asukoso さん プロフィール

  •  
asukosoさん: あすこそネット
ハンドル名asukoso さん
ブログタイトルあすこそネット
ブログURLhttp://asukoso.net/
サイト紹介文あすこそネットは、正しい職務経歴書で転職・就職の場のあなた自身を最大限にアピールします
自由文私達のチームは、民間企業で経営に携わり幅広い業界に人脈持ち、現在もキャリアコンサルタント・人事・労務・企業コンサルタントの経験者と、複数の民間企業の第一線で活躍している中堅メンバーが『何か社会に役立てる新しい事にチャレンジ』と意気投合しスタートしました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/04/26 15:19

asukoso さんのブログ記事

  • 職務経歴書:設計図
  • 書類選考で結果が出ない場合、設計図に間違いがあるケースが多い。設計図は職務経歴書の事です。設計図に間違いがあれば、品質にもコストにも納期にも問題が生じる事となる。これでは製品化しても売れない、不良在庫となってしまう。状況によっては取引停止となってしまう。設計図を職務経歴書に置き換えると、「誰の為」に「どの様な目的」で「どんな方法」で製品を作るのか、という事になる。「誰の為」とは応募企業の為(応募企 [続きを読む]
  • 面接:応答でのダブりを解消
  • 面接時に必ず聞かれる質問に、◆自己紹介◆志望動機◆自己PRがある。この三点で同じ文言、ダブりが生じる。職務経歴書では志望動機・自己PR(文面)を書いて整理できているように感じるが、面接に向け、言葉にしてみるとダブり現象でスッキリしない。面接対応を主にして、もう一度整理して書き出してみる事をお奨め。上記三点は表裏一体で、同じことを言っていることは間違いない。表現方法と視点の違いでダブりを解消させてみる。 [続きを読む]
  • 転職活動が上手く行かない時こそ自分の強みに拘れ
  • 不採用通知が届くとショック。それでも前に進んでいかないと。◆準備はしていたが、面接で□□の返答が上手く表現出来なかった。?次回上手くいかせる為に、どう修正しようか。◆なるほど、そんな資質を求めていたのか。?次回上手くいかせる為に、経験の中から同質のコトを探し出してみよう。自分の強みこそ自信につながる。自分の強みこそ将来につながる。自分の強みこそ自分を変えられる。上手く行かない時に、弱点を振り返って [続きを読む]
  • 面接の受け答え:“早くゆっくり”
  • 焦らず落ち着いて話せる事が自信の一言に繋がる。“自分の本当の姿、自分の言葉”でと言っても、無策では相手の心に響かない。無策とは180度真逆の準備をしていれば、ある程度までは、質問に対しての返答内容が浮かんでくる。そんな時、自信の言葉に切り替える方法が“早くゆっくり”である。◆相手の質問の投げかけが終わると、直ぐに第一声を開始(早く)◆話し方は、結論が先(早く)◆結論を先に述べた後は、ゆっくりと落ち着 [続きを読む]
  • 面接:ここで100%決まる
  • 書類選考通過し面接へ。一旦、気持ちを切り替えるタイミング。この面接で100%採否が決まる。闘うのは見えないライバルではなく、見えている自分。重要なのは、過去より未来のあなた。例えば、クレーム処理の場合過去(問題)に誠実に共感し、未来(問題解決後)に話を進められるか。例えば、後輩への注意の場合、過去(失敗)の指摘ではなく、未来(改善)の方法を問う。面接も同様、過去も重要だがこの先、この会社で何をどうやる [続きを読む]
  • 在職中にこそ自己の棚卸を
  • 転職の機会はいつ訪れるかは分からない。転職の為だけでなく、自己の振り返り、整理整頓は重要。年に2回、上半期と下半期に分けて、いつ・どこで・何を・誰に・どのように・どれくらい。自分の行動のプロセスやエピソードなど、箇条書きで良いので書き出しておこう。メリットとして、自分の成長の足跡を見つめられる自分が何に合っているのかを見つめられる。自身の工夫や努力、周りの仲間たちとのチームワークなど、自分の強みや [続きを読む]
  • 面接:練習しても同じ個所がスッと出てこない
  • 自己PR、何度も練習しても、何故か1〜2か所がスッと出ない。こんな事ってありませんか?いつも出ない箇所は決まっている。手を使って用紙に何度も書き、頭の中で何度も繰り返してみても、同じ個所で躓く。文章で覚えるのではなく、キーワードや頭一文字で覚えたり、映像化して覚えたりはするが、やはり同じ個所がスムーズに出てこない。集中力が足らないのか?場所を変え、人混みの電車の中で脳にしゃべってもらう。時には、歩きな [続きを読む]
  • 職務経歴書:自己PR=自己を売り込む(熱意)
