ナンクル さん プロフィール

  •  
ナンクルさん: 若年性認知症の主人と生きる日記の記録
ハンドル名ナンクル さん
ブログタイトル若年性認知症の主人と生きる日記の記録
ブログURLhttp://hisari824.seesaa.net/
サイト紹介文63才にアルツハイマー病発症、幾重もの苦悩と葛藤の日々を乗り越え、7年目にして在宅胃ろうケア介護中。
自由文私(ナンクル) 62歳 沖縄県恩納村出身
主人      68歳 横浜市栄区出身
平成06年 横浜から沖縄へ移住
平成20年 夢半ばにして若年認知症発症
平成23年 主人の実家横浜へ移る
発症して3年間沖縄で辛く苦しい日々このままでは生きて行くのに困難な状況、姉からの誘いで横浜へ移った、色々な周辺病状との闘い、腹をくくり在宅介護、泣きながら書いたアルツハイマー病の病状・対策の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/05/01 01:20

ナンクル さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 認知症カフェで癒されて!
  • 8月2日に3回目のNカフェに参加!誰でも参加できるカフェだが、今のところ本人も含めた家族10名程NFの会を中心にボランティアの方々とケアプラザのスタッフの方々で勧めている。NFの会は家族中心に思いのたけを話しながら一日を過ごす、Nカフェは本人も参加で皆でゆっくりした時間を過ごす、先日はお好み焼きパーティー!!美味しいコーヒーやお茶と焼きたてのお好み焼きにゼリー等を食べながら情報交換、本人が疲れない [続きを読む]
  • 移乗介助談話!
  • ベットから車椅子へ移乗するとき、ズボンのウエスト部分を持って持ち上げ移乗する介護師両脇を抱えて移乗する介護師違うのは考え方か・・学んだ通りの行動か・・?ズボンを持って移動させる行為は介護者にとっては楽かも知れない介護されている本人はどうかな?ズボンが伸びたり避けたり、それだけならまだいいが、そけい部に擦り傷ができ、オムツパットに血が付いていたりする、利用者は介護師になかなか言えないし、認知症の本人 [続きを読む]
  • 胃ろう談話
  • 7月のN・Fの会(認知症の方を支える家族の会)での雑談の中に胃ろうの話が出た!一人の人が胃ろうは絶対やらない!次の人も、うちも反対でやりたくない・・・と反対の理由ははっきりしてない。私もそうだった!!胃ろうって延命処置で決していいイメージではない、何も分らなくただただ生かされている?イメージ!本人の性格などから考えて胃ろうだけは反対だった、一ヶ月の間に決断しなければならなくなった時に思った事は、そ [続きを読む]
  • 久しぶりのお風呂!
  • 最終入浴は5月9日・・デイにて、それから2日後入院・・胃ろう・・退院・・在宅療養!8日(水曜日)退院後始めての外出、療養通所のデイへ、2ヶ月ぶりのお風呂・・車椅子での移動持ち物も以前と違う!軽管栄養のセット、吸引用カテーテル、着替えやバスタオル2枚フェイスタオル2枚、口腔ケアセット等々、迎えが9時という事は8時半までに栄養を終わらせないと・・・という事で6時起床・・オムツ交換・着替え・顔の清拭・髭 [続きを読む]
  • 栄養流動食の切り替え
  • 病院での栄養食は、プロナ1日 1200ml・1200Kcal3食にして6時間要する、退院してからも引き続き同じくプロナを昨日まで使用した。今日からエンシュアH1日 1000ml・1500kcal朝と夕の2回4時間と昼に水200ml身体に合うかどうかしばらく様子を見る事に、下痢とかなければこのまま続けられる、私的には昼間の時間少し余裕ができたってとこかな!!約2ヶ月間病院のベットで寝ていてせいぜい3 [続きを読む]
  • 退院から一週間目!
  • 29日退院から一週間経ちました。週一回の訪問看護!月曜日に体調チェックと浣腸排便・・・朝・昼・夕の胃ろう栄養も慣れてきた!前後の準備と片付けの時間も含めると1回2時間以上かかる。隙間時間をうまく利用して自分の食事やテレビ見ながらのコーヒータイム、短時間のウトウト昼寝や何にも考えないボケボケ時間を過ごす。主人の枕元では大好きな石原裕次郎のCD若い時から交流のあった西条史朗のCD等々を繰り返し繰り返し流 [続きを読む]
  • 退院!そして在宅栄養の実施と胃ろうケア
  • 22日退院!退院前の一週間、昼と夕方の2回胃ろうからの軽管栄養法と吸引方法の練習!・・・家に帰ってからの介護連携に関する説明、介護連携担当者・介護支援専門者(ケアマネ)入院中の担当看護師・訪問看護師。。。今まで利用してきた認知症対応のデイサービス・ショートステイの施設は、胃ろうで利用できなくなり残念です、約3年間大変お世話になりました。又、ここで一つの節目を越えていきますこれまでいくつの節目を越え [続きを読む]
  • 過去の記事 …