mari さん プロフィール

  •  
mariさん: まりの川柳
ハンドル名mari さん
ブログタイトルまりの川柳
ブログURLhttp://sakurasenryuu.kakuren-bo.com/
サイト紹介文気まぐれに投句した作品を載せていきます。
自由文60歳を過ぎて定時制高校に入学、無事卒業。
卒業後、老人大学に通っているときに川柳と知り合う。
へたくそながら10年以上つづいております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/04/19 12:56

mari さんのブログ記事

  • 新作川柳五句
  • 前回に引き続き管理人である息子が記事を書いております。老人介護施設を退所してから初めて仕事の都合上、その日だけ職場に母を連れて見守ることになりました。その間じっと座らせておくのも何だと思い「川柳作ってみる?」と尋ねると「作ろうかね」と意欲をみせましたのでパソコンデスクへ。パーキンソン病からくる左半身の麻痺と物忘れ・認知症がありますので、とても川柳なんかは無理だろうと考えておりましたがキーボードを打 [続きを読む]
  • 春嵐 ショートステイを 体験し
  • 前回に引き続き管理人である息子が記事を書いております。私の都合もあって母をショートステイ(施設への短期入所)を利用することになりました。2年間も居た場所なので慣れたもので母も臆することなくテレビを見に行ったり部屋の様子を確かめたりしながら過ごしている様子を確認しました。介護する方も看護する方も同じ人たちで、よく声かけしてくれているようで一安心です。早速入浴に連れていかれましたので安心して帰宅しました [続きを読む]
  • 通所リハビリ利用開始
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。早いもので当初計画していた通りにはうまくいかず、1月で退所する予定が3月末まで伸びてしまいました。まあ、それでも自宅へ戻れる事になった母は何となく嬉しそうです。4月より通所リハビリ(デイサービス)を利用させていただくことになって、私の方も日中は仕事ができるので一安心です (#^.^#)ただ、困ったことに自宅では食べ物が身近にあるのでお腹が空いていなくて [続きを読む]
  • 施設を退所することになりました。
  • 3月も今日で終わり明日から4月になりますね。前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。老人健康保険施設に入所してから2年余り、介護度も4から2へと下がり本日退所することになりました (^O^)/外出や外泊もままならない方たちが多い中気を遣って遠慮がちに、入所仲間とそのことについて会話を避けていた母でありましたが退所できることになってやはり嬉しいようです。来週からは通所リハビリ(デイケア)で送迎 [続きを読む]
  • 自宅へと 戻れる希望 夢広げ
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。老健施設を今月末で退所することになると母の妹たち(私からすれば叔母ですが)に電話をして連絡いたしました。叔母さんたちも、「よかったねぇ」と言ってくれて、うれしい様子が電話先からも伝わってきました (^O^)/退所してからは、パーキンソン病や認知症の薬を飲まなければいけませんので通院することになります。病院へは母の一番下の妹(母と1廻り離れております [続きを読む]
  • 介護訪問調査
  • 前回に引き続き管理人である息子が記事を書いております。3月6日月曜日のお昼から退所に向けての自宅改修や介護用具を調査するために相談員やケアマネージャー、リハビリの作業療法士さん、介護工事、介護用具関係の方多人数で自宅へお越しになりました。自宅での住まいの状況を見るために前日より母を外泊させておりましたが、午前中に母を洋服が欲しいというので衣料品店に連れていき30分くらいでしょうか、カートを押して自由に [続きを読む]
  • 御蔭にて 自宅へ戻れる 有難さ
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。思えば転倒してからの入院に始まり老健施設での2年半、いろいろなことがあり、寝たきりの介護度4から目覚ましい快復で介護度も2となり、歩行器を使ってですが歩くのも可能になりました。ただパーキンソン病からくる認知症、物忘れも激しくまだまだ自立しては生活できない状態ですが相談員からのお話で1度自宅へ戻られてみてはという提案がございましたので今回、退所とい [続きを読む]
  • 久々の 外泊届を 許可されて 
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。インフルエンザも母の施設では治まったようで外泊も許可される事となりました。昨日の2月19日(日曜日)の夕刻母を迎えに行って1晩自宅で外泊させました。とても安心したようで食欲はいつもながら旺盛ですがお通じは、パーキンソン病により2〜3日が通常となっていましたが珍しく、帰宅して夕方に1度、朝2度目とございましたので本人はすっきりしていると思います。 [続きを読む]
  • インフルエンザ猛威!
