yas さん プロフィール

  •  
yasさん: yasの優遊自適
ハンドル名yas さん
ブログタイトルyasの優遊自適
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/nmjkc354
サイト紹介文食べて、走って、登って、オッサンが遊び倒しております。 時折、毒も吐きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2013/05/12 10:59

yas さんのブログ記事

  • 棚を作りました。
  • 喫煙者だった頃には二階にある流しの換気扇の下でタバコを吸っていた。立ったまま吸っているのも何なのでベンチを作ったのですが、禁煙をしてから徐々に座らない様になり、今では物置と言うか物の山になっていた。流石に整理せねばと思い、思い切ってベンチを撤去して物置棚を置く事にした。大まかに頭の中で図面を引いて木材を買いに行き、寸法は無駄が出ない様に買って来た木材に合わせる。ざっと計算して木材に印を付けてのこぎ [続きを読む]
  • 菅名岳登山④
  • やっとの事で階段が終わり、平らな所に出て暫らくするとPONの姿が見えたので引き返し階段が終わったばかりの少し広くなった場所のベンチに座って待つ事にする。考えてみればゲイター(脛カバー)すら着けられず、私が履かせたりしているのだ。そのゲイターもリュックも私の小遣いから買っている物だし、文句を言われる筋合い等無い。5分もしない内にPONが半泣きで戻って来て、謝ったので二人で再スタートする。余程心細かったのか [続きを読む]
  • SOLIO MZ
  • 一昨年にNOTEの車検を行った際に安いという理由のみでコバック女池店で車検を行い痛い目にあった事はその際にアップしました。向うも「安くやっているのだから、多少のミスは仕方がないでしょう」という態度だったので、それ以上追求しませんでした。何分にも交換後1年未満、走行距離3000?強のフロントブレーキパッドを交換した方が良いという様な技術レベルだから仕方がないのかもしれませんが…そんな所に整備されていたからか [続きを読む]
  • 菅名岳登山③
  • 下山してきた人から「もう一息ですから頑張って!」と言われたので、後どの位か聞いてみたら「10〜15分位かな」と…まだあるのか(泣)暫く黙っていたPONが「こんなに長い階段があると聞いていない」とか「腰が痛い」とか愚痴り出した。同じ道を歩いているのですから条件は同じ、瞬間湯沸かし器の私も応戦に出ます。「人に行き先決めさせておいて、少し位キツイからってごねるなら帰ろう」と足を止める。汗が止まらないので上に着て [続きを読む]
  • 恋ドラ
  • 恋のゴンドラ 著者   東野圭吾 発行所  実業之日本社 定価   ¥1200(+税) 購入価格 ¥660(税込) 買おうと思っていた本が古本屋のカウンター脇に置かれていたので購入してしまいました。 今回も御多聞に漏れず里沢温泉スキー場が舞台で、根津君が登場する。 とは言えども今回の根津君は完全に脇役。 主人公は東京からやって来たアラサーの若者たち。 里沢温泉スキー場を舞台にドタバタ劇を繰り広げる。 [続きを読む]
  • 菅名岳登山②
  • 駐車場は堰堤工事のコーンや板などの雑材が置かれたりして雑然としていた。休日だけあって、この日の工事はお休みの様です。此処から登山道に入って行きます。今になって気が付きましたが、左側に入って行くと山の神様が祀られていたようです。出来れば手を合わせてから登りたかったな。先ずは鉄骨製の橋を渡る。雪が溜まらない様に手すりなど着いておらず下が透けて見えるがそれほど高くないので一安心川の流れは速く、増水時川を [続きを読む]
  • 輪行袋
  • 先日、生まれて初めてネットで買い物しました。 物は「輪行袋」です。 「輪行」とは自転車を持って移動する事。 つまり「輪行袋」は公共交通機関を自転車を持って利用したりする為、自転車を収納する袋の事。 基本JRが定めた大きさであれば鉄道は無料。 その他の交通機関は荷物の金額が設定されていたり、利用する前に予約が必要だったりします。 昔はビニール袋などでも良かったみたいですが、最近は持ち込み荷物にも煩くなってき [続きを読む]
  • 菅名岳登山①
  • 春に小山田彼岸桜を見に来た際に、幾人かの登山者を見て「今度は此処の山に来よう」とPONと約束していた。天候は曇り、10月10日は天気の特異日というので、それを信じて五泉市へ。三つほど登山ルートがあるらしいが、今回はオーソドックスな丸山尾根ルートから登る事とした。小山田彼岸桜樹林の駐車場で林道は通行止めになっているので此処でNOTEを停める。どうやら五葉コースになっている林道が堰堤工事で通行止めになっている様 [続きを読む]
  • シアター!
