B767-281 さん プロフィール

  •  
B767-281さん: B767-281のブログ
ハンドル名B767-281 さん
ブログタイトルB767-281のブログ
ブログURLhttp://b767-281.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文1972年頃から撮りためてきた鉄道、あるいは航空機の写真を紹介しているサイトです。
自由文これまで撮りダメてきた鉄道、あるいは航空機の写真をそれぞれの時代に関連づけて並べると、編成の変化、形態の変化などの意味が見えてきます。このblogはそう言った目的で書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/04/24 09:35

B767-281 さんのブログ記事

  • 大井川鐵道 元南海21000系
  • 再び、大井川鐡道の現行の電車シリーズです。今回は元南海21000系電車です。1976/3 新今宮駅に入線する高野線急行運用の21000系 パンタは2個モハ21001-モハ21100-モハ21100-モハ21001の全電動車方式による4両編成で1958年から1964年にかけて帝国車輛工業で8編成32両が新製されました。2017/3/11 千頭 21003-210042扉17m、準張殻構造で車体裾にに丸みが付けられ「丸ズーム」との愛称が与えられました。2017/3/12 金谷 大井川 [続きを読む]
  • 2017年3月25日 西武鉄道ダイヤ改正の話題 その2
  • 昨日に続いて西武鉄道ダイヤ改正の話題、もう一つは東村山駅のホーム使用変更の件です。西武新宿線では野方駅〜新井薬師駅周辺で連続地下化工事、東村山駅周辺で連続立体交差化工事が進行中であり、拙Blogでも過去に何回かその進捗状況をリポートしてきました。25日土曜日、西所沢からの帰路、東村山の様子、ホーム使用の変化を観察しましたのでレポートします。2017/3/25 東村山この写真が3月25日からのホーム使用の変化を一番良 [続きを読む]
  • 2017年3月25日 西武鉄道ダイヤ改正の話題 その1
  • 拙Blogでは大井川鐵道の記事が続いていますが、2017年3月25日、土曜日西武鉄道はダイヤ改正を行い、有料座席指定列車S-TRAINをデビューさせました。わたしも早速、40000系で運行されるS-Tainを撮影しに西所沢まで足を伸ばしました。今回のダイヤ改正内容が収録されている第27号の西武時刻表1979年でしたか、第1号の時刻表を購入し、その後は遠ざかっておりましたが昨年の26号から再び購入することにしました。新造車両40000系によ [続きを読む]
  • 大井川鐵道 元東急7200系
  • 3月10日から12日にかけて千頭、川根両国駅を中心に開催された「SLフェスタ」に参加するため、初めて大井川鐵道を訪れ、現地からのレポートに続き、井川線の乗車体験を記事にしてきました。あと少し大井川鐵道関連の記事を続けたく思います。今回の記事では最初に乗車した7200系について触れようと思います。2015/2/14 電車とバスの博物館 歴史展示1967年から1972年にかけて53両が導入されました。もともと1962年から東急では東横 [続きを読む]
  • 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-2 川根両国駅
  • 千頭駅を出発した列車はおよそ4分ほどで川根両国駅に到着します。この間に列車内では車掌がドアは手動で開けること、開けたドアは車掌が外から閉めて回ること、車内の機器にみだりに触れないこと、主な駅の到着予定時刻などをアナウンスします。2017/3/11千頭-(1.1km)-川根両国所在地は静岡県榛原郡川根本町千頭、開業は1959年8月1日です。井川線のホームは車両が小さいため高さが低く。路面電車の停留場のような感じです。両国乗 [続きを読む]
  • 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-1 千頭駅
  • 前回の記事までで大井川鐵道、井川線で活躍している車両を紹介しました。今回からは井川線千頭〜井川までの駅、風景を紹介したく思います。2017/3/11 最初は千頭駅です。所在地は静岡県榛原郡川根本町千頭1216-5 です。海抜は299.8mです。開業は1931年12月1日でした。右手に見える頭端式ホームの大井川本線千頭駅と井川線千頭駅のホームはこの写真のような連絡改札口で段差なしに繋がっています。大井川本線が1〜4番線、6番線を [続きを読む]
  • 大井川鐡道井川線に乗って その4 貨車について
  • 大井川鐵道井川線の車両に関する紹介、最後は貨車です。2017/3/11 千頭 会場マップとイベントスケジュール貨車に関しては千頭駅と川根両国駅の間に何両か貨車が纏めて停まっているのが見えたのですが、動いている車内から撮影は難しく、上の写真のイベントマップにある「お絵かきかしゃ」でキャンバスの役割を果たしていたcワフ0形cワフ1,4の写真を撮ったに留まりました。イベントの時間には白墨でしょうか、貨車の車体に思 [続きを読む]
  • 大井川鐡道井川線に乗って その3 客車・制御客車について-3
  • 大井川鐡道井川線の客車、今回は残るスハフ500形、クハ600形について触れます。スロフ300形の増備後も観光客の増加は止まらず、多客時にはcトキ200形などの貨車を連結し、そのまま乗客を乗せたそうです。貨車にポールを立て、屋根シートをかぶせて対処したモノの、さすがにそれではまずいということで1972年に増備されたのが、スハフ500形でした。cトキ200形の改造で当初は無蓋車に屋根と外板を取り付けたものにベンチを外向きに [続きを読む]
  • 大井川鐡道井川線に乗って その3 客車・制御客車について-2
