hojo さん プロフィール

  •  
hojoさん: ベビ待ちMEMO
ハンドル名hojo さん
ブログタイトルベビ待ちMEMO
ブログURLhttp://ivory.ap.teacup.com/hojo/
サイト紹介文赤ちゃん待ちをしている方へ、自らの不妊体験を踏まえて妊娠のヒント、気づいた事をお伝えします。
自由文私は患者さんを診る立場にある医師ですが、私自身、妻と共に不妊治療を4年もの間
受けていた経験があります。そして、私が患者側に立ったことにより、不妊治療につ
いていろいろと考えさせられました。
赤ちゃん待ちをしている方へ、自らの不妊体験を踏まえて妊娠のヒント、気づいた事をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/05/08 10:47

hojo さんのブログ記事

  • 漢方薬と体調と妊娠力アップ
  • 「不妊ルーム」での漢方薬を使用する際の特徴として、西洋医学的な視点をもって処方するということです。黄体機能不全であれば、漢方薬の服用によって、黄体ホルモンの数値が改善してくるかどうか、排卵障害であれば、実際に超音波検査で排卵が認められるか、などといった確認をしているのです。そして、健康保険適応ですから、本人負担は、月に2000〜3000円程度です。実際に当院の漢方薬を服用されている女性は、漢方薬に [続きを読む]
  • 体外受精卒業というキーワード
  • 最近「不妊ルーム」に訪れる方で、第一子を体外受精で授かって、第二子を自然妊娠したいと言う方がとても増えています。そうした女性のひとりが発した言葉が、「体外受精は卒業しました。第二子は先生のところでお願いします」というものでした。私はこれはよい傾向なのではないかと思っています。数年前より私は比較的年齢の若い女性に対しても、ご夫婦が納得されるのであれば、体外受精に臨んでいいとアドバイスしてきました。手 [続きを読む]
  • 人工授精には相性がある
  • 人工授精には医療機関との相性もあります。二人目不妊の相談でこられた女性がいました。この方はご主人の精子が若干少ない、いわゆる乏精子症と診断され、第一子を人工授精で授かることができました。それで第二子は自然妊娠を希望されて相談に見えたわけです。確かにパートナーのデータは、自然妊娠が可能か、人工授精かのギリギリの数字でしたので、私は精子の数を増やす漢方薬などを処方して様子を見ることにしました。幸いなこ [続きを読む]
  • インターネット不妊の方急増中!
  • 近年、医療機関のホームページの情報は、PRの色彩を年を追うごとに濃くしています。インターネットは世界中の誰でも、自らが情報を発信できることを特質としており、これに制限を加えるということは好ましくないでしょう。問題はその情報を読みとる側が、目利きになることが大切なのです。不妊のことを勉強している人ほど、妊娠しづらくなります。そして、そうした人々が持つ情報の傾向として、自らに都合のよい情報を収集しよう [続きを読む]
  • 「赤ちゃんができない」思い込み症候群
  • 人間にとって、思い込みは怖いものです。負けると思って出た試合は、戦う前から負けているようなものです。よく自己暗示といいますが、スポーツ選手ではイメージトレーニングを大切にしている人がたくさんいます。私は妊娠においても、同様のことがいえるような気がしています。「自分には赤ちゃんができないのではないか?」といったマイナスの自己暗示は、本来備わっている妊娠力が低下していまうことにもなりかねません。何事に [続きを読む]
  • 妊娠しやすい人、しにくい人
  •  私が「不妊ルーム」でフォローアップした方で、妊娠する方が増えてくるにつれて感じるようになったことがあります。女性の年齢が若く、病気の程度が軽く、治療歴が浅ければ、妊娠に至りやすいであろうことは容易に想像できます。しかし、最近つくづく感じるのは、妊娠しやすい心の持ち方、しずらい心の持ち方というものがあるのではないか、ということです。 それでは、具体的にはどのような人が妊娠しやすいのでしょうか? そ [続きを読む]
  • 卵子は24時間だけ受精できる!
  • 排卵した卵子が精子と受精できる能力を持つのは、通常24時間以内と考えられています。この時期にタイミングよくセックスを持った場合、女性の膣内には通常1億〜3億程度の精子が放出されることになります。排卵する卵子は1個なのに対して、1回に放出される精子は数億個です。ここから精子の受精に向けたいわばサバイバル・レースが始まるのです。まず、精子は子宮の中に移動しなければならないのですが、これも膣から子宮へ向 [続きを読む]
  • 「不妊ルーム」は妊娠を通院者と増加させました
  • 「不妊ルーム」は、今から16年前に、不妊治療に対する違和感からスタートしました。私は、”不妊治療だけが妊娠に至る道ではない”をモットーに、内科的なアプローチで妊娠にとりくんできました。そして最近になってつくづく思うのは、「不妊ルーム」は、通院されている方とともに歩んできたということです。今から9年前に、お腹の上からの超音波検査による卵胞チェックを開始しました。そのきっかけは、腹部超音波検査で、「こ [続きを読む]
  • FSHやLHがよくないときは?
