Yuzyママ さん プロフィール

  •  
Yuzyママさん: モンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ハンドル名Yuzyママ さん
ブログタイトルモンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/montessoritime/
サイト紹介文6歳の娘とワーママのホームモンテッソーリ&国産バイリンガル育児記録。
自由文2歳でプリスクールに通うも、モンテッソーリ教育と出会い、母語優先の育児に変更。モンテッソーリ教育を主軸にした、母語土台のバイリンガル育児を、家庭内で実践しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2013/05/17 11:56

Yuzyママ さんのブログ記事

  • 小学校の英語授業が開始して
  • 小学校で英語の授業が開始して3週間。クラス初日に英語を初めて習う人!?と先生が質問をすると、該当者はゼロ。時代の流れを感じます^^; 紆余曲折はありながらも、なんとか我が家も今日まで親子英語を続けていました。我が子が、どんな風にこれから学校の英語と関わっていくのか、興味津々だった母。 そんな娘の隣の席は、英検準2級ホルダーのお友達!3級しか知らない彼女は、そんなお友達がいることが誇ら [続きを読む]
  • 子どもの家小学部で感じる「知性と手」
  • 今週の子どもの家では、星の誕生についてお話を聞きながら、いくつかの実験を体験してきた娘。遠い宇宙を想像しながら、地球がどのように誕生したのか、まさにコスミック教育の原点を知る時間となったようです。そんな宇宙に思いを馳せながらも、お次は数の世界へ。「今日は、算数の復習プリントをやったよ。」とニコニコしながら言う娘に、「えっ!?算数のプリント?」と内心驚いた母でしたが、どうやらこういうことだったようで [続きを読む]
  • モンテっ子は集団行動が苦手!?
  • 娘の幼稚園探しを始めたとき、まず候補に挙がったのがモンテッソーリ園・子どもの家でした。当時はまだモンテッソーリ教育と出会って間もない頃。それでも、この教育法に一目惚れしていた母は、ぜひ娘にモンテッソーリ教育を受けさせてあげたいと心から願っていました。 色々と調べていくうちに出会ったフレーズ。 「モンテッ子は集団行動が苦手」 確かに園のカリキュラムを見ると、他の園と比べて一斉活動の時間は [続きを読む]
  • 帰国子女保持教室からの警告!?
  • 娘が現在の保持教室に通い始めたとき、1つ警告をいただきました。 幼稚園年長だった当時、正直そんな警告とも忠告とも言える言葉は全く耳に入らず、気にしていなかった母。けれども、娘が小学校に入学し、早くもその言葉を思い出しました。 「小学3年生になると、学校との両立が難しくなるんです。」 中学受験の準備に差し掛かってくる3年生という学年。「小4の壁」の準備期間とも言える時期でしょうか。 [続きを読む]
  • 「綴る」という使命!?
  • 大学時代は、某新聞社の留学生特派員を務めていた母。お給料ではなく謝礼という形で、毎月Calling Cardが届いていました。それを使い日本の母に電話。スカイプがある今では考えられないほど高額だった当時の国際電話。電話代を稼ぐ娘・・・今まで唯一行なった親孝行でした(笑)。 卒業と共に、特派員も終了。日本に帰国して数年。今度はブログを書く生活がスタートしました。当時書いていた韓国語学習ブログには毎日沢山の方 [続きを読む]
  • 小学校に入学して見えてきたもの
  • 小学校生活がスタートして3週間目。新しいお友達も日に日に増え、毎日早く学校に行きたくて仕方がない様子です。国語・算数などに加え、書写など真新しい教科に大喜びの6歳児。幼稚園の限られた制作の時間とは異なり、図工が2時間連続してあることも、クラフト命の娘は嬉しくて仕方がないようです(笑)。 幼稚園にて一緒だったママたちと、最近よく話題になるのが「子どもたちの話し方」。まだ卒園して1ヶ月しか経 [続きを読む]
  • 6歳児の"In-Class Writing"
  • 母がアメリカの大学に進学する前、ESLに2学期ほど在籍しました。通っていた高校は英語教育を重点的に行う現在のSELHi指定校ながらも、旅行を除いての海外経験がなかった当時、大学ではESL付きの条件入学となりました。 そこで最も苦労したのは、ライティングクラス。アメリカの大学のエッセイのスタイルに慣れず、毎日何度も書き直しました。特に"In-Class Writing"と呼ばれるクラス内で制限時間内に書き上げるエッセ [続きを読む]
  • 英語ママ vs. モンテママ!?
