siwatch さん プロフィール

  •  
siwatchさん: 素人料理百珍 ライトレシピ編
ハンドル名siwatch さん
ブログタイトル素人料理百珍 ライトレシピ編
ブログURLhttp://siwast.blog.fc2.com/
サイト紹介文簡単、スピーディー。誰にでも作れる料理レシピ集
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/04/21 17:02

siwatch さんのブログ記事

  • 掲載のお礼♪と見知らぬ訪問者”A”
  • お世話になっているレシピブログ様のくらしのアンテナコーナーで”味噌カラ”を紹介していただきました!鶏のから揚げを名古屋風の味噌ダレを絡めたレシピでビールにもゴハンにもピッタリの一品です。他にもみりんを効果的に使った垂涎レシピ満載ですのでご興味のある方は是非↓を 。今さら聞けない!「みりん」の効果と料理がおいしくなる使い方を極めよう♪昨日あたりから、ウチの周りをグルグルしている訪問者”A"君の名 [続きを読む]
  • ダイエット寿司!
  • ダイエット効果、有りや無しや!だが、こんなお寿司もたまに良い。茹でタケノコ、酢飯、山椒の葉、からし酢みそアク抜きコンニャク、酢飯、田楽味噌、白ごま焼いて皮を剥いたパプリカ、酢飯、くるみ、たまり醤油それぞれ味を乗せているのでそのままでイケル!美味!!! [続きを読む]
  • ウドの芽の天ぷら
  • 丸々一本のウド。てっぺんのモシャモシャした部分を切り落として天ぷらにする。見た目だけでなく、”タラの芽”や”こしあぶら”などに匹敵する美味!独特の風味がウドである事を再確認し、また一口、また一口とあとを引く。太い部分も皮を引かずに天ダネにすべし!塩でやるもよし、天つゆにくぐらせるも良し!この時季ならではの絶品、天ぷら!ボウルに薄力粉を入れ、水を注ぐ。ネタを放り込んで、サッとかき混ぜ、チョット高めの [続きを読む]
  • 葉っぱも一緒にかぶサラダ♪
  • かぶの葉っぱはクセもなく美味しいので是非食べましょう!1 葉っぱは洗って塩を加えた湯でサッと茹で、冷水でしめたら水気を絞ってざく切り。2 かぶは皮を剥いて8等分くらいのくし切り。3 1と2をボールで混ぜ合わせ、顆粒昆布だし(昆布茶も可)で調味しオリーブオイルを少量垂らす。完成!※彩りにミニトマトを加える(写真のように)とさらにうま味が増して美味! [続きを読む]
  • 美味しい道草♪ツクシとスギナ
  • 先の土曜日。毎週末通う野菜の産地直売所で、抱えきれないほどの野菜を助手席に置いて、車を発進させた瞬間、信じられない光景が、、、。先週はまったく顔を見せなかったつくしが凄まじい勢いで群生している。見逃す手はない、、、駐車場を一回りし元の位置に再度車を止めた。その時のボクはまさしく”狩人”の目だったに違いない。耳に”アイ・オブ・ザ・タイガー”(ロッキー3のテーマ曲、、、チョー<やるきスイッチ>の入る曲 [続きを読む]
  • 大豆コロッケ
  • 水煮大豆とFPで簡単”豆コロッケ”水煮大豆 1袋ひじきの煮もの(なくても可)大さじ1杯分くらい   ※入れると美味だが、入れ過ぎは崩れ易くなるので注意!塩ひとつまみ水溶き薄力粉(ころも用)パン粉(ころも用)水煮大豆はフードプロセッサーなどでマッシュにし、ひじきの煮ものを加えてさらに”ガー”  ※ひじきは細かくなりすぎないように!ボウルに移し、塩を加えてよーく練ってから丸め、水溶き薄力粉にくぐらせ、パ [続きを読む]
  • ゴボウ味噌♪
  • ゴボウが美味!歳のせいか、こーゆー、大地に根の生えた(実際に根だ!)土の香りのするような(実際に土の匂いがする)根菜の類いが美味の対象になってきた。 ただ漢字で書く”牛蒡”はなんとなく西遊記に出てくる妖怪を連想させる(のはボクだけか?)。粗みじん切りにしたゴボウはさらにフードプロセッサーで”ガーっ!として細かくする。ゴボウに対し半量の長ネギも同様にみじん切り&FPでガー!ごま油で丁寧に炒めたら、八丁 [続きを読む]
  • つくね棒
  • 魚のすり身でつくると、おでんダネの”ゴボ天”となる。ゴボウを完全に包み込めば、、、。写真は鶏と豚の合いびき肉。粉末がらスープの素、薄口醤油、黒胡椒でかるく下味を付け、よく練ってからつなぎの片栗粉を加えてさらによく練る。ゴボウは1センチ弱の太さ、長さは6〜7センチぐらいが作り易い。生のままでも良いが、仕上がりが硬くなるのでレンチンで予め、熱を通しておいたほうがベター。持ち手のように残して肉で包んで油 [続きを読む]
