AngeleDarc さん プロフィール

  •  
AngeleDarcさん: Journal
ハンドル名AngeleDarc さん
ブログタイトルJournal
ブログURLhttp://anastasianabukov.blog87.fc2.com/
サイト紹介文私の日記です。本のこと、音楽、映画、地域のことが中心です。
自由文私の日記です。日々思った事を書き残しています。昔の記事への回想録も後に追加していきます。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2013/05/15 10:34

AngeleDarc さんのブログ記事

  • InterMarché
  • 私が行くスーパー、インタ− マルシェのコマ−シャルがよいです。例の壁画のあるアパルトマンの横のマルシェです。このCMは、レジの女の子目当てに買いに行く男の子の話。現実の世界でも、こういう出会いはある。よく聞くところです。 [続きを読む]
  • マクドナルドの新しいコマーシャル 友達
  • ピクルス好きな友人にマクドのピクルスを必ず分けてあげる男の子が、彼女ができてしまい、友人にではなく、その彼女にピクルスをあげるようになってしまった話。そんな日も過ぎて、大人になり、友達のことも忘れたころ、ある日、荷物が届く。面白い。日本では、小学生高学年のころ、食べていたマクドナルド製品。フランスでは、トイレ借りるとき、カフェを頼むぐらいかなあ。なんか、ジャンクって子供の食べ物というイメージがある [続きを読む]
  • 捨て猫、または、迷い猫
  • 2か月前ぐらいから、うちに現れた子猫。野性的で逃げるので、餌を置いておくぐらいしかできませんでした。今月に入って、急に大きくなったので、最初3か月ぐらいの子猫だったのが5か月ぐらいになったのかな。メスらしいので、手術しないと、野良の雄が来るだろうし、困る。捕まらないので、大変ですが、最近では、うちの庭に放置しているこれから捨てるべき、ソファベッドとマットレスの上に寝ているので、前と違って隠れなくな [続きを読む]
  • 壁画
  • スーパーのすぐ横にあるアパルトマンの壁画ですが、描いているところに遭遇したことが一度もなかったのです。いつのまに、少しづつ絵が増えていました。まさか、部分的に明かりをつけて夜中に作業していたとか。 [続きを読む]
  • ファンタ カシス味
  • ファンタは、日本で子供の時飲んだきり、フランスでは買ったことがなかったのですが、珍しいカシス味というのが、並んでいたので、購入しました。ボトルが、おしゃれですね。何か、下のほうが、くびれてツイストしている。味が、アペリティフのキールのようです。これは、気に入りました。日本にもあるのかな。 [続きを読む]
  • 家の壁に壁画
  • 壁画を描いている方が近くにおられるようで、通るたびに見入ってしまいます。フランスって法律などで、壁の色や屋根の色が決まっていると思っていました。勝手に描いてしまっていいのですね。うちの内装で、壁の色を変えたりはしますが、外を芸術的にしてしまう勇気のある人がいたとは。夏の食事で、ピザが好きなのですが、買い置きのない時に便利なスナックピザ。ポテトチップス売り場にあるスナック類は、バカにできません。味も [続きを読む]
  • MUSE
  • MUSEというのは知りませんでした。http://www.arte.tv/fr/videos/076587-000-A/muse-live-at-olympic-stadium-romaさきほどテレビで、ローマライブを放映していたので、途中から見ましたが、その歌手のことは無知でした。この頃土曜日の夜、いろいろなライブ放送があるので、見ています。知らない音楽に触れるのも、いいですね。 [続きを読む]
  • 想い・で
  • 日本、アメリカ、フランス、最近心に響く歌も映画もドラマもないので、このところトルコドラマにはまっています。アメリカのアカデミー賞というのも、1960年代は良かったけれど、悪の何者かに乗っ取られているようで、今は好きではありません。W日本でいいドラマといえば、石原真理子さんの主演のもの、でした。彼女の詩も才能がありますね。この曲、いい詩ですね。書くことにおいての才能。コクトーの格言の中も、書くことが [続きを読む]