  • モンテッソーリ教育と出会うまでは自称「英語ママ」だった母。いつも英語が心の中心にありました。しかし、そんな英語だけでは娘と向き合えなくなる時がやってきます。 それが「イヤイヤ期」。 母の要求が何一つ通じない辛い時期がやってきました。最も辛かったのはプリスクールでの時間。娘の人生に英語をプレゼントすると決めたにも関わらず、当の娘はプリスクールなんて負担でしかない様子。2歳で入園するも、半年泣 [続きを読む]
  • モンテッソーリ流「朝支度の短縮法」!?
  • 最近、小学校のママたちと話題になるのが「朝支度」。今までよりも1時間早い始業に、どうすればストレスなく支度をすることが出来るのか。単純に1時間早く起きれば良いのですが、なかなかそれが出来ない我が家。 『だとしたら、朝の支度を短縮するしかない!!』そんな結果に落ち着きました。・・・とは言え、そんな簡単にいくはずがありません(笑)。朝ごはんも着替えも、下手すれば洗面の時間さえもお喋りしていた [続きを読む]
  • 子どもの家小学部で始まるコスミック教育
  • この万華鏡は、前回の子どもの家小学部にて作ってきたもの。海外のモンテッソーリスクール同様、娘の通う子どもの家でも、早速「5つのグレートレッスン(創造の歴史)」のお話がスタートしたようです。コスミック教育がモンテッソーリのエレメンタリー過程の「魂」だとしたら、この「5つのグレートレッスン」は「心」にあたる部分。 地球や人類の歴史について興味を持ち出すこの時期に、これらを探求することは後に知 [続きを読む]
  • 幼児期の英語貯金の大切さ!?
  • 最近はモンテッソーリの記事ばかりが続いていたので、今日は英語について・・・。といっても目新しいことは何もありませんが、小学校に入学してから強く感じていることがあります。 あくまでも我が家のケースですが、やはり親子英語は幼児期が勝負だったのかなぁと。 まず、なんと言っても小学生は時間がない!!娘の場合電車通学ということもあり、帰宅は毎日4時近く。そこから習い事に行き、戻ってくれば、もう [続きを読む]
  • モンテッソーリの算数教育とは
  • 我が家の新小学1年生。早速、昨日から授業がスタートしました。初めての授業は「体育」から。体操着の着替えの仕方を学んだそうです(笑)。 そんな彼女ですが、小学校がスタートして毎晩欠かさず行なっていることがあります。それは、算数教具の「切手遊び」。 切手遊び自体は、もう大分長い間関わってきましたが、これほど毎日繰り返すことはありませんでした。それが、ここ1週間は、歯磨きをするかのように、 [続きを読む]
  • 「ママ、やって〜」の真意
  • 社会的には新1年生の仲間入りをした娘^^;けれども、実際の彼女の生活を見ていると、まだまだ幼児そのもの。先日の子どもの家の保護者会では、やはり皆さん卒園生ということもあってか、お子さんの自立を最優先された子育てをされていらっしゃることが印象的でした。 それに引き換え、我が家・・・。もっと娘にチャレンジさせるべきことが沢山残っています。 この『2歳〜6歳モンテッソーリのホームガイド(セルフ [続きを読む]
  • モンテッソーリ・文化教育「南極・北極を探る時間」
  • おしごと部屋を覗くと、娘が戯れていたのはこれら北極圏の仲間たち(笑)。3歳の頃から親しんできたこのミニチュア『Safari TOOBシリーズ』ですが、ふとした瞬間に彼女の心に戻ってきます。 サファリ 北極圏 チューブ もう今ではおしごとなのか自由遊びなのか境界線が分からなくなってきている我が家。昨年、幼稚園で行った南極・北極展が引き金になり、彼女の口から"Antarctica・Arctica"と言う単語を聞く [続きを読む]
  • 初めての連絡帳と書く敏感期
  • 学校探検から始まった娘の小学校生活。毎日、上級生のお友達が小学校の色々な場所を案内してくれるようです。その中でも、娘のお気に入りは図書室。楽しそうな本がズラリと並び、可愛い読書スペースが設けられている図書室に恋をしたようです? 小さい頃から本を読んでもらうことが大好きなお子さんも多い中で、娘は決して本好きなタイプではありませんでした。読み聞かせても、じっとしていることができず、常に部屋の [続きを読む]
  • 小学生になって1週間
  • 小学生になってやっと1週間が経ちました。まだ短縮授業で、教科学習もスタートしていない状態ですが、非常に長く感じられた1週間でした。これからの生活は幼稚園時代とはガラッと変わるだろうなぁと予期はしていたものの、思った以上の変化の兆しがすでに見られています。 ■起床時間&朝支度 幼稚園の頃より約1時間早くなりました。最初の3日ほどは、リズムが上手く掴めず、母もハラハラ。小学生になったのだからと [続きを読む]
