itotonbosan さん プロフィール

  •  
itotonbosanさん: 北茨城 勿来周辺の生き物
ハンドル名itotonbosan さん
ブログタイトル北茨城 勿来周辺の生き物
ブログURLhttp://kitaibaraki987.blog.fc2.com/
サイト紹介文植物・昆虫・野鳥の観察から分かった多様性と生きる工夫を伝えたい。出会いから生まれた感動の記録です。
自由文ブログ同様,同名のホームヘージもご覧下さい。
http://itotonbosan.web.fc2.com/
植物図鑑には奇麗な写真が沢山あります。
蛾の図鑑には多様性に富んだ蛾が掲載されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/04/22 00:47

itotonbosan さんのブログ記事

  • クロスジギンヤンマ
  • 2017年5月28日(日)クロスジギンヤンマ 撮影日:2017/05/28 場所:勿来の関  トンボ目ヤンマ科ヤンマ亜科のクロスジギンヤンマを紹介します。 周辺が林で囲まれている小さな池に用事があって立ち寄りました。 池のスイレンは蕾が膨らんでいます。スイレンの葉の上に乗り腹端を水中に沈め葉裏に産卵するクロスジギンヤンマ雌。雌の胸部にも黒い筋模様があり名前の由来になっています。 スイレンを見て [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑬(2017)
  • 2017年5月27日(土)5月に見られた蛾⑬(2017) 撮影日:2017/05/26 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月26日に飛来した蛾です。①コヨツメアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)羽化したばかりなので色が鮮やかです。なかなかこんな綺麗な蛾には巡り会えません。時間が経つにつれて緑色が褪せていきます。②ニセミスジアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)よく似ている蛾にミスジアツ [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑬(2017)
  • 2017年5月26日(金)5月に見られた蛾⑬(2017) 撮影日:2017/05/24,05/25 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月24日と5月25日に飛来した蛾です。①ベニエグリコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)前翅長10?未満の小さい蛾です。羽化後間もないためか紋様が鮮やかです。赤を帯びた紋があるのでベニエグリコヤガと名付けられたのでしょう。②ナミガタエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)開 [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑫(2017)
  • 2017年5月24日(水)5月に見られた蛾⑫(2017) 撮影日:2017/05/24 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月24日に飛来した蛾です。①オオヨスジアカエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)今まで見たことが無い蛾です。ヤガ科でこの様な紋様の蛾は見たことが無いのでエダシャク亜科を探しました。ヨスジアカエダシャクと似ていて区別がつきませんでした。色彩が濃い方がオオヨスジ [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑪(2017)
  • 2017年5月24日(水)5月に見られた蛾⑪(2017) 撮影日:2017/05/23 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月23日に飛来した蛾です。①マエモンコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)勿来の関には食餌植物のカマツカが指で数えらるほどしか分布していないのでほとんど見られない蛾です。何の仲間か分からずコブガ科やヒトリガ科などを探してしまいました。②ハミスジエダシャク(シャクガ科エダ [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑩(2017)
  • 2017年5月23日(火)5月に見られた蛾⑩(2017) 撮影日:2017/05/22 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月22日に飛来した蛾です。①キモンコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)腹端を高く上げていますが,イラガ科ではありません。赤矢印で示した白い腎状紋が目立ちます。更に,黄矢印で示した8の字紋が同定ポイントになっています。②シロスジツトガ(ツトガ科ツトガ亜科)ニセシロスジツト [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑨(2017)