  • 転職成功の為には、自分自身を相手に売り込んで、買ってもらう事。自分自身が『自分という製品』を売ることになる。いわゆる、セールスである。『自分という製品』を売るためにすべきことは? まずは、『自分』を知る事だろう。『自分』は何者なのか?◆今まで何をしてきたのか(いつ、どこで、誰に(誰と)、何を、どうした、どれくらい)◆どの様な方法を駆使して、それを行ったのか◆そこで学んだことは何か◆何が出来たのか◆ [続きを読む]
  • 面接の第一印象は“笑顔”から
  • 自分の顔ってどんな顔?毎日見ているはずなのに、分かっている様で分かっていない。“笑顔”ってどんなもの?意識できるのは最初に目だろう。「目は口ほどのモノを言う」と言う事は、“目”はとても重要。「目が生き生きいている」、「瞳がキラリと光る」、「食い入る様な目つき」、「目が曇っている」、「目が怒っている」、「うつろな目」、「いやらしい目つき」目と連動して、「眉をしかめる」、「眉間にしわが寄る」「君の眼に [続きを読む]
  • 職務経歴書:自己PRに100点満点はない
  • 応募していく中で、幾つかの面接機会が生まれてくる。面接の質問から、相手(企業)が求めていた本質が見えてくる。自己PRの企業側との一致点、“興味を持たれなかった”、“返答に困った”などを通じて、面接の中での表現方法の工夫対応力も生まれてくる。自分では気づかなかったことが見えてくるから、これは大きなチャンスとなる。準備していた職務経歴書、何処まで行っても100点満点はない。(企業によって、求人内容によって [続きを読む]
  • 面接:効果を引き出す方法
  • 「ピグマリオン効果」“人間は期待されたとおりに成果を出す傾向がある”期待されていると判断するのは「脳」指先を切って痛いと感じるのは、実は指先ではなく「脳」が判断している。不安、実際に起こってもいない事を「脳」が反応して、気持ちが落ち込んだり、動揺しますね。そんな「脳」を、ほんの少しだけコントロールしてみてはどうでしょうか。自分で自分の「脳」に、効果を現す仕掛けをすれば良い。面接の場を考えてみよう。 [続きを読む]
  • 書類は上から、左から
  • 「職務経歴書」、受け取った採用担当者はどう見るのか?最初に、書類の全体を眺めます。この時点で、折り曲げられた書類より真っ直ぐの綺麗な書類に常識を感じる。書類全体を眺めて、何か興味を引くものを感じてもらえれば、あなたの作戦通り。余りにも薄っぺらな文章(文字数)では興味は引けません。逆に、詰めすぎた大量の文字数では、読む気すら失ってしまう。適度な文字数でも、上から下まで同じ顔(表現)では、視線が留まる [続きを読む]
  • 面接:どう話すのか(これが最後のチャンス)
  • ◆文章で覚えない【対策】物語・描写として覚える。如何に短く(分・秒)で話すかを心掛ける。結論が先。【理由】記憶に残りやすいので無理して覚えなくていい。◆リハーサルはしっかり準備しておく【対策】姿見の前で練習する、スマホで動画、知人に聞いてもらう。【理由】自分のクセは自分では分からない。改善の繰り返しが自信となる。◆上手く話そうとせず、伝えたいと言う熱意が一番【対策】身振り・手振りを適度に入れながら [続きを読む]
  • 退社理由:表現方法にさらりと工夫を
  • 退社(自己都合)は、不安・不満等の抱える問題を解決する手段。と言う事は、必ずその理由づけ(退社理由の明確化)をしなければいけない。1年未満での退社「本音の返答」:希望の仕事内容では無かったので、遣り甲斐を感じられなかった。 「返答による問題点」:採用担当者の頭によぎる事。①事前に会社内容や仕事内容を調べたのだろうか? 調べずに安易に入社したのでは? うちの会社へも安易な応募ではなかろうか?②3年ぐら [続きを読む]
  • 自分の為だけではなく、友人にも教えてあげましょう
  • まだまだ世の中、ブラックが存在する。労働基準法を知っていて守らない、そんな会社がある。労働契約と雇用保険と社会保険の内容を確認してみよう。違法と感じたら、雇用保険を一括して扱っている最寄りのハローワークに相談。【労働契約とは】どの様な雇用形態であっても労働条件について合意=「労働契約」が必要となる。これは書面だけでなく、口約束でも成立する。 ただし、賃金や労働時間など特に重要な労働条件は、書面で明 [続きを読む]
  • 自己PRの書き方を考えてみよう「誰に」、「何を」、「どの様に」
  • 「誰に」とは、採用担当者に。(人事部・部門責任者・社長など)「何を」とは、採用担当者が求めている“知識&技術&人間性に関連した自分の情報”を。「どの様に」とは、“端的で納得感があり、目的である自己PRが伝わる話し方”ラーメンに置き換えて見ましょう。「何を」=『A』うちのラーメンと言えば、“醤油”と“豚骨”と“味噌”と“塩”と何々・・・。うちのラーメンと言えば、『“醤油味=A』どちらのお店が印象に残りま [続きを読む]
