アイルランド田舎生活 さん プロフィール

  •  
アイルランド田舎生活さん: アイルランド不定期便
ハンドル名アイルランド田舎生活 さん
ブログタイトルアイルランド不定期便
ブログURLhttp://irishcountrylife.blog74.fc2.com/
サイト紹介文アイルランド西部クレア州の農村より、田舎生活の様子をエッセイにしてお届けしています。
自由文ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながら、オーガニックな野菜作りと食生活、地域の農家さんからいただく羊毛を使った糸紡ぎをしています。
アイルランド田舎生活 http://irishcountrylife.web.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/05/05 09:27

アイルランド田舎生活 さんのブログ記事

  • 毎年恒例、ジャガイモの収穫
  • ジャガイモってどうしてこんなにおいしいのでしょう。特に掘りたてのジャガイモは、皮が薄くて剥かなくてもそのまま茹でて食べられます。味も格別。いわゆる「新じゃが」と呼ばれるものですね。今年も、我が家の恒例行事ジャガイモの収穫が終わりました。夫と二人がかりで掘ること数時間。肉体労働ですが、次から次へと土から顔を出すジャガイモに疲れも忘れる楽しい作業です。今更ですが、ジャガイモは土の中でこんな風に根っこに [続きを読む]
  • ルバーブ&ニワトコ(エルダー)の花のジャムの作り方
  • 6月の大半を日本で過ごしたせいで、今年はあやうくニワトコの花(エルダーフラワー)の季節を逃してしまうところでした。シャノン空港からの帰り道、花の咲き具合を無意識のうちに目で追っている私。ああ、やっぱりもう全部終わっちゃってるかなあ。ところが、やや標高の高い我が家に戻ってくると、家の周囲にちらほらとまだエルダーの花が残っているではありませんか。涼しいところに住んでいてよかった!さっそくバスケットを手 [続きを読む]
  • 「やあ!」アイルランド人のウィンク
  • 娘の音楽イベントに付き添って、クレア州の北部にあるキルラッシュという町まで行ってきました。私が親しくしているフランス人の女友だちも一緒に行きたいということで、3人で車に乗りこみます。帰り道のおしゃべりの中で「アイルランド人がするウィンク」の話でたいそう盛り上がりました。友人は「それってもしかしてあれ?ときどき男性にやられるんだけど!」そうそう、それそれ。後部座席の娘に向かって「リラはできるよね、ア [続きを読む]
  • 夏にも着れるセーターよ
  • 娘のリラはよくホームシックになります。フィークルの村中に住むクラスメイトの家にお泊まりに行くだけでも家が恋しくなるほどで、エキサイティングな3週間の日本滞在時も後半はホームシックに。アイルランドの自宅に戻ると、当の私も「ああ、これが恋しかったんだわ!」というものがいくつもあって、やはり自分の家ほど居心地のいい場所はないのだなと改めて感じました。その一つが、このセーターです。この前の冬に自分で紡いだ [続きを読む]
  • ただいま。アイルランド
  • 2週間前まで横浜市の実家にいたのに、今はこうして牧草地に放たれた2頭のポニーを撫でながら、彼らの馬糞を拾い集めている私。アイルランドに舞い戻りました。母国日本に帰国した時もホッとしたけれど、アイルランドに帰ってくる時にも似たような安堵感があります。帰国後すぐに、時差ぼけのまま子どもの大きなイベントに出かける用事がありました。それに続けて日本からいらしたグループの皆さんをご案内する仕事があり、ずっと気 [続きを読む]
  • そろそろ気になる、我が家の畑
  • 日本に着いてみると、なんと我が母が家のバルコニーで野菜を育てていることが分かりました。彼女はもともと農家の娘ではあるけれど、70近い今でも予定をみっちり入れる人でいつも忙しくしています。青々と生い茂る野菜に水やりをする姿に驚きました。きゅうり、チェリートマト、ナス、ピーマン、しそ、パセリ。朝顔、あじさい、ゼラニウム。私が置いていったテラコッタの鉢も再びお役目をもらって、無機質だったベランダのなんて瑞 [続きを読む]
  • いい国、我がニッポン。
  • 日本に来ています。横浜市の実家に滞在しながら、3週間の帰省です。日本に帰国する時には、ほぼ毎回アイルランド音楽のプロデュースを兼ねているので実は大変忙しく、今回はなぜか殊更に忙しく感じられます。そんな中、本日やっとぽっかり一日空きました。ゆっくり朝食をとって、アイルランドから持ってきたバリーズティーを夫と2カップずつ飲みました。子どもたちを起こして、留守にしていた間の話を一つずつ聞かせてもらいました [続きを読む]