  • 主である本人は老人健康保健施に入所しておりますので管理人である息子が記事を書いております。母が入所している施設でもインフルエンザの発生が確認され母の同室の方の発症が認められましたので3日間面会謝絶で、洗濯物さえ取りに行けない状態でした。本人は陰性でしたので面会は認められるようになりましたが、外泊は当面許可が下りないようです。時間の許す限りほぼ毎日の面会と何かの差し入れをしております。認知症に [続きを読む]
  • 久々の 外泊に 夢現(うつつ)
  • パーキンソン病からの認知により管理人である息子が記事を書いております。何だか川柳のページというより母の介護記録・闘病日記という形になってしまいましたが、時には川柳作りたいなという気持ちも出てくるようにまで回復しましたので、それもよろしいかと思います (#^.^#)母の入所施設でもインフルエンザの発症が確認されましたので、当面外出・外泊は禁止となりました。それでも先日の日曜日から月曜日の外泊許可は下りまし [続きを読む]
  • 外泊も 食欲強し 迷走中
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。母はパーキンソン病、左半身麻痺で要介護2、老人健康保険施設に入所しておりますが先週の風邪も治って、2週間ぶりの外泊許可が下りました。おでんが食べたいというのでコンビニへよっておでんを買うことに。「コンビニのチキンはおいしいよ」というと4つ欲しがりましたので余れば私が食べればいいかなと晩御飯のおかずとして購入することにしました。「ファミチキってい [続きを読む]
  • 外泊も 食欲強し 迷走中
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。風邪も治って、2週間ぶりの外泊許可が下りました。おでんが食べたいというのでコンビニへよっておでんを買うことに。「コンビニのチキンはおいしいよ」というと4つ欲しがりましたので余れば私が食べればいいかなと晩御飯のおかずとして購入することにしました。「ファミチキっていうんだよ」と説明し、孫が大好きでいつも買っていることを告げると嬉しそうにしていま [続きを読む]
  • 風邪を引き 心が寂しい 家帰り
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。正月も終わり、明日1/9は成人式で会社勤めの方は3連休の方もおられると思いますが私は月曜日のみがお休みなので施設に居る母を外泊させる予定でした。2〜3日前から担当の看護士から「風邪を引かれているので外泊は様子を見てからの方が」というお話でしたので外泊届は出していたのですが、まだ体調がすぐれないので本日は面会だけにして中止することにしました。熱はない [続きを読む]
  • 平成29年 新年明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます。 平成29年元旦、管理人である息子が記事を書いております。母が現在の老人健康保険施設に入所して早や1年と10か月、2月には2年目を 迎えようとしております。まりの川柳ブログを始めたのが2012年5月ですので、5年になりますか。パーキンソン病という難病で認知障害が出だして、日常行動がおかしくなり転倒して腰椎圧迫骨折し入院。それからというもの母とのまともな会話はほとんど出来なく [続きを読む]
  • 果つる年 心静かに 厳かに
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。明日は大晦日で、年末年始は母を施設から外泊させます。 母の入所している施設でもお正月はご家族でと外泊を勧めているみたいですが中々現状は難しいようで帰ることが出来ない方が大半の様です。各家庭夫々ご事情はお有りのようですがよそ様はさて置いて母が生きているうちは、母の気持ちを第一にと考え毎週外泊させておりますのでいつもよりちょっとだけ日数の長い外泊 [続きを読む]
  • 施設から 病院へ受診 逃避行
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。12月22日の早朝、老健施設の副看護師長より連絡が入り下腹部より出血しているとの事。出血は少なくなりつつあるものの婦人科への受診を至急家族の方で行ってくれとの事です。私も仕事を抱えており午前中は行けない旨を伝えるとでは、様子をみましょうと一旦電話を切りました。暫くして今度は看護師長から携帯へ連絡が入りました。今日は木曜日で土日をはさむと間が空き体 [続きを読む]
  • 朧げか 過去の記憶に 混じり合う
