yas さん プロフィール

  •  
yasさん: yasの優遊自適
ハンドル名yas さん
ブログタイトルyasの優遊自適
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nmjkc354
サイト紹介文食べて、走って、登って、オッサンが遊び倒しております。 時折、毒も吐きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2013/05/12 10:59

yas さんのブログ記事

  • 土方歳三 散華
  • 土方歳三 散華 著者   萩尾農 発行所  アース出版局 定価   ¥1524(+税) 購入価格 ¥108(税込) 以前から話している様に、私は土方歳三のファンです。 人としての魅力は勿論、新選組に対する愛がひしひしと伝わって来る。 とは言っても今から武士になろうとか、人斬りになろう等という事は考えません。 新選組の強烈なキャラクターを統括する土方歳三という男の生きざまが好きなのだ。 彼らが現れるタイミングがもう少し早か [続きを読む]
  • 今年のGWは妙義山⑥
  • 駐車場手前の赤くて大きな鳥居から入って行く様だ。奥に何だか妙な物が見える。こういう所は深く何かを考えてはいけない。素直な気持ちで…と深呼吸していたら「トイレ行ってくる」とPONが奥に向った。私は鳥居の前で走って来るロードバイクを見ながら時間を潰す。奥に見える金色の物体は高さ20m重さ8.5tの日本一大きい大黒天で、右手には小槌ではなく、剣を持っています。この剣で病や厄、悪性を断ち切ってくれるとか。私の信仰 [続きを読む]
  • 護摩堂山の紫陽花園 2017
  • 7月8日に護摩堂山へ行って来ました。理由は「セブンイレブンのおにぎり100円セールをやっているから」…(苦笑)毎年梅雨入り前の6月中に行っていましたが時期が少し早い様で概ね蕾状態、もしくは雨が足りず色が薄い状態でした。今年は時期的にも良いはずで、しかも前日まで雨が残っていた。何時も通り、挨拶をしながら登って行く。慣れない人にはコレがきついらしいが、既にこの程度の山なら…でも走るとちょっときつい(笑)トラノオ [続きを読む]
  • 今年のGWは妙義山⑤
  • 此処で何人かの人ともすれ違う。皆何だか無口だが、そんなに大変な道だったのかな?直ぐ上には蟹の横ばいと言われる難所が待っていた。どうやら、此処が関門になっていて引き返す人も結構いる様だ。此処で詰まったのは私達と年配の男性コンビ、男性コンビは此処から引き換えす事を決めて、折角来たのだから一服してから帰るのだという。PONが鎖で登った所で止まったので、一旦降りてもらい私が手本に横ばいをして見せた。この時後 [続きを読む]
  • ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件
  • ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件著者   七尾与史発行所  ㈱幻冬舎定価   ¥600(+税)購入価格 ¥108(税込) 「S」とか「M」とかは素質有りての事。マヤの「S」としての開花はホラー映画が引き金になった様だ。「スイーツ食べ過ぎ殺人事件」「電気椅子殺人事件」「まぶた切除殺人事件」奇妙な殺人事件の数々の共通点、それは「ダリオ=アルジェント」共通の趣味は秘め事の様で、次第に深くなっていく友との仲。中学生のマヤが [続きを読む]
  • 今年のGWは妙義山④
  • 石門群登山道に突入、初めての道ですので、どのような道なのか解りませんが身体全体を使う登山道の様です。何にせよ何時もの様に行き当たりばったりの出たとこ勝負の運任せ。コンクリート製の階段を登って行くと大きな岩で行き止まりになるのだが、其処に鎖が一本下がっている。コレを伝い登って向う側に行く様で山ガールが登ってい居る所を見学「若い娘は良いなあ…」ではなくて。PONに鎖やロープの使い方をもう一度レクチャーし [続きを読む]
  • 頑張ろう!