  • シアター! 著者   有川浩 発行所  アスキー・メディアワークス 定価   ¥610(+税) 購入価格 ¥108(税込) 図書館戦争のアニメで柴崎麻子役を演じた沢城みゆきがやっている芝居を著者が誘われて観に行き、そこから出来た物語。 声優と呼ばれる商売をされておられる方(中にはそう呼ばれることを嫌う方もおられます)で大御所的な方の多くは芝居出身です。 元々声優と言う商売はなく、売れない役者がアル [続きを読む]
  • 湯沢中里スキー場
  • 先週、舞子スノーリゾートで滑ってPONの今期のスキーは終了。…という事で翌月曜日にPONのスキー道具を来期にもスムーズに使用できるように清掃メンテナンスして片付けた。全て片付け終わった時に郵便屋さんが来て封書を渡された。封書には見慣れた「FM‐NIIGATA」の文字があり中を覗くと「ご当選おめでとうございます!」の文字とレルヒさんのイラストが見えた。全て出してみると「新潟スノーファンクラブ」のLINE@クイズに当選 [続きを読む]
  • 猫又権現⑦
  • 杤尾からの復路は同じ道を引き換えしてもつまらないので見附市に抜けて行く事にする。トンネルを抜けた辺りから風向きが変わった様で北北西からの風が強くなった。因みに新潟市西区は北の位置に在り略向かい風の中を変える事となった(泣)県道9号線から県道138号線に入り杤尾トンネルを抜けて見附市に入って行く。田井交差点から県道8号線を北上して三条市へ抜ける。三条市の街中をウネウネ走ってR8を越えて燕市に入り佐渡付近から [続きを読む]
  • 6年が経ちました
  • 当たり前の日々が奪われた日。何気ない毎日が幸せであった事を思い知った。あの日々はもう戻らない。それでも踏み出さねばならない。生きて行く事が残された者に託された事だから。沢山の思いを胸に、一歩一歩進んで行く。時には心無い言葉で、悪意ある行動で飛礫を打つ者もいるだろう。身体だけでなく心も痛むだろう。時には負けそうに、挫けそうになる事もあるだろう。そんな時は思い出して欲しい、気付いて欲しい。もっと多くの [続きを読む]
  • 猫又権現⑥
  • 狛猫も堪能したし復路に就く。因みに此処までの往路は66.44?でありました。猫又権現から少し下ると森上温泉なるモノが有った。私も温泉は好きであるが、道端の苔の生えたプール(水風呂)には入る気になれない。折角なので湧いている水を直接手で受けて汗まみれの顔を洗う。何となくスッキリした所で再び復路に就く。杤尾の街に戻り何時も行く定食屋を探すが見当たらない。確か造り酒屋さんの前に昭和チックな定食屋が在った筈… [続きを読む]
  • ビブリア古書堂の事件手帖7
  • ビブリア古書堂の事件手帖7〜栞子さんと果てない舞台〜著者   三上延発行所  株式会社KADOKAWA定価   ¥650(+税)購入価格 ¥702(税込)前作から一年以上の月日が過ぎ満を持して登場した最新作。 読む前に帯を見ると「日本で一番愛されるビブリオミステリここに完結。」と書かれている。 前作のあとがきに書かれていた様に今作でシリーズは一旦完結となるようです。 しかし、帯の裏を見るとスピンオフ作品 [続きを読む]
  • 猫又権現⑤
  • DOLOMITIを石製のベンチに固定して汗を拭き拭き一息つく。脇にあった神社に纏わる伝説を読む。後醍醐天皇が倒幕の兵を挙げた時に上野の国で新田義貞も挙兵したが、わずか150騎の兵士か集まらず、途方に暮れていた際に越後の妻有郷から越後新田一族の兵一万が駆けつける。白衣一枚の山伏が一人、御大将の義挙を告げ早く加勢すべしと触れ回り、越後勢総帥の大井田経隆が兵を連れて駆けつけたと言う。その山伏こそ此処南部神社の山伏 [続きを読む]
  • 舞子スノーリゾート
  • 本日は毎年恒例の舞子スノーリゾートツアーに途中参加して来ました。今年は色々忙しく、何とか週休二日は取れている物の土日休みなどは皆無な状態で今回のツアーはパスでした。しかし、二日目にPONとも休暇が有ったので途中参加となりました。出発時はガスがかかっていましたが、この時期のガスは晴天の証拠。そう信じて関越自動車道を一路、塩沢石内ICへ向かうとガスが晴れ始め青空になってきました。7:30舞子スノーリゾート駐車 [続きを読む]