  • 不妊診療の現場では、FSHの数値がよくないと、AMHなどと同様に「卵巣が老化しています。早く体外授精に進みましょう」などといったことになりやすいのです。FSHやLHの値が高い場合でも打つ手はないのでしょうか?「不妊ルーム」では、FSHが高い場合、漢方薬を処方することによって、多くのケースで効果が見られることを実感しています。漢方薬は体内インフラを整えるアイテムのひとつであり、体内インフラを整えるこ [続きを読む]
  • ある女優さんが「不妊ルーム」を訪れたときは、、、
  • ある女優さんのケースです。最初に「不妊ルーム」に来られた時は、”女優さんしている”感じでした。高ピーというか、”私のこと知ってるー?”って感じなのです。そしてその方は、不妊に関係する病気が、大変な状況でもありました。それで、「不妊ルーム」でのフォローアップは無理だと思いましたので、すぐに不妊の先生を紹介しますと提案したのです。ところが、彼女は、当時仕事が忙しいということで、何とか舞台が終わるまで、 [続きを読む]
  • タイミング法の壁
  • 女性は通常、左右どちらかの卵巣から卵子が生理開始日から二週間前後で排卵します。排卵直前の卵子は直径が2cm前後の卵胞という袋の中に存在しますから、経膣超音波検査で卵胞の大きさを測り、女性にセックスを行うタイミングをアドバイスします。しかしこのタイミング指導にも大きな問題点が存在します。その最大の問題点は、セックスの質を変えてしまうという事です。これまでは快楽を求め、愛情の表現として行っていた行為が、 [続きを読む]
  • 妊娠できない思い込み症候群
  • 精液検査を1回受けて結果が悪いと、自分は男性機能が劣っているのだと思い込んでしまう方がいます。こういう方は、再検査を受けることをおすすめします。精液検査は、体調や採取の状況によって大きく変動するのです。女性も黄体ホルモンの検査で値が低いと、自分は黄体機能不全と思い込んでしまう方がいます。黄体ホルモンの値も生理周期とのかねあいで大きく変動します。この場合も、検査を受けた医療機関の医師に再検査をお願い [続きを読む]
  • 基礎体温表は卵巣の状態を映す鏡
  •  タイミング法の基本中の基本が「基礎体温表」をつけるということです。最近、不妊治療の現場ではだんだんと、この基礎体温表がないがしろにされているように感じていますが、残念なことです。また、つけることが目的となって、有効に活用していない方もたくさんいます。基礎体温とは、目がさめたらベッドから起き上がる前に測る体温のことです。測るといっても普通の体温計ではなく「婦人体温計」を使います。 私は、基礎体温表 [続きを読む]
  • 進んで年をとらない!
  • 女性のほうが年を気にするからでしょうか? 私は患者さん(特に女性の)とお話ししていて、とても気になることがあるのです。それは、自分の年を必要以上に気にしすぎるきらいがあるということです。「不妊ルーム」に来られた方には、問診表に生年月日と年齢を書いていただくので、私にはその女性の年齢が分かります。そこで「あなたは35歳ですね」と聞くと「今年36になります」と答える人が少なくないのです。その人は誕生日の前 [続きを読む]
  • 子どもが欲しくない女性が「不妊ルーム」に来院して、、、
  • 多くのかたは、子どもを望んで「不妊ルーム」に来院されます。大変印象深いケースですけれども、非常に面白い方もおられるのです。かなり前になりますけれども、ある女性が「不妊ルーム」に相談にこられました。ところがその女性は、椅子にすわると、「私は子どもはいりません」と言うわけです。それで私が不思議に思って、「子どもがいらないのになぜ、「不妊ルーム」にくるのですか?」と聞きました。彼女が言うには、「私は子ど [続きを読む]
  • 42歳で妊娠された女性の言葉
  • 「不妊ルーム」は、開設してから数年の間、フォローアップをする女性の年齢を40歳未満としていました。それは、当時は内科医である私が、40歳以上の女性を、妊娠という目的に向かってナビゲーションしていく自信がなかったことも正直ありました。その後、フォローアップを希望される女性が増えるにつれて、また「不妊ルーム」もいろいろな工夫を行ったことによって、妊娠は増えていきました。それでも、年齢制限の撤廃にはなか [続きを読む]
  • 妊娠に対する男女間の温度差
