プライア さん プロフィール

  •  
プライアさん: 実践 早期リタイア
ハンドル名プライア さん
ブログタイトル実践 早期リタイア
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/practice_retire/
サイト紹介文サラリーマンが早期リタイアするまでのお話と、その後の無職生活。
自由文サラリーマンに向いていないサラリーマンが、長年の目標である早期リタイアを実践。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/05/15 22:12

プライア さんのブログ記事

  • 活躍の機会がないこと
  • 髀肉の嘆という言葉があります。若い頃から戦場を駆け回って生きて来た劉備という人が権力者の保護を得て平和な日々を過ごすようになり、ぜい肉のついてしまった体を見て、活躍したり功名を立てたりする機会のなさを嘆いたという故事です。後に宿敵曹操が戦争を仕掛けて来たため状況は一変、紆余曲折を経て皇帝にまで昇りつめますが、それだけ能力のある人にもそんな停滞の時代を過ごすことはあるということです。でもこれって思う [続きを読む]
  • 株主優待がダブついて来る
  • 多くの飲食系株主優待を自己消費しようと息巻いていると、いつも期限切れ間近にダブついて困る優待が決まって来ます。私の場合は吉野家もそんな優待です。優待金額の高いコロワイドとすかいらーくは常に注視して優先的に使うのでまずダブつきません。吉野家はそこまでじゃないし、何と言っても1回の支払い額が安いから使い切りにくいんですね。好きだから相当行ってるつもりなんですけど。。ということで今回は残り1ヵ月を切ってま [続きを読む]
  • 友人が退職するかも
  • 近所の飲み友達が会社を辞めるかも知れないというので、話を聞いてきました。彼の会社では異動人事が多くて上司がよく変わるらしいのですが、新しくやって来た上司が最悪で「チミの仕事のやり方は根本的に間違ってる」的に全否定されたそうです。当然そんな言い方では自負心を傷つけられるだけで、すぐに折り合いが悪くなりました。そしてついに退職を決意、5月はそれ前提の有休消化で全休中。すると先日会社から連絡があり、その [続きを読む]
  • たまにはダイエットの話
  • いよいよ夏が近づいて来ました。本日は体重と運動に関するお話でも書いてみます。喉渇きセンサーってあまり敏感に出来てなくて、喉が渇かない程度の補給では水分は不足します。私は汗かきなこともあり、その程度の補給で10kmも走れば体重は3kgほど落ちます。運動を始めた頃はこれを、カロリー消費して痩せたためと思っていたのですが、危険な誤りです。ランニングの消費カロリーは体重 x 距離とされていて、つまり60kgの人が10km走 [続きを読む]
  • 投資方針変更と17/04インデックス
  • 投資関係の記事って正直あまり書きたくないんだけど、投信の運用状況を毎月公開している以上はアセアロ変更について覚え書きしておきたいと思います。1.フリーETFを活用何となくは知ってたけど、カブコムのフリーETFの銘柄が随分増えていた。諸事情からETF中心の運用方針は継続、かつ今以上にカブコム中心として極力フリーETFの割合を増やす。2.リスクとリターンは下げる現在のアセアロはリタイア資産の積極構築用として採用したも [続きを読む]
  • 新しいこと始めます
  • 人生で最も悲しいのは他者の支配下で忙しい生活を余儀なくされ、適応するために自分を抑圧して生きることである。早期リタイアの根本的な思想はこんな感じだと思います。でも自由ながらに目標や目的が無く退屈に苛まれるのもまた悲しいです。それなら自動的に自分の役割を与えられ、こなせば居場所も与えられる在職中の方がマシという見方もできます。本当はどうなのか分かりませんが、少なくともそんな感覚がずっとあるから退屈を [続きを読む]
  • 休日って忘れる
  • この前の連休で改めて気付いたけど、平日と休日の区別がいよいよつかなくなって来たようです。いや正確には、区別はついてるのにすぐに分からなくなります。翌日の相場を意識して毎晩発注しますし、朝番組だって毎朝見てますから、平日か休日かくらいはその都度認識できています。なのに何故か日中は大体忘れてしまいます。外出先で何か人多いなあとか感じてて、帰宅してから休日だったことを思い出すなんてザラです。そんな感じな [続きを読む]
  • 酷道ってこんなトコ
