Yuzyママ さん プロフィール

  •  
Yuzyママさん: モンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ハンドル名Yuzyママ さん
ブログタイトルモンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/montessoritime/
サイト紹介文6歳の娘とワーママのホームモンテッソーリ&国産バイリンガル育児記録。
自由文2歳でプリスクールに通うも、モンテッソーリ教育と出会い、母語優先の育児に変更。モンテッソーリ教育を主軸にした、母語土台のバイリンガル育児を、家庭内で実践しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/05/17 11:56

Yuzyママ さんのブログ記事

  • 「勉強は学校で」
  • 先日、入学式の予行練習がありました。外進生との対面にドキドキだった娘。「お友達になろう」のセリフを用意して出掛けた彼女ですが、結局その日はお友達に話しかけるような時間はなく、残念がって帰宅しました^^; 母は、同じクラスのお母さんとこれからスタートする小学校生活談義。すでに上のお子さんが同じ小学校に通っていらっしゃる先輩ママ。とても心強い存在です。今後の習い事について話題が及ぶと、その先輩ママ [続きを読む]
  • ノルマなしの生活
  • 年が明けてから、娘の1日の時間の使い方が変わりつつあります。昨年までは週の半分以上は英語に費やしていましたが、今年に入り、英語は最低限。宿題をささっと済ませ、本読みもほぼ1日1冊のペース。動画視聴もあまりしていません。 昨年は英語に費やした時間が非常に多かった我が家。保持教室を変わったことで、課題の量が増えたということが大きな理由ですが、とにかく英語と丁寧に向き合うよう心がけてきました。け [続きを読む]
  • 感覚を洗練させる時間
  • 「感覚の敏感期」という言葉を初めて聞いたときは、なんとも不思議な感覚を覚えました。感覚の意味も分かるし、敏感期の意味も分かる。けれども、「感覚の敏感期」と言われると、どこかスッと理解できない。けれども、娘を見ていて、初めてこの意味が「理解」というよりは、「感じられる」場面が何度かありました。そんな場面の一つが、毎晩一針一針丁寧に行っている世界地図のクッション作り。まるで娘の中で時が止まったかのよう [続きを読む]
  • 学習素材へのこだわり
  • あいかわらず継続中の世界地図のクッション作り。フエルトにはさみを入れながら、自分が今生み出しているのはどこの国なのか・・・。そんなことを想像するのが楽しいようです。大陸別にカラーコードが振り分けられている色鮮やかな世界地図だからこそ、子どもは惹きつけられるのでしょう。44枚 サイズが選べる カット フェルト 生地 44色 セット 厚さ 1mm 20 × 20 cm 不織布 アクリル系繊維 クラフトフェルトマットⅮIY用 &n [続きを読む]
  • モンテッソーリ・文化教育「世界地図のクッション作り!?」
  • この1年で、やたらと裁縫女子化している娘。リカちゃんデビューをしてからは、彼女のお布団を縫ってあげたり、マフラーを編んであげたりと、母と得意分野が全く異なる6歳児です(笑)。 もちろん保持教室の宿題が終わっている訳でもなく、幼稚園の復習ノートも終わっていない日曜日の昼下がり。我が家の小さな文化教育スペースからいつもの地球儀を取り出すと、新たな裁縫が始まりました。 そしてこれなしには、彼女の [続きを読む]
  • 小学生になったら始めたいこと
  • 現在の習い事は、帰国子女保持教室、英会話教室、ピアノの3つ。幼稚園のお友達が、小学校入学をきっかけに次々と習い事を足していく中、我が家も何か勉強系の習い事をスタートした方が良いのか漠然と考える日が続いていました。 お友達たちの間で最も人気があるのが、そろばん。そして学習塾。学校の授業に特化した授業をしてくれる専用の学習塾に通い出すお友達が少なくない様子。 確かに学校の授業がよく分かれ [続きを読む]
  • 自然の流れに逆らわない生活
  • 帰省の際に夫がインフルエンザに感染してから、母、そして実父もかかり災難続きのYuzy家^^;唯一ラッキーだったのは娘が感染しなかったこと。家族がどんどん倒れる中、予定していたことが何一つ出来ず、悶々とした日々を過ごしていました。 でも、身体が元通りになりつつある今、やっと思考も前向きになり始めています。4月からの新生活に向けて大掃除をしたり、習い事の整理をしたり、そして娘自身の生活習慣・学習習慣を [続きを読む]
  • 英語「で」○○を選択するわけ
  • これは英会話教室の「クラフトレッスン」の一幕。娘の通うスクールでは、プライベートレッスンの場合「クラフトレッスン」「サイエンスレッスン」などなど、自分の要望に合わせて、その分野の先生を紹介してくださいます。通常は、アメリカ人男性によるランゲージアーツがメインのレッスンですが、月に1度ほどお楽しみでアートが専門の先生によるクラフトレッスンをお願いすることがあります。 最近は、英会話教室以外 [続きを読む]
  • 娘から笑顔が消えた日
  • あれは浮かれていた母の冬休み初日。生まれてほぼ初めての嘔吐を経験し、その日を境に娘から笑顔が消えました。食欲も戻り、すでに身体は復活しているのに、心だけが追いつかない様子。あれほど大好きだった幼稚園に行くことも怖がり、入園以来皆勤賞を目指してきたのが、終業式の日は残り20分ということろで我慢が出来ず早退。嘔吐というたった1回の経験が、トラウマとなってしまったようです。調べてみると「嘔吐恐怖症」という [続きを読む]
  • 英語が先か、知的好奇心が先か!?
