ジン さん プロフィール

  •  
ジンさん: 富岳放浪記
ハンドル名ジン さん
ブログタイトル富岳放浪記
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/sazamami_samba
サイト紹介文カメラ機材を背負い絶景を求め、富士山周辺の山を登っています。
自由文こんにちは。 ジンです。

山が大好きで富士山周辺の山々に登っています。

相棒の一眼レフと共に、絶景をご紹介していきます。

宜しくお願いします。m(_ _)m
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/05/11 09:36

ジン さんのブログ記事

  • 雨ヶ岳 2017/3/23 第3話
  • こんにちは〜。では、2話の続きです。上り坂が始まりまり、気温も徐々に下がってきます。傾斜はそんなにキツくなく、安心して登れました。時折、木の上から雪が落ちてくるので、そろそろ雪が登場するのではと感じていました。標高1200m付近から雪の登場です。意外と早い登場でビックリ。積雪は約3、4cm、そんなに深くありません。目の前に正月に撮影した竜ヶ岳が見えてきました。端足峠が見えてきました〜。意外と早く到着しま [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2017/3/23 第2話
  • こんにちは〜。では、1話の続きです。まずは端足峠を最初の目標に歩きます。序盤はなだらかな道を歩くので、出来るだけ早歩きで時間を稼ぎました。歩き始めて20分、A沢貯水池に到着。この貯水池は飲水になるみたいでした。このコースは道標が沢山あるので助かります。まず迷うことはないでしょう。歩き始めて30分、やっと山道らしい道になります。丸太が置かれたりして、よく整備された東海自然歩道でした。気温は8度。そんなに寒 [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2017/3/23 第2話
  • こんにちは〜。では、1話の続きです。まずは端足峠を最初の目標に歩きます。序盤はなだらかな道を歩くので、出来るだけ早歩きで時間を稼ぎました。歩き始めて20分、A沢貯水池に到着。この貯水池は飲水になるみたいでした。このコースは道標が沢山あるので助かります。まず迷うことはないでしょう。歩き始めて30分、やっと山道らしい道になります。丸太が置かれたりして、よく整備された東海自然歩道でした。気温は8度。そんなに寒 [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2017/3/23 第1話
  • こんにちは〜。今回の舞台は、山梨県 静岡県の県境にある雨ヶ岳です。激闘の毛無山から約1ヶ月、あの時の事を思い出していました。先月の撮影で富士山八合目付近から太陽が出た事を。あの位置から1ヶ月経てば、2016年11月にパノラマ台(精進湖)で撮影した時と似た感じて太陽が出るのでは思いました。初めて逆光で撮ったパノラマ台の富士山は、それは素晴らしい日の出でした。そこで今回の撮影は、雨ヶ岳に決定。イメージを膨らま [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2017/3/23 第1話
  • こんにちは〜。今回の舞台は、山梨県 静岡県の県境にある雨ヶ岳です。激闘の毛無山から約1ヶ月、あの時の事を思い出していました。先月の撮影で、富士山八合目付近から太陽が出た事を。あの位置から1ヶ月経てば、2016年11月にパノラマ台(精進湖)で撮影した時と似た感じて太陽が出るのでは思いました。初めて逆光で撮ったパノラマ台の富士山は、それは素晴らしい日の出でした。そこで今回の撮影は、雨ヶ岳に決定。イメージを膨ら [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第8話
  • こんにちは〜。では、最終話です。ハッキリ富士山が見えたのは、5〜10秒。ピンボケになっていないか気になっていましたが、何とか大丈夫でした。EOS 5D Mark IV  EF24-70mm F2.8L II USM F16 SS1/6 ISO100雲の壁から富士山が姿を見せてくれました。まさかの展開で、じっくり構図を考えている時間はありませんでしたが、何とかブレずに撮る事に成功。その後、右から雲が流れ富士山は隠れてしまいます。雲の上に出たみたいです。 [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第8話
  • こんにちは〜。では、最終話です。ハッキリ富士山が見えたのは、5〜10秒。ピンボケになっていないか気になっていましたが、何とか大丈夫でした。EOS 5D Mark IV  EF24-70mm F2.8L II USM F16 SS1/6 ISO100雲の壁から富士山が姿を見せてくれました。まさかの展開で、じっくり構図を考えている時間はありませんでしたが、何とかブレずに撮る事に成功。その後、右から雲が流れ富士山は隠れてしまいます。雲の上に出たみたいです。 [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第7話
