asukoso さん プロフィール

  •  
asukosoさん: あすこそネット
ハンドル名asukoso さん
ブログタイトルあすこそネット
ブログURLhttp://asukoso.net/
サイト紹介文あすこそネットは、正しい職務経歴書で転職・就職の場のあなた自身を最大限にアピールします
自由文私達のチームは、民間企業で経営に携わり幅広い業界に人脈持ち、現在もキャリアコンサルタント・人事・労務・企業コンサルタントの経験者と、複数の民間企業の第一線で活躍している中堅メンバーが『何か社会に役立てる新しい事にチャレンジ』と意気投合しスタートしました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/04/26 15:19

asukoso さんのブログ記事

  • 目標・検証・改善とスピード感
  • ある企業の営業部での出来事。月の締め日が終わって、また新しい月がスタートした。その2日目の朝礼中、日頃参加されることがなかった社長が、責任者の元に歩み寄り、一言 “今月の予算は達成しそうか?”責任者、返答に困る、頭に浮かぶのは “まだ1日しか経っていないのに”次に発せられた一言 “選挙、開票率1%でも当落は分かる”を残して立ち去られた。月が替わったと言えど、毎日の業務は繋がっている。そこには中長期の目標 [続きを読む]
  • 転職:事務職の競争率は数十倍
  • 全ての職種で競争率が一番高いのが事務職。勝ち抜くための戦術を3つ挙げてみよう。① 業界を知る自分の経験や性格が一番活かせそうな業界はどこかを研究する。② 幅広い知識&技術を身に着ける基本であるExcel、Word、一部PowerPointだけでなく、◆小さな会社では、一般事務だけでなく総務・経理事務も出来る人材を求めている。◆建築・製造業界では、事務+オペレーターも兼ねる人材を求めている。CAD(JW CAD、AUTO CADなど)◆ [続きを読む]
  • 面接:競争激化の中で差別化される志望動機
  • いろいろな所で言われるのが“モノからコトへ”転職活動でも同じで“あなたと一緒に仕事をすればこんな可能性がありそうだ”そんな事を想像させる楽しさが、他者との差別化のポイント。志望動機として、最低限、何をしてきた(ここまでは言い換えればモノ)を話すだろう。それがどんなやり方なのかを話さなければ、評価の判断材料とはなりえない。継ぎ足したいのは、それを基に御社でこんな「コト」をしたい。その手法として、こん [続きを読む]
  • 面接:一期一会だからこそ逃してはならぬ
  • 面接への準備はOKでしょうか?アピール内容や第一印象など、どれも重要な項目ですが、話し方も工夫しないといけませんね。相手の話を否定しない=肯定する少し意地悪な質問で、“未経験の様ですが対応できますか?”“業界の違いはクリアできますか?”など。返答では、『しかし』、『でも』、『だけど』などの否定語は避けるべき。“誠実かつ熱意”を持って、堂々と『おっしゃる通りです』と、一旦相手の投げかけを真正面で受け止 [続きを読む]
  • 応募企業にアピールしたい事は何?
  • あなたが応募企業にアピールしたい事は何?アピールとは、応募先で発揮できる自分の強み。“それがなかなか思いつかない”、というケースは多い。そんな時こそ、インターネット上には沢山の情報があります。業界・職種による「どんな仕事内容」、「企業が求める人物像」の情報。自己PRが分からなければ、この複数の情報からアピール内容を遡れば一歩前進。自分の経験を振り返り、1日1項目だけでも探し当てれば、1週間で5項目は確保 [続きを読む]
  • 転職回数が多いケースの自己PRの探し方
  • 答えは、“転職経験が応募先のメリットに繋がる共通項を探せ”転職回数が多い事を不安視すると、文章にもそれが伝わってしまう。自分の良いところを、どう料理するかでアピールが変わってくる。職種経験も応募職種も同一&前職と応募職種が同一A、複数の企業で勤務したからこそ掴んだ“コト”の強み業界・企業ごとに製品&サービスも違えば取引先&仕入れ先も違う。企業の戦略や戦術も違うし、組織も違えば役割も違ってくる。◆ [続きを読む]
  • 40歳代の転職面接:何ができるか
  • 社会人経験約20年、培ってきた人間性は第一印象で判断されるケースが多い。「見た目」、「礼儀・言葉使い」、「姿勢」、「目力」、「声のトーン」などの、入室直後の数分の第一印象。これは非常に大きなポイントとなるので、最初の3分〜5分で好印象を勝ち取れるように意識しておく必要がある。プラスして、40歳代となれば求められるのは即戦力となる。即戦力としてのアピールに向け整理整頓すべきことは◆前職までの経験業界の特性 [続きを読む]
  • 応募書類の誤字脱字、正しいと思い込まず再チェック
