NPOあめんど さん プロフィール

  •  
NPOあめんどさん: あめんどだより
ハンドル名NPOあめんど さん
ブログタイトルあめんどだより
ブログURLhttp://amendo.shiga-saku.net/
サイト紹介文「親が安心・子も安心」滋賀県大津市で活動する親子の学び舎、NPOあめんどの様子をお伝えします。
自由文NPOあめんどは参加者のニーズを優先してサービス提供する特定非営利活動法人です。子どもから大人まで、家庭・教育・子育てのために安心できる支援環境を拡げたいと願っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/04/23 16:42

NPOあめんど さんのブログ記事

  • ビッグなダディーにしてくれ
  •   「思い出写真」という取り組みを昨年度から始めて2年目。今年は赤い羽根共同募金 「滋賀のまちを良くするしくみ」助成事業として援助を頂いております。大津市社会福祉協議会様、どうもありがとうございます!  毎週のトワイライトステイに加えて、参加児童の体験を補うためのプログラムで年4回の活動を計画しています。第1回目は『家族でお出かけ』みたいな。行き先は池田市(大阪府)にある「インスタントラーメン発明記 [続きを読む]
  • スピリットを共有する仲間
  •   WAM助成事業報告会が終わりました。参加して下さった皆様にお礼申し上げます。ここにいる人々はどなたも良い人だなぁ。大津市社協の皆さん、会議が控えてるのに最後までいてくれました。質疑応答では応援の言葉を数多く頂きました。本当にありがとうございます。実はうちのスタッフみんな自信のないものばかりで、なるべく人目につかないようにやってまいりました。自称「引きこもりNPO法人」です。それが若者に「引きこもって [続きを読む]
  • 心が温かくなる居場所
  •   とりあえずは隔週水曜日で活動する渋川子どもの居場所(草津市)。第7回目にしてまだ正式名称を決めていないユルユルさ。  これまでは福複センターの一室を利用させてもらってましたが、今回は 出会いの広場 さんで活動です。ここは雰囲気がすごくいい。入口から明るい。透明性がある。そこで働くスタッフが素晴らしい。利用者がこの場所を誇りにしている。愛している。  参加している女の子たちは小学校卒業なの [続きを読む]
  • バーバ・ババ…抜き
  •   トワイライトステイでは子ども達のわがまま的マイルールから新しい遊びが生まれます。「トランプしよう」って事になったのですが、S君はババ抜きしか知らない。ずーっとババ抜きが続きましたが途中から「ババもうい一枚入れよう」と無茶ぶり。「そんなん勝敗つかへんやん」と大人は普通に考えます。ババは揃っても捨てられないルールにすればどうだろう?そしたらこれが面白い!最後になると3枚の手札の内2枚はババです。な [続きを読む]
  • 瀬田商工会女性部、頑張れ!
  •   今年1月よりスタートした「瀬田こどもCafé」ですが、第二回目は「まんぷく日和」のイベントに参加してPR活動です。第一回目では小学校でチラシを配布してもらいましたがもっと認知してもらいたい。そんなわけでカレー屋さんの出店です。  場所は建部大社の境内、夜はライトアップコンサートで雰囲気よろし。瀬田レンジャーのレッドとグリーンが小学生相手に体をはった大サービス。朝からずーっとらしい。頭下がります。 [続きを読む]
  • 伝説の男、再び
  •   最近、嬉しい事がありました。2009-2011年にフリースクール「まやっか学園」で学んでいた生徒から連絡があったのです。これまであめんどは個性豊かな子ども達と出会ってきましたが、彼こそが私たちの間で『伝説』となった児童でした。あんな大物は今後現れるかどうか。元気で何より、また会いたいです。日本フィンランド学校(大津市新免)で保育園をフリースクールをしていました。  その伝説の男からのメールです。相変わら [続きを読む]
  • 頭に知識を、腹には飯を
  •   最近のチューター付学習室では夜食のサービスがあります。今月から始まった金曜トワイライトステイのお裾わけ。といっても大ボリュームの煮込みハンバーグ丼。爆盛りテロリストの小原さん曰く、「少なくしときました」だとか。しっかり食べて頑張れ受験生!  さて、今日が公立高校の合格発表です。ん?電話が…。Mちゃん、Hちゃん、希望校に受かったー‼ おめでとうございます。!(^^)! [続きを読む]
  • 寝覚めの悪いカエル
  • 「あぐりかろう」農業体験合宿!(三重県名張市)土耕してたら冬眠中のカエル起こしてしまいました。土の布団を引き剥がされて不機嫌そう。雨が降ってきたので大急ぎでマルチ張ります。選定後の枝集め、クタクタだぁー! [続きを読む]
  • あぐりかろう、気分良かろう、がんばろう!