  • 目標・検証・改善とスピード感
  • ある企業の営業部での出来事。月の締め日が終わって、また新しい月がスタートした。その2日目の朝礼中、日頃参加されることがなかった社長が、責任者の元に歩み寄り、一言 “今月の予算は達成しそうか?”責任者、返答に困る、頭に浮かぶのは “まだ1日しか経っていないのに”次に発せられた一言 “選挙、開票率1%でも当落は分かる”を残して立ち去られた。月が替わったと言えど、毎日の業務は繋がっている。そこには中長期の目標 [続きを読む]
  • 転職:事務職の競争率は数十倍
  • 全ての職種で競争率が一番高いのが事務職。勝ち抜くための戦術を3つ挙げてみよう。① 業界を知る自分の経験や性格が一番活かせそうな業界はどこかを研究する。② 幅広い知識&技術を身に着ける基本であるExcel、Word、一部PowerPointだけでなく、◆小さな会社では、一般事務だけでなく総務・経理事務も出来る人材を求めている。◆建築・製造業界では、事務+オペレーターも兼ねる人材を求めている。CAD(JW CAD、AUTO CADなど)◆ [続きを読む]
  • 面接:競争激化の中で差別化される志望動機
  • いろいろな所で言われるのが“モノからコトへ”転職活動でも同じで“あなたと一緒に仕事をすればこんな可能性がありそうだ”そんな事を想像させる楽しさが、他者との差別化のポイント。志望動機として、最低限、何をしてきた(ここまでは言い換えればモノ)を話すだろう。それがどんなやり方なのかを話さなければ、評価の判断材料とはなりえない。継ぎ足したいのは、それを基に御社でこんな「コト」をしたい。その手法として、こん [続きを読む]
  • 面接:一期一会だからこそ逃してはならぬ
  • 面接への準備はOKでしょうか?アピール内容や第一印象など、どれも重要な項目ですが、話し方も工夫しないといけませんね。相手の話を否定しない=肯定する少し意地悪な質問で、“未経験の様ですが対応できますか?”“業界の違いはクリアできますか?”など。返答では、『しかし』、『でも』、『だけど』などの否定語は避けるべき。“誠実かつ熱意”を持って、堂々と『おっしゃる通りです』と、一旦相手の投げかけを真正面で受け止 [続きを読む]
  • 応募企業にアピールしたい事は何?
  • あなたが応募企業にアピールしたい事は何?アピールとは、応募先で発揮できる自分の強み。“それがなかなか思いつかない”、というケースは多い。そんな時こそ、インターネット上には沢山の情報があります。業界・職種による「どんな仕事内容」、「企業が求める人物像」の情報。自己PRが分からなければ、この複数の情報からアピール内容を遡れば一歩前進。自分の経験を振り返り、1日1項目だけでも探し当てれば、1週間で5項目は確保 [続きを読む]
  • 転職回数が多いケースの自己PRの探し方
  • 答えは、“転職経験が応募先のメリットに繋がる共通項を探せ”転職回数が多い事を不安視すると、文章にもそれが伝わってしまう。自分の良いところを、どう料理するかでアピールが変わってくる。職種経験も応募職種も同一&前職と応募職種が同一A、複数の企業で勤務したからこそ掴んだ“コト”の強み業界・企業ごとに製品&サービスも違えば取引先&仕入れ先も違う。企業の戦略や戦術も違うし、組織も違えば役割も違ってくる。◆ [続きを読む]
  • 40歳代の転職面接:何ができるか
  • 社会人経験約20年、培ってきた人間性は第一印象で判断されるケースが多い。「見た目」、「礼儀・言葉使い」、「姿勢」、「目力」、「声のトーン」などの、入室直後の数分の第一印象。これは非常に大きなポイントとなるので、最初の3分〜5分で好印象を勝ち取れるように意識しておく必要がある。プラスして、40歳代となれば求められるのは即戦力となる。即戦力としてのアピールに向け整理整頓すべきことは◆前職までの経験業界の特性 [続きを読む]
  • 応募書類の誤字脱字、正しいと思い込まず再チェック
  • 先日の私の社内文章1ページの出来事。3度編集し直しこれで完成、いいね!と、思いきや、3ヶ所誤字(変換ミス)が発覚。最初に構想を頭で整理しながらパソコンで文面を打つ。次に、誤字脱字がないか、表現が事実と反していないか、もっとわかりやすい言葉に変えられないか、同時に編集を施しプリントアウト。三回目は、再度誤字脱字チェックと編集方法の微調整をしてプリントアウト。確認、OK。しかし完璧のつもりが、たった1ページ [続きを読む]