  • 長年韓国に足を突っ込みっぱなしの母を持つYuzy。日頃、韓国人のお友達ともよく遊ぶこともあってか、かなり韓国グルメ通です(笑)。あれは家でサムギョプサルを焼いている日のこと。 「あ〜この油に付けると美味しいね。」 いやいや、それはただの油ではなく韓国産ごま油。感覚の敏感期にいるこの時期、沢山「感覚」を使って自分の周りの世界を知ってほしい。これはモンテッソーリ教育と出会ってから母が願い続けてきた [続きを読む]
  • 2017年お正月モンテ
  • 昨夜、義実家より無事帰宅。車とは言え、長旅で疲れたかと思いきや、子どもは全く疲れ知らず^^;帰宅すると、教具棚にセットしてあったこちらの絵カードを娘が持ってきました。こちらはお馴染み福の木どんぐりさんの「お正月絵カードセット」から。 「あっ、これ全部おばあちゃんの家にあったよね。」 残念ながら義実家宅のような豪華な正月飾りは用意できていない我が家。けれども、すでに見ていたお飾りだけに、自分 [続きを読む]
  • 2017年、親子で大事にしたいこと
  • 新年明けましておめでとうございます。皆さん、穏やかなお正月をお過ごしのことと思います。義実家で過ごすお正月。今年で13回目となりました。けれども、去年までとは何かが違う。そう、娘がいないのです(笑)。最近、娘は義実家へ来ても、すぐにお隣のお家へと遊びに行ってしまいます。夫の幼馴染みに5歳のお嬢さんがいて、姉妹のように仲良しの2人。おじいちゃん、おばあちゃんと遊ぶ事よりも、2人で遊ぶことの方が楽しいよ [続きを読む]
  • 2016年を振り返って
  • あと20分程で今年も終わろうとしています。昨年の大晦日の記事を読み返すと、実際の1年とはまるで見当違いのことを書いていて、笑ってしまいます^^;幼稚園最後の年と意気込んでいたものの実際は全く小学校生活などは準備できず、仕事や自分自身の健康面に不安を抱えた1年でした。モンテッソーリ教師養成講座受講中、時間をかけて準備したおしごとに娘が見向きしない時、自分自身のモチベーションが保てない時、母娘ともに気 [続きを読む]
  • 発信語彙の蓄積に役立っているシリーズ
  • 今年に入り、本格的に親子英語を始動させた我が家ですが、その中でも娘がもっとも手を伸ばす率が高かったシリーズが"Let's read and find out science”シリーズでした。このブログ(または旧ブログ)でも何度か登場しているシリーズですが、とにかく語彙の定着率が圧倒的に良いのがこのシリーズ。 この時期の子どもには語彙そのものの「難易度」は関係なく、意味がきちんと理解できていれば、自然に馴染んでしまうもの [続きを読む]
  • 親子英語と6歳という年齢
  • 韓国系アメリカ人の友人。12歳でアメリカに移住し、結婚を機に日本へとやってきました。彼女の韓国語は12歳のまま。日常会話は流暢ですが、読み書きは一切追いついていないと言います。そしていつの間にか、英語が母語となってしまった彼女。にも関わらず、子育ては韓国語で行います。やはり母国韓国を忘れたくないからだそうです。 娘が2歳で英語保育によるプリスクールに通いだした時、驚きを隠せなかったという彼女。 [続きを読む]
  • 2016年クリスマスプレゼント(6歳)
  • 突発的な嘔吐から始まり、今週は娘にとって地獄のような1週間でした。今まであまり吐くという経験がなかった彼女には、とにかくショックが大きかった様子。泣き続ける娘を抱きしめながら、オロオロするだけの母。子育ての大変さが身に沁みた1週間でした。 けれども、今日は笑顔でクリスマスイヴが迎えられました。今年も多くの方々から数多くのプレゼントをいただきました。リカちゃんシリーズは当初予定していなかったモノ [続きを読む]
  • Amazon5つ星の英英辞書を再購入
  • ついに我が家へやってきたリカちゃん。ただいま、NYを旅行中です(笑)。お手製マフラーを早速巻いています^^ 冬休み2日目を迎えた母。この休み中に行いたいことは3つ。 1つ目:娘と遊ぶ2つ目:掃除をする3つ目:英語の勉強をする ・・・ということで、この度辞書を購入しました。 Longman Dictionary of Contemporary English: Plus New Words 実はこの辞書。アメリカで大学に入る前にESLに通っ [続きを読む]
  • モンテっ子の人形遊び
  • 週末苦しむ娘を見て、ついポチってしまったリカちゃん人形。その話に同情票を投じた人がさらにもう一人(笑)。まだ人形も届いていないうちから、新たにリカちゃんグッズが増えて行く我が家。ばぁば、ありがとうございます^^; リカちゃん リカちゃんハウス すてきなリカちゃんのおへや リカちゃん ドレス LW-07 たのしいおけいこ 肝心の本人はと言えば、明日にも届くであろうiPadに映し出されたリカちゃんを見な [続きを読む]
  • 6歳児のリカちゃんデビュー!?
