itotonbosan さん プロフィール

  •  
itotonbosanさん: 北茨城 勿来周辺の生き物
ハンドル名itotonbosan さん
ブログタイトル北茨城 勿来周辺の生き物
ブログURLhttp://kitaibaraki987.blog.fc2.com/
サイト紹介文植物・昆虫・野鳥の観察から分かった多様性と生きる工夫を伝えたい。出会いから生まれた感動の記録です。
自由文ブログ同様,同名のホームヘージもご覧下さい。
http://itotonbosan.web.fc2.com/
植物図鑑には奇麗な写真が沢山あります。
蛾の図鑑には多様性に富んだ蛾が掲載されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/04/22 00:47

itotonbosan さんのブログ記事

  • 7月の植物①
  • 2017年7月26日(水)7月の植物① 撮影日:2017/07/26 場所:勿来の関・北茨城  今日,紹介する花は勿来の関・北茨城で7月26日に見られた植物です。①ヤマユリ(ユリ科の球根植物)毎日,脇を通る度に開花はまだかなと思いながら歩いていました。今日やっと二輪咲きました。花の匂いを嗅いでから別れを告げ散歩を続けました。②サネカズラ(マツブサ科サネカズラ属の常緑つる性木本)別名ビナンカズラの名があ [続きを読む]
  • ホソカミキリ
  • 2017年7月25日(火) ホソカミキリ 撮影日:2017/07/24 場所:勿来の関  甲虫目ホソカミキリムシ科のホソカミキリを紹介します。 カミキリムシに似た細長い昆虫が灯火に止まっています。 よく写そうと思い棒で下に下ろしました。 すると下に落ちる途中で脇の壁に飛び移りました。触角が体長より長いホソカミキリ。 カメラを近付けるとせわしく動いて写せません。 その内,飛び立つ仕草をみせました [続きを読む]
  • ミヤマカミキリ
  • 2017年7月24日(月)1624 ミヤマカミキリ 撮影日:2017/07/24 場所:勿来の関  甲虫目カミキリムシ科カミキリ亜科のミヤマカミキリを紹介します。 水飲み場にカミキリムシが止まっています。 一見,クワカミキリに似ています。 しかし,上翅肩にある小黒点がありません。胸部背に多くのしわが見られるミヤマカミキリ。しかし,クロカミキリと違って上翅肩には小黒点がありません。 体長は50?もある [続きを読む]
  • トビイロトラガ
  • 2017年7月23日(日)トビイロトラガ 撮影日:2017/07/22,2011/06/23 場所:勿来の関 ヤガ科トラガ亜科のトビイロトラガを紹介します。 壁にはクモの巣状の紋様(以下クモの巣紋)があるトビイロトラガが止まっています。 あまり見掛けない蛾です。 クモの巣紋が目立つトビイロトラガ。 この蛾で目立つのはクモの巣紋と後翅後角にある橙色の紋(最後の写真参照)です。 トビイロトラガは普通,前翅を少し [続きを読む]
  • 6月の植物④
  • 2017年7月22日(土)6月の植物④ 撮影日:2017/06/07〜06/14 場所:勿来の関・北茨城  今日,紹介する花は勿来の関・北茨城で6月26日から6月29日に見られた植物です。①ノハナショウブ(アヤメ科アヤメ属の多年草)似ている植物にカキツバタがありますか,赤矢印で示した所の色で区別します。ノハナショウブは黄色です。カキツバタは白です。②シモツケ(バラ科シモツケ属の落葉低木)似た植物にシモツケソウ [続きを読む]
  • カトウカミキリモドキとアオカミキリモドキ
  • 2017年7月21日(金)カトウカミキリモドキとアオカミキリモドキ 撮影日:2017/07/11,07/19,2016/06/22,2014/06/01 場所:勿来の関  甲虫目カミキリモドキ科のカトウカミキリモドキを紹介します。 細長いカミキリムシに似た昆虫が壁に止まっています。 似てはいますが,頭部の様子がどこか違うように見えます。 上翅は金属光沢のある青緑色,頭部・胸部・脚は橙色の美しい昆虫です。カミキリムシに [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑥(2017)
  • 2017年7月20日(木)7月に見られた蛾⑥(2017) 撮影日:2017/07/19〜07/20 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年7月19日〜7月20日に飛来した蛾です。①セグロシャチホコ(シャチホコガ科)胸部背にある毛の一部が黒くなっている蛾です。左右の翅を重ね合わせ,外縁から腹端を覗かせているのでシャチホコガ科と分かります。雄の腹端は二叉に分かれ外縁から長く出るのが特徴です。②セス [続きを読む]
  • カシルリオトシブミ
  • 2017年7月19日(月)カシルリオトシブミ 撮影日:2017/07/16〜07/19 場所:勿来の関  甲虫目オトシブミ科のカシルリオトシブミを紹介します。 体長が4mm未満のちいさなオトシブミです。前足の腿節がふとくておおきいカシルリオトシブミ。 昆虫によって次の様な葉が食われています。 ①エビヅル ②キク科の植物 ③ノブドウ頭部から胸部までは金色に,上翅は瑠璃色に輝くカシルリオトシブミ。円らな目 [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑤(2017)