  • 子どもの家小学部のはじまり
  • 今週からスタートした娘の小学校生活。そしてついに子どもの家の小学部もスタートしました。3年ぶりに訪れる子どもの家は、当時のまま。凛とした雰囲気の中にも、温かさが感じられ、久しぶりに見る教具が美しく並べられた空間に、思わず息を呑んだ時間でした。 初回は「一年生になって」という題材の作文からスタート。けれども、実際にはあのおしごともしたい、このおしごともしたい、亀の餌やりも、あっ、ウサギにあ [続きを読む]
  • 小学校生活がついにスタート
  • 無事に入学式を終え、娘も新1年生となりました。幼稚園時代のお友達も多いことから、大きな不安はなさそうなものの、それでも新しい校舎、新しい先生方に、なんだかいつもとはちょっぴり違った表情を浮かべる娘。早速、保護者会も開催され、小学生の親として心得て置くべきこともしっかりと学ぶ時間となりました。 モンテッソーリスクールではない娘の小学校。けれども、先生方のお話の根源には、母が現在籍を置くモンテッソ [続きを読む]
  • モンテママとの小学校談義
  • 母には毎週楽しみにしていることがあります。それは、娘の保持教室の待ち時間。幼稚園でも同じクラスだったお友達は保持教室でも同じ。そんな子どもたちの帰りを待つ間の、お茶の時間が何よりもの楽しみだったりします。 6歳で初めて日本に帰国したお友達。そして彼女が現地で通っていたのはモンテッソーリ園でした。そんな「英語」と「モンテ」という二つの共通のキーワードが母同士を引き合わせてくれたことに、心から感謝 [続きを読む]
  • ブログから離れる時
  • ブログを書く時間は、母の中のオアシス時間。なかなかタイムリーで書けず、保存記事をあげることも多いこのブログですが、最近そんなブログから気持ちが離れていると感じることがあります。 それは、モンテッソーリのエレメンタリー講座を受講してから。 奥が深くて深くて、一つ知ると、とことん知りたくなる。もうこの連鎖反応が止まらず、どれだけ時間があっても足りない感覚。 そして何よりも。モンテッソーリの [続きを読む]
  • 新年度の習い事
  • 4月を迎え、忙しい日々を送っています。入学式まであと数日。我が子が小学生だなんて、いまだに信じられない気持ちで一杯です。 これからの小学校生活。生活の中心はやはり「小学校」となるでしょう。特に通塾や通信講座での学習予定もない我が家では、学校が唯一の勉強場所。そして家庭では、学校では出来ないことになるべく時間を割きたいと思っています。 そんな娘の新年度の習い事。色々と整理を試みた結果、 [続きを読む]
  • モンテッソーリに出会える場所
  • 久しぶりにモンテッソーリの著書を購入しました。モンテッソーリ教育というと、どうしても洋書の方がその数も多く、Kindleも含め、ついつい買ってしまうのは洋書。けれども、今回は和書の購入です。 1946年ロンドン講義録 (国際モンテッソーリ協会(AMI)公認シリーズ02) 1946年の講義録といえば、第二次世界大戦後初のモンテッソーリ女史による講義。教師養成講座でも度々引用される彼女の言葉は、この講義録からの [続きを読む]
  • ORTの裏に隠された緻密な戦略!?
  • 毎週日曜日は、英会話教室のプライベートレッスン。帰国子女のお兄さん、お姉さん達に囲まれた保持教室のグループレッスンと比べ、自分のペースで背伸びせずに進められるのがプライベートレッスンです。 保持教室では、娘にとってはかなり難解な本を使用するのに対し、プライベートレッスンの音読教材はORT。家では4、5歳の時に読み進めたものが、実際の娘のレベルでは、まだまだ出番が多いのです。 もちろんスラスラ [続きを読む]
  • 初!?英語が溢れ出す感覚
  • 娘のスプリングスクールのテキストに書かれていたもの。 「また、お絵かき?」 と内心思いましたが、よくよく見るとこれはクラスでのアクティビティー。20世紀の重要人物についての学習でした。アニメ化されたオードリー・ヘプバーン・・・初めてみました(笑)。 ペアワークやクラス内でのディスカッションなど、お友達と話す場が多かった今回のスプリングスクール。昨年参加したスプリングスクールは近所 [続きを読む]
  • 自然な学び方
  • あと1ヶ月もすると、NAMCエレメンタリーの第1回目の課題提出が待っています。今回学習したトピックは・・・ ①モンテッソーリクラスルームガイド②5つのグレートレッスン③コスミック教育と平和④言語教育 この中でも母を最も惹きつけたのは、コスミック教育の序章となる「5つのグレートレッスン」。「宇宙の話」「生命のはじまり」「人類の誕生」「言語のはじまり」「数のはじまり」という5つのストーリーが [続きを読む]