王者の剣 さん プロフィール

  •  
王者の剣さん: 広布の大河に君ありて
ハンドル名王者の剣 さん
ブログタイトル広布の大河に君ありて
ブログURLhttp://mugenkosen.blog.fc2.com/
サイト紹介文創価学会員の日常にあふれる想い、信仰について、一壮年が綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/05/10 14:53

王者の剣 さんのブログ記事

  • 幸福のデパート
  •  先日、「信心していても苦しいです」という婦人部員さんと話をしました。その方はまじめな方で100万遍の題目にも挑戦されています。でも思うように晴れない・・・そんな悩みでした。 それで私はその方に「御本尊様の中にはあなたのほしいものが全部ありますよ。お金も健康も一家和楽も、なんでもあるんですよ。まさに幸福のデパートです。どんな不幸をもっていっても、幸福へと転じてくださる「幸福製造機」とも言われます。だ [続きを読む]
  • 誇り高き「幸の城」
  •   昨夜は支部の唱題会があり、新入会の婦人が、紹介者の男子部員とともに参加して下さいました。支部長からも「入会前より、顔が明るくなりましたね」と言われ、30分の唱題を元気にあげられました。何かあるごとに私にも電話が入ります。入会前から築いた信頼関係を大事にして、「学会に入ってよかった」と言ってくださるように、これからも力になっていきたいと思います。 この信心は実生活と離れてあるのではなく、「信心即 [続きを読む]
  • 春はもうそこまで
  •  昨年、家内と二人で圏で体験発表をさせていただいてから、様々な実証が出てまいりました。仕事の方も5月までの良い仕事が入り、子供の大学進学に合わせて出費が増える折、助かります。病をひとまず乗り越えた家内の方も元気な体となり、信心と仕事に励んでいます。 そして地区の折伏の成果も上がり、地域に波動を起こすことができました。明日は「支部壮年大会」。支部長の依頼で私は折伏の活動報告をさせてもらいます。遠慮せ [続きを読む]
  • 雪中座談会
  •  日本列島各地は、ここ数日、稀に見る豪雪に見舞われました。私の地域でも山間部ということもあり、30cmを越える積雪となり、隣の地区では最大70cmの雪が積もったそうです。 その地の配達員さんと連絡を取りましたら、早朝に聖教配達を済ませたそうで、これには恐れ入りました。早朝と言っても真っ暗です。私の方は事故の危険が高いと判断して、朝の配達を3日間、断念。道が通りやすくなった夕方に配達をしたのですが、 [続きを読む]
  • 2017開幕です。
  • 皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年は新年勤行会とともに、創価大学箱根駅伝出場で開幕いたしました。駅伝では順位が落ちたかと思うと、また順位をあげてと、ハラハラしどうしの、まさに学会員の人生のような、(笑) レースとなりました。最後は12位という素晴らしい結果でしたね。 1日の勤行会では、地区で新入会者が2名誕生し、私も前後、家庭訪問、御本尊ご安置とお世話 [続きを読む]
  • 歓喜は功徳の母
  •   いよいよ年の瀬も押し詰まってきました。今年は私にとっても非常にいい一年でありました。何より創価学会と共に広宣流布に生きる生命へと、一段と変革を遂げたことが大きな功徳だと思います。私にも「大願」に生きる生命がいよいよ顕現してきたと確信しています。そういう信念を日々、強め、深化させゆく一年となりました。 その信念が生命に根付いた以上、それに生きぬきたいと思います。同志の方と共に、「創価の大道」をど [続きを読む]
  • 闘志満々
  •   来年に向かい、折伏、広宣流布に一念を定めて祈っておりましたら、12月に入り、地区に入会希望の連絡が2件入りました。こちらは山深い過疎の村ですので、突然の入会事件(笑)に驚くやら、うれしいやら、自分でも何か不思議な力を感じています。 長年、祈り抜いてきた山が動き始め、大きく開きそうな「時」が来たことを感じます。 「一心」、「一念」というものは波動を起こしていくものです。まして妙法流布を念ずる「一念」 [続きを読む]
  • 「創価学会仏」の世界
  •  12月に入り、今年も残すところ、後1ヶ月となりました。まだ一年を振り返るのは早いかもしれませんが、今年の反省もしつつ、そして明年に備え、心の準備もしていきたいと思います。 世間では「一年の計は元旦にあり」ですが、年が明けて計を立てたのでは遅いですね。「来年の計は師走にあり」です。来年をどう生きるか、戦うか、今年以上に唱題と折伏戦に挑戦している自分を描きつつ・・・スタートダッシュをかけたいと思います [続きを読む]