  • 湖で泳ぐ
  • 私の住んでいる東クレア地方には海がありません。クレア州自体はアイルランド西部なので海岸があり、ここはもう大西洋なわけですが、私たちの家から海までは車で1時間ほどかかります。それでも、カラッと晴れた夏日には子どもたちに水遊びをさせてあげたいなあと思います。子どもたちだけでなく、私たち大人も一緒になって泳ぎたいなあと思うのです。そんな内陸に暮らすアイルランド人たちの選択肢は何かというと。湖で泳ぐこと。 [続きを読む]
  • 5月の甘ーいハチミツ穫れました
  • 畑仕事が日増しに忙しくなる中、我が家の畑では目に見えてミツバチの数が増えています。去年我が家にやって来たミツバチ群だけでなく、この地域にはミツバチを養う人が何人もいるので、確実に増えているのでしょう。ミツバチの減少が危惧される世の中で、なんと明るいニュースでしょうか。私たちの敷地内にある古い石垣で自生するクラブアップルの花が、今満開を迎えています。ここに集まるミツバチの羽音が実に見事です。虫の羽音 [続きを読む]
  • 3年ぶりの母国。アイルランドの音楽
  • ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、来月日本に行きます。3年ぶりの母国です。毎度のことながら、ここアイルランドから音楽も一緒に連れて行きます。夫のパットさん(フィドル)と素晴らしいボタンアコーディオン奏者で親しい友人でもあるオーインさんが、アイルランド西部の伝統音楽をたっぷり聴かせてくれます。二人は今回東京、名古屋、岡山、京都の4都市を回りますが、東京の2公演と前半の名古屋公演には私も同行してい [続きを読む]
  • 一通の手紙、心のお掃除
  • アイルランドの紅茶バリーズティーを中心に、オンラインで紅茶の販売をしています。アイルランドからの郵送なので発送には1週間ほどのお時間をいただきますが、我が家の定番でもあるアイルランドのおいしい紅茶を日本の皆さんにお届けすることができ、幸せです。アイルランド田舎生活の小さなお店ここで、定期的に紅茶を注文してくださる方がいらっしゃいます。数か月前にちょっとした行き違いへの対応をさせていただいたところ、 [続きを読む]
  • NHKラジオ番組「ちきゅうラジオ」に出演します
  • 突然ですが、今週の日曜日、4月30日にNHKのラジオ番組「ちきゅうラジオ」に出演します。ちきゅうラジオは、日本国内ではNHKラジオ第1、海外向けではNHKワールド・ラジオ日本にて毎週土曜日と日曜日に生放送される2時間弱の番組です。タイトル通り、世界のさまざまな文化や価値観を紹介していてとても面白い内容の番組です。日  時:4月30日(日) 17:05〜18:50(日本時間) 今週の日曜日です。番組名:ちきゅうラジオ今回私が [続きを読む]
  • 静かなうどん
  • ここ数年ほど、和食を作ることがめっきり減りました。お醤油や味噌の味は食べると懐かしくて嬉しいのですが、日本の食材も自由に手に入らない中では限界があります。それに、私の暮らすアイルランドという土地で育たないものを流通に依存してまで食べ続けようとする食生活にも、疑問を抱くようになりました。自分のふるさとの味にしがみつくよりは、私が変わればいいのでは?と自然に思えるようになったのも、13年という時のせいな [続きを読む]
  • 初春のスナック、アスパラガス
  • リンボクの咲き乱れるアイルランド。春のさえずりとはまさにこのことと言わんばかりに、鳥たちが謳歌しています。我が家の畑の準備も着々と進む4月、ビニールハウスの中でにょきにょきと土から顔を出すアスパラガスを楽しんでいます。種から育てたアスパラガスを鉢植えにして2株ほど持っていたのを、去年の春に初めてビニールハウスの中に地植えしてみたのです。株を植えっぱなしにしておけば数年は収穫ができるアスパラガスは、ア [続きを読む]
  • 子どもに火のつけ方を教える
  • 我が家の暖房設備は薪ストーブが要です。(ブログ記事→「できることから始めよう ストーブとお湯の暖房」)ちょっと寒くなってきたな、と思ったら古い新聞紙を何枚か丸めてストーブに投入、その上に小枝などをうまくアレンジして載せ、マッチを擦って火をつけます。燃えてきたらすかさず大きめの薪をいくつか投入していきますが、これもコツのようなものがあってうまくやらないと途中で火が消えてしまうこともあります。ボタンひ [続きを読む]
  • 聖パトリックの日に・・シャムロックの羊毛ブローチ