  • ヴィーナス
  • 先日の白いスタチューですが、よくよく写真を見ると、足元に、貝殻があるので、ヴィーナス像かと思いました。何気にモナリザのほほえみをしているような。モナリザの顔が、小さいころ、風邪薬のジキニンCMに出てきて、子供心に怖くて、漫画家の楳図かずおの、ママが怖い、の蛇女のように怖かったのです。その微笑みに、似ているような今回の騒動のヴィーナス。角度によっては、宇宙人に見えてしまうのが笑える。 [続きを読む]
  • 粉ジュース
  • イタリアの横の国、マルタ島の製品。以前も紹介しましたが、確かココナッツとパインのものだったと思います。他にもハイビスカス、マンゴ−、パッションフルーツのものも買いました。今回はいちご。昔日本で、メロンとかオレンジの粉ジュースがありました。渡辺とかいう会社だったかなあ。さて、マルタの製品では他に、タマリン、コーラ、リンゴなどもあります。一袋につき一リットル分の水を加えるのですが、コップだと、大匙1ぱ [続きを読む]
  • 宇宙人はいなかった
  • 先週の火曜日朝、遠くから何気に写した写真に、人間ではないものが写っていたのですが、今日の朝、その場所に接近してみました。遠くから見ると、コスプレ宇宙人に見えたこの方、白いスタチューであった。隣の狸みたいに見えた物は、燈籠。昔は、スラブレストランだったはずが、もうなくなっていて、売りに出されていました。売れたら、これらのオブジェもなくなるでしょう。見納めということで。田舎家風のこのレストラン兼ホテル [続きを読む]
  • BLONDIE
  • ブロンディというグループのベルリンライブをテレビで放映していました。最初、サングラスかけて歌っていて、小太りのおばさんだったので、年の割には風変りの衣装、誰かと思ってみていたら、落着きある安定のある歌唱力で。この放送は途中から偶然見たため、誰であるかは、テレビ画面に名前が出るまで、わかりませんでした。お父さんにもらったCDは持っていたので、ブロンディという名は知っていましたが、ボーカルの年を調べた [続きを読む]
  • 4日の朝に
  • スラブレストラン前を通りがかったとき、何気に、風景写真を撮って、後から見たら、変な人間ではなさそうなものが映っていたのですが、その日は忙しくて、後からその場に戻って見ていないので、正体わからずじまい。白い宇宙人ですか。それの左に映っている茶色っぽいものは、動物かそれともその仲間の宇宙人なのか。朝からコスプレっていうのもあり得ない。暑いので、私がおかしいのか。これです、Restaurant Aubergeと書かれた下 [続きを読む]
  • Quentin Mosimann
  • ずいぶん前にスタ−アカデミーで優勝した コンタン モジマンは、若くて才能があって可愛い人だったけれど、最近では、ちょっと太っておじさんぽくなってきましたね。でも、歌がとても上手いことには文句がつけられません。この歌好きだった。"Cherchez le garçon."のスイングバ−ジョンhttp://www.mtv.fr/musique/artistes/quentin-mosimann/chq821/video/Cherchez-Le-Garcon/9wf35hデビュ−当時、右と左で靴の色を違うようにし [続きを読む]
  • ドクタ−ペッパー
  • ドクターペッパーは小学生のころ飲んでいました。プルーンのような味がする炭酸ソフトドリンク。この頃、また、飲み始めています。フランスで売られているのですよ。. アメリカの104歳の女性が、毎日3回飲んでいるとのこと。健康の秘訣だそうです。それを信じない医者たちは、すでにもう、みな亡くなっているそうです。何か、元気になれるのですよね。でも、夜飲むと、眠れない。そのほか、小学生のころクラッカージャックとい [続きを読む]
  • About a boy
  • 先日、テレビでLa retour de la momie という映画を放映していて、そこには、ヒュー グラントの映画に出ていた女優さんが出演していたので、この映画をはります。ちなみに、著作者権のため、エジプトのあの映画はまだ、ユウチュウブでは見られません。ヒューさんは、変なハニートラップに引っかかり、婚約者リズさんと別れ、その後、中国人との間に、子供がいるようですね。 [続きを読む]
