しょーすけ さん プロフィール

  •  
しょーすけさん: わらじいっぱいピアニストの音楽三昧
ハンドル名しょーすけ さん
ブログタイトルわらじいっぱいピアニストの音楽三昧
ブログURLhttp://ameblo.jp/15shosho/
サイト紹介文合唱団みなまた 水俣演奏家協会情報、クラシック全般、加えて病気のこと、テーマありすぎ?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2013/04/15 13:02

しょーすけ さんのブログ記事

  • エレクトーンのこと
  • ヤマハの講師になる前、エレクトーンに対しては偏見の塊でした。ついでに言うとヤマハのグループレッスンにも批判的でした。採用試験の面接でエレクトーンの経験を聞かれ、もちろん「ありません」と答え、「講師になったら、エレクトーンも必ず練習してもらうことになりますが、大丈夫ですか?」と聞かれ、嘘の笑顔で「はい、もちろんです」と答えました。 そして、配属が決まる前の7泊8日の缶詰研修で「エレクトーンってなんて [続きを読む]
  • 声をだすこと 歌うこと
  • シルバーコーラスに今日初めて来られた方が「楽しかった〜!こんなに大きな声で歌ったのは初めてです。もっと早く来ればよかった!」と言って帰っていかれました。 いや〜 嬉しいですねえ。もちろん、Y先生の楽しすぎるご指導があるからです。あ、でも、すんばらしいピアノの伴奏もあるからこそ、気持ちよく歌っていただけるわけで・・・(自称 ノセ上手)。。。。スミマセン 自画自賛でしたσ(^_^;) 私たちの音楽療法研究会で [続きを読む]
  • 今日はかき氷の日
  • かき氷、何味が好き?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 水俣市民にとって、「かき氷」と言えば、これでしょう。「蜂楽饅頭」の「コバルトミルク」!(画像はお借りしました)え? 今「コバルトアイス」って言うの?へー・・ 今や、福岡、熊本、宮崎、鹿児島の4県にわたり、15店舗以上ある「蜂楽饅頭」熊本店は相変わらず行列が並ぶ大人気店ですが、発祥は水俣でございます。小さい頃から馴染みに馴染んで [続きを読む]
  • エレクトーンが・・・
  • いつ買ったんだっけ?25年は過ぎてます。ピアノはもうすぐ40歳で、そろそろオーバーホールも頭の隅に置いといてください、と言われてますが、まだ頑張れそうです。でも、エレクトーンは電気製品ですもんね。寿命かもしれません。もうずいぶん前にフロッピー機能が使えなくなっていたし(そもそも「フロッピー」がもう・・・ねσ(^_^;))最近では低音の割れがますますひどくなってきました。 結構、レッスンで使えるのです。リ [続きを読む]
  • ディヌ・リパッティとビル・エヴァンス
  • 今朝のNHKFM「名演奏ライブラリー」でディヌ・リパッティの特集をやっていました。生誕100年だそうです。と言っても、33歳で亡くなっているので、あと3年もすれば、今度は没後70年。 音楽とそして聴衆に真摯に向き合ったピアニストだったことが、今日の放送で良くわかりました。「夭折の天才ピアニスト」という必ず付けられる肩書きのようなもののせいで、はなから「そういう目」で聞かれがちだし、感傷的な気持ちで聞いて [続きを読む]
  • 祝!
