阿吽倶流(アンクル) さん プロフィール

  •  
阿吽倶流(アンクル)さん: 阿吽倶流の彷徨い日記
ハンドル名阿吽倶流(アンクル) さん
ブログタイトル阿吽倶流の彷徨い日記
ブログURLhttp://anku-samayoi.jugem.jp/
サイト紹介文昭和のおじさんの車中泊、冒険旅行の日記です。
自由文昭和のおじさんが車中泊しながら日本を旅する冒険物語です。或る時は砂浜にタイヤを取られ、また或る時は落雷、土砂降りの中で就寝、そして木曽谷では氷点下でフロントが凍りつくなど、何があるか判らない旅を楽しんでいるのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/04/26 13:17

阿吽倶流(アンクル) さんのブログ記事

  • 鶴岡駅から羽黒山へ
  •   ◎クラゲドリーム館で満足した後は、鶴岡駅にやって来ました。今回のサブタイトルになる奥尻島と山の旅ですから、先ずは最初の山になる場所に行きます。それは鶴岡から近い羽黒山でありますが、ここは出羽三山の月山神社、湯殿山神社、出羽神社の三山神社... [続きを読む]
  • クラゲの演出が上手い
  •   ◎行くところクラゲばかりで少々飽きてきたところで、またまた憎い演出があり観覧者を飽きさせません。先に行くともっと暗くなり、何やらカップルが良からに事を。は・見過ごして通り過ぎますが、何の演出かと言いますと発光するクラゲのコーナーになって... [続きを読む]
  • クラゲ展示館
  •   ◎さてクラゲ展示館に入って来ましたが、とにかく暗くてクラゲ水槽を良く見せる仕掛けになっています。観るには良いのですが写真を撮るには苦労しますが、何とか息を止めてがんばりました。こんなに大量のクラゲを見るのも初めてだし、種類の多さにも驚き... [続きを読む]
  • クラゲドリーム館
  •   ◎加茂水族館に着きましたので、無料駐車場に車を止めて入口まで移動。大きなクラゲの看板と位置情報の案内があり、少し高くなった場所に水族館のゲートがあります。大人一人1000円ですが高齢者割引などは特に無く、団体だけが割引の対象でしたので1000円... [続きを読む]
  • あつみ温泉は通過
  •   ◎鼠ヶ関からさらに国道を走ると道の駅あつみ温泉に来ました。ここは半島のような場所で海に突き出た道の駅で、鼠ヶ関から見えた岬かも知れません。実はこのあたりの道は仕事の関係でよく利用していて、この道の駅は何度も訪れているので常連のようなもの... [続きを読む]
  • 鼠ヶ関マリーナ
  •   ◎日本海側をさらに北上を続けると、鼠ヶ関と言う鼠が地名にある場所がありました。海岸に出てみると瀬波海岸では先に見えていた粟島が、今度は後方に見えているので走行距離を感じます。粟島へGO!と調べてみましたら粟島には、通り過ぎた村上辺りからフェ... [続きを読む]
  • 道の駅、朝日
  • ◎三面ダムから同じ道を戻り、道の駅朝日という所に来ました。道の駅情報を見るとここに温泉があると言うので、瀬波温泉で一番風呂に入れなかったリベンジです。ここのサブタイトルはまほろばですが、朝日まほろば温泉が併設されたリゾートを兼... [続きを読む]
  • 三面ダム
  •   ◎細い林道を登って行くと視界が開け、そこに三面ダムが表れました。川の広さから言ってもそんなに大きなダムではありませんが、下に発電施設があるので水力発電ダムですね。それにしてもさっきからすれ違う車も無く、こんな場所で車が故障したら大変です... [続きを読む]
  • 三面川を遡る
  •   ◎瀬波温泉で日帰り湯を検索したら瀬波温泉龍泉がヒットしたので、早速午前10時過ぎたので一番風呂と思いました。着いた所がこの有様で、何んと休館になっていました。設備のメンテか修理でお休みと言う事ですから、温泉に入るには早すぎたので少し後にし... [続きを読む]
  • 瀬波海岸から粟島が
