watariinuya さん プロフィール

  •  
watariinuyaさん: 中学入試国語専科国語の森/錬の国語
ハンドル名watariinuya さん
ブログタイトル中学入試国語専科国語の森/錬の国語
ブログURLhttp://ameblo.jp/kokugonomoris/
サイト紹介文中学入試国語専科国語の森/錬の国語」の授業風景や中学受験のアドバイスをつづってまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/05/14 21:23

watariinuya さんのブログ記事

  • なぜ中学受験をするのか
  • なぜ、中学受験をしようと思ったのですか。この質問に対する答えをお持ちですか。どうもワタリイヌヤです。★難関国公立・私立大学に進学できる★我が家にあった教育方針のもと6年間学べる★学校設備の充実と学校行事の豊富さ上記3つが私がよく聞くものですが、実は、この質問に正解はありません。明確な理由を親子でしっかり共有できていることが重要だと考えています。この明確な理由の有無が合否に大きな影響を与えるといって [続きを読む]
  • 「中学受験とはどういうものなのか」
  • 4月ですね。桜の見ごろもあっという間に過ぎてしまうのでしょうかね。どうも、ワタリイヌヤです。春休みを終え、新学年としてのスタートも間近ですよね。これから中学受験を考えようと思っていらっしゃる方もいるかもしれませんね。今日はそんな方々のお役に立てばということで、「中学受験とはどういうものなのか」というお話をさせていただこうと思います。(なお、この記事における「中学受験」は主に私立中学の入試のことを指 [続きを読む]
  • 冬期講習へのお母様たちの疑問
  • 最近、私のところにメールや電話等で受験生のお持ちのお母様からある質問が多く寄せられています『大手塾の冬期講習に参加するか否か』というものです冬期講習は、まとまった時間が取れる最後のときですね。それだけにいかに効果的に時間を使うかとても重要ですよねワタシもかつて集団塾で教えていましたが集団塾の場合、どうしても授業内容があたりさわりのない内容になりがちでかゆいところに手が届かないものになりがちです。& [続きを読む]
  • 国語の苦手な子を救うために
  • もう11月の足音が聞こえているというのにまだ半袖で頑張っている子供たちの姿に驚かされる日々です。どうも、ワタリイヌヤです。読解問題で得点できないパターンとして『文章を読んでない(読めてない)』『問に答えていない』というのが最も多いように思います子どもに『文章ちゃんと読んだ??』と聞けば ほとんどの子が『読んだよ』と答えますねおそらくココにうそはないのだと思いますでも『読む』ということへの理解の違いが [続きを読む]
  • 中学受験生のお母さんへ
  • ここ最近、すっかり秋めいてきましたねもう衣替えをしても大丈夫ですかね。どうも、ワタリイヌヤです。公開テストも本格化し、数値化したデーターがより現実味を帯びたものとして感じられるようになるでしょうそうなってくると今まで以上に心中穏やかではない状況に陥りかねない。お母様方が・・・。お子さんは、お母様が思ってる以上にお母様の様子を気にしています。お母様が元気がなかったり、いらいらしたりすれば、『僕の( [続きを読む]
  • 志望校はだれが選ぶのか
  • 秋の足音はまだ遠いのでしょうか。この時期塾の面談も結構行われているのではないでしょうか私もこれまでにかなりの数の面談をこなしてきました。そして、今日、ある親御さんから大手塾の面談結果について相談を受けました。今まで様々なデータを並べての面談だったようですその中で大手の塾さんのおっしゃった『9,10,11月の模試の結果を見て志望校は決めます』この言葉実に気になりませんか???これは取りようによっては『塾がデ [続きを読む]
  • 模試の受け方〜よいよい受験のために
  • 日一日と秋めいてきているようでまだまだ蒸し暑さは強いですね。 どうも、ワタリイヌヤです。 9月になり、いよいよ、模試も本格的に始まりましたね! はじめて、中学受験を迎えられる親御さんにとって、「模試の受け方」は案外難しいものです。 9月18日(日) 四谷大塚 合不合判定テスト③25日(日) 日能研  合格力育成テスト10月2日(日)   四谷大塚 実力判定テスト9日(日)   日能研 合格判定テスト10日(月祝)  四谷大塚 [続きを読む]
  • 最初から最後まで均等に読むな。最初はより丁寧に
  • 夏休みも終わり、一週間が過ぎましたね。みなさん、充実した夏休みを過ごされたことでしょう。どうも、ワタリイヌヤです。「最初から最後まで均等に読むな。最初はより丁寧に」さて、これは先日、私が最近5年生の子にしたアドバイスです。その子は読むのがゆっくりなんですがなかなかテストの点が上がりませんでした。たしかに見ている限りは真面目に読んでる風にはみえます。そこで一段落だけ読ませて、「ここまではなんの話? [続きを読む]
  • 自力で解ける喜びこそ真の力
  • オリンピックに甲子園見ていますと努力をすることの尊さを痛感しますね。どうもワタリイヌヤです。皆さんは自転車に乗れますか???自転車にはじめてまたがって、次の瞬間、乗れたという人は少ないのではないでしょうか??転んでひざをすりむいて、それでも立ち上がって練習をして乗れるようになったのでは??自分ひとりで乗れたときの喜び覚えてますか???誰かに言葉で説明されたものじゃないですよね自分で体感して得たものですよ [続きを読む]
  • 明確な目標を持っている子どもは伸び幅も違う!!
