Yuzyママ さん プロフィール

  •  
Yuzyママさん: モンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ハンドル名Yuzyママ さん
ブログタイトルモンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/montessoritime/
サイト紹介文6歳の娘とワーママのホームモンテッソーリ&国産バイリンガル育児記録。
自由文2歳でプリスクールに通うも、モンテッソーリ教育と出会い、母語優先の育児に変更。モンテッソーリ教育を主軸にした、母語土台のバイリンガル育児を、家庭内で実践しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2013/05/17 11:56

Yuzyママ さんのブログ記事

  • モンテッソーリペアレンツ
  • 【Credit:Montessori Photos】海外ではモンテッソーリ教育を受けて育った子どものことを"Montessori Child"と呼びます。そしてその子どもたちの親は"Montessori Parents"と呼ばれます。 ただこの"Montessori Parents"。単純にモンテッソーリ教育を受けて育った子の親という意味ではありません。海外のモンテッソーリ園では、保護者のためのモンテッソーリ教育の勉強会が多数開かれています。国内のモンテッソーリ幼稚園や子 [続きを読む]
  • 新年度に向けて
  • 春休み1週目。新年度に向けて少しずつ準備を始めています。といっても、まずは春休みを楽しむこと!久しぶりに家族でTDLへ。小さい頃はあまりディズニーには興味がない娘でしたが、いつの間にかほとんどのキャラクターを知っていてびっくり。幼稚園でのお友達の影響かな^^ 連休は家族でプラ板で作るワークショップにも参加しました。もう娘の目が輝きっぱなしで、やっぱりこうして何かを作り上げる時間が彼女の日常にもっ [続きを読む]
  • 幼稚園生活で学んだこと
  • 卒業・・・そして入学シーズンをこれから迎えるに辺り、期待と不安が入り混じった気持ちのご家庭も多いのではないかと思います。我が家も娘の幼稚園入園前はドキドキが止まりませんでした。正直、期待10%、不安90%といった感じだったのではないでしょうか(笑)。 「幼稚園生活」というこのブログのカテゴリーもこれで最後かと思うと、ちょっぴり寂しい気分です。これから始まる小学校生活に気持ちを切り替えなければ [続きを読む]
  • 美しさの源
  • 最近、母の悪い癖が出始めています。エレメンタリー講座の課題に向き合わなければいけない中、夜な夜なモンテッソーリアンの先生方のWebinarをついつい見てしまうのです。 美しい言葉で綴られた先生方の言葉は、どこか日常とはかけ離れていて、美し過ぎる余り、なかなか受け止めづらい現実がありました。現実離れした世界に、上手く心が乗っからないとでもいうのでしょうか。 最近、あるWebinarでこんな言葉があ [続きを読む]
  • 過去に感謝する、未来に感謝する
  • モンテッソーリ教師養成講座にて幾度となく聞くフレーズがあります。 「過去に感謝する、未来に感謝する」 モンテッソーリ教育を受けて育った子どもたちは、勉強が出来るようになるだなんて話を聞いたことはあるものの、実際にはそんなことはどこにも書いてありません。 では、何が出来るようになるのでしょう。 それは『過去に感謝し、未来に感謝することが出来るようになる』と言うのです。 正直 [続きを読む]
  • 「聞く→話す→読む→書く」のスキルの変遷
  • 先日、3年間お世話になっている英会話教室よりスクールの体験記の依頼を受けました。この体験記をお引き受けするのは2度目。1度目は、娘が4歳間近の頃。1年近く通ってみてどうだったかという率直な印象を書かせていただき、現在も恐縮ながらもスクールのエントランスに娘の写真と共に飾っていただいています(^^;; そして2度目の今回。初めての英検を受験し、合格体験記を兼ねての体験談ということになりました。色々と [続きを読む]
  • モンテッソーリエレメンタリーの核
  • NAMCのエレメンタリー講座がスタートしてから約1ヶ月。先月1教科を終わらせ、今月はモンテッソーリエレメンタリー過程の「核」とも言えるコスミック教育(宇宙教育)に入ってきました。 今まで何度も耳にしたコスミック教育。けれども、見聞きする情報はすべて断片的でなかなか全体像を掴めることができずに今日まで至るという現状。こうして実際にマニュアルを読み、チューターとディスカッションを進め、また紹介さ [続きを読む]
  • 保持教室の宿題は宝!?
  • 今日より保持教室の新年度が始まりました。今年は運良くGrade2-3クラスの在籍が認められた娘。けれども、もう一年経つとリピートは覚悟してくださいとスクールより脅されています(笑)。小学校の学習も3年生になると急に難しくなると言われますが、それは帰国子女保持教室でも同じのよう。日英の両立が難しくなる時期なのかもしれません。 先週は、年度の切り替わりということで保持教室の授業はお休み。特に何も気にしてい [続きを読む]
  • 週5日の鉄棒教室!?
