プライア さん プロフィール

  •  
プライアさん: 実践 早期リタイア
ハンドル名プライア さん
ブログタイトル実践 早期リタイア
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/practice_retire/
サイト紹介文サラリーマンが早期リタイアするまでのお話と、その後の無職生活。
自由文サラリーマンに向いていないサラリーマンが、長年の目標である早期リタイアを実践。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/05/15 22:12

プライア さんのブログ記事

  • 奈良の名店に行って来た
  • 奈良県まで旅行に行って来ました。旅行記はまた書きたいと思っていますが、ひとまず今回の旅の主目的だった「粟(あわ)ならまち店」でのランチについて上げたいと思います。旅行のお目当ては観光よりも圧倒的に飲食という性分ですので、今後の旅行ではその土地の名店といわれるお店に行くことをテーマにしていて、今回は祇園末友につづく第二弾となります。大和の食材に拘った郷土料理店で、食べログの奈良県郷土料理ランキングで [続きを読む]
  • このテの自己中は俺だけなのか?
  • 男性にありがちな傾向ですがやっぱり私は勝負事が好きみたいで、退職して仕事で勝負することが無くなってからは、他人の真剣勝負を見ることに熱心になっています。その対象は主にスポーツ観戦です。ただ漠然と見るよりも応援しながら見る方が楽しめますので、詳しくない競技でどの選手を応援すればいいのか分からないような場合も、こじつけてでも誰かの暫定ファンになって応援します。 例えば自分と年齢が近い選手とか、体格 [続きを読む]
  • 変な仕事
  • ・基本寝るだけの仕事嫁の勤務先の介護施設には、深夜の不測の事態に備えて社員を中心とした夜勤の体制があります。規模が小さいので夜勤は基本一人だそうですが、でもそれじゃ多分色々とうるさいからでしょう、常に「もう一人」が詰めているのです。「もう一人」とは介護の資格も何もない一般人で、何もせずただその施設で寝るだけらしいです。で夜勤当番一人じゃ対応出来ない力仕事等が発生した場合のみ、起こされて手伝うんだっ [続きを読む]
  • 早期リタイアが生む緩さ
  • 10年前に社会現象になった「14才の母」を視聴しました。中学生カップルの間に子供ができて、紆余曲折の末に出産を決断するという衝撃的なドラマです。素晴らしい作品でした。最初に引きこまれるのが、親が子から妊娠の事実を聞かされるシーンです。動転する反応がうまく描かれていて、まさしく泣いて笑って怒って殴って抱きしめて・・・特に父親ってのは狼狽したり怖気づいてばかりで情けないし、アッタマ硬いなあとヤキモキする行 [続きを読む]
  • 退屈度チェック
  • 早期リタイアして一年以上が経っても退屈を感じたことは無く、今後とも無いんだろうなと漠然と安心してはいますが、そういった話題にはついつい反応してしまいます。たどり着いた日々の退屈度チェックというページが面白かったので時間あればやってみて下さい。10の項目にいくつ当てはまるかをチェックするというものです。 1.歩くのは遅いほうだ 2.イスに座ると立ち上がるのが面倒だ 3.最近、笑っていない 4. [続きを読む]
  • ガストをナメてました&オフ会
  • すかいらーくの優待で20年ぶりにガストに行って来ました。初めてガストが身近に出来たのは確か大学時代でした。下宿仲間でたまに行くことはあったけど、当時貧乏学生だった私の感覚では一人での食事でファミレスに行くなんて贅沢でまず無かったし、ガストはそのファミレスの中では安いという位置づけに過ぎませんでした。でも今やランチが税込539円〜と、一般的な外食ランチの中でも安いクラスに位置するんですね。あとワインや梅 [続きを読む]
  • 20年ぶりに雑誌を読む
  • 早期リタイアなんて考える人は変わり者なんだろうけど、サラリーマンでいる間は人間関係の中で大抵のことは経験しますし、心の底はともかく行動はそれほど浮世離れしないものです。そんな当時から浮世離れしていると自分でも認識していたのが、雑誌を一切読まないことでした。学生時代までは少年誌を中心に何冊も仲間内で回し読みしていましたけど、それ以降の20年間は何度か病院の待合室で手に取ったくらいしか記憶にありません。 [続きを読む]
  • 嫁の留守に思うこと
