ジン さん プロフィール

  •  
ジンさん: 富岳放浪記
ハンドル名ジン さん
ブログタイトル富岳放浪記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sazamami_samba
サイト紹介文カメラ機材を背負い絶景を求め、富士山周辺の山を登っています。
自由文こんにちは。 ジンです。

山が大好きで富士山周辺の山々に登っています。

相棒の一眼レフと共に、絶景をご紹介していきます。

宜しくお願いします。m(_ _)m
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/05/11 09:36

ジン さんのブログ記事

  • 江戸川区花火大会 2017
  • 皆さん、こんにちは〜。今年も友人に誘われて、江戸川区花火大会へ行ってきました。今回は去年の反省点を修正をして挑みましたが、花火の撮影は難しい・・・。久しぶりの撮影でしたので、忘れ物をしないように気を付けました。今回使用したのは、EOS 5D Mark IV EF70-200mm F2.8L IS II USM です。黒い空に描く光線は、素晴らしくキレイでした〜。時折、ビールを飲みながら撮っていましたが、油断をすると大きな物が打ち上がり悔 [続きを読む]
  • Cokin NUANCESを考える 
  • こんにちは〜。あれから、色々とガラス製フィルターを調べてみました。最近、中国企業のフィルターもあるみたいですが、今回はコッキン、リー、ケンコーに絞って考えます。僕はガラス製のハーフNDフィルターが欲しかったので、コッキンとケンコーに絞られました。その内、ガラス製のソフトタイプがあるのがコッキンのみ。それでヨドバシへNUANCES(ニュアンス)の試し撮りをしてきました。試し撮りをした感想ですが、凄い透明感が [続きを読む]
  • ハーフNDフィルターを考える
  • こんにちは〜。星景写真の完成度を高める為に、色々と考えていました。いかに街の灯りをいかに抑え、星を撮るか。そこが、ポイントになると思いました。そこで目をつけたのが、ハーフNDフィルターです。数年前にコッキン社製のプラスチック製を何枚か使ったいましたが、傷だらけになり捨ててしまいました。調べてみると、ガラス製の方が透明感が勝り傷が付きにくい事が判明。さぁ、秋に向けて機材探しが始まります。 [続きを読む]
  • 大平山 2017/5/29 第7話
  • こんにちは〜。では、最終話です。テントでコーヒーを飲みながら夜明けを待ちます。この日も、やや風が吹いていました。東の空が赤く染まりだすと、小鳥のさえずりが聞こえだします。日の出間近ですね。EOS 5D Mark IV  EF24-70mm F2.8L II USM F16 1/5sec ISO100今回も雲海は現れず・・・。山中湖の東側には雲が発生しましたが、僕が陣取った西側は不発に終わりました。風の影響でしょうか・・・。今回は、これで終わりです。 [続きを読む]
  • 大平山 2017/5/29 第6話
  • こんにちは〜。では、5話の続きです。頂上に戻ると、強い風が吹いていました。僕は出来るだけ三脚を短めにセット。そして、風が止んだ瞬間を狙います。雲が赤く染まり、空の色キレイでした〜。もっと崩れた風景を期待していましたがキレイすぎる・・・。風は止む事はなかったので、撮影を切り上げてテントで宴会を開始します。前回の星の撮影は寝坊して惨敗でしたので、早めに就寝して撮影に備えました。そして、0時。カイロに火 [続きを読む]
  • 大平山 2017/5/29 第5話
  • こんにちは〜。では、4話の続きです。大平山頂上も素晴らしい景色なのですが、その下にあるカヤトがしげった場所が気になり少し降りることにしました。茂ったカヤトのなかに入ったり、色々な場所で撮ってみました。予想通り、遠近感を出すのにこの場所は良かったのですが、やはり山中湖はあまり見れません。あっという間に3時間経過。飲まず食わず撮っていました。集中すると水を飲む事すら忘れます。色々と撮れたので満足した僕 [続きを読む]
  • 大平山 2017/5/29 第4話
  • こんにちは〜。では、3話の続きです。頂上にオバちゃん達がいらっしゃいました。挨拶を交わし富士の試し撮りをしていると、記念撮影のカメラマンをお願いされる事に・・・。大きなカメラを持っているのでポートレートが上手いと思われますが、僕は下手くそなんですよ。このオバちゃん達、ハイキングコースから石割山へ行く予定でしたが、迷ってしまい平尾山、大平山へ辿り着いたみたいでした。時間を持て余していたので、周辺を散 [続きを読む]
  • 大平山 2017/5/29 第3話