  • 鶏皮ナマス
  • 安くて美味な鶏ムネ肉。調理にもよるがほとんどの場合、皮を剥いでつかう。から揚げ、天ぷら、カツ、茹で鶏、蒸し鶏、、、個人的には皮なしのほうが美味に仕上がる。もちろん、剥いだ皮は有効に使う。うってつけのレシピはぽん酢漬け。いわゆる”とりかわポンズ”。そして好都合な事に、ムネ肉にくっ付いている皮を使って作ったものが一番美味!もも肉や皮のみで市販されている部分より脂肪分が少ないからなのか、あっさりしてウマ [続きを読む]
  • スローな美味にしてくれ! 骨せんべい編
  • 10センチぐらいの小アジの骨。さすがに捨てるのはもったいなく、、、、つみれを作った時にでた骨をきれいにこさえて(内臓などははずす)、皿に網などをかぶせ、なるべく重ならないように骨を積んで、ノーラップで冷蔵庫の最上段へ。最初の2〜3日は魚の匂いもするがそのうち”にほひ”も気にならなくなる。気がついた時にひっくりかえし、カラカラに乾くまでの放置プレイ。1週間も経てば、たたみいわし状態に!グリルで表裏1分 [続きを読む]
  • スローな美味にしてくれ! おから編
  • オカラを炊いたようなスローフード的なものに魅かれる、、、 オカラ好きのきっかけは子どもの頃に観た時代劇。チャンバラごっこ、最後の世代であるボクは時代劇も当然TV視聴の対象にあった。時代劇ラインナップは今の数倍はあっただろう。一番のお気に入りは”素浪人 花山大吉” 演じるのは近衛十四郎。先日お亡くなりになった松方弘樹アニイのお父上である。めっぽう腕の立つチャンバラヒーローは無類のおから好き。くぐるのれ [続きを読む]
  • 三色きんぴら♪
  • きんぴらというと濃い味のお惣菜というイメージが強いがこの三種類の野菜はもともとの味わいが深いのでほとんど調味料が要らない。塩ひとつまみで仕上げても充分、美味!1 パプリカ(赤)カボチャ、黒人参。カボチャが崩れ易いので、きんぴら特有の千切りみたいな切り方でなく、  その七割ぐらい、つまり七百切りぐらいのイメージで切りそろえ、他の二種もそれにならう。2 黒人参は食感が硬めなので予めレンチンしておく。( [続きを読む]
  • 自家製、福神漬け風、、、
  • はんぱ野菜が出たら作ってみたい簡易版レシピ。この季節なら大根、人参、キャベツなんかがあればOK !色の濃いのは黒人参。お酢に反応して漬け汁も赤くなるから、より福神漬けっぽくなる。1 大根、人参、黒人参、キャベツは荒めの、みじん切りにして塩少々で揉んでおく。2 しなっとしてきたら絞って水切り。3 鍋に醤油、本みりん、お酢 を、2:2:1ぐらいの比率を目安に漬け汁とし、沸騰したら、野菜を投入。  1分ほど [続きを読む]
  • 節分の豆を料理に使う、、、
  • そのままポリポリ食べるのも好きだがウチゴハンのアイテムとしても常用OK!炊き込みご飯にしたり、ちゃちゃっと作る肉料理なんかと相性がいい。例えばこんな風に、、、豚トロと節分豆1 豚トロは軽く塩コショウしてから片栗粉をまぶし、油を引いたフライパンで焼き炒める。2 肉に火が通ったら節分豆を投入し味噌とみりんで味付けしたら完成!豆がぬれ煎餅のように湿気を含んだ食感?が楽しく、意外と肉に合うことが納得できる。 [続きを読む]
  • 納豆の天ぷら
  • 大根おろしを加えた天つゆやぽん酢にくぐらせてアツアツの奴を口に放り込む。ビールは無論、冷酒も合うし焼酎もOK!意外とハイボールもイイ。子供達にも好評で、ゴハンのおかずにもピッタリ!冷めても美味なので便利な一品。通常の1パックでピンポンのボールより一回り小さいサイズが5〜6個できる。基本レシピ納豆1パック、薄力粉大さじ1半、片栗粉大さじ1、塩ひとつまみをざっくり混ぜ合わせ、形づくり易いように少しづつ水 [続きを読む]
  • 片栗粉じゃなくて、、、
  •  水溶き片栗粉でトロミをつけたら完成!るんるん♪、、なんてレシピのしめくくりに、よく使われるフレーズがあるが、コレが素人にとっては意外とムツカシイ。 次第にトロミがとろ〜ん、さらにシャバーンとしてイタダキマス!をするころには、ビシャビシャのユルユルになっていたりする。 プロのコツを習得するよりチョット割高でも片栗粉を葛粉(くず粉)に代えると俄然、見映えも味もチガウ。冷めてもなかなかユルユルしてこな [続きを読む]
  • 今日のから揚げ弁当と”好々(スースー)”登場!
