原田正勝 さん プロフィール

  •  
原田正勝さん: 原田正勝のブログ
ハンドル名原田正勝 さん
ブログタイトル原田正勝のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/masaharada/
サイト紹介文とにかく本を読むことが好きです。読むだけではなく本を紹介、感想を書くことで読書好きの人との交流。
自由文本を読むことの大切さ、面白さを伝えたい。そして、読書を通じて本好きな人と交流したいという思いで、読んだ本の感想を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/04/19 05:18

原田正勝 さんのブログ記事

  • 誉田哲也『歌舞伎町ダムド』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)日本列島を震撼させた「歌舞伎町封鎖事件」から七年。伝説となった犯罪者“ジウ”に自らを重ねる新たな怪物“ダムド”が現れた。吹き荒れる殺戮の嵐、再び動き出す「新世界秩序」の陰謀、新宿署の東弘樹警部補に迫る危険…謎の男と対峙するのは、アナーキーなダークヒーロー“歌舞伎町セブン”! ジウシリーズの続編。 このシリーズ独特の迫力、残虐さは相変わらず。 そして、何よりも新世界秩序 [続きを読む]
  • 2017年6月25日本購入
  • ちょっと所要で、スポーツジムに見学に行った帰りに 書店へ寄って購入した。 知念実希人 屋上のテロリスト    ※よくコンビニで見かけた作品 早見 和真 イノセント・デイズ    ※ 新聞広告で気になっていた作品 誉田哲也 ケモノの城   ※裏切られたことのない作家さんの作品 やっぱり本屋へ行くと、買ってしまう。 待機本が多いのに・・・ 気になる本が多すぎる。 [続きを読む]
  • 相場英雄『血の轍』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)元刑事が絞殺された。警視庁捜査一課の兎沢は、国家を揺るがす大事件の真相に元刑事が辿りついていたという糸口を掴むも邪魔が入る。立ちはだかったのは公安部の志水。兎沢に捜査のイロハを叩き込んだ所轄時代の先輩だった。事件の解決を泣ぐ刑事部と隠蔽を目論む公安部の争いが激化。組織の非情な論理が二人の絆を引き裂く…。胸打つ警察小説! 轍の意味は、車の通ったあとに残る車輪の跡。 タ [続きを読む]
  • 吉川英梨『波動 新東京水上警察 』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)東京オリンピックを控え東京湾警備拡充のため水上警察署が新設された。配属された現場一筋の熱血刑事・碇拓真は無人島の第六台場で白骨死体を発見、事件に絡み暗躍する半グレ集団の尻尾を掴む。一触即発の不安の中で迎えた、都知事臨席の水上観閲式での警備艇追跡劇!痛快度満点の新警察小説。 ハラマキシリーズとは、雰囲気が全然違うシリーズになりそうな感じ。 アクションは相変わらず、 すご [続きを読む]
  • 堂場瞬一『over the edge』読了
  • 内容紹介視察のため来日したニューヨーク市警のブラウンには裏の目的があった。東京で失踪した旧友を個人的に捜すのだ。旧友は世界的IT企業の幹部で日本支社設立に動いていた。だが調査開始直後、ブラウンは何者かに襲われる。彼を助けたのは元刑事の探偵・濱崎だった。面白いから手伝うという濱崎にブラウンは反発を覚えつつも、いつのまにか手を組むことになり……二人が人種や立場の境(エッジ)を越え辿りついた真実とは? [続きを読む]
  • 今日、買った本
  • 午前中、腰痛で病院へ、レントゲン撮られて、背骨異常なし。痛み止めと、腰部固定帯装着で安静。歩けるようになって、ブックオフで買った本。池井戸潤 空飛ぶタイヤ上 下五十嵐貴久 セカンドステージ      誰でもよかった固定帯のおかげで、痛みと腰の負担は、軽減したが無理はできないので、読書しよう。 [続きを読む]
  • 沢村 鐵『クランIV - 警視庁機動分析課・上郷奈津実の執心』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)「神」の手により、次々と姿を消していく警官たち。その絶望に抗うように、機動分析課の上郷巡査部長は、執念深く「神」への手がかりを探る。警察に潜む裏切り者、「神」が起こした奇蹟の正体―。全ての謎を解き明かしたとき、刑事たちの反撃が始まる!書き下ろしシリーズ第四弾。 シリーズ4作目。 神の正体は謎。 けど、盟の神に対する反撃が始まった・・・ 神が起こ [続きを読む]
  • 安東 能明『出署せず』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)柴崎令司警部は、今回も綾瀬署を離れることができなかった。その一方で、同世代のキャリア・坂元真紀が署長に着任。現場経験に乏しいコンビが誕生してしまった。職務にまつわる署内の不祥事、保護司による長男殺しの闇。そして、女性店員失踪事案の再捜査が、幾つもの運命を揺さぶりはじめる―。ミステリ×人間ドラマの興奮。日本推理作家協会賞受賞の名手が描く、警察小説集。 刑事 [続きを読む]
