なすび さん プロフィール

  •  
なすびさん: 春秋日誌
ハンドル名なすび さん
ブログタイトル春秋日誌
ブログURLhttp://ara50single.seesaa.net/
サイト紹介文早期退職が近い50男の独言です。リタイヤ後の生活設計、会社生活、個人の思いを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/05/09 15:45

なすび さんのブログ記事

  • 韓国について
  • ソウル・オリンピックが開かれたのは1988年である。当時一番付き合いのあった友人がオリンピックを観に初めて海外(ソウル)に行ったのでよく憶えている。普通のホテルが足りなくて、彼はラブホに泊められたらしい。彼はソウルによい印象は持たなかった。オリンピック以前の韓国は一般の日本人にとって「近くて遠い国」で、ほとんど印象にない国であった。もちろんマスメディアも韓国の話題を報じることはなかった。当時の日本人に [続きを読む]
  • 母と薔薇
  • 地方で人気があるのは薔薇園である。中高年の女性が薔薇好きだからである。もちろん、私の母(85歳)も例外ではない。車を運転するオジサンも妻や母には逆らえない。よって彼女らを乗せて薔薇園に行くことになる。県下の行楽地もその辺は了承済みなようで、薔薇園が充実している。薔薇のトンネルや薔薇のタワーができていて、ロマンチック○○などという命名がされている。「薔薇でも見に行くか」と言うと、母はいそいそと準備をす [続きを読む]
  • テレビはスポーツだけでいい
  • テロ等準備罪が23日に衆院可決されるようだ。まだ可決されていなかったのか。先進国・中進国でテロ罪を持たない国はない。持たないのは独裁国、小国の一部だけである。マスメディアでこの事実を報道すれば、反対する国民などいないと思うが、日本のメディアは異常なので報道しない。困ったものである。憲法もそうである。武装放棄する憲法など世界中にない。特異な憲法である。もちろん、そんな憲法がいいと思う国はないので、ど [続きを読む]
  • 海外旅行について
  • 月に一回程度電話してくる年上の友人がいる。同じ会社の同僚で、61まで働き、今年の3月にリタイアした。彼も独身(彼はバツイチ)で老後資金に余裕がある。そんな状態で働き続けることに虚しさを感じたのだろう。彼の趣味は海外旅行である。50を過ぎた頃から年に数回ペースで行っていた。今年は4月にベトナムに行き、5月にはスペインに行くようだ。結構なことである。私も「身体の動くうちに行きたいところに行ったほうがい [続きを読む]
  • 残念な写真
  • GWは人が多いので、その前に観光は終えておきたい。ということで、昨日今日は観光地を巡った。それにしても車は便利だ。地方は入場料や駐車場代を取るところが少ないので、かかるのは昼食代だけである。今日は県下2位のラーメン屋でラーメンを食べた。それ以外に金を払わなかった。これでいいのだろうか、もっと地域経済に貢献すべきではなかったのかと反省している。車の唯一の欠点は酒が飲めないことである。今日のラーメンは [続きを読む]
  • 外食がしたくなった
  • 冬場のランチは道の駅で総菜や弁当を買い、家で食べることが多かった。炬燵でパソコンを見ながらビールと一緒に食べた。しかし、4月も半ば過ぎて温かくなると外食がしたくなった。家でじっとしているのは詰まらない。要は外出欲が高まってきているのだろう。馴染みのラーメン店を何軒か回った。好みは去年と変わっていない。私の評価は食べログと同じではない。近所に県下有数の有名ラーメン店があるが、それほど旨いとも思えない [続きを読む]
  • 牡丹
  • 母が牡丹が欲しいというので園芸店に連れて行った。一昨日のことである。紫とピンクの牡丹が家にあるので、黄色がよかろうということになった。花は散りかかっているが、来年以降は楽しめそうだ。紫の牡丹の木は大きくなって、今年は蕾を10個つけた。一番早く開いた花を撮った。咲き始めの花は緩みがなくシャープな印象である。時間とともに崩れてゆく。花も人間と同じだ。 [続きを読む]
  • 正直な気持ち
  • 北朝鮮から目が離せない。毎日、ニュースをチェックしている。結局、私は半島有事を期待しているのだろう。半島有事になれば、日本人だけでなく他国の人も被害を受ける。そんなことはないほうがいいのだが、かといって肥大化している癌細胞を放っておくわけにはいかない。結局いつかは切らないといけない腫瘍なら小さいうちに切ったほうがいい。延ばせば延ばすだけ切るのも大変になり、痛みも大きくなる。これをきっかけに日本が変 [続きを読む]
