ももじゅん さん プロフィール

  •  
ももじゅんさん: ももじゅんの「韓流と日本の日々」
ハンドル名ももじゅん さん
ブログタイトルももじゅんの「韓流と日本の日々」
ブログURLhttps://ameblo.jp/momojun789/
サイト紹介文桑田佳祐や、山口百恵、和食や日本酒、旅行、韓流スターなど、自分なりの視点で旬な話題をお知らせします。
自由文日本のことを通して、性別・国籍・年齢などにかかわらず、素敵なひとたちに巡り会いたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/04/24 17:07

ももじゅん さんのブログ記事

  • ちょっと、似てない?石原裕次郎とユチョン!
  • いま、歌番組を見ていたら、石原裕次郎の表情が、誰かもこんな表情していたなと思ったそうだ!ユチョンだ誰か同じような意見でも、いやそうじゃない、とか、コメントあったら頂戴ねいままでそんなふうに思ったことはなかったのだけど。映像をたまたまテレビで見ていたら、気がついた。ユチョンは、いままだ公益中で、あのスキャンダルぷらす結婚のことで、ユチョンぺんは大揺れだと思うが、、、 [続きを読む]
  • いまから、シネマート新宿で古家さんトークスタート
  • 古家さん、登場しました!古家さんいわく、僕がナムギルさんの役だったら、ミソにどうしたかな?先日のイベントで、偶然にトイレでいっしょになったそうです。いろんなものを背負いながら、どういう演技をするのかな?と思ってましたが、ナムギルの背中の演技がよかった、と映画についてナムギルに言ったことがあるそうです。それを聞いて、ナムギルはとても喜んでいたとのこと今日の最新ニュースです東京、大阪のシネマートで、 [続きを読む]
  • ”カン・ヒボン氏講演会後記”
  • カン・ヒボン先生の大阪講演会の模様を、臨場感溢れる写真をのせて、ピダコさんが報告してます東京から新幹線で、早朝から深夜まで韓流モードに浸りまくった我が友人グループ3人も、楽しくて、話が雑談に至るまで、ワクワクして、より元気になったそうです。そういう私も、ハードな時間でしたが、疲れませんでした [続きを読む]
  • 7/1、7/2 カン・ヒボン大阪講演会無事終了の巻!
  • 講演会後の懇親会会場前(韓国料理店アリラン)で参加者の方と原文は漢文で書かれているという『朝鮮王朝実録』から生まれた、初期の韓国歴史ドラマ「龍の涙」「王と妃」「女人天下」などヒボン先生の講義によると、日本は大河ドラマはわりと史実にた忠実に演出するが、韓国はドラマを面白くするために、フィクションを盛るパーセンテージが高いそうだドラマの制作の仕方にも、日本と韓国の違いを分りやすく、面白く、ときにはア [続きを読む]
  • 新しい私に出会う、三菱1号館美術館
  • ちょっとしたコーナーに置かれたこのふたつの絵は、ミケランジェロとダ・ビンチの違いも見てとれる、展覧会のなかでも印象に残った絵だった展覧会を巡る途中、窓からの景色を、椅子に座って眺めたときが、いちばん絵画を感じたひととき。緑が深い木々の間に、チラッと見える赤が、命の息吹きを感じさせてくれて、小気味よかったこの通好みの展覧会は、デッサンなどを実際に日頃やっているひとには、とても興味深いかもしれないが [続きを読む]
  • 2017年7月7日(金曜日)18時半、国立能楽堂でお能への誘い!
  • 梅若紀章presents 能で伝える日本の心第2回 文化と出会うまちづくり昨年も友人数人で鑑賞しました お能鑑賞はじめての方や初心者が楽しむための、一流の先生方のトーク付きと能鑑賞の夕べです。楽しく、わかりやすく、興味を刺激された、とてもいいイベントでしたお申し込みはメールでinfo@umewakainternational.com国立能楽堂はこちらをももじゅんは、この国立能楽堂の建築や佇まいが大好きです一見の価値、じゅうぶんにありま [続きを読む]
  • 歌舞伎十八番『毛抜』を鑑賞!
  • 歌舞伎十八番とは、いまの市川海老蔵さんの先祖で、七代目市川團十郎さんがまとめた伝統演目と、はじめて知りました『勧進帳』『助六』など 中村隼人さんの解説付きイケメンの若手を前面に出して、歌舞伎鑑賞も粋な計らいか出演もされてました!ほんの一瞬ですが、スマホ??タイムのサービスも!歌舞伎見たよとタグお願いと(笑)今年4月から、大学で和の伝統文化コースをとって、学びなおしていますそのスクーリング授業のひと [続きを読む]
  • 今日の午後3時の新大久保
  • 新大久保で、G2BというK-POPの3人グループとそのマネージャーから声をかけられて、以下のようなチラシを手渡された2週間前に日本に来たばかりで、これから日本で活動をすると言う新大久保は、チーズタッカルビとともに、また新K-POP黒船が押し寄せてくるのだろうか?中国がだめなら、また日本があるさって訳か???G2Bはこちらをご覧ください [続きを読む]
  • カフェレジャン珈琲舎のだ(博多)で、一服
  • 博多から東京へ帰る折りに、少し時間があったので、博多駅阪急デパートのインフォメーションのおねえちゃん聞いたところ、のだ珈琲舎をすすめてくれたのだ長時間電車でいくときの休憩に、このような落ち着いた空間と、ゆったりと座り心地のよいソファ、美味しい?は、生きかえったような気持ちになり、、、念仏のひとつも唱えたくなる!カフェレジャン珈琲舎のだ [続きを読む]