  • 第二タイトルの”好々”は拙ブログ初登場のネザーランドドワーフ。うさぎです。ヨシヨシとかコウコウじゃありません。薄口醤油に漬け込んだ超美味なムネ肉のから揚げ(クックパッドでも薄口醤油の人気検索トップ10入りした、拙の人気レシピ!)をメインにした今日の弁当。ちなみに興味のある方はこちらのレシピをチェック↓鶏のから揚げは薄口醤油で!ゴハンには、サッと塩を振った百合根(ゆりね)にオリーブオイルを回しかけ、歯 [続きを読む]
  • 素人料理百珍 番外編 『今年は足腰を鍛えるのダー!』の巻き
  •   気まぐれに踏み込んだ山道は途中から修験道の様相を呈する。腰が引け、臀部の筋肉もゆるんだが、覚悟を決め、一歩一歩のぼり続けた。目はうつろ、膝はガクガク、、、夢うつつのポンコツが見たのはあまりにも神々しい菩薩さまであった。とは言え、初対面ではないのだ。このお山の麓に小学2年生まで住んでいたボクにとっては庭のよーなもの。夏休みなど、昆虫採集の大義名分のもと、虫取り網、虫かご、注射器、2色の液体を携帯 [続きを読む]
  • 七色のナムル、、、
  • 掃除機のコードをきゅるきゅるきゅるーと引っ張り出すと黄色いテープが巻き付いてるところがある。『あっ、もうそろそろ限界だから注意して引っ張らないと、、、』と引っ張るチカラをゆるめ、赤いテープの出現とともに引っ張るという行為を止める。もし黄色いテープによる警告がなければチカラまかせの行為によってコードを痛めてしまっていた可能性もある。黄色いテープの存在に頭が下がる思いである。と思っていたら、警告には違 [続きを読む]
  • ピンクなポテサラ
  • 引き続き、黒人参。前回作った、黒人参の甘酢漬けとマッシュポテトを混ぜ合わせたもの。冠に”黒”が付いてもやや硬、意外は人参なのでポテトサラダに加味しても無問題。わずかに酸味の勝ったポテサラは意外にあと引く味わい。我が家でも好評判でリピート中。レシピとしては前回の甘酢漬けを用意し、マッシュポテトと混ぜ合わせ、マヨネーズをメインに少量の塩、コショーで完成! 美味!!!※漬け汁も調味料として少量混ぜ合わせ [続きを読む]
  • くろにんじん、、、
  • 包丁を入れた刹那、鮮血がほとばしる!『なんじゃあ、コリャア!!』と叫んだが、痛みはナイ、、のもそのはずで、濡れた手、包丁、まな板に穫れたての黒人参のエキス?がにじみ出てきただけなのだ。産直で仕入れて来た。黒人参という命名らしいが”濃い紅”といった趣で酢と合わせるとたちまち濃いピンクに変わる。アントシアニンやらポリフェノールっちゅうもんがはんぱナイぐらい含まれているらしい。最初にことわっておくが(親 [続きを読む]
  • ズイキの酢みそ和え♪
  • サトイモの茎?乾燥モノは1年中出回っているけど、生は今だけ。アク抜きさえすれば何と合わせてもOK!食感の心地よい素材である。1 生のズイキは皮を裂いて水に1時間程さらす。2 酢を加えたお湯で5分〜10分ほど茹で流水にとり、サッと水気を絞る。この下処理であとはお好きに調理!ぽん酢に漬けても、味噌汁の具にしても油揚げと一緒にサッと煮ても美味!今日は酢みそ和え。蒸した鶏のムネ肉を手で裂いて、ズイキと合わせ [続きを読む]