いたので、そっち繋がりのステージの話から。 メインステージには約10年ぶりに「しゅうりりえんえん」を持ってきました。昨年が公式確認60年だったので、やはり節目だと、忘れないためにも歌わなければならないと、大事なことだよね、と納得して選曲しましたが、「ええ?やるの?もういいんじゃない?」という意見があったのも確かだし、実際、歌詞が生々しいので、歌うのは本当に辛いのです。そうなる [続きを読む]
  • 水俣病犠牲者慰霊式
  • 水俣病公式確認から61年目の今日、水俣病犠牲者慰霊式が行われました。 患者遺族代表の「祈りの言葉」、今年は胎児性患者の方でした。公式確認の年に生れたそうです。「生れてから健康であったことがない」と言う彼の自分たちでも何かを成し遂げたい、という思いは39年前に「若い患者の会」が主催した「石川さゆりコンサート」を成功させました。そして、今年2月に「若かった患者の会」が再度「石川さゆりコンサート」を盛会 [続きを読む]
  • ありがとうございました!
  • 終わりました〜〜〜おかげさまで、ホントのホントにおかげさまで、どぎゃんかなりました(>_<) 連休初日にも関わらず、沢山のお客様がご来場下さいました。以前在籍していて今は遠くにいる元団員さんたちも多数かけつけて下さいました。公募で集まった小中学生と保護者の皆様、そして、裏方をして下さった方々、関係して下さった皆様に心から、心から、感謝申し上げます。私は団の代表でも何でもありませんが、SNS広報担当な [続きを読む]
  • 御用とお急ぎでない方は・・・
  • 御用とお急ぎでない方は。「ガマの油」じゃありませんが、寄ってらっしゃい見てらっしゃい!今夜は、あの(どの「あの」かは よくわかりませんが)「合唱団みなまた定期演奏会」が水俣市文化会館にて午後6時半より開催されます。見て聞いて損はなし!話のネタ(タネ?)になること間違い無し!というわけで、どうぞよろしくお願いします!! [続きを読む]