  • 先日の私の社内文章1ページの出来事。3度編集し直しこれで完成、いいね!と、思いきや、3ヶ所誤字(変換ミス)が発覚。最初に構想を頭で整理しながらパソコンで文面を打つ。次に、誤字脱字がないか、表現が事実と反していないか、もっとわかりやすい言葉に変えられないか、同時に編集を施しプリントアウト。三回目は、再度誤字脱字チェックと編集方法の微調整をしてプリントアウト。確認、OK。しかし完璧のつもりが、たった1ページ [続きを読む]
  • “親切で世話好き”な酉年、とにかく『健康』で良い一年を
  • 明けましておめでとうございます。いつもブログを見て頂き有難うございます。皆様にとって素晴らしき一年になります様に。先日、洋画だと思い録画した映画が日本映画でした。結局観ることは無かったのですが、冒頭に流れたメッセージだけは共感。“あなたが生まれたとき、あなたは泣いて、まわりはみんな笑っていたでしょう。だから、あなたが死ぬときは、まわりが泣いて、あなたが笑っているような、そういう人生を歩みなさい”こ [続きを読む]
  • 20歳代〜30歳代、どんなことをしても正社員を目指そう
  • 今や正社員と言えど、雇用の安定性は求められない時代。正社員としてのプレッシャー(広がり深まる責任、成果主義、社内競争、残業、転勤など)や、環境の変化など、いつ転職に踏み切る事となるのか分からない。もはや、終身雇用や年功序列制度は崩壊している。それでも、正社員以外との条件格差は明らかだ。給与・昇給・昇格の可能性は明らかに違い、大きいのはスキルアップの機会の有無。さらに、正社員であるがゆえの仕事を通じ [続きを読む]
  • 20歳代:社会人基礎力って何?
  • 基礎とは何かを考えると、自分が人に与える印象とその影響であり、周りの人との関係性に関するものが基礎と言えます。基礎力は3点1、明るく2、元気3、素直人それぞれは決して強くない。自分以外でそれを補い、少しずつ自分のものとしていく。自分に無いものをマイナスと捉えず、取り入れられる事に感謝する。「明るく」明るさの度合いは、その人が持っている性格によって違ってくるが、明るい人には自然と人が集まってくる。明るい [続きを読む]
  • 転職活動:自分自身が人生設計会社の経営者
  • ビジョン◆仕事を通して、どんな人生設計を描くか◆仕事を通して、社会とどう関わり、どう貢献して行くか◆転職に於ける資源は、何がどれくらいあるのか◆優先順位は◆いつまでにやるか◆チェックはいつ行い、修正案の準備は出来ているか戦術◆業界・企業・職種の研究&選択◆自分の強みの確認・発見◆どこに登録するか(情報・応募)◆だれに(どこで)協力を求めるか◆職務経歴書の完成・面接準備◆応募=行動なくして結果なし* [続きを読む]
  • 転職:タイミングもあり(失業保険・職業訓練)
  • 在職中で転職を考えている。今までの経験期間が短く、次はどんな業界・職種を選択すれば良いのか悩んでいる場合。各都道府県の職業訓練を活用し、今後の自分の進む道を考える選択肢もある。可能であれば、退社を急がず下記点を考えてみよう。週20時間以上勤務し、自己都合で退社の場合◆雇用保険を、直近2年間で12か月以上加入していれば失業給付がもらえる。各職業訓練の開講時点で、失業給付の給付残日数の規定があるが、雇用保 [続きを読む]
  • どんな事でもアピールになる
  • 最初は、職務経歴書。選考通過の手順は、振り落しから始まる。書類から感じ取れるイメージがある。うちには合いそうにない人、求める能力と一致しそうにない人。書類は読まなくても見ただけで、選考による不採用が決まります。感じ取れるイメージが良くないのは、企業が求めている人物像を想定できていないのが原因。書き方&編集能力も凄く重要となる。自己PR内容で仕事スキルが重要であることは事実ですが、仕事以外でも書き足す [続きを読む]
  • 40歳代:人生これからの余力
  • 40歳になると、既に会社内の自分のポジショニングは決まっている。残り25年〜30年、どの様な人生を送るのか?人生=仕事+プライベート。会社への貢献の仕方も考えないといけない。貢献が認められなければ、いつ肩たたきに合うか分からない。専門職として仕事をこなしていくのか? 後輩育成で貢献するのか?社長・役員にはなれなかったが、補佐として自分の得意分野で活躍するのか?とは言うものの、残り人生の長さは今まで経験し [続きを読む]
  • 30歳前半までの転職:仕事・会社の探し方
  • “自分の遣りたい事が何なのか”これが肝心。自分ができる事と一致させる必要はない!“自分ができる事”を経験上理解している方は、「遣りたい事&できる事」にチャレンジすれば良い。遣りたい事だから、少々の壁にぶつかっても突破する意欲は湧いてくる。“自分はできないけど遣りたい”と、転職活動で真剣には思わないだろう。プライベートならともかく、次の仕事で満足する可能性はゼロに近い。自分はできないのではなく、違う [続きを読む]
  • 転職:自己分析の重要性