  • 2017年7月18日(火)7月に見られた蛾⑤(2017) 撮影日:2017/07/16〜07/18 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年7月16日〜7月18日に飛来した蛾です。①セダカシャチホコ(シャチホコガ科)あまり会えない大型の蛾です。前翅長が33?もあるので大きさに圧倒されます。インディアンハットのようなナースキャップのようなもの(赤矢印)が胸部背にあり目をひきます。この蛾がシャチホコガ科 [続きを読む]
  • クロカミキリ
  • 2017年7月17日(月)クロカミキリ 撮影日:2017/07/16,2016/09/12 場所:勿来の関  甲虫目カミキリムシ科のクロカミキリを紹介します。 体長が20mm程度の可愛いカミキリムシです。今年もこんな可愛いクロカミキリに会えました。残念なことに息は絶えていました。クズの葉に乗せて記念写真を撮りました。 最初の出会いのときは道路を歩いていました。 今年(2017年)は道路に仰向けになっていました。数 [続きを読む]
  • ウスクリモンヒメハマキ
  • 2017年7月16日(日)ウスクリモンヒメハマキ 撮影日:2017/07/16 場所:勿来の関  ハマキガ科ヒメハマキガ亜科のウスクリモンヒメハマキを紹介します。 葉に空いた穴は誰の仕業か見ていると,突然目の前の葉に小さな蛾が止まりました。画像を見るとヒメハマキ模様があったのでヒメハマキガ亜科と分かったウスクリモンヒメハマキ。 画像を見るとヒメハマキ模様(赤矢印)があります。 この模様があればハ [続きを読む]
  • 7月の植物②
  • 2017年7月15日(土)7月の植物② 撮影日:2017/07/09〜07/15 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関で7月9日〜7月15日に見られた植物です。 科名はAPG体系(1998年に公表された被子植物の新しい分類体系)によるものではありません。①ネムノキ(マメ科)このネムノキが咲くと夏が来たと感じる私です。ネムノキには桃色が濃いものと薄いものがありますが,私は,桃色が濃い方が好きです。赤矢印で示し [続きを読む]
  • 7月の植物①
  • 2017年7月14日(金)7月の植物① 撮影日:2017/07/05〜07/13 場所:北茨城市・勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関で7月5日〜7月13日に見られた植物です。 科名はAPG体系(1998年に公表された被子植物の新しい分類体系)によるものではありません。①トリアシショウマ(ユキノシタ科)チダケザシに似ています。しかし,チダケザシは花弁が赤味を帯びるので区別がつきます。②アカメガシワ(トウダイグサ科) [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾④(2017)
  • 2017年7月13日(木)7月に見られた蛾④(2017) 撮影日:2017/07/06〜07/13 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年7月6日と7月13日に飛来した蛾です。①ゴマケンモン(ヤガ科ケンモンヤガ亜科)似た蛾にキクビゴマケンモンが居ますので紋様を見比べて同定する必要があります。羽化してから時間が経つと緑色が薄くなっていきます。②マツカレハ(カレハガ科)暑くなると出現してくる蛾です [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾③(2017)
  • 2017年7月12日(水)7月に見られた蛾③(2017) 撮影日:2017/07/08〜07/11 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年7月8日から7月11日に飛来した蛾です。①キバラケンモン(ヤガ科ウスベリケンモン亜科)白い地に黒い筋模様が美しい蛾です。似た蛾にニセキバラケンモンが居ます。赤矢印で示した様に外縁と平行に走る線が見られるのでキバラケンモンと判断しました。②ウメエダシャク(シャ [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾②(2017)
  • 2017年7月6日(木)7月に見られた蛾②(2017) 撮影日:2017/07/03と07/05 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年7月3日と7月5日に飛来した蛾です。①ナミガタシロナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)灯火の近くには再会を望んでいた蛾が止まっていました。見た瞬間,心が躍りました。なにしろ2015年に見ただけでこれで2回しか観察していないからです。白い地に黒い筋模様が美しく [続きを読む]