  • こんにちは〜。では、6話の続きです。6時20分、残念ながらガスって富士は見えませんでした。霧氷という自然界の贈り物と富士山を一緒に撮りたかったのですが、願いは届きません。こんなに頑張ったのに、今回は残念な結果でした。普通ならもう少し粘って待っていたのですが、このガスの状態では回復は難しいかなと・・・。仕方ないので、霧氷だけでも撮って帰ろうと思い撮影開始。モノクロみたいですが、カラーで撮っていますやは [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第7話
  • こんにちは〜。では、6話の続きです。6時20分、残念ながらガスって富士は見えませんでした。霧氷という自然界の贈り物と富士山を一緒に撮りたかったのですが、願いは届きません。こんなに頑張ったのに、今回は残念な結果でした。普通ならもう少し粘って待っていたのですが、このガスの状態では回復は難しいかなと・・・。仕方ないので、霧氷だけでも撮って帰ろうと思い撮影開始。モノクロみたいですが、カラーで撮っていますやは [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第6話
  • こんにちは〜。では、5話の続きです。 17時14分、毛無山山頂に到着。ダウンを着ようとしましたが、雪で濡れる可能性があったので、テントを張るのを優先する事を決断。展望台付近は風の通り道みたいなので、強く吹雪いているのが分かりました。なので出来るだけ端の方へテントを張る事に。こんな天候でテントを張るのは始めてなので、ブルーシートを荷物に被せて雪が荷物の中に入らないようにします。ここで想定外のアクシデント [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第6話
  • こんにちは〜。では、5話の続きです。 17時14分、毛無山山頂に到着。ダウンを着ようとしましたが、雪で濡れる可能性があったので、テントを張るのを優先する事を決断。展望台付近は風の通り道みたいなので、強く吹雪いているのが分かりました。なので出来るだけ端の方へテントを張る事に。こんな天候でテントを張るのは始めてなので、ブルーシートを荷物に被せて雪が荷物の中に入らないようにします。ここで想定外のアクシデント [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第5話
  • こんにちは〜。では、4話の続きです。富士展望台から尾根までもう直ぐです。まずは9合目を目指して歩き出しました。9合目になると更に強く吹雪いていました。所々アイスバーンになっているので、何度か滑りましたよ。地蔵峠への分岐に到着。当たり前ですが、誰もいません。近くに北アルプス展望台がありました。南アルプスの間違えじゃないの?と、この時思いましたが、本当に北アルプスが見れるみたいです。足早に毛無山頂上に向 [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第5話
  • こんにちは〜。では、4話の続きです。富士展望台から尾根までもう直ぐです。まずは9合目を目指して歩き出しました。9合目になると更に強く吹雪いていました。所々アイスバーンになっているので、何度か滑りましたよ。地蔵峠への分岐に到着。当たり前ですが、誰もいません。近くに北アルプス展望台がありました。南アルプスの間違えじゃないの?と、この時思いましたが、本当に北アルプスが見れるみたいです。足早に毛無山頂上に向 [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第4話
  • こんにちは〜。では、3話の続きです。6合目付近から天気に異変がありました。先程からチラチラ降っていた雪のような物は霰(あられ)でした。徐々に降る量が多くなり、登山道に積もりはじめています。気温2度。風が無いので、そんなに寒くありません。予想以上に地面が白くなるのが早い感じがしました。霰の降り方が強くなってきたので、レインジャケットのフードをかぶって歩きます。7合目付近から視界が悪くなってきました。気 [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第4話
  • こんにちは〜。では、3話の続きです。6合目付近から天気に異変がありました。先程からチラチラ降っていた雪のような物は霰(あられ)でした。徐々に降る量が多くなり、登山道に積もりはじめています。気温2度。風が無いので、そんなに寒くありません。予想以上に地面が白くなるのが早い感じがしました。霰の降り方が強くなってきたので、レインジャケットのフードをかぶって歩きます。7合目付近から視界が悪くなってきました。気 [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第3話
  • こんにちは〜。では、2話の続きです。川を突っ切ります。雨が降ったら、どうなるのだろう・・・。地蔵峠への分岐に到着。直登コースを歩きます。ここまで、あっとゆう間に歩いてきました。前回の杓子山編では準備運動不足で序盤から負傷し、最後まで足を引きずりながら歩きましたが、今回は十二分に準備運動をしたので身体が軽いです。いよいよ急登が始まります。汗かかないようにゆっくり歩きました。はさみ石から大きな岩が現れ [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第3話