  • 7月半ばだというのに連日の真夏日!コレではエアコンも冷蔵庫も参ってしまう。環境によっては異常が発生して冷えなくなってしまいます。だって、エアコンなどの外に設置されている機器は空冷ですから周辺の温度が上がり過ぎると冷やす事が出来なくなってしまうのです。そんな時は昔ながらの方法が効果的。外気温度が30℃を越えたら外に設置されている機械の裏側などのアルミのフィンに水を思いっきりホースなどでかけてください。 [続きを読む]
  • 今年のGWは妙義山③
  • 足元には山吹が満開で、大きく黄色い花が桜を完全に食っている。やはり桜というのは他の植物が無い方が画になるようです。最近桜並木の下に菜の花とか言う構図を見かけるようになったが、私は主役の桜に合うのは青々とした草が好きですね。谷から少し登るとツツジ並木になって来た。相変わらず上には桜も咲いているが下の花に比べて影が薄い。まあ、コレはこれで綺麗なので眺めながら歩を進める。「余り鮮やか過ぎると他が見えなく [続きを読む]
  • 自動車に自転車載せて
  • 自転車に乗っていると「どの様に遊ぼうか?」と考えるようになって来る。 基本は「何処を走りたい」という事になるのだが置かれた環境などに寄って時間の制限などで走れる距離が決まって来る。 そうなると必然的に移動の時間短縮などを考えるようになって来る。 その一つのが「輪行」で公共の交通機関(主に鉄道)を利用して移動する方法だ。 しかし、走ってみたいと思う道を考えると、やはり田舎が多く公共の交通機関はかなり限ら [続きを読む]
  • 今年のGWは妙義山②
  • 駐車場に到着してNOTEを停めて駐車場の端から「さくらの里」を覗くと、まだ桜が残っている様で薄桃色が其処此処に見受けられる。折角だから「さくらの里」を通って屏風岩まで行く事にする。さくらの里は山の丘陵地を利用して作られた森林公園です。さくらの里なのにツツジが満開で桜が目立ちません(泣)それでも“ふわ”と風が吹くと“はらはら”と花弁が散り風流です。ワビサビとでも言うのでしょうか?舟和の芋羊羹とお抹茶が恋し [続きを読む]
  • 僕達急行 A列車で行こう
  • 僕達急行 A列車で行こう 著者   長尾徳子 原案   森田芳光 発行所  集英社文庫 定価   ¥457(+税) 購入価格 ¥108(税込) 数年前に公開された「僕達急行 A列車で行こう」のノベライズです。 一流企業の「のぞみ地所」に勤める背の高い青年小町圭を「マツケン」こと松山ケンイチ。 街の小さな工場を営む父親を尊敬し、その工場を手伝う機械に依存しがちな小玉健太を瑛太。 この二人を中心に鉄道を絡めながら物語は進んで [続きを読む]
  • 今年のGWは妙義山①
  • 時に人は自分の置かれた状況によって、その場所を確認したくなるらしい。私が群馬に住んでいた時に(藤岡市と高崎市に住んでいた事があります)気になっていた地形としては群馬県の全域から見える赤城山、そして長野県・新潟県方面へ行く際に車窓から見える奇岩の固まり妙義山。此処に榛名山を加え、群馬県民は学校登山で必ず三つの山を登ると言う。この山から見える景色とは、どんなものなのだろうか?今年のGWはPONと休みが合って [続きを読む]
  • 七夕サラサラ?
  • 本日は七夕です。私も待ち合わせをして…と言っても男なのですが(笑)KAMと休みが合ったので、SOLIOでドライブです。ちょっとドライブした後で一旦スズキへ行って一年点検をしてもらう。異常は無し…というよりも、あまり走っていないので(一ヶ月で400?程)オイル交換も無し。点検終了後、近くに最近できたラーメン店でランチ。…今一、もう少し頑張りましょうでした。その割にお客は入っていましたが、お客が一周して、ある程度 [続きを読む]
  • 忙しいのかな?