  • 半島有事に備えて
  • アメリカが北朝鮮を攻撃する可能性が高まっている。トラブルに巻き込まれたくない人は以下を注意したらいいだろう。①海外に行かない。 戦闘が始まれば飛行機のダイヤは無茶苦茶になる。 予定通り帰国できない可能性が高い。 当然だが、北と国境を接した韓国、中国東北部は危険地帯になる。②在日米軍基地の近辺には行かない。 北が日本にミサイルで攻撃するとしたら米軍基地と大都市である。③大都市には行かない。 ミサイル [続きを読む]
  • 花見酒
  • 桜はまだ咲いているが、雨が降っているので出かける気がしない。自宅で花見酒をすることにした。最近は杯ではなく蕎麦猪口で日本酒を飲んでいる。一遍にたくさん入るから、台所まで酒を足しに行く必要がない。あては山葵の醤油漬けである。つーんと辛いから結構酒が進む。山葵の葉自体はそれほど高いものではないが、瓶詰の醤油漬けになると安くはない。上手に辛みを出すのは店屋でも難しいのかもしれない。書斎から見る桜はこんな [続きを読む]
  • 庭の桜
  • 庭の桜も見頃を迎えた。八分咲きだが、これくらいが一番いいかもしれない。満開だとすぐにでも散りそうな感じがする。奥に見えるのは私の書斎である。この季節は桜を眺めながら酒が飲めるので大変結構だ。今朝は酒屋に寄って、いい日本酒を買ってきた。いつものように昼間から飲んでいる。道の駅で芹と筍を買った。芹は香り高くて好きな野菜だ。筍は今年初めて食べる。美味しいといいが・・・。 [続きを読む]
  • カワラヒワ
  • 庭の日向で鳥が休んでいた。木の枝や地面で活動しているのは珍しくないが、地べたにじっとしているのは珍しい。近寄っても逃げる様子はない。体調が悪いのか。さらに近づくと逃げた。ほっこりし過ぎて私に気がつかなかったようだ。ネットで調べるとカワラヒワという鳥だと思われる。植物の種子を食べることが多いらしいから、地面を突き回し、疲れて休んでいたのだろう。ついてに手水鉢を撮った。そばにピンク色の小さな花が咲いて [続きを読む]
  • 花見について
  • 桜の見頃というのは、同県であれば一週間である。土日は人が多いし、雨が降る日もあるだろう。私のように年中暇人でも、花見ができるのは年に2、3日だと思ったらいい。現在、県内の桜名所サイトを見ながらプラン作りをしている。同地域で2、3ヶ所、それを3地域分選択している。それで3日分だ。選から漏れた場所は来年である。桜というのはたくさん樹があればいいというものではない。伝統的な建物や風情のある山川に程よく配 [続きを読む]
  • 退屈が嫌いではない
  • バチバチと強い雨音がするから何かと思ったら雹であった。昨日のことである。珍しいから写真を撮ってみた。桜が咲こうかという季節だが、この時期は天候が不順だ。体調を崩しやすい。私も何となく風邪気味で家に引きこもり状態である。出るのは一日一回、車で買い物に行くだけ。あとはビールを飲みながらネットをして、気が向けば庭で草取りをする。誰かに退屈しないのかと言われそうである。確かに退屈といえば退屈だが私は退屈が [続きを読む]
  • 庭の白木蓮
  • 庭の白木蓮が満開である。この花も桜同様切ない花で、春の数日咲けばお終いである。夏場は楕円形の大きな葉を茂らせ、冬場は葉を落とし丸坊主だ。今の季節以外まるで風情がない。白木蓮もこの一週間のために生きているわけではないと思うが、年に数日のことだ。はやり、この木にとっても特別な期間といっていいだろう。白木蓮の原産地は中国西部である。温かい地域の花だから、熱帯と中国を足して二で割ったような風情がある。仏教 [続きを読む]
  • 我が家の庭(春)
  • 今年は花の咲きが遅い。冬が寒かったのだろう。白木蓮がようやく開いた。去年は3月20日が満開だったから、一週間遅れである。写真で改めて見ると、なんだか切ない花である。青春の儚さを感じてしまう。椿は何本かあって、今が見頃である。枝が揺れていると思ったら、鳥が蜜を吸っている。栄養をつけて無事、北に渡って欲しいものだ。名前は分からないが、雪柳系の木である。こういう花が一番春らしいかもしれない。白い小さな花 [続きを読む]
  • 借りたい本は少ない