  • こんにちは〜。では、2話の続きです。川を突っ切ります。雨が降ったら、どうなるのだろう・・・。地蔵峠への分岐に到着。直登コースを歩きます。ここまで、あっとゆう間に歩いてきました。前回の杓子山編では準備運動不足で序盤から負傷し、最後まで足を引きずりながら歩きましたが、今回は十二分に準備運動をしたので身体が軽いです。いよいよ急登が始まります。汗かかないようにゆっくり歩きました。はさみ石から大きな岩が現れ [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第2話
  • こんにちは〜。では、1話の続きです。富士山駅では青い空が見えましたが、毛無山方面は曇天でした。夕方は晴れないだろうと思い気持ちを切り替え、星と朝日の富士に期待して歩きます。ふもとっぱらの横を歩きます。この辺りは朝霧高原もあるし、僕にとって新鮮な場所でした。東京とは別世界です。眺めるだけで癒される感じがしましたよ。麓周辺を歩きます。ニワトリが鳴き、パグ(犬)が吠えていました(笑)ゲートに到着コースタ [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第2話
  • こんにちは〜。では、1話の続きです。富士山駅では青い空が見えましたが、毛無山方面は曇天でした。夕方は晴れないだろうと思い気持ちを切り替え、星と朝日の富士に期待して歩きます。ふもとっぱらの横を歩きます。この辺りは朝霧高原もあるし、僕にとって新鮮な場所でした。東京とは別世界です。眺めるだけで癒される感じがしましたよ。麓周辺を歩きます。ニワトリが鳴き、パグ(犬)が吠えていました(笑)ゲートに到着コースタ [続きを読む]
  • 毛無山 2017/2/24 第1話
  • こんにちは〜。今回の舞台は、山梨県 静岡県の県境にある日本200名山 毛無山です。2015年5月26日、雪頭ヶ岳の下山の途中時、あるお爺さんと出会いました。その方は、毛無山の強者管理人。「今度泊まりにおいで〜辛い山だけど」と言って別れました。毛無山=辛い山その事が頭に残っていたので、体力がない僕は毛無山から逃げていました。テント泊を始めて約3年、経験や体力が増えてきた今なら登れると思い、今回挑みます。早朝の富 [続きを読む]
  • GARMIN Oregon 750TJ
  • こんにちは〜。今までスントの簡易ナビゲーションを使っていましたが、もっと正確な位置を確認したいと思いはじめました。去年からGARMINのハンディGPSが欲しくて、Oregon 650TCJ2が欲しくて眺めていましたが、しかし価格が高い・・・。約10万円なので、そう簡単に手が出ません。そして約1年後。さり気なくGARMINのホームページを観ると新しい Oregon 750TJ が発売さてたようです。発売して2ヶ月くらいなので絶対に高いと思い、Ya [続きを読む]
  • 杓子山 2017/1/25 第7話
  • こんにちは〜。では、最終話です。日の出を何処で撮るのか悩んでいたら、6時になりました。この日も風が弱く撮影日和です。気になったのが、東の空に雲があるくらいでした。そして日の出ギリギリに現場に到着。ピント、構図を短時間で決めて撮りました〜。EOS 5D Mark IV  EF24-70mm F2.8L II USM F16 SS0.5 ISO100無我夢中で撮りました。日が昇ると山々が赤く染まりだしキレイでした〜。前よりはイイ感じに撮れたと思います [続きを読む]
  • 杓子山 2017/1/25 第6話
  • こんにちは〜。では、5話の続きです。テントから出ると、やや風が吹いていました。気温-10度。 先程まで飛んでいた飛行機が居なくなりました。カイロに火を入れて、星の撮影の準備に取り掛かります。EOS 5D Mark IV  EF24mm F1.4L II USM F1.8 SS10 ISO800やっぱりココの夜景は、新道峠に負けないくらいキレイですね〜。そして、1発撮りのバルブ撮影です。EOS 5D Mark IV  EF24mm F1.4L II USM F7.1 SS1200 ISO100街の白 [続きを読む]
  • 杓子山 2017/1/25 第5話
  • こんにちは〜。では、4話の続きです。休憩しようと荷物を下ろしました。すると富士に変化が小さな雲が倍以上に大きくなり輝き始めました。そう彩雲です。休む暇なく三脚を取り出すと、雲は次第に小さくなり始めました。時間が無いので手持ちで撮影。寂しいくらい小さくなっちゃいましたね・・・。気を取り直してテントを張り、撮影するポイントを探します。時刻は、16時。これまでハイカーに出会っていません。いつもなら1人くら [続きを読む]
  • 杓子山 2017/1/25 第4話
  • こんにちは〜。では、3話の続きです。 展望台の絶景を見て元気が出てきました。この場所、初めて登った時に頂上と間違えた記憶があります(笑)最後の登りを再開します。熊笹が現れ始めました。もう直ぐ頂上と信じて歩きます。 5時間30分かけて山頂に到着。荷物を下ろして周りを見ると、枝が無くなりスッキリしていました。前に登った時と全然違う 撮影向きのスッキリした山になっていましたね〜。富士山を見ると上空では風 [続きを読む]