  • 少年少女合唱団にめでたく小学生が2名入団しました! パチパチパチ!。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ 二人とも小学一年生。ナント! 三つ子ちゃんのうちの二人です。 3回ほど見学に来て下さって、入団を決めてくださいました。8月20日の県の合唱祭にも参加してくださることになったので、急きょ、一緒に歌えそうなものに変更しました。 小学2年生ぐらいまでは楽譜を目で追うことがとても難しく、(合唱の楽譜は何段もあるので見づら [続きを読む]
  • 「愛して愛して愛しちゃったのよ」
  • すみません。また「ひよっこ」の話です。 みねこちゃんが今、ラブラブなので(雲行きがあやしくなってきましたが)その頃に流行っただろうと思われるマヒナスターズの「愛して愛して愛しちゃったのよ」が何度も劇中で流れました。 ところで、曲名を、ただの「愛しちゃったのよ」だと思っていたら「愛して愛して愛しちゃったのよ」が本当なんですね。言い(書き)なれないものでつい「愛して愛してアイス・・・」と打ち間違えてしま [続きを読む]
  • 今日の音楽療法 7/20
  • 「一読 十笑 百吸 千書 万歩」 施設の玄関から入ったところに貼ってあった健康新聞(だったかな?)に書いてあったものです。 健康のために、何かひとつ読みましょう、十回笑いましょう、百回深呼吸をしましょう、千字書きましょう、万歩歩きましょう、ということだそうです。 なるほどねえ、ですよね。 音楽療法のセッションでは必ず最初に呼吸法を行います。深呼吸を意識して毎日100回 というのは大変ですが、この呼吸法 [続きを読む]
  • 「恋人」と時代考証
  • 「ひよっこ」の中で「恋人」という表現が何度も何度も出てきます。近頃では聞かない新鮮な響きです。 最近のこれに代わる言葉と言えば、「彼(氏)」や「彼女」ですよね。私たちの中高生の頃はどうだったかしら?「ボーイフレンド」「ガールフレンド」という言葉も使っていたと思います。 で、調べる。ふんふん、「彼」という言い方は万葉集の時代からあり、男性にも女性にも「モノ」にも使っていたと。それが明治時代になり「He」 [続きを読む]
  • 合唱コンクール県予選大会
  • 15,16日に2日間、熊本県合唱コンクールが行われました。 おかげさまで、九州大会に駒を進めることができました。昨夜はFBのほうで、たくさんのお祝いコメントをいただきました。応援くださった皆様、ありがとうございましたo(^▽^)o 一週間前までは今度こそ落ちるかも・・・と本気で思っていました。でも、この一週間で何かが変わってきた感じがあります。本番、ここ数年の(私は2年前と3年前は出てないけど)萎縮してしま [続きを読む]
  • 樫本大進&アレッシオ・バックス
  • 〜プログラム〜モーツアルト:ヴァイオリンソナタト長調K.301ブラームス:ヴァイオリンソナタ第1番ト長調「雨の歌」Op.78シマノフスキ:神話Op.30グリーグ:ヴァイオリンソナタ第3番ハ短調Op.45 〜アンコール〜グルック:メロディ(精霊の踊り)クライスラー:美しきロスマリン たまの熊本へのコンサート鑑賞は友人2人とのお喋りドライブの方がメインになってしまった感は否めませんが、(Yさん、Kちゃん楽しかったよ〜 ありが [続きを読む]
  • 梅雨明け
  • 一昨日の夕方のこと。レッスンの合間に開けた窓からの風を受けて「あ、明けた」と思いました。昨日の朝も、「うん、明けたね」と何か確信していたのですが、お昼前のニュースで九州南部の梅雨明けを言ってました。我ながら、少しピックリしてしまいますf^_^; ちなみに、水俣は熊本県です。熊本県は九州北部らしいのですが、水俣はどげん考えたっちゃ「南部」やろー。と思います。 それにしても、いきなりの猛暑は、きつかろなあ。 [続きを読む]
  • 「蜂蜜と遠雷」
  • 先ほど読み終えました。 評判になると、敬遠してしまうというアマノジャク気質が多少ありまして、今頃読みだしたわけですが、久々に、寝食忘れて読みたい衝動にかられる(実際はできない)本でした。 音楽描写が素晴らしいとか、しのごのは言いません。なーんて、単にカッコいいことが言えないだけなんですけどね(´_`。))ただ、心震える、泣ける本でした。1次予選からボロボロ。3次予選の最後は鼻の噛み過ぎで顔が大変なこと [続きを読む]
  • バグった!