  • 大阪と奈良は生駒山という山に隔てられています。そして両都市を行き来する最も険しい道として国道308号線があり、国道ファンや坂道ファンの間では酷道として有名です。山を超える道路って普通はグネグネ曲がりくねって、長い距離で少しずつ登ろうとするでしょう?でもこの道はそんなこと全然しません。全区間ほぼまっすぐです。大阪側のスタート地点〜頂上の暗峠(くらがりとうげ)を計測すると、僅か3.3kmの間に440mも登ってました [続きを読む]
  • あまり知りたくはなかった事実
  • 神戸の中華街に行って来ました。と言っても何も珍しいことじゃなくて、年に何度かの帰省の際はほぼ毎回その界隈で両親と待ち合わせてランチと買い物をしてます。今まではブラつきながら適当なお店に入ってたんですが、夏に横浜中華街に行ってみようと思って色々調べてるんで、ついでに神戸中華街のお店も調べてみたんですよ。最も参考にしてるのは食べログのランキングなんだけど、そこで知った驚愕の事実といいますか、でもどこか [続きを読む]
  • 早期リタイア四大面倒くさ案件完了
  • 早期リタイア後に年金を免除申請するか否かは意見が二分するところだけど、私はしない派です。年金に大して期待なんてしてませんが、将来何があるから分からないからお金に余裕があるうちにむしろ多めに支払うくらいの方が全体としてはリスク低減できるという立場でいます。その辺りはリタイア後に方針決定してこちらの記事に書いています。記事の結論は国民年金基金に加入するというものでしたが、そういえば面倒くさくなって放置 [続きを読む]
  • 視野なんて広げられねー
  • 昔からそうなんだけど私は人気者が苦手であまり近づきたくないです。ネット上で支持されている有名ブログなんかも興味はあるんだけど、きっかけもなくてほぼ見たことないです。そうなる理由は自分でもよく分かっていて、多くの人に支持される人の考え方が自分とあまりにも違うと心が揺れてしまうから、蓋をして遠ざけておきたい存在なんですよね。変わり者で大体いつも少数派に属する自分は嫌いじゃないし、友人等との会話の中でそ [続きを読む]
  • ラに同情した合唱団イベント
  • 近所で市民合唱団のミュージカルイベントがあったので行ってみました。今回は舞台ではなくて、団員が集まってミュージカルナンバーを歌う感じの内容でした。五十名くらいいる団員の半分は小中学生と思われる女の子、残り半分はその親世代のおばちゃん。男の子は1人しかいなかったけど今の時代はそんなものなのかな。私が子供の頃は町の子供会が盛んで、よくこういうイベントにイヤイヤ参加させられたものです。大人数が苦手で人と [続きを読む]
  • よく知らなかった厚生年金基金
  • 以前の勤務先が厚生年金基金に加入していて、退職時に一時金で受け取ることも出来たんだけど、終身でも受け取れたので何となく長生きリスク対策として終身を選択していました。それが今年に入って「代行返上し新制度に移行します」との同意書提出依頼なる封書が来ました。厚生年金基金なんて関心が薄かったので、最初は何を言ってるのか意味不明でした。調べてみると、厚生年金基金って単一組織ではなくて何百もの団体があるようで [続きを読む]
  • 私、怒る。
  • 皆さんは自身のネガティブな感情をうまく伝えられますか?社会に向ける顔が板についてしまうと感情、特に怒りの感情が顕著に麻痺するのだそうです。元来人間が感じるごく自然な感情なのに、社会ではそれが悪者として扱われるからです。私も会社で怒るなんて数えるほどしかなかったです。でも内心イラッと来ることは当然あったし、事を荒立てないために流しても結局わだかまりは残るんですよね。親しかった人と距離が生まれる原因っ [続きを読む]
  • 奈良に行って来ました
  • 京都に続く「近くて遠い観光地巡り」第二弾。子供の頃から家族旅行や学校遠足で度々訪れたのも今は昔、奈良を改めて自転車で回って来ました。平城京跡・東大寺・法隆寺など、主要な観光地はひととおり回りましたが、変なのと食に絞ってご紹介したいと思います。奈良市も京都市同様、観光地が市街地周辺に密集していて、自転車で回るのには適していますが、規模が小さくてすぐに回れてしまうので、市外にも足を伸ばしています。日本 [続きを読む]
  • 奈良の名店に行って来た
  • 奈良県まで旅行に行って来ました。旅行記はまた書きたいと思っていますが、ひとまず今回の旅の主目的だった「粟(あわ)ならまち店」でのランチについて上げたいと思います。旅行のお目当ては観光よりも圧倒的に飲食という性分ですので、今後の旅行ではその土地の名店といわれるお店に行くことをテーマにしていて、今回は祇園末友につづく第二弾となります。大和の食材に拘った郷土料理店で、食べログの奈良県郷土料理ランキングで [続きを読む]
  • このテの自己中は俺だけなのか?