  • 薬丸岳『逃走』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)死んだはずのあの男がいた。小さかった妹とふたりで懸命に生きてきた21年間はなんだったんだ?傷害致死で指名手配されたのは妹思いで正義感が強い青年。だが罪が重くなるとわかっていても彼は逃げ続ける。なんのために?誰のために?渾身の全面大改稿、ほぼ書下ろしの秀逸ノンストップ・エンタメ! 非常に重く深い作品。 最後は、胸に込み上げてくるものがある。 加害者 [続きを読む]
  • 五十嵐貴久『逸脱捜査 キャリア警部・道定聡』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)東大卒キャリアとして出世街道を歩んでいた道定聡警部は、部下の不祥事により突如、経験のない捜査現場の前線に配属された。美人だがガサツな山口ヒカルとコンビを組まされ、新宿OLの高層マンション飛び降り、新興宗教の教祖殺人など、解決不可能と思われた難解奇怪な事件の担当になる。常にやる気のないヒカルだが、時に天才的な直観を発揮して事態を収束に導いていき―。“迷”コンビの [続きを読む]
  • 今野敏『殺人ライセンス』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)高校生の久(キュウ)は「殺人ライセンス」というサイトに遭遇。それは、ターゲットを殺害するゲームだった。その後、ゲームの標的らしいストーカー公務員の殺人事件が発生。リストラされた素人探偵とキュウは事件の解明に乗り出す。一方、捜査本部の丸谷刑事らは、犯人を絞れない事態に焦る。高校生と捜査本部、殺人ゲームと現実の捜査の接点はどこに―? 結構、時代背景としては古く感じるけ [続きを読む]
  • 木下半太『サンブンノニ』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)銀行強盗で得た大金を山分けし、日本各地に潜伏していたシュウ、コジ、健さん。だが3人とも“川崎の帝王”破魔翔に見つかり、連れ戻されてしまう。そして命じられたのは、「“川崎の魔女”の現金輸送車の奪取」だった…!北海道から新たな勢力も進出し、3人はまたもや裏社会の覇権を巡る争いに巻き込まれる。息つく間もない駆け引きと騙し合い。果たしてシュウたちはどん底から抜け出せるか [続きを読む]
  • 安東 能明『侵食捜査』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)赤羽中央署の疋田務は、別居中の中一の息子と数年ぶりの団欒の最中、荒川赤水門で女子短大生の水死体を発見した。入水自殺が濃厚とされたが、遺体の胸に刻まれた謎の文様が気になった疋田は、異例の再鑑定を依頼する。さらに、二転三転する両親の言動にも違和感を覚える。喪った娘の何に口を噤んでいるのか?やがて捜査は、彼女を施術した美容整形外科の暗部に迫るが―。 非常にミステ [続きを読む]
  • 吉川英梨『ハイエナ 警視庁捜査二課 本城仁一』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)家庭を顧みずに仕事に没頭してきた叩き上げの刑事・本城が、警察官僚として出世争いの渦中にいる息子から懇願される。出向中に詐欺組織に盗まれた警察手帳を内密に奪還してほしいというのだ。親の務めを果たしてこなかった慙愧の念から、息子の隠匿に手を貸すことを決める本城。手帳に迫る過程で掴んだのは、殺人も厭わない詐欺組織の実態だった。 清濁併せ呑むというが、 単純 [続きを読む]
  • 安東 能明『限界捜査』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)東京・赤羽の巨大団地葵ヶ丘に住む北原美紗子の娘・奈月が失踪した。赤羽中央署生活安全課の疋田務は部下の小宮真子らとともに懸命な捜査を続けるが、一向に消息は掴めなかった。奈月はいったいどこへ。やがて誘拐犯を名乗る人物から身代金要求の電話がかかったとき、事件は予想もしない方向に暴走を始めた―正統派、かつ、斬新。心を鷲掴みにする新警察小説、誕生! 少しずつ事件が解 [続きを読む]
  • 沢村 鐵『クランIII - 警視庁公安部・区界浩の深謀』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)渋谷駅を襲ったテロ事件から一夜。「神」と呼ばれる黒幕は現場から姿をくらます。警視庁公安部の区界警部を中心にした捜査の末、警察内密盟チーム“クラン”の面々は「神」への足がかりをつかむことに成功する。だが彼らの元に、再び恐ろしい事件の気配が―。書き下ろしシリーズ第三弾。 前回、登場した謎の神の正体探しが軸になって・・・ テロの謎解き、警察組織の闇を探って [続きを読む]