  • 仕事納めと浮かれていたのも束の間・・・。まさかの胃腸炎が6歳児に到来(涙)。今年最後のプライベートレッスンも泣く泣くキャンセルし、予約していたディナーも中止となってしまいました。 弱っている娘を見ながら、普段おもちゃ類は買わない我が家ですが、思わずポチッとしてしまった母。今更ながらのリカちゃんデビューです^^; リカちゃん ドール ビジューシリーズ キャンディデート 小さい頃からお [続きを読む]
  • 受験英語は役に立つ!?
  • ついに今日が今年の仕事納め。もうこの開放感を感じるために仕事をしているのではないかとすら感じます・・・(笑)。12月はお疲れ様会も兼ねてのランチアポが非常に多かった1ヶ月。その中でももっとも印象に残ったのが、日本人の同僚とのランチでした。 彼女はアメリカで大学を卒業した後、院は韓国という異色の経歴の持ち主ですが、実は日本の受験戦争を体験していたことが判明。しかも国内最高峰の大学を半年でやめ、ア [続きを読む]
  • 6歳で手に入れたもの
  • 今年に入り、娘が改めて手に入れたもの。それは「音楽」かもしれません。今までの我が家はモンテッソーリと英語の二本柱。そして 彼女の娯楽と言えば常に「絵」でした。母の子ども時代のあまり楽しくないピアノの思い出から、どこかピアノとの出会いに慎重になりすぎ、6歳という年齢になって初めてピアノのレッスンに通い出した彼女。 けれども、このピアノとの出会いが、大袈裟なくらい、彼女の人生を豊かにしてくれて [続きを読む]
  • 漢字と遊ぶ時間
  • 小さい頃トランプが大好きだった娘。なかなか時間のない母に代わり、祖父と毎日対戦が続きました。けれども、そんなトランプもいつの間にかブームが去り、このところずっとはまっているのは、この101漢字カルタです。漢字にはまってから、ずっとシリーズでお世話になっています。 101漢字カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ) その中でも娘が大好きなのが「画数ゲーム」。漢字の札をそれぞれのプレーヤーがめくり [続きを読む]
  • パワーワーズを使ったライティング
  • 現在の職について15年。毎日英語を使う環境にいながら、この15年英語力がアップしたかと聞かれると、「NO」と答えざるを得ないでしょう。きっと自分が現在持ち合わせている英語力だけで用が足りてしまうこともあり、英語力伸長を目指すような意識をしてこなかった結果です。スピーキングに関して言えば、いくらでももっと洗練された表現、ネイティブに近いような表現を学ぶことも可能なのに、サボり続けてきた故、いつ [続きを読む]
  • 親子英語再出発の1年
  • プライベートレッスンに伺うと、アメリカ人の先生よりサプライズプレゼントが!!この一年の娘の頑張りを称えて、クリスマスプレゼントを用意して下さっていました。 今年は我が家において、親子英語再出発の1年となりました。これはあらかじめ予定したことではなく、結果的にはそうなっただけなのですが^^;良い2つの保持教室との出会いが、娘の英語学習のペースを作ってくれ、そこに以前から通っていた週1回のプ [続きを読む]
  • モンテッソーリ教育は究極の先取り学習!?
  • 最近娘のリクエストにより、こちらをお風呂に貼りました。モンテッソーリの教具以外、知育グッズがほぼない我が家の唯一とも言えるグッズ(笑)。 おふろでレッスン 二年生かん字のひょう 少し前まではこちらが貼ってありました。 おふろでレッスン 1年生のかんじのひょう これらの漢字を見ながらお話作りをするのが好きな娘。そろそろ新たなお話作りがしたいということで、貼ったのは2年生の漢字。 実際 [続きを読む]