  • 猫又権現④
  • 西谷川は県道24号線沿いに登って行く。一旦足元まで近づくが、その後は谷になったり再び近づいたりを繰り返す。炎天下の道端に婆ちゃんが孫を抱いて座っている?…と思ったら案山子でした(笑)最近は何所へ行っても小学生等が作った案山子を田圃脇の歩道や農道に展示している。偶にこのようにリアルな物が混ざっていて“ドキ”とする事がある。集落がある所は比較的傾斜が緩くなり、まだ楽なのだが、民家や小屋がポツポツと閑散とな [続きを読む]
  • 身体ガタガタでんがな
  • 半世紀も生きると躰にガタが出て来る。なんでも哺乳類の寿命には体の大きさが関わっているらしく、自然に生きる動物の寿命は、アフリカゾウは50〜70年・サイは25〜40年・ツキノワグマは20〜25年となり、類人猿になるとゴリラは30〜40年・チンパンジーは15〜20年になるそうです。その様な所から人間は35〜50年位が寿命として妥当なのだそうです。現在、我々の生活は自然とは言えず、しかも医療なども整っているので寿命は平均80年位 [続きを読む]
  • 猫又権現③
  •                                              yahoo画像より教わった行き方はR351を走って出光のGSから左折して県道9号に出、右折後道なりに行くと在ると言う。一般的なら街を抜けて県道9号線に出る道を教えるのでしょうが、私が自転車だとロードバイクで来ていると言ったが為に彼女は敢て R351 ( 坂道 )を教えてくれたのだ。そんなに私はM顔してたかな?此処まで50kmを走ってきて [続きを読む]
  • 雪煙チェイス
  • 雪煙チェイス 著者   東野圭吾 発行所  実業之日本社 定価   ¥648(+税) 購入価格 ¥699(税込) 根津シリーズというなら「白銀ジャック」から三作目、里沢温泉スキー場シリーズと言うなら「疾風ロンド」から二作目に当たる…「恋のゴンドラ」とか言う作品もあったっけ? 未だコレを読んでいないので、誰が出て来て、どこが舞台化も判らないが東野圭吾のウィンタースポーツ作品6作目に当たるらしい。 事件 [続きを読む]
  • 猫又権現②
  • 雪国らしい雁木の続く町並みを走っているとノスタルジックな気分になってくる。私が子供の頃の祖母の家近辺も、こんな感じで雁木があったなあ。何よりも街の雰囲気が茶色い事が視覚に訴えて、そういう気分にさせるのかな?遠回りだが街中を抜けてぐるっと回ってから道の駅「とちお」に到着する前に水分補給で寄ったコンビ二?雑貨屋?パン屋さん?で道を聞いてみるが「狛猫」に付いての情報は得られなかった。アクエリアスと大福を [続きを読む]
  • ムイカ
  • 二月中は仕事が忙しかったり、体調不良によりスキーに行けず「このままではスキーのチケットが無駄になってしまう!」と言う状況に追い込まれてしまいました。PONと相談した結果、夜間の仕事が入ったり体調不良が無い限り26日に「ムイカ」へ行こうという事に。セコイ話、有料購入したチケットから消化しようという事。無事何事もなく…もないが「ムイカ」へ向かう事になりました。「ムイカスノーリゾート」は旧六日町スキーリゾー [続きを読む]
  • アルファ米
  • アルファ米とは、一度炊いたご飯を乾燥させた物。水分が無くなった為軽く、登山や宇宙食などで使われている。今回の五目御飯は100gで完成品は260gになる。賞味期限を長く設定する事も出来るので非常食としてもお馴染みだ。食べ方は簡単でお湯で戻すだけで食べられる。商品も、それを踏まえて袋の中にスプーンが入っていてお湯を用意すれば食べられるようになっている。小売価格340円と少し高めだが…私は某所で一年半前に一つ100円 [続きを読む]
  • 猫又権現
  • 休日の空いた時間に昨年撮った写真等を眺めていたら正月にTOPにした写真について何もアップしていない事に気付いた。あれは8月、お盆過ぎだったか?茹だるような暑い日だったと記憶している。朝目覚めると霞みがかってはいるものの上天気になりそうな空を見て何所へ出かけようかと考える。何時もの様に何時もの如く全くのノープラン。ネットや新聞、朝食を摂りながらモーニングショーを見ながら「何か無いか?」と考えるが何も閃か [続きを読む]