Ambho さん プロフィール

  •  
Ambhoさん: 本来の自己を発見する旅へ
ハンドル名Ambho さん
ブログタイトル本来の自己を発見する旅へ
ブログURLhttp://ameblo.jp/devaambho/
サイト紹介文あなたが過去から自由になり、本来の質を思い出し、愛する人生を生きていく、意識の進化をサポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供741回 / 365日(平均14.2回/週) - 参加 2013/05/11 15:52

Ambho さんのブログ記事

  • 本当の自分を見つけたいなら、
  • 本当の自分を見つけたいなら、感覚を内側に開くこと、本当の自分を覆い隠しているものを癒すこと、そして、氣づきに氣づいていること、この3つが大切。この3つが深まるほどに、ただ座っているだけで気持ちよく満たされて幸せになっていく。 [続きを読む]
  • 17 それは、一直線に進むのではなく、アップダウンを繰り返しながら進んでいきます。
  • 対象に氣づいているものに氣づいていること、氣づきに寄り添うこと、それを続けていると、安らぎや平安を感じたり、満たされて幸せな感じに包まれたりします。そして時には、何かに氣を取られたり、何かの感情が浮かび上がってきて、氣づきを見失ったりしてしまいます。その時は、楽園を見失ったようなショックを感じるかもしれません。音が自分の中にあり、自分の中でイキイキと躍動しているように感じたり、観ている物が自分の [続きを読む]
  • 高く伸びるためには、根を地中深く張らなくてはならない。
  • 星読みなど氣にしていなかったし、今でも氣にしていないのですが、どういう訳か、要所要所で星読みのメッセージを目にし、それがその時感じ大切にしていることと妙に一致します。今日は、牡牛座の新月です。この1か月、自分とは何か?をただひたすら感じ続けてきました。それ無くしては何も始まらない。それ以上に大切なものはない。そんな覚悟で生きてきました。本当の自分、それは、対象ではなく主体です。ゆえに、探すことは [続きを読む]
  • 16 内も外も静止しているかのような静けさに包まれる
  • すべてに氣づいているものに氣づいていること、氣づきに寄り添うこと、これを続けていると、とても静かな瞬間がやって来ます。まるで、内も外も静止しているかのような静けさに包まれます。それは、世界全体が平安に包まれたかのように感じます。【セッションメニュー】感情や間違った信じ込みを癒し本来の自己に近づくサトルボデイヒーリング 感覚を内側に開き自分でも感情を癒せるようになるハート瞑想 本当の望みを知りそれ [続きを読む]
  • 自分探しの盲点
  • 自分探しに夢中でさ迷い続けている人、自分探しに疲れ果て、自分探しなんか意味はないと言う人、 両者に共通しているのは、自分が自分を探すという矛盾に氣づいていないこと。本当の自分とは、対象ではなく主体だから、探すことはできない。 [続きを読む]
  • 15 1つの対象に氣づいていようとするよりも
  • 対象に氣づいているものに氣づいていることを続けていると、 何か1つの対象に氣づいているものに氣づいているよりも、すべてに氣づいているものに氣づいていることの方が簡単だと感じるようになります。 なぜなら、それこそが氣づきであり、それが本来の自己であり、無限なる意識(光)だからです。 そうなったら、すべての対象が氣づきに氣づく機会になります。 それは [続きを読む]
  • 人間ドック終了
  • 今日は、朝から人間ドックのために、日の出が丘病院へ。この季節の梅ヶ谷峠もまた美しい。この病院、お世話になってもう6年くらいかな。健康診断に行くと、一人は天使みたいな看護師さんに出会う。すると、思わずハートがほっこりする。そうでない看護師さんに当たっても、天使みたいな質を引き出せたら、心の中でVサイン。5年前に引っ掛かった両腎膿疱精密検査で良性だったからすっかり忘れていた。そして、今日の超音波検査で思 [続きを読む]
  • 答は自ら発見して初めて意味がある。
  • 答は、自分自身の中に在る。それは、自ら発見して初めて意味がある。しかし、自力ですべて発見しなくてはならない訳ではない。それを発見するためのサポートを受けとることもできる。ただし、そのサポートを受けとるに値する迄は、そのサポートを受けとることはできない。 [続きを読む]
  • 手放すためには?
  • 現実は自分で作っている。その事実を深く観たなら、同じ事をし続けることはできない。同じ苦しみを作り続けることはできない。その時、その苦しみを掴まえていた手が自然と離れる。それが、本当の意味での手放すということ。そこまで深く観てない者が幾ら手放そうとしても無駄なこと。手放すためには、自らその苦しみを掴んでいることに氣づかなくてはならない。 [続きを読む]
  • アウトロー
  • 今生、これだというものを見つけたら、それに専念し、深め続けてきた。しかし、氣がついたら、どれもこれもはみ出してしまっていた。それについて寂しさを感じていたけど、それでいいのだ。なぜならそれは、どんなメソッド、どんな概念にも収まりきらないのだから。そして、どんなメソッド、どんな概念も役に立つ。なぜなら、それはそのままでは広大無辺で把握しきれないから。枠を設けることで、それを把握しやすくなる。そして [続きを読む]
