青沢さりた さん プロフィール

  •  
青沢さりたさん: 世界のすみっこで本と人生と祖国好きを叫ぶ
ハンドル名青沢さりた さん
ブログタイトル世界のすみっこで本と人生と祖国好きを叫ぶ
ブログURLhttp://ameblo.jp/reijikitano17/
サイト紹介文保守思考女子の読書感想サイト。小説多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/05/01 23:59

青沢さりた さんのブログ記事

  • LOGAN間に合った
  • ギリギリでしたが我が最愛の俳優ヒュー・ジャックマンの十数年の歴史を彩ったウルヴァリン、その最後を見届けました!感動したよーー!てかX-MEN見にきて高齢者介護を見るとは思ってなかった。パトリック・スチュアートの演技鳥肌ものでした。職場の利用者さと表情の出し方そっくり。見終わって感慨深くなり、いっぱい飲みに来てます。日本に縁深きヒーローの勇姿に乾杯!青森の大吟醸、田酒美味しいです。 [続きを読む]
  • 見たいと思っている映画 3
  • 「メッセージ」や「怪物はささやく」に大満足してます最近、また映画熱が上がってます。夏は楽しそうな映画多いですので、またこちらにあげてみます。まずは久々のでジャック・スパロウから。やってきました戻ってきましたディズニーのドル箱。この衣装だからもあるけどジョニデは年取りませんね。今回は敵役も顔からキモいハビエル・バルデムですしとても楽しみです。オーリも復活みたいでわくわくします!でもあの10年に一度の [続きを読む]
  • 【読書】トラウマ恋愛映画入門 町山智浩著【感想】
  • トラウマ恋愛映画入門 Amazonあらゆる映画のあらゆる恋愛の形を分析。執着だったりコンプレックスだったり複雑な思いが絡み合ってホラーよりも恐ろしく、コメディよりも滑稽で見た人の心にゆさぶりをかけてくる。そんな映画の紹介分析。 町山さんの映画評論は読みやすくて好きですねー。といっても以前感想を書いた「トラウマ映画館」同様ほとんど見たことのない作品ばかりでしたけど… 唯一見たのはヒッチコック監督の「めまい [続きを読む]
  • 【読書】オール・マイ・ラビング 小路幸也著【感想】
  • オール・マイ・ラビング (5) 東京バンドワゴン (集英社文庫) Amazon東京下町の老舗古書店、「東京バンドワゴン」大家族でにぎやかに暮らす堀田家のいとなむこの店に、今日も不思議な謎が。店の前に置き去りにされた捨て猫ならぬ「捨て本」や和綴じ本のに隠されたちょっとした窘め。そして我南人にも、ある変化が訪れる。 「特捜部Q」のあとに癒しが欲しくなり久しぶりの続刊。子供たちは成長し、大人は大人の事 [続きを読む]
  • 【アニメ】キルラキル 1話 あざみのごとく棘あらば【感想】
  • こちらも前々からずーっと気になってましたアニメ。手当たり次第です。 キルラキル 4枚組 [Blu-ray + DVD] 1-12話 限定版 KILL la KIL... Amazon 父の死の謎「片太刀バサミの女」を探し本能字学園にやってきた纏流子。圧倒的ヒエラルキーが支配した学園で、頂点に立つ生徒会長、鬼龍院皐月に出会う。皐月は流子の持つ片太刀バサミについて知っているかのように仄めかすが、着るものに恐るべき力を与える「極制服」 [続きを読む]
  • 【読書】罪の声 塩田武士著【感想】
  • 罪の声Amazon京都でテイラーとして紳士服店を営む曽根俊也は、ある日亡くなった父の遺品から手帳とテープを見つける。そのテープには昭和の未解決事件「ギン萬事件」で使用された子供の声が入っていた。俊也はその声が過去の自分の声である事を知る。そして同じ頃、大日新聞社の阿久津は、ギン萬事件の特集記事を担当する事となる。グリコ・森永事件をモデルにした数十年前の未解決事件を掘り下げ、真相に近付いていく。グリコ・ [続きを読む]
  • わたしの前世診断の結果は...
  • あおさわさんの前世は... あなたの前世...どこで何してた?前世診断をやってみる えーと何列目のトナカイかな?確か全部名前決まってたような…あ、これこれ。さて先ほどですがこれを見てきました。トムヒが主役で気になってまして、前記事「ルーム」のブリー・ラーソンがヒロインなのでよっしゃ最終行ってこよってなりまして。行ってみたらコングカッコ良すぎやん!ってなりました。そしてエンドロール後 [続きを読む]
  • 【映画】ルーム 監督 レニー・エイブラハムソン【感想】
  • アカデミー賞主演女優賞受賞の作品。母からのオススメで見てみました。ジャックは五歳の誕生日を迎えた。ママと二人、小さな部屋が彼の世界。テレビで見るものはすべてニセモノ。ホンモノはママと僕、ベッドやキッチン、シンクやクローゼット。天窓から見えるのは空だけ。誕生日を迎えた僕にママは言った。部屋の外には世界があると。監禁された部屋しか知らない子供の視点で、拉致監禁という残酷な状況を見せる。暗鬱な設定が母 [続きを読む]
  • 【映画】真実の行方 監督 グレゴリー・ホブリット【感想】
  • 真実の行方 [DVD]1,500円Amazon大司教が惨殺され、逃亡した青年が逮捕された。名声を求める弁護士・マーティンが青年の弁護を申し出る。青年アーロンは純朴で、殺人者にはとても見えず彼も無罪を訴えていたがアーロンの容疑を覆すことは困難だった。しかし精神分析中にアーロンの表情が変わり・・・。 リチャード・ギア主演、エドワード・ノートンのデビュー作。リチャード・ギアの演じるマーティンの弁護士とし [続きを読む]
  • 【アニメ】男子高校生の日常 1話 男子高校生と放課後ほか【感想】
  • 男子高校生の日常 Blu-ray BOX25,704円Amazon真田北高校に通うタダクニ、ヨシタケ、ヒデノリの3人はいつも何となくつるんでは馬鹿をやるごくごく普通の男子高校生。そのバカバカしくもありそうでもない日常。えーと、ちょっと前の作品ですね。Huluで配信されてたのでお気楽そうと思ってぽちり。腹筋崩壊しました。私にはすごいツボです。特にラストの文学少女ネタがたまらん。私も高校時代に中二病に溢れた設定の小説を書いては友 [続きを読む]