  • 応募先を、企業から入り職種に結び付ける方は、自分の遣りたい事が叶えられそうな企業を事前に知っていた。と言う事は、自分の強み・遣り甲斐を自身で理解し、同時に企業研究も準備されていたと言える。転職の場合、方向は二つに分かれる。一つは、経験分野と一致する職種。二つ目は、未経験分野の職種。経験分野が転職の近道ではあるが、仕事内容に“物足りなかった”、“面白くなかった”、“将来性を感じない”、“あまりにも過 [続きを読む]
  • 20歳代未経験者の面接:志望動機の表現力弱い
  • ○○が好き、興味を持ったと言われても、“別にうちじゃなくても良かったのじゃないの”“好き、興味と言われても、それがこの仕事とどう繋がるのかが解らない”よくある「単語」だけを集めて満足状態、これでは伝わらない。仕事内容(職種)が好き、興味を持ったならば、 ◆いつからそう思っていたのか? ◆具体的にどの部分が「好き」、「興味」なのか? ◆なぜ「好き」、「興味」になったのか? ◆なぜそう言えるのか? ◆経験 [続きを読む]
  • 職務経歴書:伝わるとは
  • 伝わる書類の条件見た目(1、2、3秒以内で何を感じられるか) ◆1枚で完結 ◆見ただけでわかる ◆くくりが明確伝わる条件=企業側のメリット?企業側のメリットとは、「即戦力となりそうか」、「将来の人材となりえそうか」の判断。?2ページで作成しても、1ページ毎テーマを完結させている。?わからせたいのは、「テーマ」と「セールスポイント」。読ませるのは無理、見るだけでわかる書類でないとダメ。?くくりが明確と [続きを読む]
  • 転職:面接話法の基本は3つ
  • 1、面接は、相手との会話のキャッチボール 相手が受け捕りやすい場所にボールを投げる。相手の投げるボール位置を予測し、真正面に回り込み捕球体勢に移る。これが繰り返されるほど互いの理解と信頼が深まる会話になる。捕りにくいボールはどんなもの? 採用担当者が求めていない答えだ。2、返答は、先に結論を述べる聞く側にとって一番解りやすいのは“結論が先”。先に聞くと、そこに至る流れを瞬時に想像しやすくなる。“結論を [続きを読む]
  • いざという時の為に、在職中だからこそスキルアップを
  • どんな仕事にでもパソコンスキルは必要とされる。正社員であろうが、なかろうが。事務職だけではなく、物流業務でも介護の現場でも販売でも。事務職と言っても、銀行事務だと専用端末&ソフトへの入力業務が中心となり、一般的な企業での事務職とは使用ソフトの内容が大きく異なってくる。その為、転職の場合は、同じ銀行系事務では就職が有利になるが、一般企業では経験の効果は弱い。又は、事務職経験があると言っても、受発注業 [続きを読む]
  • 転職面接:共感するとは(効果)
  • 『共感』を調べてみると、“他人の考え・行動に、全くそのとおりだと感ずること”互いの思いが一致し認め合い、心が良い方向に動く事とも言えますね。(採用のベクトルが自分に向かう)「会社側の思い」◆応募者は、自社が求めているスキルレベルに対してどの程度か(即戦力か、近い将来に何か出来そうか)◆応募者は、自社の社風に合いそうか◆応募者は、長期にわたって勤務出来そうか◆応募者は、自社に新しい風(組織・環境改善 [続きを読む]
  • 職務経歴書:事務職の自己PRの組み立て方
  • 自己PRが下記3点としたケース 1、パソコンスキル2、コミュニケーション力3、業務の段取り・工夫力どんな事を思い出し、どんな組み立てをしたら良いのか解らないと言う質問が多いので、その材料を幾つか書き出してみました。1、「パソコンスキル」をアピールする材料は【事実編】◆担当していた業務内容を箇条書きする(日別・週別・月別)◆Wordで何を作成し、Excelで何を作成していたのか◆取引先数は何件あったのか◆1日平均、ど [続きを読む]
  • 転職:面接「何故」
  • 面接に向け、職務経歴書の準備段階で自分の答え(結果とプロセス)が伝えられる分析を深めないといけない。「面接担当者」:何が出来るのか、得意なのか、強みなのか?「応募者」:返答「面接担当者」:何故そう言えるのか?「応募者」:返答「面接担当者」:このケースでは、あなたらなどう対応しますか?「応募者」:返答何が出来るのか、得意なのか、強みなのかの事実関係をしっかり振り返って、アピール出来る物語の幅&奥行を [続きを読む]
  • 職務経歴書:ライバルに差をつける①
  • 競争率激しい書類選考。あなたならではの経験した内容が一番重要。次に、何で優位に立つか。多くの応募者の職務経歴書を車に置き換えると、◆リッター走行距離数◆安全性◆ハンドル操作性◆足回り・乗り心地◆価格◆居住性(空間)◆環境・納期品質・安全性は最低基準で、目で見て差は分かりにくい、どのメーカーの車も似通った機能の中で抜け出す方法は、一見して感じとれる『デザイン』です。『デザイン』には生きたイメージメッ [続きを読む]