  • 題目だけが私の兵法
  •  20日には任用試験が全国の会場で行われました。今回、私も内外3名の壮年、一人の婦人部の方のお世話をし、大白蓮華を元に日蓮仏法を研鑽いたしました。夜に2時間の勉強会を2度持ちましたが、皆さん、忙しい中、仕事でお疲れの中を我が家まできてくださいました。 3名の壮年のうち、お二人の壮年は会友の方です。二人とも同じ村の出身の同級生、中学までは同じだったのですが、その後は別々の人生となり、数十年ぶりに任用試験 [続きを読む]
  • 体験発表
  •  先日はわが地域で圏の記念総会があり、圏長から指名を受け、私と家内二人で体験発表をいたしました。 圏長に「他にもいい人がおられるのにどうして私達に?」と聞きましたら、「今、圏でもっとも輝いているからですよ。」との事。「確かにあちこち輝いていますが・・・(笑)では家内がOKすればやりましょう。」とその場でお受けすることにしました。 後は家内をどう口説くか・・・作戦を練りつつ帰ってその話をしましたら、 [続きを読む]
  • 烏(カラス)の黒きも鷺(サギ)の白きも
  •  今月の本幹では四国の愛唱歌「紅の歌」が紹介されました。私も朝の配達時、車中で「学会歌」を聞きながら走ることがあります。ちょうど朝の太陽が空を染めて、「紅の歌」に乗せて、私の心には創価の太陽が昇ります。 池田先生はご自身の入信について「日蓮仏法の難しいことは何もわからなかった…ただ、権力から弾圧を受け牢獄に入られた戸田先生という人を信じたのです。」という意味の話をされています。きっと出会われたその [続きを読む]
  • 題目の力
  •  朝晩、少しづつ寒くなってきました。聖教配達も朝5時起きですが、布団から出るのに苦労しています。(笑) 毎朝、配達を終えると、一息入れて、奥さんとの勤行を交えて、一時間ほど題目をあげます。その題目も昔に比べて、強く軽やかにあがるようになりました。 苦しくても題目、楽しくても題目・・・題目が良くあがっていれば、心には希望が湧き、勇気が湧きます。じわじわと歓喜が体に湧きあがり、人から悪口を言われても「 [続きを読む]
  • 始めは事なきようにて
  •  10月の座談会御書、御書講義は「聖人御難事」です。「月々日々に強(つよ)り給え、少しもたゆむ心あらば魔たよりをうべし」の御文が出てきますね。私も支部の壮年の皆さんと一緒に研鑽することができました。同志が寄り集まって、膝を交えともに御書を学ぶ・・・その小さな会座(えざ)こそ、大聖人様のお心に添ったものであり、地域広布の核となるものと思います。 「過去現在の末法の法華経の行者を軽賤する王臣万民始めは事 [続きを読む]
  • 病多き衆生の良薬
  •   聖教新聞の体験談を見ても家庭不和や経済苦、医者も見放すような病気、障碍と、それこそありとあらゆる悩み、苦しみがでてきます。それでも明るく強くたくましく生きていくことができる。悩みを跳ね返し、悩みに負けない生命力を日々の信心で湧現し、やがてその悩みを克服していった体験であふれています。 その一番の原動力は何か? 私は自分自身の「負けじ魂」であり、信心に対する「「歓喜」「感謝」の心ではないかと思い [続きを読む]
  • 「感謝するから幸せになる」
  •   <幸せだから感謝する>以上に<感謝するから幸せになる>のである。 これは池田先生の「ありがとうは奇跡の言葉」(「人生は素晴らしい」より)という一文の中の一節です。信心していくものにとって、この言葉は深く考えるべき言葉ではないかと私は思います。 世間では「お金持ちになり悠々自適にでもなれば、感謝するよ」といいます。確かにそうかもしれませんが、仏法ではまず感謝できる自分になることが先で、その後に幸 [続きを読む]
  • 先生のメッセージから
  •  少し前ですが、7月30日付の聖教新聞に、池田先生の全国最高協議会へのメッセージが紹介されました。 一部を抜粋しますと・・・ 「釈尊、そして御本仏の広大なる慈悲を体し、荒れ狂う娑婆世界で大法を弘通しているのは、学会しかない。戸田先生が「創価学会仏」と言い切られた所以である。」 「学会が勝ち栄えなければ、広宣流布は断絶してしまう。学会を守ることが妙法を守ることだ。学会を永遠ならしめることこそ、慈折広布 [続きを読む]
  • 人はみなダイヤモンド
