日本唯一 Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所 さん プロフィール

  •  
日本唯一 Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所さん: 日本唯一 Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所
ハンドル名日本唯一 Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所 さん
ブログタイトル日本唯一 Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所
ブログURLhttp://ameblo.jp/officecpsr/
サイト紹介文日本唯一の臨床心理士・社会保険労務士を保有する"こころと法律の専門家"が毎日社長のお役に立つ情報を
自由文当事務所の代表の保有資格として、


臨床心理士(Clinical Psychologist)


社会保険労務士(通称SR)


産業カウンセラー(Industrial Councelor)


があります(日本でも臨床心理士・社会保険労務士を同時に保有しているのは数少なく、複数の視点から実際にお役にたつ提案をすることができます)。
http://www.officecpsr.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/05/06 20:27

日本唯一 Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ストレスチェックの実施者に院長がなれるでしょうか?【医療機関向け】
  • 意外になやまれている医療機関ストレスチェックのセミナーを実施していると案外ストレスチェックで困っているのは医療機関であるケースが多いです。医療機関にはたくさんお医者さんがいるのでどうして?と思われるかもしれませんが、今回のストレスチェックの実施者である医師は、人事権がないこととされています。つまり院長のような方はストレスチェックの実施者にはなれないのです。この要件が多くの病院で障壁となり、例えば精 [続きを読む]
  • ストレスチェック制度の導入手順 その1【経営者向け】
  • ストレスチェック制度導入手順これまで、ストレスチェックやメンタルヘルス対策の重要性をお伝えしてきました。では、まずはストレスチェック制度を導入しようと考えた時に何から手をつければよいのでしょうか?本シリーズでは簡単に流れをご説明したいと思います。詳細な手順は拙著「よくわかる!ストレスチェック制度の業務フローと実務」(日本法令)や「図解ストレスチェック実施・活用ガイド」(中央経済社)を参照いただけれ [続きを読む]
  • ストレスチェックはまず初めに何をすればよいのか?【経営者向け】
  • まずは何からはじめればよいのか? ストレスチェックを導入しようと思ったときに最初にすべきことは何でしょうか?就業規則の点検・業者の選定等さまざま思いつかれると思いますが、当事務所ではまずは以下産業医との関係を確認することをお勧めしています。産業医の考え方を確認する いろいろなセミナーなどで経営者の方から「まずは何から始めたらよいですか?」という質問をいただきます。その際に私が必ずお尋ねしているのは [続きを読む]
  • カウンセラーの国家資格ができます
  • ついにカウンセラーの国家資格が昨日2015年9月9日は、心理関係者にとっては大きな一日だったと思います。これまで心理カウンセラーには、国家資格がありませんでした。一番有名な臨床心理士ですら準国家資格として扱われてはいましたが、国家資格ではありませんでした。その結果、2015年12月からはじまるストレスチェック制度の実施者として、臨床心理士は入っていませんでした。新しい国家資格の名前は?今回可決されたのは「公認 [続きを読む]
  • ストレスチェックを社員に受けてもらうための5つのポイント【経営者向け】
  • 実際に運用が始まったら起きてくる疑問ですストレスチェックを実際に導入したものの、なかなか社員が受けてくれないというのはよく聞く話です。私は、法改正でストレスチェックが義務化される前からストレスチェックの導入に携わってきましたが、ストレスチェックの受検率を向上させるにはいくつかのポイントがあると感じています。それらを5つ、あげてみます。<受検率アップのポイント>?プライバシー保護がきちんと担保されて [続きを読む]
  • メンタルヘルス不調とはどのような状態なのか?【すべて労働者向け】
  • メンタルヘルス不調とはどんな状態なのかここ数年、一般的な事業所であっても、人事部などの管理部署ではなく、普通の事業部門の中で「メンタルヘルス問題」や「メンタルヘルス不調」あるいは「メンタル」といった言葉を聞くことが珍しくなくなってきました。メンタルヘルス不調とは?本来、メンタルヘルス不調とは「うつ病等の精神疾患」を指します。しかしながら現実では、もっと幅広い意味で用いられていて、「身体疾患以外で体 [続きを読む]
  • 過去の記事 …