Pondzu さん プロフィール

  •  
Pondzuさん: ぽんず単語帖
ハンドル名Pondzu さん
ブログタイトルぽんず単語帖
ブログURLhttp://www.yuzuwords.com/
サイト紹介文シアトル在住の英日翻訳者です。翻訳現場や米国生活で目にした、たぶんあんまり役に立たない単語ノート。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/05/14 12:38

Pondzu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Go-To
  • 英語のいいまわしで「Go−to なになに」というのがある。 「とりあえずこれだけあれば大丈夫」というほど頼りになるモノや人や場所や音楽や食べものなどのこと。 He is my go-to friend. This is my go-to bag. Croissant is my go-to breakfast. Pizza is my go-to comfort food. のような言い方をよく聞く。 オンラインのケンブリッジ辞典には used to describe the best person to deal with a particular problem or do … Con [続きを読む]
  • セクシーな 
  • 翻訳していて困る形容詞のひとつに「sexy」がある。 文字通りの性的魅力をさすのとは別に、「かっこいい」「イケてる」「魅力がある」といったような価値をあらわして、昨今ほとんどどんなものにも使われる。 この間翻訳した新しいレストランを紹介する記事で、内装が「tres sexy」という文章があった。有名シェフがプロデュースする店の洗練された都会的なインテリアの店内を「すごくsexy」といっているのである。 「超セクシーな [続きを読む]
  • Desire あらまほしき
  • 「desire」という英単語をポジティブに日本語に訳すのが難しい。 たとえば高級リゾートホテルやスパの宣伝などにも、desireという言葉はさらっと使われていたりする。 これを 「あなたの欲望のすべてを満たす贅沢なスパ体験」 なんて日本語にしてしまったら、なんだかやたらにギラギラした、方向性の異なる施設のように聞こえてしまう。 この場合は「欲求」でも「願望」でも「希望」でも、ヘンである。 『リーダーズ英和辞典』の訳 [続きを読む]
  • Engage エンゲージ 
  • 語学学習者の中にはたまに、辞書に載っている訳語がその単語のすべてであって、言葉というものは地図の記号や化学式かなにかのようにゆるぎない「一対一対応」である、と思い込んでいるらしい人がいる。 もちろん、そんなことはない。 どんな国のどんな言葉も、単なる記号ではない。 言葉は文化であり、思想と感受性の反映であって、使う人あってのもの。 時代が変わり、生活と考えかた、ものの感じ方が変われば、当然言葉も変わる [続きを読む]
  • Reductionism 還元主義 
  • 人間の知性や精神は、オーブントースターやクルマのメカニズムと同じように、小さな部品に分解していけるものなのだろうか? 「そんなものはできるに決まっている」とする考えかたを、還元主義(reductionism)という。 「還元主義」という日本語からはあまりピンと来ないけれど、reductionismという言葉には、なにもかもを単純な原理と単位にreduceしてしまう、つまり「矮小化する」「意味のないほど小さなものにしてしまう」とい [続きを読む]
  • Dichotomy 二分法
  • アメリカ人、に限らず多分「欧米人」、の好きなセリフに、「世の中には二通りの人間がいる…」というのがあります。 「世の中には二通りの人間がいる。何かを成し遂げる人間と、何かを成し遂げたと主張する人間だ。最初のグループのほうが、ずっと少ない」 というのはマーク・トウェインの言葉だそうです。 「世の中には二通りの人間がいる。知りたいと願う人間と、信じたいと願う人間だ」 というのはニーチェ。ふふふ。いかにもで [続きを読む]
  • Mind Wandering 意識がウロウロ
  • このあいだ、夕飯をの支度をしながらポッドキャストのTED Radio Hourで「ハピネス」というテーマの番組を聴いていたら、「人の幸福度とmind wandering をしていないことには相関関係がある」という研究結果を発表している人のトークが紹介されてました。マット・キリングワースさんという科学者の発表です。トーク自体は2011年のもので、日本語字幕つきのバージョンがTEDのサイトで紹介されています。彼の研究は、1万5000人という [続きを読む]
  • Anthropomorphism 擬人化
  • Anthropomorphism 擬人化。長くてなかなか覚えられない単語。去年、萌えガールズのキャラクターを付与された戦艦と、BL的なイケメンキャラの顔と人格を付与された日本刀をコレクションするというゲーム『艦これ』アンド『刀剣乱舞』の存在を知って、かなり動揺したのですが。「擬人化」で検索してたら、Twitterをポニーテールのかわいい女の子として描くSNS擬人化マンガがあってびっくり。ツイッターさん…よく捉えてる。で、や [続きを読む]
  • Karma カルマ
  • 先日ビジネス通訳をしていて「karma」という単語が登場しました。Karma って、アメリカ人はわりによく使います。自分の善い行いや悪い行いが、自分に返ってくる、という仏教の思想が、70年代あたりにニューエイジ方面から輸入されて、一般に根づいたんじゃないかと推測。日本語では「カルマ」の一般的な訳語は「業」だと思いますが、「業」というとなんだか非常に重い内容になってしまいます。というのは、日本で一般に「業」とか [続きを読む]
  • Sexy セクシーな
  • 少し前、シアトルのとある寿司店に食事に行ったとき、サーバーの女性がアンケート用のカードをテーブルに持ってきました。サービスや食事の内容についての意見に加えて、その店のサステナブルな取り組みについて意見を聞く欄もあり、その中にこんな質問がありました。Do you think sustainability is sexy?一緒に食事に行ったのは40代後半〜50代の、真面目で知的な男女のお二人(アメリカ人&日本人)だったのですが、二人ともこの [続きを読む]
  • 過去の記事 …