  • 7月に見られた昆虫③(2017)
  • 2017年7月10日(月)7月に見られた昆虫③(2017) 撮影日:2017/07/05〜07/08 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関で2017年7月5日と7月8日に見られた昆虫です。①マエアカクロベニボタル(甲虫目ベニボタル科)似ている昆虫にネアカヒシベニボタルが居ます。しかし,「岐阜大学教育学部理科教育講座(地学)によるとネアカヒシベニボタルは [続きを読む]
  • ヒメアトスカシバ
  • 2017年7月9日(日)ヒメアトスカシバ 撮影日:2017/07/09 場所:勿来の関  スカシバガ科のヒメアトスカシバを紹介します。 いつものように葉の表面を覗きながら歩いているとハチに似た昆虫が止まっています。 まだ,見たことが無い珍しい蛾です。初めて見る蛾で夢中で写したヒメアトスカシバ。 刺されたら危険なスズメバチには似ていませんので,夢中で写真を撮り続けました。 カメラを近付けても逃 [続きを読む]
  • 6月に見られた昆虫①(2017)
  • 2017年7月8日(土)6月に見られた昆虫①(2017) 撮影日:2017/06/02〜06/30 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関で2017年6月2日〜6月30日に見られた昆虫です。①オオイシアブ(ハエ目ムシヒキアブ科)ぱっと見てムシヒキアブと思ってしまいました。しかし,腹端が橙色をしています。更に,足が太くなっています。それで,調べるとオオイシ [続きを読む]
  • 7月に見られた昆虫②(2017)
  • 2017年7月7日(金)7月に見られた昆虫②(2017) 撮影日:2017/07/06〜07/07 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関で2017年7月6日〜7月7日に見られた昆虫です。①ベニボタル(甲虫目ベニボタル科)明るい所では鮮やかな色になりますが,暗い所ではくすんでしまいます。上翅には4本の縦筋があります。触角は鋸歯状です。②セアカツノカメム [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾①(2017)
  • 2017年7月6日(木)7月に見られた蛾①(2017) 撮影日:2017/07/01〜07/02 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年7月1日〜7月2日に飛来した蛾です。①クロスジノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科と分かります。黄色と黒の配色なので目立ちます。足の腿節が黒いので何か不気味です。②ヒロバツバメアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)縁毛が綺 [続きを読む]
  • ミヤマクロスジキノカワガ
  • 2017年7月5日(水)ミヤマクロスジキノカワガ 撮影日:2017/07/02 場所:勿来の関  コブガ科リンガ亜科のミヤマクロスジキノカワガを紹介します。 梁に釣鐘型の小さい蛾が止まっています。 停滞前線が台風に刺激された雨を防ぐのに飛来した蛾に混ざっていました。勿来の関では上手く写せず持ち帰って家で写したミヤマクロスジキノカワガ。そこで,ガラスの外側に白い紙を置いて写したミヤマクロスジキ [続きを読む]
  • 7月に見られた昆虫①(2017)
  • 2017年7月4日(火)7月に見られた昆虫①(2017) 撮影日:2017/07/02〜07/04 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火に2017年7月2日〜7月4日に飛来した昆虫です。 灯火には蛾・蝶ばかりでなく甲虫目も飛来します。①ホシベニカミキリ(甲虫目カミキリムシ科フトカミキリ亜科)このカミキリムシは未だ,灯火に飛来したものは見ておりま [続きを読む]
  • 6月に見られた蛾⑯(2017)
  • 2017年7月3日(水)6月に見られた蛾⑯(2017) 撮影日:2017/06/22〜06/29 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年6月22日〜6月29日に飛来した蛾です。①ナニワクビグロクチバ(ヤガ科シタバガ亜科)狙う角度がよく,綺麗に写っています。似ている蛾にヒメクビグロクチバが居ますが,緑矢印で示したように白点があるので区別がつきます。前の方から見ると黒いナースキャップのようなもの [続きを読む]
  • シマヨトウ
  • 2017年7月2日(日)シマヨトウ 撮影日:2017/07/02 場所:勿来の関  ヤガ科ヨトウガ亜科のシマヨトウを紹介します。 梁(はり)を見上げるとサッポロチャイロヨトウに紋様が似た蛾が止まっています。 でも,何か一寸違う気がすると感じながら写真を撮り続けました。前翅中央から外側は薄褐色だったシマヨトウ。 そうです。緑矢印で示した所が薄褐色のものは,初めて見る蛾だったのです。 サッポロチャ [続きを読む]