  • 先日まで嫁が所用で数日間家をあけてとても寂しかったです、嘘です。こんなこと書くとまた後で怒られるんだけど、在職中から嫁の留守という「非日常」はいつも楽しみでしたw何かと心配性な嫁ですから食事のこととか心配して、あれ作っとこうかとかあれ買っとこうかとか色々提案してくれます。在職中は一人じゃ全然何もできなかったので随分と助かってましたけど、今はもう何もして欲しくない心境に変わっていました。これを食べな [続きを読む]
  • 花粉症と17/04インデックス
  • ・お蝶夫人、まさかの高校生ドラマ版「エースをねらえ」を見ました。最も衝撃的だったのは、名前や容姿くらいは知っていた有名キャラ「お蝶夫人」が実は高校生だったこと。全然見えんし、どんなあだ名やねん!w しかも後輩が「お蝶夫人」って呼ぶのおかしくない?「お蝶夫人さん」やろ。私の時代にも先輩をあだ名で呼ぶのはあったけど変なあだ名でも「さん」付けでしたよ。「久保ちゃん」だけ例外的に「久保ちゃん先輩」で当 [続きを読む]
  • 自分を知るためのヒント
  • 心に関する内容の多いこのブログですが、大方の人に理解されないのではないかと思われる主張やええ歳こいて恥ずかしいような話をあえて正直に書くことは多いです。リタイア後は人の目を気にし過ぎない点で劇的に改善したとは言え、やっぱり上記のようなことを書くのって勇気がいることだし、頂いたコメントを読む時に緊張したりしてますwなのに何故わざわざ書くんでしょうね。何もブログに限った話でなく現実世界でも、自分の弱さ [続きを読む]
  • 早期リタイア後の理想像
  • リタイア後は何事にも無理しなくて済む環境になります。でもただアホみたいに楽ばかりしてれば虚しくもなるもので、それは理想を目指したいという本能があるからだと思います。理想に近づくためにはある程度の自制が必要で、それだけ疲れます。だからってそれのない人生は自己実現を目指さない人生でもあり、幸福感を得にくいでしょう。でも在職中に確固としてあった理想像なんて、所詮はリーマン社会で協調して無難に過ごす前提の [続きを読む]
  • IPO No.1当選と勧誘電話
  • ・勧誘電話銀行や証券会社からの投資商品の案内電話が、退職前後から妙に多いです。在職中にそんな電話を受けた記憶が全くないのですが何で急にこんなに増えたのか謎です。退職したことバレてる?って最初は本気で疑ったものです。あと知らない番号からの電話は基本無視して後からググるんですが、不動産投資勧誘の迷惑電話も同時期からやたらと増えているようです。単なる偶然なんでしょうかね? ・IPO No.1当選年末に辛 [続きを読む]
  • それ順番逆やろ
  • 映画館でジュースとポテトの乗ったトレーを持った爺さんが隣に座ったんです。買い食いするのが初めてだったみたいで、やたらとテンションが高くフレンドリーでした。私も最近はそういうのを面倒くさがらないもんだから本編開始まで時々会話してました。そのうち爺さんはトレーを膝の上に置いたままスクリーンに気を取られて、危ないなと思った瞬間見事にひっくり返すのをスローモーションで見てしまいました。床はコーラびたし、通 [続きを読む]
  • 袋麺百円って安くない?
  • 最近はインスタントラーメンが驚くほどおいしくなっています。それなりに腹も満たされますし、この内容で定価百円って本当に安いなって思うんですよ。でも百円で買うことはまずありません。店やタイミングを選べばもっと安く買えることを知っているからです。もし一刻も早く食べたい危機的状況でも多分買わないはずです。でも欲しいかどうかのシンプルな判断のはずなのに、こうして知識や合理性が欲求に優先されるのって変な話です [続きを読む]
  • しゃぶしゃぶランチを比較する
  • よく行っていた濱ふうふうの涙の閉店以来遠ざかっていたしゃぶしゃぶが久々に食べたくなって、3387 クリレスの優待で「しゃぶ菜」にランチで行って来ました。牛豚ミックス定食的なやつ。野菜きのこ類・ごはん・麺類食べ放題で確か990円+税。ごまだれが半透明のシャバシャバで好みじゃなかったのと、〆の麺類が驚くほど伸びまくっていて貧乏舌でも食べられなかった・・・茹で済のやつを常温の水に漬けてりゃ、そりゃそうなるよね。 [続きを読む]
  • 手抜き論
  • 在職時代の私は仕事もプライベートも常に全力でしたし、そういう姿勢で生きる人が好きでした。逆にすぐ手を抜く奴は軽蔑していたというのが本当のところです。でもリタイアしてからはそれが一変し、誰もが精一杯生きているんだなと事あるごとに感じます。ミスの混入リスクの徹底排除だとか、より効率の高い方法の模索といった、論理的に正しい手段を取り続けることだけが「精一杯」ではありません。 個人には能力や適性等に差 [続きを読む]
  • NMB48のライブに行った!