  • 男性にありがちな傾向ですがやっぱり私は勝負事が好きみたいで、退職して仕事で勝負することが無くなってからは、他人の真剣勝負を見ることに熱心になっています。その対象は主にスポーツ観戦です。ただ漠然と見るよりも応援しながら見る方が楽しめますので、詳しくない競技でどの選手を応援すればいいのか分からないような場合も、こじつけてでも誰かの暫定ファンになって応援します。 例えば自分と年齢が近い選手とか、体格 [続きを読む]
  • 変な仕事
  • ・基本寝るだけの仕事嫁の勤務先の介護施設には、深夜の不測の事態に備えて社員を中心とした夜勤の体制があります。規模が小さいので夜勤は基本一人だそうですが、でもそれじゃ多分色々とうるさいからでしょう、常に「もう一人」が詰めているのです。「もう一人」とは介護の資格も何もない一般人で、何もせずただその施設で寝るだけらしいです。で夜勤当番一人じゃ対応出来ない力仕事等が発生した場合のみ、起こされて手伝うんだっ [続きを読む]
  • 早期リタイアが生む緩さ
  • 10年前に社会現象になった「14才の母」を視聴しました。中学生カップルの間に子供ができて、紆余曲折の末に出産を決断するという衝撃的なドラマです。素晴らしい作品でした。最初に引きこまれるのが、親が子から妊娠の事実を聞かされるシーンです。動転する反応がうまく描かれていて、まさしく泣いて笑って怒って殴って抱きしめて・・・特に父親ってのは狼狽したり怖気づいてばかりで情けないし、アッタマ硬いなあとヤキモキする行 [続きを読む]
  • 退屈度チェック
  • 早期リタイアして一年以上が経っても退屈を感じたことは無く、今後とも無いんだろうなと漠然と安心してはいますが、そういった話題にはついつい反応してしまいます。たどり着いた日々の退屈度チェックというページが面白かったので時間あればやってみて下さい。10の項目にいくつ当てはまるかをチェックするというものです。 1.歩くのは遅いほうだ 2.イスに座ると立ち上がるのが面倒だ 3.最近、笑っていない 4. [続きを読む]
  • ガストをナメてました&オフ会
  • すかいらーくの優待で20年ぶりにガストに行って来ました。初めてガストが身近に出来たのは確か大学時代でした。下宿仲間でたまに行くことはあったけど、当時貧乏学生だった私の感覚では一人での食事でファミレスに行くなんて贅沢でまず無かったし、ガストはそのファミレスの中では安いという位置づけに過ぎませんでした。でも今やランチが税込539円〜と、一般的な外食ランチの中でも安いクラスに位置するんですね。あとワインや梅 [続きを読む]
  • 20年ぶりに雑誌を読む
  • 早期リタイアなんて考える人は変わり者なんだろうけど、サラリーマンでいる間は人間関係の中で大抵のことは経験しますし、心の底はともかく行動はそれほど浮世離れしないものです。そんな当時から浮世離れしていると自分でも認識していたのが、雑誌を一切読まないことでした。学生時代までは少年誌を中心に何冊も仲間内で回し読みしていましたけど、それ以降の20年間は何度か病院の待合室で手に取ったくらいしか記憶にありません。 [続きを読む]
  • 嫁の留守に思うこと
  • 先日まで嫁が所用で数日間家をあけてとても寂しかったです、嘘です。こんなこと書くとまた後で怒られるんだけど、在職中から嫁の留守という「非日常」はいつも楽しみでしたw何かと心配性な嫁ですから食事のこととか心配して、あれ作っとこうかとかあれ買っとこうかとか色々提案してくれます。在職中は一人じゃ全然何もできなかったので随分と助かってましたけど、今はもう何もして欲しくない心境に変わっていました。これを食べな [続きを読む]
  • 花粉症と17/04インデックス
  • ・お蝶夫人、まさかの高校生ドラマ版「エースをねらえ」を見ました。最も衝撃的だったのは、名前や容姿くらいは知っていた有名キャラ「お蝶夫人」が実は高校生だったこと。全然見えんし、どんなあだ名やねん!w しかも後輩が「お蝶夫人」って呼ぶのおかしくない?「お蝶夫人さん」やろ。私の時代にも先輩をあだ名で呼ぶのはあったけど変なあだ名でも「さん」付けでしたよ。「久保ちゃん」だけ例外的に「久保ちゃん先輩」で当 [続きを読む]
  • 自分を知るためのヒント
  • 心に関する内容の多いこのブログですが、大方の人に理解されないのではないかと思われる主張やええ歳こいて恥ずかしいような話をあえて正直に書くことは多いです。リタイア後は人の目を気にし過ぎない点で劇的に改善したとは言え、やっぱり上記のようなことを書くのって勇気がいることだし、頂いたコメントを読む時に緊張したりしてますwなのに何故わざわざ書くんでしょうね。何もブログに限った話でなく現実世界でも、自分の弱さ [続きを読む]