  • 赤ちゃんを望んでいるのに、なかなか妊娠できないという状態は、夫婦どちらにとってもストレスを感じるものです。ましてや不妊治療を受けるとなると、ふたりの上には相当強いストレスがのしかかってきます。「不妊は夫婦二人の問題ですから夫婦二人で取り組みましょう」と、よく耳にします。正論のように聞こえます。しかしながら不妊治療はその実際において、検査や治療のほとんどを女性が受けなければならない、極めて女性の負担 [続きを読む]
  • 妊娠を追いかけると逃げてゆく
  • 妊娠、赤ちゃんのことにとらわれすぎないことは大切です。夫婦の会話の中心が、妊娠のことばかりになっていませんか? あるいは、ことあるごとに不妊の話をパートナーにもちかけていませんか? もういちど、最近の日常をふりかえってみましょう。もし、そういうことがあれば、一度、赤ちゃんのことや不妊治療のことを頭から切り離す勇気をもってください。私がいつも感じていることは、不妊は一刻を争う病気ではないということ、 [続きを読む]
  • 妊娠5割の壁
  • かなり前の話になりますが、「不妊ルーム」で女性のフォローアップを行うようになってから、”5割の壁”というものを、意識した時期がありました。今から12年前に『妊娠レッスン』という本を出し、幸いなことにベストセラーとなったこともあり、「不妊ルーム」でフォローアップを希望される方が増加しました。それと共に、妊娠される方も、月を追うごとに増えていったのです。そして、フォローアップした方が、その後妊娠されの [続きを読む]
  • 妊娠力アップとDHEAの関係
  • 「不妊ルーム」では、40代で妊娠される方が、安定的に出るようになりました。その理由のひとつとして考えられるのは、DHEAの値をとても繊細にコントロールしていることです。DHEAは、私の本(『35歳からの妊娠スタイル』)でも述べているように、女性ホルモンの前駆体、すなわち原料です。メカニズムは、はっきりしませんが、DHEAの低い女性が、DHEAサプリメントを服用すると、質の良い卵子が排卵される可能性が高くなります。 [続きを読む]
  • 44歳女性が妊娠した理由
  • 「不妊ルーム」で、44歳の女性が妊娠されました。彼女が妊娠に至った理由を考えてみたいと思います。医学的な理由づけとしては、彼女は不妊治療経験がありませんでした。ですから、hCGやhMGといった、卵子や卵巣の老化を早めてしまう注射などが一切行われていません。これは大変重要な点です。その一方で、彼女は妊娠しやすい性格だったと言えると思います。本人は年齢はもちろん自覚されていましたが、いつも前向きで明るく、ポ [続きを読む]
  • 「カウンセリング妊娠」とは?
  • 37歳の女性が、妊娠されました。妊娠反応陽性時の治療は、「漢方薬+DHEAサプリメント」でした。しかし、彼女の妊娠の特記すべきことは、「体外受精カウンセリング」の予約をしていたということです。実は、こういう形の妊娠が、珍しくないのです。「体外受精カウンセリング」を予約すると、妊娠して、結局体外受精が必要なくなるということが、よく起こります。なぜこんなことになるのでしょうか? その理由は、私はシンプルだ [続きを読む]
  • 不妊を経験して子どもを授かるということ
  • 世の中には、子供の虐待や、ネグレクト(育児放棄)などといったニュースが、毎日のように報道されています。その一方で、子どもに恵まれないカップルがたくさんいます。「不妊ルーム」に来られる方は、不妊治療でつらい経験されていたり、子どもを授かることに、つまづきを感じておられる方が大半です。私はいつも思うのですが、そうしたハードルを乗り越えて子どもを授かった場合、つきあって、結婚して、ごく自然に子どもができ [続きを読む]
  • 妊娠しやすいダイエット
  • ダイエットに関心のない女性は、いないと思います。しかしながら、多くの女性が理想としている体型は、女優さんや、雑誌のグラビアなどのモデルさんだったりします。しかし、女優さん、モデルさんたちの体型は、私の目から見れば痩せすぎです。もしあなたが妊娠を願うのであれば、妊娠へアプローチしていけるダイエットを目指していただきたいと思います。BMI(ボディ・マス・インデックス)というのをご存知でしょうか? 体重(k [続きを読む]
  • 妊娠しやすい人になる!
  • 「不妊ルーム」では、毎月10名前後の方が妊娠されますが、妊娠にいたる方には特徴があることには、以前より気がついていました。黄体機能不全がない人が、ある人より、基礎体温表がきれいな人が、そうでない人より妊娠しやすいことは、だれでも理解できると思います。また、夫婦の愛情が強く結ばれている方が、そうでないカップルより ”妊娠力 ”が高いことも容易に想像できるでしょう。しかし、そういったこととは別に、女性 [続きを読む]