  • こんにちは〜。では、2話の続きです。暑いので水の消費が半端なかったです今回は、水を6リットル持ってきました。そこそこの急登が終わり、徐々になだらかな道になってきました。危ないところもなく順調に標高を上げていきます。徐々にカヤトが現れはじめました。そろそろ終盤ですね。青空が見え始め頂上は間近です。富士山が見えてきました。朝は全く見えてなかったので一安心。アンテナが見えてきました。いよいよ頂上に到着し [続きを読む]
  • 大平山 2017/5/29 第2話
  • こんにちは〜。では、1話の続きです。序盤はアスフアルトの道を歩きます。天気が良いので、余計に暑く感じますね。歩き始めて10分、目立つ道標が現れました。こんなに大きな案内板が出ているので迷いはしません。ここまでなだらかな道なので、全然疲れませんね。今回は時間に余裕があるし楽勝です。いつも急登ばかり登っているので、物足りないな〜と感じていました。今回は約70分コースなので、夕暮れまで頂上で何をしようかな [続きを読む]
  • 大平山 2017/5/29 第1話
  • こんにちは〜。今回の舞台は、山中湖の北にある 山梨県 大平山です。この山行は、梅雨前に起きた出来事である。今年の梅雨前は晴れる日が多く、チャンスを見計らっていました。すると晴天の日を発見。実は僕、東側から見た富士山は杓子山からしか見たことが無いので、次に登る山は山中湖付近の山へ登ろうと考えていました。有名所といえば、パノラマ台、明神山、高指山、石割山あたりでしょうか。しかし、それ以外に隠れた名所があ [続きを読む]
  • 精進峠 2017/5/20 第7話
  • こんにちは〜。では、最終話です。風もなく穏やかな朝です。期待していた雲海は現れず・・・。残念ですが、また再訪の口実ができました。EOS 5D Mark IV  EF24-70mm F2.8L II USM F16 0.6sec ISO100今回は、久しぶりに50mmで撮ってみます。雲海が出る気配がありましたが、残念ながら消えてしまいました。今度は秋に撮影したいな〜と考えています。徐々に富士の雪が無くなってきましたね。寂しくなります・・・。今回の山旅は、 [続きを読む]
  • 精進峠 2017/5/20 第6話
  • こんにちは〜。では、5話の続きです。外から奇妙な声が聞こえます・・・。動物のようですが、初めて聞く鳴き声なので耳をすまして聞いてみました。すると・・・。別所〜!!別所??気になり外をライトで照らすと、大きな鳥がこちらに向かって飛んできました。よく見ると・・・。フクロウでした。野生の大きなフクロウは初めて見ました。ホーホーだけじゃなく、あんな鳴き方するんですね。多分、威かくされたのかなと・・・。星の [続きを読む]
  • 精進峠 2017/5/20 第5話
  • こんにちは〜。 では、6話の続きです。三方分山方面へ歩きます。さっき歩いていた時、目星をつけておいた場所に寝床は決定。少し坂ですが問題なし。撮影ポイントに移動すると、さっきのオジサンがいたので話しかけみました。すると、あっちこっち撮影に行ってるみたいで、素晴らしい作品を見せて頂きました。この日の夕方は強風が吹いていたので、崖からカメラが落ちないようにセット。強風が一瞬止んだ時を狙って撮りました。EO [続きを読む]
  • 精進峠 2017/5/20 第4話
  • こんにちは〜。では、3話の続きです。精進峠で現状を確認。三方分山へ向かいます。尾根沿いは幅が狭く坂が多いため、とてもテントは張れません。しかし、諦めません。根気よくベストポイントを探します。まずは精進山を目標に歩きます。意外と早く精進山の祠へ到着しました。折角登ったのですが、ここから1度下ります。しばらく歩くと、徐々になだらかな道になってきました。三方分山頂上に到着します。山頂に1組の御夫婦がいら [続きを読む]
  • 精進峠 2017/5/20 第3話
  • こんにちは〜。では、2話の続きです。気温23度、標高1100m付近です。かなり暑い・・・。秋になれば全ての葉が落ち、山道が分かりにくくなるでしょうね〜。それでも登りたい山があります。山屋の性でしょうか。5月になると虫が多くなるので、森林香を焚いて登ります。おかげで虫に刺される事はありませんでした。峠が近くなると、富士山が枝越しに見えてきました。上を見上げると・・・。あそこが精進峠なのかつづく。 [続きを読む]
  • 精進峠 2017/5/20 第2話
  • こんにちは〜。では、1話の続きです。ポストの横にある道を歩いていきます。民家が数件あり、数分歩くと不思議な小屋が現れました。この小屋には、日本全国津々浦々の絵馬が掲げてあるみたいです。ご利益があると思い、お参りしておきました。小屋から直ぐに、大きな鉄板が現れました。丈夫な鉄板の先には堰堤が見えます。堰堤に到着しましたが、その上に行くみたいです。序盤から急登で気持ちが萎えます。堰堤を越えると開けた所 [続きを読む]
  • 精進峠 2017/5/20 第1話