  • 明日は3月17日、聖パトリックの日ですね。アイルランドではこの日は祝日で子どもたちの学校もお休みとなります。地域の各町村ではパレードが催されるので、私にとっては子どもたちを連れて慌ただしく移動する日でもあります。この日に向けて、毎年毛糸を使ってある小物を作っています。聖パトリックの日には胸元に本物のシャムロックの植物を束ねてつけますが、そう簡単に手に入るわけではありません。そこでこれに似たものをウー [続きを読む]
  • ゴールウェイの悲しい赤ちゃんたち
  • 本日は、アイルランドの歴史に触れるお話をご紹介させていただきます。決して楽しい話ではありませんが、今日は「女性の日」であることと、この国の形を知るうえでとても大切な歴史の1ページですので、日本の皆さんにもお伝えしたいと思いました。ここ数日アイルランドのメディアを騒がせている、悲しいニュースがあります。アイルランド西部ゴールウェイ州にある町チューム(Tuam)のとある敷地に、未熟児から3歳児までの赤ちゃん [続きを読む]
  • 30歳年上の友人
  • 冬になると、週に一度決まった日に近所に住む女性の家を訪ねます。一人暮らしの彼女はおしゃべり相手が来るのをいつも楽しみにしていて、午前中の2時間ほどを共に過ごします。洋裁や編み物の得意な彼女は、いつでも何か作っています。彼女の家を訪ねる時は、私も今自分が編んでいるセーターや手袋などを手提げかばんに入れて持っていき、お互い手を動かしながらおしゃべりをするのです。彼女はお茶を飲みません。もっぱらコーヒー [続きを読む]
  • 一番おいしいハチミツに出合う
  • 瓶の中のこれ。一見何だか分からないですよね?実は、ハチミツなんです。よく遊びに行く村のパブ、ここでボタンアコーディオンを演奏する親しい友人からもらいました。彼は趣味で養蜂をやっていて、養蜂ビギナーズの私たちの良きアドバイザーとなっています。(過去の記事→「ようこそミツバチ!」)パブで一緒に音楽を楽しませてもらった夜、「帰るから、じゃあね」と声をかけると「あ、エリカ、ちょっと待って。僕も一緒に外に行 [続きを読む]
  • あなたは知ってる?ウールのいろいろ
  • ウールと一言でいっても、いろいろなウールがこの世界にはあります。セーターや帽子、手袋といったウール商品を購入する際に、どんな素材でできているのかラベル表示を必ず見てから・・という方は多いのではないでしょうか。本日は、意外に知らない(かもしれない)ウール素材のいろいろを見ていきたいと思います。一般的なウールの代表格と言えばやはり羊毛でしょうか。言うまでもなく、これは羊の毛のことですね。中には、特定の [続きを読む]
  • 今年の新作、アイルランドの指なし手袋
  • さて、この冬も飽きることなくいそいそと毛糸に向かっている私。この前の冬にハンドメイドのオンライン通販「iichi(いいち)」さんにて出店をスタートし、ゆっくりではありますが私の手作りした品が日本の方のお手元に届いています。何という幸せでしょうか。日々の生活をこなしながら新作を次々と出していくことは私には難しく、膨大な時間を要します。このたび、1年ぶりに指なし手袋の新作を完成させることができましたので、本 [続きを読む]
  • 冬は根菜!
  • 皆さんご無沙汰しておりました。クリスマスが終わって、お正月も終わって、気がつけば久々のブログ更新となってしまいました。まあこれも「アイルランド不定期便」ということで・・・良しとしましょう。年初めには毎年気持ちを引き締めて、やや生真面目なごあいさつをするのがここ数年の恒例となっていました。今年は何を書こう・・・としばらく考えてはいたものの、変に説教臭くなるのも嫌だしなあ・・。直接的なことを一方通行で [続きを読む]
  • ハプニングを越えて。ニワトリの飼育
  • 朝食を済ませてから、小屋の中のニワトリを放して餌をやるのが私の日課です。今年の春に初めて飼い始めた2羽のニワトリは今も元気に・・とご報告したいところですが、その後ちょっとしたハプニングがありました。キツネに獲られたのです。我が家では2羽のカモも含めて基本的には放し飼いで飼っていましたが、どうやら賢いキツネに在りかを突き止められたようです。初めの1羽を獲られたあともハプニングは相次ぎ、買い足しては失っ [続きを読む]
  • 落ち葉でコンポスト作りしましょう
  • 冬は畑仕事が一段落する季節。肌寒く、日も短くなって家の中で過ごす時間が自然と増えるものです。ですが、何も作業がないわけではありません。冬は畑のコンポスト作り、土作りにいそしむのが恒例となりつつあります。栄養満点のコンポストを作るには、いろいろな素材を使うことができます。我が家の場合はすべて身の回りにあるもので作るのが普通で、台所から出る生ごみや芝刈りをしたあとの芝、雑草などのほかにも新聞紙や段ボー [続きを読む]