  • と言っても京セラドームで先週末開催された無料ライブの話です。今年はパークロと乃木坂46のライブに行く計画をしていることもあり、場慣れも兼ねてのぞいて来ました。一応開演前に行ったんだけど正面は熱心なファンで既に満席、仕方なくステージ横の座席を確保。ところがステージを横から照らすライトが眩し過ぎてほぼ何も見えません。周辺の人たちもみんな目の前のステージでなく遠くのライブビジョンを見てましたw正面席のファ [続きを読む]
  • 誰でも本音でいたい
  • 自分という人間のこと、分かっているようで分かっていないものです。私もリタイアして間もなく自分がよく分からなくなり迷子になった時期がありました。リーマン社会では必然的に多くの人と接するから、そしてうまくやって行かないといけないから、自分以外の誰かが決めたルールに日常的に従い、そんな中で自分の心を見失ってしまうんですね。自分らしさを奪う犯人は間違いなく対人関係です。リタイアしてからそんなことに気付き、 [続きを読む]
  • 自分の未来を知りたいか?
  • どんな心境からなのか嫁が「5年後の自分を知りたい?」と聞いて来ました。大人になってからもそういった非現実的な想像をすることは多かったはずが、いつしか全く考えなくなっていました。そしていざ考えてみても、知りたいなんて全く思いませんでした。未来を知りたくなる理由って単純で、例えば就職前ならどんな会社に就職するのか分からないし、入社後も会社や自分自身の業績がどうなるかが分からなくて不安だからです。何故分 [続きを読む]
  • 久々のはなまるうどん
  • 丸亀製麺や香の川製麺にはよく行くんだけど、何年か前から「はなまるうどん」で吉野家の優待が使えるようになっていることを思い出して行ってみました。多分5年以上ぶり。久々に食べてみるとなかなか満足いく内容でした。かけうどん中と鳥天で370円、吉野家で牛丼を食べるより10円安く済みます。って吉野家と比べても意味ないか。 鳥天がやや丸亀に劣るのとネギ入れ放題じゃない点だけ少し残念だけど、かけうどん中が230円で [続きを読む]
  • 専業主夫って大変だな
  • 昔のドラマ「アットホームダッド」を見ました。一流企業のデキる男がローンで家を建ててすぐにリストラされ、専業主婦だった嫁と「一時的に」交代して主夫となるお話です。主人公は男が家事なんて情けないという考え方で、隣人になった主夫を最初は露骨に軽蔑します。だけどやがて一人じゃ何も出来ない自分に気付き、家事の大変さを理解して行きます。私は早期リタイアであって主夫ではないけど、似たようなものですから最近は影響 [続きを読む]
  • 夢中で遊びたいなあ
  • 幼稚園の近くを通りがかったらグラウンドにお母さん達がたくさん集まっていて、何かと思ったら幼児たちがリレーだか駅伝みたいなことをしていました。しばらく眺めていて思い出したんだけど、私は子供時代の運動会や球技大会は張り切る方でした。昔から格好つけなので女子にモテたい一心だったんですが、思い出すほどに今の感覚からはあれ?ってなることが一つあるんですよね。格好つくための最善策は本番を全力でやることよりむし [続きを読む]
  • イオンと17/02インデックス
  • ・確定申告昨年の給与収入は一ヵ月半分の有休消化だけでしたから、総合課税分が非課税で申告が楽でした。退職金も生命保険関連も申告の必要がなく、ふるさと納税もしなかったので実にシンプル。来年は給与がゼロなのでさらにシンプルになります。配当控除を新たに検討するかも知れませんが史上最速で処理できる可能性が濃厚で今から楽しみだったりします。・トマジューサイダーイオンラウンジでは自由に飲み物が頂けますが、トマト [続きを読む]
  • さん天オープンセール
  • 天丼チェーン「さん天」がオープンし、最初の2日間はセールをするというので行ってみました。和食さと系列なんだけど残念ながら株主ではないので何となくモヤモヤします。昼過ぎに訪れたら行列で、適当にぶらついて2時間後に再度訪れた時もまだ少し並んでいました。プロの暇つぶし仙人たる私は半径15km圏内のイベント情報に常時目を光らせているわけですが、皆さん一体どこで聞いて集まって来るのやら。近隣にはチラシでも入るの [続きを読む]
  • オーケストラに酔いしれる
  • とある市民ホールで開催された市民管弦楽団の無料コンサートに行きました。普段から行動圏内の地域イベントを逐一ウォッチしていた成果です。管弦楽への造詣は全く無いんですけど、母がよく流していたのでいつか生で聞いてみたいと思っていたんです。毎年恒例行事らしくて観客は千人近く来て雰囲気も良く、何も知らないなりに引き込まれました。やっぱり生演奏っていいものですねえ、2時間なんてあっという間に経ってしまいます。 [続きを読む]