  •   「あぐりかろう」農業体験合宿(WAM助成事業)で三重県名張市に来ています。あちらこちら梅の花が咲き始め春の予感がします。ドライブ中は少し窓を開けて太陽と風を肌で感じるといい気分です。澄んだ空、日の傾き、土の匂い、そよ風の音。農作業をしながら、生きている実感を分かち合う若者たちなのでした。(…あ、今日結婚記念日だ。) [続きを読む]
  • 心の色を映す紙皿アート
  •   3月度リフッレッシュあめんど「アートな絵皿づくり」ではatelier タッチの疋田ゆかりさんを講師にお迎えしました。「出会いの広場」で活動している様子と作品を見て「臨床美術、これいいな。うちにもぜひ来ていただこう」と思いました。参加した子ども達とじっくり関わっていただき、和やかで有意義な時間となりみんな満足そうでした。参加者の児童は9名、大人達も混じって。隣では母親サロンやってます。 良い先生は子 [続きを読む]
  • 八朔ピールあります
  •   若者就労準備支援「あぐりかろう」は乾燥野菜だけじゃありません。ドライフルーツもやってます。八朔ピール(皮)は季節限定でちまたで少しずつ売れてます。チョコがけを復活してくれたのはとても嬉しい。八朔ジャム(果実)も大人気で量産にトライです。https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=425606537777184&id=100009835247762お菓子づくりが好きな女の子、手伝いに来て〜。 [続きを読む]
  • お世話トランプ
  •   今年1月に始まった「子どもの居場所」も5回目となりました。まだこの集まりの名称も決まっていません。それどころか子ども達にスタッフの名前すらも覚えてもらっていない。来週はお互いの名前を覚えて呼び合うゲームを考えよう。  でもこんなゆるーい居場所を楽しみに待っていてくれる。充実した時間だと思っていてくれる。嬉しいなぁ。  今のところ女の子だけなので折り紙、ミサンガ、お菓子作りなど、キャピキャピ(ひょ [続きを読む]
  • シャリレシピに挑戦
  •   あめんどサポーターの木下さん(寿司店経営)より「シャリカレーや焼き飯にもいいですよ」と酢飯を頂戴しました。今日の調理担当スタッフ松本さんにお任せ。出てきたのはオムライス!酢飯+トマトピューレでオムシャリライス。さらにもう一工夫してドライカレー風のオムシャリライスも完成。うん、美味しい!男の子は2種類とも食べましたね。おいおい、ケチャップかけ過ぎなのは誰? [続きを読む]
  • 巧みに行う人材育成
  •   本日、地域共生型社会推進活動助成事業中間報告会・学習会ー!って漢字が続きましたが、就労体験のレポートと人材育成のお話を聞きました。  1Fではリフレッシュあめんどの「お片づけ講座」、2Fでは「母親サロン」を並行して開催中。私達は乾燥加工室に会場をこしらえてスタッフはそれぞれに分散。こうなってしまったのは私のスケジュール調整ミスなのです。ご迷惑おかけしました。  講師に島津プレシジョンテクノロ [続きを読む]
  • 攻めて遊びを面白く
  • 毎週火曜日のトワイライトステイはプログラムが決まっていません。子ども達は自由な時間を過ごします。同じ遊びを繰り返していたらいつか飽きてしまう。もっと他に遊び道具はないものか?ちょっと待った!まだまだそのおもちゃやゲームで楽しく遊べるぞ。例えば、火曜日とは別の子どもの居場所でヒマなおじさんとお兄さんがはじめた遊び。「ジェンガ・オン・ザ・ザブトン」 難易度★★★★★これはたった2ターンで決着がついてし [続きを読む]
  • 豆腐で仕上げる課外授業
  •  『僕らが主役の課外授業 〜大豆で食育〜』 (げんさん食育NPO基金助成)もいよいよ大詰め。最後は豆腐作りに挑戦です。講師は大原・水のプロジェクト実行委員会代表の安田真さんです。  畑作りから、草抜き、収穫まで。自分たちで育てた大豆があの豆腐になるなんて!ワクワクします。  大豆をミキサーにかけて  それをお鍋で温めます。焦げないようにね。  袋に入れてグイグイ搾ると  おからと豆乳に [続きを読む]
  • 瀬田こどもCafé 始動!
  •   1月21日(土)16:00−19:00、瀬田南市民センターにて第一回目の子ども食堂が行われました。やがては毎日気楽に立ち寄れるこどもの居場所Café になったらいいなぁという思いが込められています。瀬田商工会女性部の声掛けで地域の各協議会、小学校、NPO法人、ボランティア大学生の協力で実現しました。対象年齢を小学生3〜6年生に限定して15名の子ども達が集いました。子どもはもちろん大人も一緒に楽し [続きを読む]
  • 他者を尊重しているか?
  •   第二回 発達障がいの支援者学習会のご報告です。  「対等で安心できる関係を築くために知っておきたい事」と題して、臨床心理士の小川素子さんから学びました。お話は人権の理解から始まって、  ① 誰もが安全を保証されるべき事  ② そしてお互いを尊重して境界線(バウンダリー)を侵害しない、或いはされない事  ③ そのために自分の思っている事を正しい方法で表現したり、伝えたり(アサーション)出来るようになる [続きを読む]