itotonbosan さん プロフィール

  •  
itotonbosanさん: 北茨城 勿来周辺の生き物
ハンドル名itotonbosan さん
ブログタイトル北茨城 勿来周辺の生き物
ブログURLhttp://kitaibaraki987.blog.fc2.com/
サイト紹介文植物・昆虫・野鳥の観察から分かった多様性と生きる工夫を伝えたい。出会いから生まれた感動の記録です。
自由文ブログ同様,同名のホームヘージもご覧下さい。
http://itotonbosan.web.fc2.com/
植物図鑑には奇麗な写真が沢山あります。
蛾の図鑑には多様性に富んだ蛾が掲載されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/04/22 00:47

itotonbosan さんのブログ記事

  • モンムラサキクチバ
  • 2017年3月30日(木)1508 モンムラサキクチバ 撮影日:2013/05/11 場所:勿来の関  ヤガ科シタバガ亜科のモンムラサキクチバを紹介します。 前翅に木目の様な筋が沢山ある蛾が止まっています。青味を帯びた白紋の外に口ひげのような白筋があるモンムラサキクチバ。 モンシロムラサキクチバに似ています。 でも,モンムラサキクチバは青矢印で示した白い筋が不明瞭ではっきりしていません。アツバ類の [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑬
  • 2017年3月29日(水)7月に見られた蛾⑬ 撮影日:2016/07/10 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月10日に飛来した蛾です。①モンシロムラサキクチバ(ヤガ科シタバガ亜科)2016年7月に初めて見た蛾です。前翅後縁中央にある白い筋を手掛かりに探しました。モンムラサキクチバに似ています。②オオマダラウワバ(ヤガ科キンウワバ亜科)胸部背にある鶏冠のようなものと茶色の縁取りを [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑫
  • 2017年3月28日(火)7月に見られた蛾⑫ 撮影日:2016/07/08,07/09 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年7月8日と7月9日に飛来した蛾です。①オオウスベニトガリメイガ(メイガ科シマメイガ亜科)背の上にあるはずの触角が見えませんが小豆色と白い筋模様があればメイガ科です。前翅前縁の斑模様が綺麗です。後翅外縁にある白い縁毛が目に留まります。足を立てて上体を起こして止まる [続きを読む]
  • ヤマトマダラメイガ
  • 2017年3月27日(月)ヤマトマダラメイガ 撮影日:2016/07/11,2014/07/20 場所:勿来の関  メイガ科マダラメイガ亜科のヤマトマダラメイガを紹介します。 細長い灰色の蛾が止まっています。全体に黒ずんだ色ですが中頃にある白帯が目立つヤマトマダラメイガ。 触角を背にしているのでメイガ科・ツトガ科と分かります。 赤矢印の紋があってミカドマダラメイガに似ています。 しかし,青矢印から頭部ま [続きを読む]
  • 早春の植物②
  • 2017年3月26日(日)早春の植物② 撮影日:2017/03/20,03/26 場所:北茨城市  今日,紹介するのは2017年3月20日と3月26日に勿来の関で撮影した植物です。①キブシ(キブシ科)雄株と雌株に分かれています。雌株には緑色の球状の実がつきます。早春に薄黄色の花を房状につけるので目立ちます。②ヤシャブシ(カバノキ科ハンノキ属)赤矢印は去年の実です。冬期はこの暗褐色の実でヤシャブシと分かります。青 [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑪
  • 2017年3月23日(土)7月に見られた蛾⑪ 撮影日:2016/07/08 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月8日に飛来した蛾です。①コスジシロエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)前翅後翅にある3本の筋は白色というよりも薄褐色を帯びています。前翅後縁のふさふさした縁毛を手掛かりに同定しました。②ウスキモンアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)小さいけれど下唇鬚(かしんひげ)が前 [続きを読む]
  • エグリイチモジエダシャク
  • 2017年3月24日(金)1502 エグリイチモジエダシャク 撮影日:2016/07/08,2014/08/25,2012/05/09 場所:勿来の関  シャクガ科エダシャク亜科のエグリイチモジエダシャクを紹介します。 あまり見掛けない蛾が壁に止まっています。 胸部背には2つの黒点が並んでいます。外縁に沿って袋状のものが並んでいてナミシャク亜科を思わせるエグリイチモジエダシャク。でも,エダシャク亜科です。 前翅前縁の [続きを読む]
  • 3月に見られた蛾②
  • 2017年3月23日(木)3月に見られた蛾② 撮影日:2017/03/20〜03/23 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年3月20日〜3月23日に飛来した蛾です。①ヒゲマダラエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)コナラの幹に止まっていました。赤矢印の触角に斑模様があるので,ヒゲマダラエダシャクと呼ばれるのでしょう。この髭の部分を拡大したら糸状だったので雌だと思います。②ウスミドリコバ [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑩