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。今日は母の施設からの外泊日です。一昨日面会に行った際に「何が食べたい?」と聞いたところ「うどんが食べたいねぇ」と言い、昨日の面会時では、「餃子がたべたいねぇ」と漫才みたいな会話をしております (;^ω^)認知症によるものなのでわかっているとはいえ、その時点でのことを言っており、連続した記憶がないみたいです。それでも過去のことはよく記憶しており [続きを読む]
  • 師走でも 変わらぬ介護 未来見て
  • 前回に引き続き管理人である息子が記事を書いております。12月になり、私の住む福岡県では朝晩暖房が必要となってきました。母の介護認定も「要介護2」となり施設に引き続きお世話になることになりましたが施設では、機能訓練の一環として車イスでの移動から、歩行具を使ってのリハビリに変わりました。立たせれば歩行はできますので立ち上がりと座りを見守ってもらっています。それだけでも素晴らしいほどの回復で喜ぶべきことな [続きを読む]
  • 介護認定の結果
  • 前回に引き続き管理人である息子が記事を書いております。母の訪問介護調査の結果が出ました。昨年と変わらず『要介護2』の判定でしたので今の施設にそのままお願いすることに相成りました。   「ただいまー」という母に、玄関の金魚が出迎えてくれます? ただいまの 返事にさえも 餌おくれ 歩行については、立たせると歩行器を使って自由に移動できるのですが床や畳に座った状態からはお立ち上がりが困難な状態です。やはり [続きを読む]
  • 15日は介護訪問調査
  • 気がつけば、前回の更新より1か月近く経過してしまいました。前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。     クフェア(花柳)も越冬準備をしなくてはネ11月15日は介護訪問調査の日です。母の回復は目覚ましく一昨年は「要介護4」で、寝たきりの状態で左半身が麻痺した状態でした。昨年からは車イスで移動可能となりトイレも見守りが必要でしたが何とか自力でできるようになり介護度は「要介護2」となりました [続きを読む]
  • 五月晴れ 霜月でも 秋模様  
  • もうすぐ11月。母が今の施設に入所してから早や1年9か月が経過しようとしています。前回に引き続き管理人である息子が記事を書いております。一昨年の10月に転倒。腰椎圧迫骨折により入院して3ヶ月。そのまま施設に入所したのですがその時は転倒した際に頭部を何度も打っており、そのため左半身が麻痺。一時は肺炎を併発して命も危ない状態でした。入所前の介護認定は要介護4で、入所しての認定時では要介護2になりました。担当の [続きを読む]
  • 明日は祖母の33回忌
  • 10月も半ば、めっきり朝晩冷え込むように感じます。前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。明日は祖母、母からしたら義母ですが33回忌の法要を行うとの事で叔母より連絡があり。母にそのことを話すとぜひ出たいというので入所している介護施設に外出届を出しておりました (^^♪認知症で日にちの感覚がない母ですが施設から外に出るときは嬉しそうにしていますので良いことではないかと感じております。 紫蘇も [続きを読む]
  • 法事に出たい!
  • 前回に引き続き管理人である息子が記事を書いております。亡くなった父の妹つまり私の叔母ですがお婆ちゃんの33回忌を行うとの事で連絡がありました。母にそのことを言ってみると「出ないといけないね」との事でぜひ行きたいというので無理を承知で叔母に連絡して法事に行かせてあげようと思います。入所している母を一時とはいえ預けるのは、面倒を掛けるのではと少々気が引けます。当日は私は仕事なので朝、母を施設へ迎えに行き [続きを読む]
  • 介護して 思いを砕く 自我の性
  • 前回に引き続き管理人である息子が記事を書いておりますいつものごとく昨日の夕方から母を施設へ迎えに行き今日の朝施設へ連れて行きました。朝食後、そろそろ施設へ戻ろうかねと話をして折りたたみベッドを片付けようとすると「また戻ってきて、寝るからそのままにしておいて」と言うので、母を納得させるために「また来週になるから一旦片付けるよ」と布団をたたんで、ベッドを片付けました。母の部屋には布団があるのですが入所 [続きを読む]
  • 敬老会は終わり、敬老の日は長めの外泊
  • 前回に引き続き、管理人である息子が記事を書いております。母が入所している老人介護施設での敬老会は9月14日に行われ盛況だったようです (^_-)-☆次の外泊は9月18日の日曜日から20日までの届けを出しており、19日の敬老の日は何か母の欲しいものをプレゼントしようと考えております。やはり認知症に対しては外へ連れ出し、興味のあることをさせるーーこれが刺激を与えることになるので良い方法ではないかと思います。      [続きを読む]