  • 2017年5月22日(月)5月に見られた蛾⑨(2017) 撮影日:2017/05/20,05/21 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月20日と5月21日に飛来した蛾です。①ウンモンツマキリアツバ(ヤガ科シタバガ亜科)似た種類の蛾がいて同定で迷ってしまいます。でも,特有の特徴があるので区別がつきます。A外側に黒点が並びます。Bその黒点が並んでいる所が薄褐色です。逃げ足が速く今まではっきり [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑨(2017)
  • 2017年5月21日(日)5月に見られた蛾⑨(2017) 撮影日:2017/05/20 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月20日に飛来した蛾です。①モモスズメ(スズメガ科)前翅後縁沿いと外縁沿いが焦茶色なのでモモスズメと分かります。翅色は個体差があって紅を帯びているものも居ます。②モンオビオエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)似た蛾にマエキオエダシャクがいます。区別点は後翅外 [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑧(2017)
  • 2017年5月20日(土)5月に見られた蛾⑧(2017) 撮影日:2017/05/16〜05/19 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月16日〜5月19日に飛来した蛾です。①リンゴドクガ(ドクガ科)外縁から腹端が覗いていてもシャチホコガ科の仲間ではありません。毛深い前足を前方へ出して止まるのはドクガ科の仲間に見られます。②ウスクモナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)コウスグモナミシャク [続きを読む]
  • トビイロフタテンアツバ
  • 2017年5月19日(金)トビイロフタテンアツバ 撮影日:2017/05/18 場所:勿来の関  ヤガ科テンクロアツバ亜科のトビイロフタテンアツバを紹介します。 前翅長10?程度の黒っぼい蛾が壁に止まっています。実際はこれよりもずっと暗く見えるトビイロフタテンアツバ。 暗い所では紋様がはっきりしません。 写真にして初めて紋様が分かる程度になる蛾です。わずかに白く見える所は2本の横線とその周辺のト [続きを読む]
  • スジエグリシャチホコ
  • 2017年5月18日(木)スジエグリシャチホコ 撮影日:2017/05/15 場所:勿来の関  シャチホコガ科のスジエグリシャチホコを紹介します。 黒ずんだ蛾が窓枠に止まっています。 つい最近まで,クロエグリシャチホコだと考えていました。クロエグリシャチホコに比べると紋様が豊富なスジエグリシャチホコ。 今日改めて両者を見比べました。 クロエグリシャチホコの特徴は次の通りです。 ①焦茶色の地に黒 [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑦(2017)
  • 2017年5月17日(水)5月に見られた蛾⑦(2017) 撮影日:2017/05/14〜05/15 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月14日〜5月15日に飛来した蛾です。①ホソバヤマメイガ(ツトガ科ヤマメイガ亜科)前翅長が6〜7?と小さい蛾です。細くて灰色をした蛾です。②ギンモンシロウワバ(ヤガ科キンウワバ亜科)胸部背に鶏冠状のものが見られます。前翅中央にある白い紋を銀に見立て,全体に白 [続きを読む]
  • 5月の植物①
  • 2017年5月16日(火)5月の植物① 撮影日:2017/05/01〜05/07 場所:勿来の関 今日,紹介するのは2017年5月1日〜5月7日に勿来の関で撮影した植物です。①ムラサキサギゴケ(ハエドクソウ科)トキワハゼに似ています。今年になってから初めてよく観察したので違いが少し分かりました。違いは青矢印で示した下唇がムラサキサギゴケは紫色ですが,トキワハゼの下唇は白いです。これからは匍枝(ほし:横にはう枝)が伸びるので,それを確 [続きを読む]
  • フタシロテンホソマダラメイガ
  • 2017年5月15日(月)フタシロテンホソマダラメイガ 撮影日:2017/05/15 場所:勿来の関  メイガ科マダラメイガ亜科のフタシロテンホソマダラメイガを紹介します。 灯火の枠には後縁中央に白線がある蛾が止まっています。背景が明るく円い棒に止まっているため上手く写せなかったフタシロテンホソマダラメイガ。 黒ずんだ蛾でしたが,中央の白線が目立っています。 一見,ハマキガ科に見えます。 前翅 [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑥(2017)
  • 2017年5月14日(日)5月に見られた蛾⑥(2017) 撮影日:2017/05/08〜05/14 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月8日〜5月14日に飛来した蛾です。①フタモンクロナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)この蛾に似た蛾が幾つか居て迷います。A青矢印と水色矢印の横帯が等間隔で並んでいます。B外に大きく張り出した波形紋様があります。C外縁に沿って白い亜外縁線があります。以上 [続きを読む]
  • ハネナガブドウスズメ
  • 2017年5月13日(土)ハネナガブドウスズメ 撮影日:2017/05/13 場所:勿来の関  スズメガ科のハネナガブドウスズメを紹介します。 昨日は高い所に止まっていて紋様が詳しく写せませんでした。 そこで,今日も居ることを願いつつ見に行きました。 運良く昨日と同じ場所に止まっています。 網を使って捕まえようとしました。 運悪く,網と壁の間をすり抜け下に落ちました。 真下に落ちたように見えま [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾⑤(2017)
