けんいち さん プロフィール

  •  
けんいちさん: プラスサイエンス 〜 科学が気になるアナタのために
ハンドル名けんいち さん
ブログタイトルプラスサイエンス 〜 科学が気になるアナタのために
ブログURLhttp://ameblo.jp/plus-science/
サイト紹介文理系大学教員のブログです。脳科学を中心とした科学ニュースを分かりやすくご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/04/26 14:50

けんいち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 暑くなると卵にさえずりかける鳥
  • キンカチョウという鳥をご存知でしょうか?大きさとしては、スズメをちょっと小さくした感じオーストラリアでは、日本のスズメのように普通に飛び回っているそうです子猫のような鳴き声も人気とか写真や鳴き声の動画、それから、飼い方は、こちら↓↓↓をご覧下さいな、鳴き声がたまらんっ ♪ 【キンカチョウ】 の飼い方(NAVERまとめ)この度、オーストラリアの研究者がキンカチョウを使った実験でおもしろい発見をしました卵を温 [続きを読む]
  • 高校の出張講義などもお引き受けしています
  • 高校などでの出張講義というか、出張授業もお引き受けしています科学に親しんでもらう活動の一環として内容は、私の現在の専門である「脳」についてで、具体的には、脳の不思議な側面、脳を構成するニューロン、脳科学の実験風景、最新の研究、脳のクセを利用した勉強法などなど他に、物理や数学にも対応できます物理は、博士号を物理で取ったから数学は、単に好きなだけですが笑いずれにせよ、受験に直接役立つわけではありません [続きを読む]
  • ジャガイモの芽が毒でなくなるかも
  • イモ掘りでたくさん掘って食べ残って忘れかけられた、ジャガイモスーパーで買ってきたのだけど、ちょっと意外なところに転がってしまいしばらく経った、ジャガイモそんなジャガイモは、芽が出ていたり、時間が経つと皮が緑色になっていたりします光が当たると緑色になりやすいですねで、その芽や緑色の皮には毒がありますその毒とは、ソラニンやチャコニンで、ステロイドグリコアルカロイド(SGA, Steroid Glycoalkaloid)の仲間で [続きを読む]
  • カラスは視線を察することもできる
  • カラスって賢いですよねこのブログでも何度かご紹介してきました拙ブログ「やっぱりカラスは賢いという3つの話題」拙ブログ「カラスは数も数えられる!」この度、カラスは「視線」も感じられる、という論文が発表されましたので、ご紹介しますねワタリガラスを使った実験ですカラスには、エサを見付けたらすぐに食べるのではなく、後で食べるためにとっておく貯食という、習性が知られています今回ご紹介する論文の実験で使われた [続きを読む]
  • 魚も論理的思考ができる!
  • まずは、人間でのたとえ話A君、B君、C君の3人がいましたB君とC君がケンカをしてB君が勝ちました今度は、そのB君とA君がケンカをしてA君が勝ちましたC君は、A君とB君のケンカの様子を物陰から見ていましたそれでは、C君はA君とケンカをするでしょうか?普通に考えると、ケンカしませんねなぜなら、実際にケンカしなくても論理的に考えて、C君を負かしたB君よりも強いA君には勝ち目がないからですこのような思考は「推移的推論」と [続きを読む]
  • ヒトの網膜は、光子3個で反応する
  • まず、眼が光を感じる仕組みを簡単にみておきましょうnature.comのサイトより眼の中に入ってきた光は、水晶体というレンズを通って突き当たりの壁の網膜にぶつかります薄い網膜の一番奥にあるのは光を感じる視細胞視細胞は以下の2種類 杆体細胞:光の明るさを感じる 錐体細胞:光の色を感じるここでは、杆体細胞についてみてみます杆体細胞には、光に反応する視物質のロドプシンがあります杆体細胞の一番深くにある外節には円盤 [続きを読む]
  • カラスは数も数えられる!
  • サラダにミニトマトが2個あるとか大皿のギョウザを数えて一人何個ずづとか数を数えるなんて、いとも簡単なこと、、のように思えますねしかし、数が数えられる動物はヒトやサルといった霊長類だけと考えられています数などの抽象的な概念で認知するのは難しいのですね実は、他にも数が数えられる動物がいたのです何だと思いますか?そうです以前、このブログでもその賢さをご紹介した、カラスです拙ブログ「やっぱりカラスは賢い [続きを読む]
  • 過去の記事 …