  • ポケモンgoがいろいろと世の中を賑わしていますね。私の周りでも「今日、13000歩歩いた」とか、「1日で5キロ歩いた」という方々もいます。またニュースでは「家に引きこもっていた子が外に出るようになった」という話もありましたね。どうも、ワタリイヌヤです。「ポケモン恐るべし」ですね。(マナーは厳守ですね)ポケモン捕獲というの目標ために普段以上の力を発揮する。これは、勉学にも通じるものがありますよね。明確な目 [続きを読む]
  • 国語の記述対策 どこに注目する?
  • ここまで暑くなりますと暑さそのものというより室内外の温度差に消耗させられている気がしますね。どうも、ワタリイヌヤです。中学受験の国語でのお悩みで多いのが記述問題についてだと思いますが、今日は、その記述問題でなぜ苦労するのかその一因をお話ししますねたとえば「傍線部『私は腹立たしかった』とあるがそれはなぜか。その理由を80字以内で答えなさい。という問題があるとします。まず、どこに注目しますか?この最 [続きを読む]
  • 成績を伸ばす天敵
  • 今年の夏期講習は比較的過ごしやすいと思っていたら、梅雨明けとともに暑さ襲来ですね。どうも、ワタリイヌヤです。成績を伸ばすための秘訣はなんでしょう?それは、考えられることだと思います。考える力が高ければ、自ずと成績は向上します。しかし、この考えることの天敵になる言葉があるのをご存じですか?問題を読んで1分以内の「わかりません」です!この言葉は考えることをあきらめ、相手に依存しようとする言葉だと思いま [続きを読む]
  • 「子どもを伸ばす親の姿勢」
  • 今日(7月2日)は、1951年に日本が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に加盟した日です。ちなみに本部はどこにあるかご存知ですか? そう!フランスのパリですね!どうも大森山王学院の飯田です。たとえば「1〜5までのカードがそれぞれ1枚ずつあります。その中から3枚を選んで3ケタの数字を作ります。何通りできますか」これは、場合の数の基本問題ですね。公式を知ってれば楽勝ですね。5×4×3=60答え60通りですね。はたまた [続きを読む]
  • 「子どもを伸ばす親の1つの行動」
  • 今日から7月ですね。梅雨明けが待ち遠しい今日この頃体調には十分に気を付けましょう。どうも,ワタリイヌヤです。夏休みを前に気がせく時期ですよねここで私からアドバイスを1つさせていただきたいと思います「子どもを伸ばす親の1つの行動」です。しばしば見られる親子での面談等でのワンシーンを考えてみましょう。私     : ○○君、好きな科目はなに?○○君  : えっとー○○君母:(間髪入れず)算数でしょ!私 [続きを読む]
  • 中学受験 国語の過去問はいつからやるのか
  • 梅雨に入ってジメジメ感も倍増した感じは否めず、また暑さも容赦がありませんね。体調管理には十分注意が必要ですよね。どうも、ワタリイヌヤです。さて、よく聞かれることですが中学受験において国語の過去問はいつごろから取り組みのがいいのでしょうか。国語という科目は、一般に中学受験の勉強を始める4年生から5年生・6年生と学習する単元はほぼ同じです。説明文・論説文・物語文・随筆文詩・短歌・俳句それに漢字・知識事項 [続きを読む]
  • 模試の活用法〜今の偏差値では何も決まらない
  • ぼちぼち梅雨の時期ですね。関東甲信越地方も5日に梅雨入りが発表されましたね。どうも、国語の森新宿校Sクラス・三田校のワタリイヌヤです。こうした季節の足音を聞きますと受験まであと何日なんだと意識をしてしまいますね。そして親御さんがもっと意識してしまうのが組み分けテストや月例テストではないでしょうか。先日も5年生の親御さんから点数がもう一つだと相談を受けましたが、もちろん点数はいいに越したほうがいいと [続きを読む]
  • 語彙力UPのきっかけは漢字の学習にある
  • またまたご無沙汰になってしまいあるお母さまから生存確認のメールをいただく始末。いけませんね。今日からまた、心にうつりゆく心にうつりゆくよしなし事を書きつけていきたいと思いますどうも、ワタリイヌヤです。長いこと受験国語を指導させていただき痛感することは低学年(小学1年生〜小学3年生)の間における語彙力UPがとても大切であるということです。語彙力UPの基本は漢字の学習にあると考えています。文脈にあっ [続きを読む]