  • 七尾 与史『ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)双子ばかりを狙った猟奇殺人事件を、慰安旅行に行きたいがために“いつになく”スマートに解決した黒井マヤ。その慰安旅行先は、警察庁次長の父・篤郎がかつて難事件に遭遇した「城華町」だった。そしてマヤたちが訪れるや、若い女性の撲殺死体が発見される。城華町には何が隠されているのか。24年の時を超えて二つの事件が交差するシリーズ最新作。 相変わらず、黒川マヤの発想とい [続きを読む]
  • 沢里裕二『処女刑事 大阪バイブレーション』読了
  • 内容紹介シリーズ累計10万部突破! 警察官能小説の大本命!! 日本でもっとも猥雑な街、大阪。この地を「性都」に変えようと、政治家と財界人が画策する。浪花八分署の純情ミニパトガール朝野波留は、駐車違反の取り締まり中にパンチラ撮影に遭い、事件に巻き込まれる。急増する外国人売春婦と、謎のペンライト――。ミニパトガールが囮捜査で大ピンチ! 捜査で挿入か!? 美人キャリア真木洋子率いる「性活安全課 [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク最終日、本を購入
  • ゴールデンウィーク最終日・・・ 結局、書店で本を買ってしまった。 梶永正史 警視庁捜査二課 郷間彩香 ガバナンスの死角 警視庁捜査二課 郷間彩香 ハイブリッドセオリー 五十嵐貴久 可愛いベイビー 沢里裕二 処女刑事 横浜セクシーゾーン 欲しかった本だけど・・・ 待機本の数を考えたら、ブックオフ待ちでも問題なかった。 まあ、読書三昧の日々は続く・・・ [続きを読む]
  • 吉川英梨『警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 氷血 』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)北海道に帰省していた原麻希一家は、観光に寄った札幌の公園で、氷漬けとなった女性の遺体を発見する。女性は以前、東京に住んでいた際に、警視庁「女性犯罪」捜査班にストーカー相談に訪れていたことがわかった。捜査を開始した麻希は、警察官を志すきっかけとなった北海道警の瀧正義警部と再会するも、その姿は変わり果てていた―。天才捜査官・原麻希の切ない過去が初めて描かれる、人 [続きを読む]
  • 大沢 在昌『十字架の王女 特殊捜査班カルテット (3)』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)藤堂率いる国際的犯罪組織と、日本最大の暴力組織“本社”の銃撃戦に巻きこまれ、消息を絶った藤堂の娘・カスミ。助からなかったのか、父の下で犯罪者として生きると決めたのか―捜査班はカスミを捜し出し、藤堂を捕えるため、抗争の鍵を握る男・村雲の行方を追う。捜査のうちに行き着いたのは、ある極秘の議定書の存在だった。今までの潜入捜査と4人の過去が繋がる衝撃、感動の完結編が待 [続きを読む]
  • 息子の帰省が終了・・そしてブックオフへ。
  • 息子がこの春から社会人。 一人暮らしをはじめて、最初の連休。 今日の午後、一人暮らしの地へもどりました。 親として、元気が姿を見れたことが嬉しかった。 また、短い間ではあるが、一緒に行動できたことが 嬉しかった。 これから、本格的に始まるって感じです。 わたしも、子が旅立ったことで、 いろんなことに本気で取り組める状況になったと思います。 まずは、ブック [続きを読む]
  • 内藤 了『BACK 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)12月25日未明、都心の病院で大量殺人が発生との報が入った。死傷者多数で院内は停電。現場に急行した比奈子らは生々しい殺戮現場に息を呑む。そこは特殊な受刑者を入院させるための特別病棟があり、狙われたのはまさにその階のようだった。相応のセキュリティがあるはずの場所でなぜ事件が?そして関連が疑われるネット情報に、「スイッチを押す者」の記述が見つかり…。大人気シリーズは新 [続きを読む]
  • 堂場瞬一『ラスト・コード』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)豪奢な一軒家で、執拗に切りつけられた惨殺体が見つかった。渋谷中央署の刑事・筒井は、被害者の娘・美咲と署へ向かう道中、何者かに襲われる。だが、警察上層部から圧力がかかり、襲撃事件は揉み消されてしまう。孤立無援となった筒井は、探偵の小野寺冴とともに調査を始める。警察内部の「事情」、襲撃者の目的は―。 非常に面白かった。 まるで映画をみているような感じで、& [続きを読む]
  • 鳴海章『レトロ・ロマンサー (2) いとし壬生浪 』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)物に触れると意識だけがタイムスリップするという特殊能力を持つ桃井初音は、仕事で出会った表聡一郎に唆され、彼が代表を務める「御先祖様調査研究所(ARI)」のメンバーとなっていた。ある日、ARIに新選組関係者の備忘録が持ち込まれる。その古いページに触れた瞬間、初音の精神は時を越え、ひとりの少年の躰に入った。そこは幕末、池田屋騒動直前の京都。目の前には伝説の剣士・沖田総司 [続きを読む]