  • フランス人は花が大好き
  • フランスのグッズに多いデザインは薔薇で、昔は、家を借りると、必ずキッチンのお皿のデザインは薔薇、ベッドカバーや壁紙のデザインも薔薇でした。その時は、これが、フランスの一般家庭なのだと思いました。昔の映画のフランス家庭の壁紙しかり。わざとではないけれど、そういえば、私の持ち物も、薔薇の絵のものが多いですね。そのことに、あまり気づきませんでしたが、最近、実感。そして、フランスには花をモチーフにしたグッ [続きを読む]
  • サツマイモのフリッツ
  • 先日のケンタッキー・フライド・チキン手作りヴィデオの後、同じ人のものでマクドのナゲットレシピがありました。またまた、それを見て、鶏肉ではなく、豆腐でナゲットを作りました。今回は、そのヴィデオのフリッツに、じゃがいもではなく、さつまいもを使っているので、それも真似しました。アルミホイルにオリーブ油を敷き、そこに短冊切りさつまいもを乗せて天火で焼くだけ。サラダ風に盛り付けるといいです。最近、はやりなの [続きを読む]
  • イギリスのビスケット
  • イギリスが、ユーロから離脱するので、スーパーのイギリス食品コーナーからどんどんお菓子や食品が消えていきます。売り場に残っているお気に入りの商品を、今のうちにと、前にもブログで書いた、ブラックカラントのショートケイクとか、カスタードクリームをサンドしたビスケットなど、買おうとしたとき、私の前に、真剣に探しながら買っている若い赤ちゃん連れの女性がいました。レモン味ジンジャー入りバタークッキーをいくつか [続きを読む]
  • ケンタッキーのレシピ
  • フランスのサイトでケンタッキー・フライド・チキンのレシピをさがしていたら、ユウチュウブで見つかりました。2012年のもので、その人は最初めだたない若者だったのに、今では、有名なユウチーュバーになっているようで、容姿が違います。最初のものは、恥ずかしがっているような感じですが、すでに、2年後の同じレシピでは、堂々としていて、今年になったら、彼女もできたらしいです。と思ったら、それは冗談で、まだ独身だ [続きを読む]
  • サラダの季節
  • 凄く暑い日なので、サラダの本を紐解いて、試しています。きゅうりとトマトとゆで卵のサラダにしました。この本は、フェリックス ポータンという20年ぐらい前に他のスーパーに吸収されてしまったお店のプレゼント商品。これは、グルジア人の家族同様の方からいただきました。ロシア正教の聖職者の奥さんです。料理レシピは10代のころからたくさんあり、いつもノートにしていますが、今日はそれとは関係なく、本からのレシピ。調 [続きを読む]
  • Past Times
  • 何年も前に某有名フランスのクラシックピアニストから、イギリスのお土産でコースターをいただきました。パスト タイムスというオックスフォードのお店のものです。ネットのない時で、そのお店を知りませんでしたので、今になって調べたら、ヴィンテージのお店らしいです。私は最近はやりの100円ショップ、1ユウロ ショップの安っぽいものが苦手で、蚤の市などのアンティークなものが好きなのですが、このお店はいいですね。 [続きを読む]
  • オリエンタルな菓子
  • ギリシャやトルコ、シリア、レバノンなどにあるオリエンタル菓子、ラマダンの始まった時から、スーパーにお目見えしています。小さいけれど甘いので、お茶のタイムに一つで満足できます。和菓子や洋菓子より、なぜか好きなのです。はちみつや、薔薇水、オレンジの花の香り、ナッツ、ドライフルーツ、米粉などが入っているのがいいですね。冬だと生クリームの洋菓子もOKですし、日本の餡子も大丈夫ですが、夏になると地中海の方へ [続きを読む]
  • マルセイユ石鹸オリーヴの香り
  • 先日ルバーブの香りの石鹸について書きましたが、その前に買ったオリーヴオイルの石鹸やそれよりも前に購入した蜂蜜の石鹸がそれよりもずっと好きです。またまたオリーヴオイルの香りのものを使っています。これを手にして、思い出したのは、祖父の家の洗面所にいつも、見たことのないような石鹸があったのですが、その中に、この緑色のものが置かれていました。新宿区牛込の家でした。蜂蜜の石鹸は、パリでよく売っていますが、フ [続きを読む]