  • テスト前の「もっと速くやりなさい」は禁句です。
  • まだ5月中旬だというのに天気予報では「夏日」という言葉が聞かれますね。どうも、ワタリイヌヤです。入試はよく「時間との勝負」と言われますね。それで一番頭を悩ます科目が国語だという声もしばしば聞かれます。先日も5年生のお母さまからご相談を受けました。組み分けテストの答案を拝見しました大問1・2が漢字と知識大問3が説明文大問4が物語文という構成です。大問1・2・4はだいぶ手がついていますが大問3はほぼ空欄でした [続きを読む]
  • 入試における漢字の採点について
  • 暑くなったり、寒くなったりとなかなか安定しない天候が続き健康管理が難しい日々が続きますね。どうも、ワタリイヌヤです。しばしば、男の子をお持ちのお母さま方から「うちの子は字が汚くて、中学受験の時に感じで失点するのでは心配なんですが」という相談を受けます。実際にお子さんの字を拝見しないと正確なことはもうしあげられませんが、そこまで厳密に細かいところまではチェックしないと思っていていいと思います。もち [続きを読む]
  • 組み分けテストを受ける意味
  • 見つけよう みんながもってる いいところ5月5日から一週間は児童福祉週間なんだそうです。最初の標語は全国から寄せられた応募作品の中から選ばれたものです。ちょっと耳がいたいですかね。どうも、です。さて、今週末塾で「組み分けテスト」というご家庭も多いのではないでしょうか。このテストの結果を戦々恐々と待っている親御さんも少なくないようですね。ただ、このテストがものすごく良かろうが悪かろうが、実際の入試結 [続きを読む]
  • 早稲田中学の国語について
  • 今年初の真夏日だとか。「夏日」とは、日最高気温が25度以上の日で、「真夏日」とは、日最高気温が30度以上の日のことですね。また、日最高気温が35度以上の日を「猛暑日」ですね。ちょっと理科の勉強でした。どうも、ワタリイヌヤです。前回早稲田中学校を紹介しましたが今回は早稲田中学校の国語の傾向と対策について書いてみたいと思います。早稲田中学の国語は答案用紙を見ると一見、受験生に「与し易し」の印象を与えるよう [続きを読む]
  • 学校紹介〜早稲田中学校
  • ぽかぽか陽気に恵まれてGWにふさわしい天気でしたね。どうも、ワタリイヌヤです。私の視点からの学校紹介です。今回は早稲田中学校です。東京都新宿区馬場下町(旧東京府東京市牛込区)に所在し、中高一貫教育を提供する私立男子中学校・高等学校。高等学校においては生徒を募集しない完全中高一貫校ですね。毎年、私のところからも受験するこの多い学校で相性もかなりいい学校ではあります。ご存知の方も多いと思いますが純付属 [続きを読む]
  • ご家庭で簡単にできる 記述苦手払拭の方法 低学年編
  • 5月になりましたね。GW真っ盛りという感じでしょうか。今日5月3日は何の日でしょう。おわかりですね!そう!憲法記念日です。1947年のこの日に日本国憲法が施行したわけですね。(施行…公布された法令の効力を現実に発生させること)どうもワタリイヌヤです。さて、先日、4年生のお母様から「この2月から大手塾に通い始めたが記述が全く書けない」というご相談をいただきました。このようなお悩みを持たれている方も多いのではな [続きを読む]
  • 選択肢は見ないの法則
  • 今日は、リメンバー・チェルノブイリ・デーですね。1986年のこの日、ソ連ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で、大爆発事故が発生してから30年なんですね。早いものです。どうも、ワタリイヌヤです。前回に引き続き記号問題の話を少々。記号問題、選択肢の語句が言い換えられているため受験生が戸惑ってしまうと書きました。ではどうすればいいのかですが、選択肢の問題をすぐに見なければ良いのです。「選択肢は見な [続きを読む]
  • 記号問題が受験生を悩ませるわけ
  • 早いものでもう来週末からゴールデンウイークですね。ここでまとまった時間を確保してここまでの苦手を克服しておきましょう。どうも,ワタリイヌヤです。先日、記号問題について意外に受験生を悩ませていると書きました。今日はそのあたり少々。記号問題の大基本は本文中に書いてあるものを選ぶです。これに受験生は大苦戦を強いられるのです。なぜか?本文中の表現がそのまま選択肢に使われていればまだ良いのです。しかし、海城 [続きを読む]