  • 大井川鐡道井川線の客車、スロフ1形、スハフ1形、スロニ200形、スロフ300形、スハフ500形、クハ600形のうち、スロニ200形とスロフ300形について触れます。スロニ200形は中部電力の専用線から大井川鉄道井川線になってからの初めての増備車で、観光鉄道として急増する登山客に対応する目的で1961年に日本車輛製造でcトキ200形の台車などを利用して、2両が製造されました。車両定員 42名 座席28名 荷物スペー [続きを読む]
  • 大井川鐡道井川線に乗って その3 客車・制御客車について-1
  • 大井川鐡道井川線の話題、3回目は客車編です。井川線の客車には登場順にスロフ1形、スハフ1形、スロニ200形、スロフ300形、スハフ500形、そしてアプト式区間が設定されたことでクハ600形が登場しました。中部電力専用鉄道時代には7両の客車が活躍していました。今回はこの7両について触れます。スロフ1形 (一等車扱い)1953年 帝国車輛工業製  スロフ1,2 来客輸送用 1990年廃車 cスロフ1が新金谷のプラザロコに展示 [続きを読む]
  • 大井川鐡道井川線に乗って その1 ディーゼル機関車について
  • 速報記事で報告の通り、3月11日、12日の2日間、千頭、川根両国を中心に開催された「SLフェスタin 千頭」に参加するため初めて大井川鐡道を訪問し、大井川本線、井川線に乗り、撮影し、無事帰還しました。今回から数回に渡り、速報版では報告しきれなかった、井川線の様子を報告します。井川線は、1935年3月20日に専用鉄道として開業し、千頭から井川までの25.5km、高低差400mを登っており、軌間は大井川本線との貨車の直通のため [続きを読む]
  • 昭和61年初場所初日観戦の思い出 その1
  • 大相撲初場所で大関稀勢の里が優勝、場所後の1月23日第72代横綱に推挙され、綱打ち、1月27日明治神宮での奉納土俵入り、さらに2月9日茨城県民栄誉賞贈呈、2月18日には地元牛久市でのパレード、さらに3月4日には大阪住吉大社での4横綱揃っての奉納土俵入りなどがあり、いよいよ3月12日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館の愛称が2015年9月1日からネーミングライツでこうなったそうです)で3月場所が幕を開けます。1986/1/1 [続きを読む]
  • 常磐線 水戸〜平間開業120周年
  • 3月3日金曜日、荒川沖から友部へ向かう際に中線にE657系K15編成が停車しておりました。2017/3/3ダイヤ改正を翌日に控えた動きかなと思って車体をよく見ると側面に大きな120と図案化されたステッカーが付いています。常磐線開通120周年は既に昨年12月に終わったのではと思いましたが、よく見ると水戸〜いわきとあります。調べてみると水戸から北へ伸びた線路を磐城線と言い、1897年2月25日に水戸〜平間が開業したのですね。それに伴 [続きを読む]
  • 西武新宿線 沼袋と東村山 その後 
  • 西武新宿線では東京都が定めた鉄道連続立体交差化工事の一環として中井〜野方の連続立体交差化工事と東村山付近の連続立体交差化工事がたけなわです。1.沼袋駅の状況2017/3/4 沼袋駅 野方方向の渡り線ポイント中井〜野方間では沼袋駅の工事の進捗状況をこれまで2016年12月18日時点、2017年1月30日時点で報告して来ました。先週末の3月4日に観察したところでは、既に追い越し線一本化のために、下り側(野方側)の渡り線ポイント [続きを読む]
  • 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 10 20000系
  • 新形式70000系の登場で終焉を迎えようとしている20000系が登場したのは1988年1月でした。20000系が登場するまでの東武側からの日比谷線乗り入れ車輌はこの写真(2015年の東武ファンフェスタで展示写真)の2000系でした。私も高校時代、東急東横線にお世話になっていたので何度か乗車経験がありました。20000系の営業開始は1988年3月25日で、東武初の軽量ステンレス構体を持ち、AFE(自動界磁励磁制御、Automatic Field Excite Cont [続きを読む]
  • 富士急電車まつり2016 その3 クモハ169-27
  • 2016年11月12日、好天の中、下吉田駅、富士山駅(電車修理工場)、河口湖駅の3会場で開催された「富士急電車まつり 2016」、トピックその3は下吉田駅横に展示されているクモハ169-27のカットボディです。2016/11/12 下吉田富士急行では先の記事で紹介したように165系改造のフジサン特急2000形を運転していた際に、部品取り用としてクモハ169形を1両、富士山駅に留置していました。2000形の引退でその必要が無くなり、カットボ [続きを読む]
  • 西武線各駅探訪 11 本川越駅
  • 前回のこのシリーズは西武秩父駅でした、今回は西武新宿線の終点、本川越駅です。2017/1/21駅名に「時の鐘と蔵のまち」が追加されたのは2012年10月20日からでした。所在地は埼玉県川越市新富町一丁目22 です。1895年3月21日に、川越鉄道の川越駅として開業しました。川越市内の3駅では最も古くからある駅です。1940年7月22日に国鉄川越線が開業した際に名称を本川越に改めました。元々、小川駅の記事でも記述しましたが川越鉄道は [続きを読む]
  • 烏山線キハ40形 お疲れ様でした。
  • 2014年3月15日のダイヤ改正でJR東日本は烏山線に一般型直流用蓄電池駆動電車EV-E301系を1編成投入し、架線のある区間で充電し、宝積寺〜烏山の非電化区間では蓄電池に蓄えられた電気で走行する方式での運行を行って来ました(関連記事)。あれから3年弱、その間の2015年5月21日にはEV-E301系に対して鉄道友の会から「ローレル賞」も授けられ、導入の効果が認められたのでしょう。2017年3月4日のダイヤ改正では従来から走るキハ40形 [続きを読む]