  • 2017年3月22日(水)7月に見られた蛾⑩ 撮影日:2016/07/06,07/07 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月6日と7月7日に飛来した蛾です。①ウスキコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)薄褐色から茶褐色まであって個体差が大きいです。茶色の地に黒点や黒筋がある蛾です。頭部や触角が黒ずんでいます。②セスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)勿来の関周辺には食餌植物のアケビ・ミツバ [続きを読む]
  • 3月に見られた蛾①
  • 2017年3月21日(火)3月に見られた蛾① 撮影日:2017/03/21 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2017年3月21日飛来した蛾です。①カギモンヤガ(ヤガ科モンヤガ亜科)翅中央付近にあるにある黒い紋を鍵穴に見立ててカギモンヤガと名付けたのでしょう。黒い紋が似たものにカシワキリガが居ます。黒い紋と後縁の間に短黒条があるので区別は簡単です。②ヒロバトガリエダシャク(シャクガ科エ [続きを読む]
  • スジトビハマキ
  • 2017年3月20日(月)スジトビハマキ 撮影日:2016/07/07 場所:勿来の関  ハマキガ科ハマキガ亜科のスジトビハマキを紹介します。 少し大き目のハマキガ科の蛾が壁の低い所に止まっています。 全体に釣鐘型をしているのでハマキガ科と分かります。赤矢印の所にはアカトビハマキのように明瞭な薄褐色の縁取り線が無いスジトビハマキ。赤矢印の所から色が変わるので焦茶色の襟巻きをしているようなスジト [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑨
  • 2017年3月19日(日)7月に見られた蛾⑨ 撮影日:2016/07/05,07/06 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月5日と7月6日に飛来した蛾です。①ウストビモンナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)腹端を頭上まで上げて止まる蛾です。この蛾がナミシャク亜科であるとは,なかなか理解できないでいました。前縁から短冊形の紋が垂れ下がっている感じがします。その外側に青矢印で示した [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑧
  • 2017年3月16日(木)7月に見られた蛾⑧ 撮影日:2016/07/05,07/06 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月5日と7月6日に飛来した蛾です。①オオシロテンクチバ(ヤガ科シタバガ亜科)幼虫は勿来の関に普通に分布するニガイチゴやキイチゴの葉を食べます。シロテンクチバに似ていますが,白点の前翅前縁側が白味を帯びないのでオオシロテンクチバとしました。②フジフサキバガ(キバ [続きを読む]
  • アヤホソコヤガ
  • 2017年3月17日(金)アヤホソコヤガ 撮影日:2013/07/28,2012/05/21,2011/06/02 場所:勿来の関  ヤガ科ホソコヤガ亜科のアヤホソコヤガを紹介します。 灰褐色の小さい蛾が壁に止まっています。灰褐色の小さなアヤホソコヤガ。見やすくするため頭を上にしています。 ヤガ科の中では最小クラスで開張は11?です。 頭を下にして止まっていることが多いです。 前翅前縁に沿った部分の地色が灰色になっ [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑦
  • 2017年3月16日(木)7月に見られた蛾⑦ 撮影日:2016/07/04,07/05 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月4日と7月5日に飛来した蛾です。①カバイロモクメシャチホコ(シャチホコガ科)シャチホコガ科仲間でも腹端が外縁から出ない種のようです。前翅長が26〜30?と中型でも大きな蛾です。②クチバスズメ(スズメガ科)薄褐色の色調で落ち着きがあります。前翅後縁の後角付近に黒い紋 [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑥
  • 2017年3月15日(水)7月に見られた蛾⑥ 撮影日:2016/07/04 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月4日に飛来した蛾です。①ツマジロカラスヨトウ(ヤガ科カラスヨトウ亜科)翅頂付近が白いのでツマジロカラスヨトウと名付けられたのでしょう。内横線と外横線の間に白点が見られます。②リンゴコブガ(コブガ科コブガ亜科)前翅の表面が瘤(こぶ)のように凸凹しています。だから,コブ [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾⑤
  • 2017年3月14日(火)7月に見られた蛾⑤ 撮影日:2016/07/03,07/04 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月3日と7月4日に飛来した蛾です。①ホソナミアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)下唇鬚(かしんひげ)が目立つのでアツバの仲間であることが分かります。翅を広げると横に細長く見えます。それでホソナミアツバと名付けられたのでしょう。②キバラエダシャク(シャクガ科エダシャク [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾④
  • 2017年3月13日(月)7月に見られた蛾④ 撮影日:2016/07/03 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月3日に飛来した蛾です。①トビイロシマメイガ(メイガ科シマメイガ亜科)触角を背負い小豆色の地なのでメイガ科と予想がつきます。小さい蛾なのですが後翅にある紅色が鮮やかなのでついシャッターを押してしまいます。紅色も鮮やかですが,橙色の縁毛も綺麗です。②クワゴモドキシャ [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾③
  • 2017年3月12日(日)7月に見られた蛾③ 撮影日:2016/07/01,07/02 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月1日と7月2日に飛来した蛾です。①モンシロルリノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)触角を背負い黒い地に淡黄色の紋があるのでノメイガ亜科と分かります。後翅にある紋は前翅で少し隠され家の形に見えます。私はこの家の紋をポイントにして同定しています。②コエビガラスズメ( [続きを読む]
  • 早春の植物①
  • 2017年3月11日(土)早春の植物① 撮影日:2017/03/11 場所:北茨城市  今日,紹介するのは2017年3月11日に勿来の関や北茨城市で見られた植物です。①サンシュユ(ミズキ科)落葉小高木で普通3mになります。早春に,マンサクが咲く頃サンシュユも咲きます。葉が展開する前に小さな花が多数開花するので木全体が黄色に見えます。②ロウバイ(ロウバイ科)ロウ細工のような花を咲かせるのでロウバイと呼ばれま [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾②
  • 2017年3月10日(金)7月に見られた蛾② 撮影日:2016/07/02 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月2日に飛来した蛾です。①キマダラコウモリ(コウモリガ科)コウモリガと似た格好をしていますが,こちらは前翅に白い紋があるので区別がつきます。前脚・中足は大きく,後ろの足は小さく退化しています。白くて小さい卵を多数産みます。②セスジノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)触角 [続きを読む]
  • 7月に見られた蛾①
  • 2017年3月9日(木)7月に見られた蛾① 撮影日:2016/07/01 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月1日に飛来した蛾です。①クロテンカバアツバ(ヤガ科シタバガ亜科)前翅長7〜8?の小さい蛾です。翅全体に大小様々な黒点があります。前翅中央に(少し前縁に寄っていますが)大きな黒紋があります。②ミツボシキバガ(ミツボシキバガ科)前翅には3つの黒点があるので,ミツボシキバガと [続きを読む]
  • 8月に見られた蛾(22)
  • 2017年3月8日(水)8月に見られた蛾(22) 撮影日:2016/08/28 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年8月28日に飛来した蛾です。①フキトリバ(トリバガ科)翅の外側の方には青矢印で示した所に小黒点があります。それらは翅脈上にあるようです。更に翅中央付近に「>」の形に似た黒筋状の紋があります。名が示すように幼虫の食べものはフキ,オタカラコウ,ツワブキです。②コトビモンシ [続きを読む]
  • 8月に見られた蛾(21)
  • 2017年3月7日(火)8月に見られた蛾(21) 撮影日:2016/08/28〜08/31 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年8月28日〜8月31日に飛来した蛾です。①キミャクヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)2016年に初めて見ました。前翅長22?程の中くらいの蛾です。黄色の翅脈が目立つ素敵な蛾です。②アゲハモドキ(アゲハモドキガ科)灯火に飛来したチョウと間違えそうな蛾です。チョウの触角は先がこん [続きを読む]
  • 8月に見られた蛾⑳
  • 2017年3月6日(月)8月に見られた蛾⑳ 撮影日:2016/08/29 場所:勿来の関  今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年8月29日に飛来した蛾です。①アミメマドガ(マドガ科アカジママドガ亜科)網目模様が奇麗な蛾です。外縁線から縁毛までの模様も綺麗です。マドガ科は頭部を起こして止まる習性があるようです。②クルマスズメ(スズメガ科)前翅に見られる茶色の太い横線が同定ポイントになっています。内 [続きを読む]