  •    私の地域では昨日(21日)、未来部の「創価ファミリー大会」が開催されました。私も男子部とともに未来部担当者の一人なのですが、若い男子部の面々と活動することは楽しみでもあります。彼等といるとその清々しさにこちらの命の濁りを感じ、また浄化されゆくように思います。命を洗濯するようなその感覚が私は好きです。 当日、会合では私は記録係ということで、演目のスナップや参加者の集合写真などを撮影いたしました。 [続きを読む]
  • 善きことはカタツムリの速度で
  •  日中の暑さは大変なものですが、私の住む田舎では朝晩、少しずつですが涼しさを感じるようにもなりました。一日の変化は大きくなくても、季節は夏の盛りからゆっくりと秋に向かっています。 「善きことはカタツムリの速度で動く」とはガンジーの言葉だそうですが、信心もやはりその通りかもしれません。私も30年ほど、あまりいいことがない中を辛抱してやってきたのですが、ここ1、2年で大きな変化が現われ、生命に信念とも言う [続きを読む]
  • さなくしては後悔あるべし
  •  私は学会2世でも3世でもなく、27歳の時に友人の折伏を受けて創価学会に入会したわけですが、入会当時は創価学会の「そ」の字も知らず、池田先生のことも週刊誌の記事程度の知識しかなかったわけです。入会を決めたのは「南無妙法蓮華経」の題目に「何か」を感じたからにほかなりません。 それでその日の夜から一人拝み始めました。どうしてすぐに拝みだしたのか、今思えば不思議なのですが、やはり自分が欲していたものに出会え [続きを読む]
  • 声の力・「沖縄・・二人の対話」から
  •  「沖縄について」ということで、うるとらまんさんとポラリスさんには、このカテゴリで対話をしてもらっていました。沖縄の公明党の対応について、お二人の間で見解の相違があり、それを埋めるべく始めた対話です。沖縄・・二人の対話① コメント交換ではいささか話がこう着した状態となりましたので、そこでお二人に、「直接電話で話をされては?」と私から勧めました。 数日たってポラリスさんからお電話をいただき、うるとら [続きを読む]
  • 私にとっての創価学会
  •  梅雨も明け、空には久しぶりにさわやかな青空が広がりました。夏には生命がぐんぐんと伸びゆく力、エネルギーを感じます。私は冬の生まれですが、実は暑い夏の方が好きです。日に焼けて、汗をかいて、生きて躍動する感覚が好きなのかもしれません。 地区の方も先日、座談会を開催し、今年度上半期の戦いを終えました。全員の活動体験のあと、最後に先生のスピーチを視聴しました。 「創価の大道を堂々と進め」・・・先生はそう [続きを読む]
  • 組織闘争の人
  •   長い期間の法戦でしたが、全国で見事な勝利を納めることができました。池田先生も創価の団結の戦いをさぞかし喜んでくださっていることと思います。いただいたメッセージには「勝って兜の緒を締めて」とありました。勝利に油断することなく、また新たな心で出発したいと思います。また兵庫の大勝利・・・皆様、ありがとうございました。2位での当選、兵庫は大歓喜に包まれました。 私の地域の会員の方で安保法制以来、公明党 [続きを読む]
  • 心を変える力
  •  梅雨のさなかの法戦が続いています。池田先生の連日の兵庫への大激励を受けながら、兵庫同志はかつてない戦いに挑んでいます。また全国の多くの同志が「兵庫が危ない!」ということで、創価完勝を果たすべく、友人知人にアタックしていただいており、その活動を聞くたびに感謝の思いが湧いてきます。 池田先生に心を密着させ、「師弟不二」で御本尊に向かい題目を唱える・・・その題目こそ勝利の源泉です。我ら学会員が先生と不 [続きを読む]
  • 「沖縄・・二人の対話」①
  •  少し前になりますが、私の記事へのコメントで、ポラリスさんから沖縄の辺野古移設問題の公明党の対応などについて、お話がありました。沖縄の状況を詳しく知らない私には、答える術がなかったわけですが、その記事をご覧になったうるとらまんさんがコメントをくださいました。(コメントのやりとりはこちら">こちら) お二人とも沖縄出身者で、沖縄についてはそれぞれの思いをお持ちなわけですが、コメントの上では二人の現状に [続きを読む]
  • 私のハッピーロード
  •    私事ですが、今月17日で「無冠の友」が10年を越え、11年目に突入いたしました。三日坊主が常なる私にしては、粘り強くやってこれました。(笑)  毎朝、5時過ぎに起床。5時半から一時間ほど、2,30軒、10キロ余りの道のりを車で配達しています。一年約355日、年間4000キロ、10年で40000キロとなり、ほぼ地球一周を聖教新聞を携えて走ったことになります。  10年ほど前、他地区の方が配っておられたのですが、仕事上、配達が遅 [続きを読む]