  • 月に2〜3回、図書館に行く。暇つぶしである。せっかく図書館に来たのだから、何冊か借りたいと思う。小さな図書館ではない。それなりに図書は充実している。が、借りたい本は少ない。結局いつも借りるのは「食」に関する本だ。これが今の私の興味の対象なんだろう。これ以外に見るのは地元の図書コーナー。目的は「地元観光」情報の収集である。しかし、既に借り尽くしたので、新しい情報はない。「古代日本史」コーナーもチェッ [続きを読む]
  • 花を追う旅
  • リタイアに憧れていた40代の頃、してみたいと思う旅があった。鹿児島から北海道まで桜の開花を追う車旅である。今年の開花予報は以下の通りだから、3月31日から5月10日までの40日の旅となる。男の一人旅である。宿を取ってもいいし、車中泊でもいい。ただ、あまり贅沢過ぎないほうがいい。花への感受性が鈍るから。飽くまでストイックに桜を追う旅である。夜は繁華街の居酒屋で呑んでもいいし、桜公園の露店でたこ焼きを [続きを読む]
  • パククネが失った特権
  • パククネ(韓国大統領)は弾劾されなければ、退任した後、国から以下の権利が頂けたようだ。 ①月120万円の年金 ②事務所および秘書 ③医療費無料もし、私(56歳の独身リタイア者)に同じ権利が頂けるとしたら、こんな感じだ。 ①月120万円は使い切れない。  正直、使い道に困る。  車を外車に代えてもいいが、今のデミオが気に入っているので困ったものだ。  美食三昧といきたいが、毎食、料亭料理では飽きる。 [続きを読む]
  • 斬首作戦
  • パククネの罷免が決定した。彼女が直接の原因というより、韓国経済が悪いからスケープゴートにされたというのが正解だろう。経済が悪いと国民感情が荒れ、民意が善からぬプロパガンダに引っかかり易くなる。感情の起伏が激しい韓国民だからなおさらだ。パククネは悪いターンで大統領クジを引いたのだろう。日本でもサヨクといえば反日・親中韓だが、韓国も事情が同じで反韓・親中朝らしい。韓国では次期大統領はサヨクといわれてい [続きを読む]
  • 続・「虎ノ門ニュース」について
  • 毎日「虎ノ門ニュース」を聴いている。日替りでコメンテーターが時事について語るネット番組だ。以前も一度書いたが、番組の改変があったので再び語ってみる。コメンテーターは以下の通り。【】は必ず出るメインキャスターで、その他は隔週の参加だ。 月:【青山繁晴】 火:【百田尚樹】、【日替りゲスト】 水:ケント・ギルバート、井上和彦、上念司 、半井小絵 木:【有本香】、小川榮太郎、竹田恒泰 金:【武田邦彦】、須 [続きを読む]
  • 我が家の庭(早春)
  • 雨上りのひと時、庭に咲いている花を撮ってみた。梅はこんな状態が2週間以上続いている。散らない花は有難みが少ない。椿は今が盛りである。母が好きで植えたから、狭い庭に4、5本ある。これはカリンである。新芽が出てきた。毎年、数個の実がなるが、まったく使い道がない。クリスマスローズである。一時期流行った花で、どこの庭にもあるだろう。私のところも数色の株がある。この写真を撮り終えた頃、雨が激しくなった。一雨 [続きを読む]
  • 今週は出歩いている
  • 今週は出歩いている。河津桜を見て、藪椿を見て、梅林を散策した。花は満開がいいが、ちょうどの時期に行くのは難しい。ネットで調べているが、よほど有名どころでないとリアルタイムの情報は手に入らない。河津桜、藪椿は少し遅く、梅林は少し早かった。実家に帰ってからブログ村の自県サイトをよく見ている。観光の助けになることは多いが、もう少しブロガーが増えて、もっと情報が欲しいものだ。私もそのうち別ブログを立てて県 [続きを読む]
  • 左翼ブロガーについて
  • ブログ村の政治サイトを見ると、森友学園ネタで埋め尽くされている。書いているのは左翼ブロガー・・・余程お困りなんだろう。いくら突いても政権を揺るがすような案件ではない。テロ法を覆したいのだろうが、不可能である。私としては法の成立を阻止するより、テロをしないことをお勧めする。左翼ブロガーは組織色が強い。共産党か、民進党の党員と思われる人が大半である。きっと上層から指示が出ているのだろう。私は以前から不 [続きを読む]
  • 一年に一日の楽しみ
  • 今日は「将棋界の一番長い日(A級リーグの最終戦)」である。昼過ぎからパソコンでアメーバTVを見ながら棋譜を並べている。日頃は将棋盤など出さないが、今日は名人挑戦者、降級者が決まるので特別だ。この駒と盤は10年位前、京都のしかるべき店で買った。盤は標準品であるが、駒は駒師による手彫りである。駒は文字を彫った後、漆で墨を入れるが、漆の厚さで値段が変わる。「普通」「厚い」「盛り上げる」の順で高価になる。 [続きを読む]