  •   ◎瀬波の温泉街を抜けると海水浴の出来る瀬波海岸があり、昨日からの曇天の雲がとれて青空が広がって来ました。まだ海水浴には早い時期なので、ここを訪れる人も無く静かです。窓を開けてエンジンを切ると、潮騒が聞こえて来て何んと癒されることでしょう... [続きを読む]
  • 村上駅に来ました
  •   ◎次は道の駅神林ですがサブタイトルが穂波の里とあり、いかにも米処の新潟を象徴している名前です。ここの古民家風の食事処では、蕎麦も美味しいですが御飯物も美味しいのです。何と言ってもここのブランド米は、岩船米という美味しいコシヒカリですから... [続きを読む]
  • 道の駅、胎内
  •   ◎新発田を出るとちょうど朝ドラの時間で、道の駅胎内(たいない)がありました。朝食と朝ドラを兼ねてここで休憩する事に、駐車場でテレビを見て朝食をしました。胎内と言う変わった名前は仏教の胎内くぐりから来た言葉で、胎内川が流れているのでこの地名... [続きを読む]
  • 新発田周辺
  •   ◎新発田城の周辺を廻り自衛隊を見て、またお城の公園に戻ってきました。新発田城本丸表門がありましたが、鎖が掛って入れません。この堀は形だけで大部分が埋められたようで、この公園のところだけあるようです。いちおう周辺は車で廻れますが、後ろはほ... [続きを読む]
  • 新潟、新発田城
  •   ◎新潟で最初に出会ったのは新発田城の看板で、吸い込まれるように足が向いてしまいました。曇ってはいましたがわりと爽やかな朝で、この広場でも朝の散歩や犬の運動などの人が居ました。わたしの旅でどれだけの城に行ったのか、思い出せるだけでもかなり... [続きを読む]
  • 湯野上温泉駅
  •   ◎大内宿にアクセスする電車の観光客は、この湯野上温泉駅から行くのです。これがまた鉄道の駅舎としては唯一の茅葺屋根で、見るからに大内宿を連想させる建物です。電車の本数が少ないのでお客さんも少なくて、ここは観光バスの訪問者が圧倒的なのでしょ... [続きを読む]
  • 高台からの大内宿
  •   ◎メインの大通りの突き当たりに階段があり、階段の上には神社がありました。通りの真ん中にあったのが氏神様だったら、こちらは山の神なんでしょうか。その高台から町の通りが一望できる場所があり、大内宿の紹介ポスターなどで見るあの景色が広がってい... [続きを読む]
  • 会津大内宿
  •   ◎会津大内宿はこの道を通る度に寄りますが、こんな山奥で駐車料金を取るのが気に入らず、いつも農道に駐車し歩いて行きました。でも今回は有料のものは料金を払う旅ですので、旅のはじめ一号で駐車料金を払いました。相変わらずの大内宿の風景ですが、今... [続きを読む]
  • 湯西川で軌道修正
  •   ◎湯西川温泉郷を過ぎて水の郷という施設があり、ここでも休憩をしたのですが広い場所でした。大きな水車が廻っていて、中には食事処や土産店がありました。湯西川の道の駅より大きいくらいです。広い駐車場の中ほどに吊橋があり、橋の向こう側に温泉地が... [続きを読む]
  • 日光から湯西川へ
  •   ◎この道には日光猿軍団があり、一時閉館しましたがまた復活したそうです。あの猿回しの村崎太郎さんが間中敏雄校長の後継者として引き継がれ、またあの楽しいお猿の学校が見られるようです。小雨の降る中を鬼怒川川治温泉郷に来ましたが、あの水害が思い... [続きを読む]
  • 渡良瀬渓谷を抜けて
  •   ◎次の道の駅はくろほね・やまびこ、山の中なので雨が降り出しました。このへんの道のりは以前の佐渡リアス偏と重複しますので、詳しくはそちらを御覧頂きたいと思います。どうしても山地の方は雲が出やすく、平地が曇りでも山道は雨になる傾向があります... [続きを読む]
  • 2017新しい旅の始まり
  •   ◎さあ出発は曇り空で雨が降りそうですが、天気予報では夜までは降らないようです。梅雨入りしてからの出発ですから、多少の雨は覚悟しています。埼玉県の加須市あたりは田植えも終わり。稲もだいぶ育って来ました。この時期に明るくなって家を出ると、世... [続きを読む]