  • 正午前、レッスン室にいたら、スマホから「地震です!地震です!」の声。時々揺れることはあっても、最近はスマホが鳴ることはめったになく、久々の情報にさすがにドッキリしました。そして、廊下で待つこと数秒、少しだけ揺れました。水俣は震度2だったようです。すぐTVをつけると鹿児島が5強! いや、だって、川内原発がすぐ近くです。熊本県最南端水俣は川内と50キロほどしか離れていません。怖いです。 被害の報告はないとの [続きを読む]
  • 声の不思議 体の不思議
  • 声帯が麻痺して3年以上。地声は出るけど、歌う声がなかなか思うように出ないという状態ですが、不思議だなあ、体って面白いなあ と思うことが。 声帯の様子を見る時は、鼻から細いカメラを入れます。「小さくエーと言って」と言われて声を出すと正常な声帯だったら、右と左にある声帯が両方ともブルブル振動するはずです。私のは左しか動いていないのですが、地声だと大丈夫で、歌う声だと出にくいということは「歌う」という行為 [続きを読む]
  • レッスンを受ける
  • 合唱コンクール県予選まであと10日ほど。 そんな中、団の指揮者I先生のご友人M先生にご指導いただきました。かくいうM先生もコンクールのライバル団体の指揮者です。なんてありがたい! 悪かったピッチが良くなったりすると、「本番は下がってね」と本音も混じりながら、ダジャレ、ジョーク連発のなごやかなレッスンでした。 「崩して、構築して、また崩して構築、という作業をよくやるんですよ」と、わざと全く違うテンポやイメー [続きを読む]
  • 今日の音楽療法(2017/7/6)
  • 今日はいつもの道では危ないかも、 と思っていたくせに、うっかりいつもと同じくねくねの海岸道路を走ったら、案の定、通行止め。土砂崩れです。迂回路を通って無事到着しましたが、雨のそんなにひどくなかったこの辺りでもそうなのだから、福岡、大分、そして南阿蘇も心配です。5年前の九州北部豪雨を思い出します。少しでも被害が少なくてすみますように。 明日が七夕なのでもちろん今日は「たなばたさま」スタート。そもそも旧 [続きを読む]
  • 第九 7月2日の練習
  • 昨日の日曜日は水俣第九を歌う会の練習でした。 私はソプラノのパートリーダ−をさせてもらってます。でも、声は出ません。で、ソプラノにはソリストでもおかしくない方が何人かいらっしゃるので、その方たちのお力をお借りして、パート練習の時はほとんどピアノを弾く音取り要員。時々、横から口を挟む口出し要員でもあります。 さて、合わせる時間になりました。テナーの指導に当たっているKちゃんが「祥子先生、テナーを歌って [続きを読む]
  • 教室便り 2017年7月号
  • 7月号、できました。「音楽用語雑学辞典」をお休みして、「名曲めぐり」なんて、ああ、なんて気の利かないタイトル。。。(´_`。)曲解説、というか、曲探訪、というか、今月はそんなコーナーを作ってみました。発表会のプログラムの解説ページを「主観だらけの曲目解説」と銘打っているのでそれの 「〜教室便り編〜」としても良かったのですが、今回は、主観が入る余地が全くなかったんだもんなあ。・・・・そんなところ、こだ [続きを読む]
  • 「喜びの島」
  • 今朝、ブロ友さんがアップしていたドビュッシー「喜びの島」 あれ? 知っている音と違うところが!まさか、30年譜読み間違いに気づかなかった?と慌てて楽譜を見たら、大丈夫でした。でも、楽譜が間違っているということもあります。いくつかYoutubeで聞いて確認しました。うん、大丈夫。まあ、でもプロでも間違えることよくあるもんね。 そんなわけで、今朝はいくつか「喜びの島」を聞くことになりました。私はホロヴィッツので [続きを読む]
  • 変な天気だとこうなる
  • ザーッと降ってはカーッと晴れる、の繰り返しが昨日から。 その カーッと晴れた時のぬっかこつのたい、のさんとです。(注釈:暑いことと言ったら、たまりません) 今日は月末なので、いつにも増しての銀行めぐりでした。今日もATMを何往復もしました。3件ほど用件を済ませたらまた並び直します。多い時は申し訳なくて。 こんな時、いつも「どうなんでしょう?」と思うのが、沢山並んで後ろが詰まっているのに、自分と前の人の間 [続きを読む]
  • 心の潤い
  • 大学生のMちゃん、某大学のこども学科なるところに新幹線で25分、大学のバスで40分通っています。 「この前、アンデルセンを見てきました」と言います。劇団四季の福岡公演を学校が連れて行ってくれたのだそうです。ナント羨ましい! とても感動したようでした。そりゃそうだ。18才とか19才とかの感性はきっとコッチが思うよりずっと大きなものを吸収したことでしょう。 少し前に「今、バレエにとても興味があるんです」と言っ [続きを読む]
  • 座布団一枚!
  • 調べ物をしていたら面白いものを見つけたのでご紹介。もしかしたら、その筋には有名な話? と
    りあえず一枚。 他のも笑えるので是非ごらんください!こちらからどうぞ    ↓http://cso-arts
    .net/20th/imagedata/panf_picture_posters/poster_10th_regular_small.jpghttp://cso-arts.net/20th/imagedata/panf_picture_posters/post
    er_12th_regular_small.jpghttp://cso-arts.net/20th/imagedata/panf_picture_posters/poster_14t [続きを読む]
  • オシャレは難しい
  • 見慣れてきたのか、最近では「ちょっとカッコいいかも」と思えるようになったのが、女性がブラウスなどの前だけをスカートなどにINして後ろは出しているファッション。 こちらの方言で言うと「ひっとでとる」つまり、入れ忘れてる、つまりはだらしなく見える、と思ったおばさんは少なくないと思います。 流行のファッションの中には素敵と思えるか思えないか、そのうち慣れるものと慣れないもの、許せるものと許せないもの?まあ [続きを読む]