  • マインドは、これが真理だ!! 真理を見つけたd=(^o^)=bとやりたがる(^^;
  • マインドは、これが真理だ!!真理を見つけた!!d=(^o^)=bとやりたがる(^^;しかし、それさらに深く観たなら、これが真理だ!!と掴めるものはすべて現れに過ぎない。そして、さらに深く観てそれを見つけたなら、それは普通であり、既に知っていたことでもあり、同時にそれは語ることができない。しかし、語ることができないからと言って語らないでいいのだろうか?語ったからといって、理解できるものがいるのだろうか? [続きを読む]
  • これだけたくさんの人たちが正しいなんてことがありえるかね?
  • 残念ながら、OSHOが体を離れて27年が経っても、この言葉はいまだに的を得ている。大衆よりも本の少しだけ先を行く人が、たくさんの人を集めている。そして、真理を会得した人は、会得したがゆえにひっそりと普通に暮らしている。ゆえに、大衆よりも本の少しだけ先を行く人が、たくさんの人を集めている。この悪循環はいつまで続くのか?ジョージ・バーナード・ショウの有名な言葉を覚えているだろうか。 彼と論争していたあ [続きを読む]
  • 現実は自分が作っている。
  • 現実というのは、自分自身のエネルギーが映し出されたもの。自分のエネルギーが変われば、現実も変わる。そう見えていた。さらに深く観たなら、自分で作っていた。それはギャグとも言えるし、深遠な営みとも言える。そこまでハッキリ見たら、もう同じことを続けることはできない。氣づきと受け入れることによって、笑いと共に手放しが起こる。そして、ネガティブな現実を作れるということは、ポジティブな現実を作ることもできる [続きを読む]
  • 大切なのは、解釈を変えて頭で納得することではありません。
  • 大切なのは、解釈を変えて頭で納得することではありません。過去がいつまでも私達を苦しめるのは、過去の出来事にまつわる感情と間違った信じ込みが残っているからです。それが、本当の自分を覆い隠しているから、いつまでも苦しみ続けるのです。大切なのは、その感情と間違った信じ込みを癒すことで、本当の自分に目覚めていくことです。しかし、感じることがあまりにも辛く苦しく感じることができなかったものに開いていくのは [続きを読む]
  • 食べる順番の変化
  • 対象に氣づいているものに氣づいていること、氣づきに寄り添うこと、これを第一に生き始めてから、食事の時の食べる順番が変わりました。以前は好きなものから食べていました。例えば、一番のお気に入りアイムホームプレートの場合、トマトの左のクラッカーにチキンが載ったもの(小さくカットしたトーストの上にチキンが載っている方が多いかな。)真ん中の丸い器に入ったもの。(ちょっと苦手なものだったので、あまり食欲がないと [続きを読む]
  • 14 氣づいているものに氣づいているということは、
  • すべてに氣づいているものに氣づいていると言うことは、すべてに氣づいている氣づきに寄り添うと言うこともできます。 氣づいているものに氣づいていようとすると、氣づきとそれに氣づいていようとするとするものの二つに別れてしまいます。 それでは、あまり意味がありませんし、感情や思考が活性化すると、すぐにそちらに氣を取られてしまい我を見失います。 & [続きを読む]
  • 感情って何だっけ? チャクラって何だっけ?
  • 氣がつくと、氣づきと愛、瞑想とヒーリング、この2つがひとつに統合され、対象に氣づいているものに氣づいていること、氣づきに寄り添うこと、に真剣に取り組み始めて、1ヶ月が経ちました。その間、色々ありましたが、今は、感情って何だっけ?チャクラって何だっけ?という感じです。そして、何もしないでただ座って、すべてに氣づいているものに氣づいている。それがとても気持ちいいです。感情なんて関係ない、という訳では [続きを読む]
  • 本当に大切なことは、本当の自分は何なのかを思い出すこと。
  • 最も大切なことは、本当の自分とは何なのかを思い出すこと。そのためには、二つのことが必要。ひとつは、本当の自分を覆い隠しているものに氣づいて受け入れ癒すこと。傷や感情やブロックや間違った信じ込みを癒し、一なるものに戻っていくこと。そして、もうひとつは、本当の自分に氣づき目覚めること。そこから本当の人生が起こり始める。 【セッションメニュー】感情や間違った信じ込みを癒し本来の自己に近づくサトルボ [続きを読む]
  • 13 瞑想のために仕事を減らす必要もありません。
  • じっと座って瞑想したり、どこかの瞑想会に参加しないと瞑想できないのは、初心者の内だけです。 瞑想とは何か?がハッキリと掴めたら、そんなにどこかに出掛ける必要はなくなります。 なぜなら、本当の瞑想が体験できるところは、そんなにないですから。 そして、生きているすべての瞬間が瞑想になります。 また、本当の瞑想が何かを掴めたら、それは何事にも反しないので、 [続きを読む]
  • 思考は現実化する。
  • 思考は現実化する。この言葉が意味する思考とは、感情の壁によって源から分かたれた思考のことではない。この言葉が意味する思考とは、源から発せられる思考のこと。ゆえに、感情の壁を癒し、源へと戻るのが大切なこと。それをしないと、源から分かたれた思考で、幾ら望むことを考えても、現実化しない。なぜなら、その望みの背後には、今の現実に対する否定的な感情が隠されている。ゆえに、その否定的な感情が、否定的な現実を [続きを読む]