  • 2017年5月12日(金)5月に見られた蛾⑤(2017) 撮影日:2017/05/11,05/12 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火等へ2017年5月11日と5月12日に飛来した蛾です。①イカリモンガ(イカリモンガ科)昼行性の蛾で道端を歩いていると突然近寄る蛾がいました。止まった前翅には赤橙色と黒い紋があります。それを見た途端イカリモンガと分かりました。慎重に近付き写真を撮りました。前翅に碇の紋があ [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾④(2017)
  • 2017年5月11日(木)5月に見られた蛾④(2017) 撮影日:2017/05/08,05/10 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月8日と5月10日に飛来した蛾です。①フタトビスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)この様な紋様を持つ蛾がいて区別が大変です。でも,次の様な2箇所が違うので区別がつきます。①赤矢印で示した様にその場所が凹んでいます。②青矢印で示した様に横線の中央あた [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾③(2017)
  • 2017年5月10日(水)5月に見られた蛾③(2017) 撮影日:2017/05/04〜05/07 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月4日〜5月7日に飛来した蛾です。①ソトシロオビナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)翅の色は個体差があってまちまちです。この写真では,赤矢印で示した横線が内側の横線よりも白っぽく見えます。標本にしたものもこの様に外側が白っぽかったのでソトシロオビナミシ [続きを読む]
  • スカシコケガ
  • 2017年5月9日(火)スカシコケガ 撮影日:2012/07/07,10/05,2017/05/07 場所:勿来の関  ヒトリガ科コケガ亜科のスカシコケガを紹介します。 白っぽい地に黒や薄褐色の紋を持つ蛾が止まっています。太った人の外横線に見えるスカシコケガ。 目を近付けてみると白い翅の向こう側が微かに見える半透明です。 ですからスカシコケガと名付けられたのでしょう。 このスカシコケガの幼虫は名とは裏腹に苔 [続きを読む]
  • クロモンホソコヤガ
  • 2017年5月4日(木)クロモンホソコヤガ 撮影日:2017/05/04,2013/05/13,2011/05/26場所:勿来の関  ヤガ科ホソコヤガ亜科のクロモンホソコヤガを紹介します。 壁に小さくて紋がよく分からない蛾が止まっています。小さい蛾でしたが拡大するとハート紋(赤矢印)が現れたクロモンホソコヤガ。 パソコンで拡大してみると前翅外縁近くにハート紋があります。 このハート紋を手掛かりに調べることにしまし [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾②(2017)
  • 2017年5月1日(月)5月に見られた蛾②(2017) 撮影日:2017/05/07 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月7日に飛来した蛾です。①オオハガタナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)外縁に近い部分が歯の形に似ているのでオオハガタナミシャクと名付けられたのでしょう。ハガタナミシャクに似ていますが,オオが付くのに何故か小さいです。赤矢印で示した様に波形の紋様が並んでいる [続きを読む]
  • 4月下旬の植物②
  • 2017年5月6日(土)4月下旬の植物② 撮影日:2017/04/28〜04/30 場所:勿来の関・いわき市 今日,紹介するのは2017年4月28日〜4月30日に勿来の関で撮影した植物です。①ウワミズザクラ(バラ科ウワミズザクラ属)5月の連休の頃,白い穂状の花を見つたら柄に葉が付いているか確かめる必要があります。よく似たイヌザクラは花序の下に葉が無いからです。赤矢印と数字で示したように花序の下の柄に4枚も葉が付いています。この様に [続きを読む]
  • 5月に見られた蛾①(2017)
  • 2017年5月1日(月)5月に見られた蛾①(2017) 撮影日:2017/05/01,05/02 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年5月1日と5月2日に飛来した蛾です。①チャハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科)こちらは雄のチャハマキと分かります。それは,雌雄異形で雄にしかない前縁褶(赤矢印)が見られるからです。雌は前縁褶がありませんが,体が大きいです。②エグリヅマエダシャク(シャクガ科エダシャ [続きを読む]
  • テンヅマナミシャク
  • 2017年5月4日(木)テンヅマナミシャク 撮影日:2017/05/04,2013/05/13,2011/05/26場所:勿来の関  シャクガ科ナミシャク亜科のテンヅマナミシャクを紹介します。 壁に真っ黒く見えるナミシャク亜科の蛾が止まっています。よく見ると黒い中にも何本もの横線が走っているテンヅマナミシャク。 二重に見える外横線に波形の紋が見られるのでナミシャク亜科と分かりました。 あまり見掛けない蛾です。  [続きを読む]