  • こんにちは〜。今回の舞台は、精進湖の北西にある 山梨県 精進峠です。いつものように地図やブログを観て山探しをしていると、素晴らしい絶景の写真を発見しました。そのブログを拝見すると、偶然にも友だちの七宝さんの写真でした。色々とアドバイスを頂き、春に行く撮影地が決定。場所が決まったのは良かったのですが、梅雨前は雲が多く見極めが難くなります。天気予報を数日調べ条件の良い日を見つけたのですが、その他にも問題 [続きを読む]
  • 中藤山 2017/4/29 第7話
  • こんにちは〜。では、最終話です。星の撮影が終わり、レンズを取り替えます。気温も0度くらいなので、寒くありません。4時になると明るくなって、富士山がハッキリ見えるようになりました。富士を確認すると・・・。表情が違う!星を撮っている時には、構図に夢中で気づきませんでした・・・。昨日の雨が雪となり、富士山の表情が激変まさかの展開です。俄然やる気が出ました〜。EOS 5D Mark IV  EF24-70mm F2.8L II USM F16 0. [続きを読む]
  • 中藤山 2017/4/29 第6話
  • こんにちは〜。では、5話の続きです。熟睡していると、強風の影響でフライシートがバタバタと音を響かせていました。大きな音に目覚め、時計を見ると1時。北側の上空が凄い音をたてて強風が吹き荒れていました。もう少し高い山にいたら、アウトだったかもしれません・・・時折、強風がテントに直撃することもありましたが、張り綱をしっかり張っていたのでびくともしません。そして2時、ウソのように強風がおさまり、撮影が出来る [続きを読む]
  • 中藤山 2017/4/29 第5話
  • こんにちは〜。では、4話の続きです。この中藤山付近に、絶景ポイントがある事が解っていたので探しに行きました。天気が崩れるのは17時くらいの予報でしたが、山の天気はよく変わります・・・。14時頃、北の空から黒い雲が近づいてきました。やばい予感が・・・。すると、みぞれが降ってきました〜急いでレインウェアを着たのですが、数分で止んだので一安心。1時間探し歩き、撮影ポイントを決定。テントを設置していると、北の [続きを読む]
  • 中藤山 2017/4/29 第4話
  • こんにちは〜。では、3話の続きです。雲が徐々に増え始め、風が強くなってきました。それでも青空が広がり、いい天気です。だいぶ富士山の雪が溶けてますね・・・。これから大石峠方面へ向かいます。絶景ポイントを探しながら歩きました。体力はまだ十分に残っていました。それに日の入りの時間も余裕があり、今回は楽勝です奥の方に、中藤山が見えました。緩やかな山道ですが、数カ所大きなアップダウンがあります。頂上直下の急 [続きを読む]
  • 中藤山 2017/4/29 第3話
  • こんにちは〜。では、2話の続きです。案内図からやっと山道らしくなりました。ここから本番です。やはり4月になると暑いですね〜。先月登った雨ヶ岳の雪が、恋しくなりました。あの時は、深い所で1mありましたからね・・・。途中で道が開けますが、多めに目印があるので目立ちます。地面を向かず、頭を上げれば迷いようがない標高が上がると、徐々に風が強くなり涼しくなってきました。雨が降る前触れでしょうか・・・。雲が徐 [続きを読む]
  • 中藤山 2017/4/29 第2話
  • こんにちは〜。では、1話の続きです。序盤、住宅地を歩きます。1度歩いた道なので、地図がなくても大丈夫。この辺りの桜も、そろそろ終盤ですね〜。途中で、地元のお爺さんに話しをかけられました。この地域の方は、気さくな方ばかりのイメージがします。前回も話しかけられましたから。河口湖自然生活館から30分で別荘地に到着。前回より随分早いペースです。別荘地を抜けようとした時に、ふと玄関を見ると、玄関の屋根にカエル [続きを読む]
  • 中藤山 2017/4/29 第1話
  • こんにちは〜。今回の舞台は、河口湖の北側にある 山梨県 中藤山です。4月末日、天気予報を観て悩んでいました。晴れても富士山に雲がかかり、いまいち天気が読めません。29日は、午後から天気が安定しない空もよう。しかし、30日の天気予報は快晴。雨が心配でしたが、風も強いみたいなので更に悩む。強風は深夜までには止む予報でしたので、それに懸ける事にしました。山の天気は変わりやすいので、出来るだけ早めに到着したいの [続きを読む]
  • 長時間 山歩きするポイント
  • こんにちは〜。では僕流、山歩きのお話しをしたいと思います。有酸素運動の1つが山登り。痩せて、オマケに絶景が見れるので、僕は4年くらい続けています。こんな事を定年過ぎた方に言われました。体が動かなくなる前、若い頃に山登りしておけば良かった・・・。僕は、もう直ぐ40歳ですが、20代に山の魅力に気付くべきでした。山形県出身ですが、山の魅力が解っていませんでしたね・・・。中央線から富士山を見てからです。東京に [続きを読む]