  • 最近、中々アップ出来ない日が続いたりしています。確かに寄る年波と季節の変わり目などに身体がついていかないのか?ただ単に不摂生が祟ったりしてなのか?仕事が忙しい時期でもあり、体調を崩したりしたりもしています。…が、自転車に乗ったり、山に行ったり、近所に呑みに行ったり、仕事の合間に本を読んだり、DVDを観たり…それなりに遊んでいるのですが…考えてみると仕事で深夜まで仕事をしていたり、はたまた深夜に呼び出 [続きを読む]
  • とりあえず高坪山⑥
  • キブシが咲いています。染料になると聞くと色が付きそうで何だか触り辛い。花と同じ薄目の辛子色に染まる様で「そんな色のセーターとか欲しいなあ」とか思う。少し早く咲くマンサクは今年はとうとう見れずじまい。春先の腰痛が祟ったのですが、来年は十分に気を付ける事にします。樹皮の様なキノコが生えています。「カワラタケ」というモノでしょうか?「サルノコシカケ」の仲間らしく薬になるらしいのですが、物凄く苦いとか…帰 [続きを読む]
  • 痛たたたた
  • 会社を退職していった後輩の使っていた社用車。本来なら部品などを下ろさせて空にさせておく所だったのだが、かなりいい加減な奴だったので、後で私が棚卸をし直そうとそのままにさせた。少しこの車の中を整理したので…と言うか不良の部品と新品の部品が混ざっていたりした物を時間をかけて整理したら積載荷物が半分になった。棚卸をするにあたって確認する事が幾つかあったので先日も、この車の中に潜り込んでいたら携帯が鳴り慌 [続きを読む]
  • 変調
  • 何だかお腹が張っている。身体も怠い。入院中のオカンも無事退院し気が抜けたのか?体調が思わしくない。東京から来たメーカーとの打ち合わせをしながら汗が出たり寒気がしたり…完璧に具合が悪い。打ち合わせを終わらせて家に帰るも体調最悪。風呂に入って一日分の汗を流して体調は悪化。夕飯もほとんど食べられず20:30頃、ベッドに撃沈。考えてみれば今週は月・火・水と午前様で仕事は通常通りに出かけていたので寝不足も祟った [続きを読む]
  • とりあえず高坪山⑤
  • 分岐を右折して歩いて行く。あまりアップダウンの無い尾根なので変化が乏しく、笹とブナばかりの道だ。しかし、もう少しすると生き生きとした若葉が茂り、木漏れ日がきらめく道になる事を知っている。同時に羽虫がウザったくなってくる。だから夏になって来ると虫の行動が活発でない早朝に登るようになるが、正直私はあまり気にしていない。山の向う側が見えて来て、まだ雪をかぶった飯豊山塊が見えてきました。新潟・山形・福島の [続きを読む]
  • 大変です!
  • 母の具合が悪くなってしまいました。夕食を要らないと言い、しばらくした後で長時間トイレに籠り「大丈夫か?」と聞くと「大丈夫」と答え少し寝ていたのですが、23時頃から嘔吐と下痢を繰り返し救急救命センターへ連れて行こうと思ったのですが、トイレに行ったきり歩けない様になってしまい救急車を呼ぶことに。救急隊がやって来てバイタルを取ったりするのですが血圧82-60という表示を見た時には「ええ〜!」と吃驚。まあ、コレ [続きを読む]
  • とりあえず高坪山④
  • トキワイカリソウも咲き始めていました。最近知った事ですが、この草全体が淫羊霍(インヨウカク)という薬で、精力剤として有名なのだとか。草に含まれる「イカリイン」というフラボノイド配糖体により一酸化窒素レベルの上昇、PDE-5の阻害などによりバイアグラの様な作用が起こるとか…病気などによる場合は仕方がないと思うが、加齢によるインポテンツや持続力の低下を薬で補ってまでいたしたいのかな?女性でも、これを煎じて茶 [続きを読む]
  • ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件
  • ドS刑事  朱に交われば赤くなる殺人事件 著者   七尾与史 発行所  ㈱幻冬舎 定価   ¥600(+税) 購入価格 ¥108(税込) 「ドS刑事」黒井マヤ。 前作では、まだ猫を被っていたようで、「ドS」の本領発揮と言った所だろうか。 新キャラの「ドM刑事」浜田を相手に好き放題。 虐めと言うか、ある意味殺人未遂の様な事までされてケロッとしている浜田も中々の強者である。 因みに浜田は東大卒のキャリアで [続きを読む]
  • とりあえず高坪山③
  • コブシの花?が咲いている。コブシと木蓮の見分け方って色々言われるけれど「上を向いているのが木蓮で斜め上や横を向いているのがコブシ」「花の外側が薄紅色の物が木蓮だが白木蓮と言う品種もあるので注意」???並んで生えている訳ではないので「だからこれは何?」と言いたくなる。近所の庭に咲いている木蓮と蕾の形(アスパラみたい)や大きさが違うから写真の物はコブシとしておきます。ムシカリも咲いています。紫陽花みた [続きを読む]
  • 待ってました!
  • 3月の末に契約し、待ちに待ったSOLIOが本日納車されました。新車で自動車を契約した時って、自分の自動車が目の前に無いのに買った事になるのであまり実感が沸かない。契約書にサインをしたり捺印したり、印鑑証明などの関係書類を提出したり、前金を払ったり準備金を払ったり…色々やる事がある割に、嬉しいのだが実感が沸かない。新車購入は5台目になりますが今回も実感が沸かずに「自動車買ったんだな」位の感じで逆にテンショ [続きを読む]