  • うちの娘、鉄棒教室に通っています。それも週に5日も(笑)。 日々、娘優先の生活を心がけていても、どうしても後ろめたさが残るものがあります。それはワーキングマザーであるという事実。 保育園なら長時間お友達と一緒にいられるものの、幼稚園に通う娘は、降園後は祖父母の家で母の帰りを待ちます。小さい頃は大喜びだった彼女も、最近はやはりお友達ともっと一緒にいたいと幼稚園の課外活動に参加することも増えま [続きを読む]
  • 子どもの家小学部 VS ピアノ教室
  • 先日、3歳の頃8ヶ月お世話になった子どもの家へと問い合わせをしてみました。それは娘が行きたいと言いつづけている「モンテッソーリ小学部」について。週1クラスだったにも関わらず、娘が当時好きだったおしごとをしっかり覚えていてくださった園長先生。あれからはホームモンテッソーリで何とか続けていること、母自身が最近エレメンタリーのディプロマ取得に向けて学習を開始したことなど、色々とお話をさせていただき [続きを読む]
  • モンテっ子は真似が好き!?
  • 来月には小学生となる娘。書店に足を踏み入れると「入学準備号」と題した雑誌やワーク類も多い中、相変わらず彼女が行っているのは「お絵描き」。 もうこの姿はこの5年変わらないので、きっとこれからの5年も同じなのでしょう^^; 娘は絵を描くことも大好きですが、真似て描くことも大好き。テーブルに置いてあったこの便箋。遠目だったため、素通りしてしまったのですが、よくよく見ると真ん中は彼女の絵(笑 [続きを読む]
  • モンテッソーリ教具、どこで購入する!?
  • 4回に渡り綴ってきたモンテッソーリ教具。本日は最終回、購入場所についてです。 過去記事:第1回:モンテッソーリ教具への想い第2回:モンテッソーリ教具が特別なわけ第3回:モンテッソーリ教具、どのように揃える?第4回:モンテッソーリ教具、何を購入する!? ホームモンテッソーリを開始するに辺り、準備したものは大きく分けると2つ。モンテッソーリショップでしか取り扱いのないモンテッソーリ教具、 [続きを読む]
  • モンテッソーリ教具、何を購入する!?
  • 前回の「モンテッソーリ教具、どのように揃える?」に続き、今日のトピックは「モンテッソーリ教具、何を購入する!?」です。 モンテッソーリ園と言ってまず思い浮かべるのは、色鮮やかな教具の数々が美しく配列された教室。我が家がホームモンテッソーリに憧れたのも、そんな美しい空間からでした。けれども、モンテッソーリ教育を知れば知るほど、家庭はモンテッソーリ園にはならないということに気付き始めていきま [続きを読む]
  • モンテッソーリ教具、どのように揃える!?
  • 2回に渡り、モンテッソーリ教具について綴ってきましたが・・・結果、『モンテッソーリ教具』というカテゴリーを追加してみました^^ 時間が空いてしまいましたが、頂いたご質問「モンテッソーリ教具をどのように揃えていったか」について振り返ってみたいと思います。 我が家がホームモンテッソーリをスタートしたのは娘が2歳後半の頃。当時はまだNAMCの教師養成講座を受講し始めたばかりで、ほとんど知識も持ち [続きを読む]
  • モンテッソーリ教具が特別なわけ
  • 前回に続き、今日も皆さんから頂くご質問の中で多いトピック「モンテッソーリ教具」について綴ってみようと思います。 世の中には様々な幼児教育が存在する中、モンテッソーリの教具とは、他の教材と何が違うのでしょう。個人的には一番の違いは基本となる使い方(=基本提示)が定められている点だと思います。そこには、モンテッソーリがただ考案した教具、使い方があるのではなく、医師としての経験を土台に科学的な [続きを読む]
  • モンテッソーリ教具への想い
  • 母がモンテッソーリ教育に惹きつけられた理由はたくさんありますが、その中でも「教具」への憧れは異常なほどでした。美しく彩られた教具、木のぬくもりを感じられる教具、見ているだけでうっとりしてしまう教具。海外のモンテッソーリ園の写真、そしてホームスクール家庭の写真を見るたびに、それだけで高ぶるこの気持ち。当然、我が子にも体験させてあげたいと母がまず購入したのは「ピンクタワー」でした。 我が子の [続きを読む]
  • モンテッソーリ園には通えなかったけれど
  • 最近は卒園・入学に向けて、夫婦揃って学校へ出向くことが増えています。幼稚園と小学校を行ったり来たりしながら、この幼稚園時代を振り返ってみたり、これから新しく始まる小学校生活を想像してみたり。娘にとってはこれ以上はないと思えるほど充実していた幼稚園生活のそれぞれのシーンを思い浮かべながら、夫から驚くような言葉が飛び出しました。 「これほど充実していたのには、根底にモンテッソーリ教育があった [続きを読む]
  • 6歳、はじめてのブックレポート
  • 今晩は保持教室の今年度最後の宿題に励んでいた様子の娘。それは生まれてはじめてのブックレポートでした。娘が選んだのは「おさるのジョージ」(笑)。少し背伸びをして読書していた時期もありましたが、やはりそこはまだ幼稚園児。大好きなジョージを初レポートに選んだことに思わず笑みがこぼれる母でした。 皆さん方の親子英語ブログを拝読させていただいていると、お教室にも通わず、家庭だけで素晴らしい力をメキ [続きを読む]
  • 保持教室で出会ったサイエンスの素敵なテキスト
  • 昨年夏までお世話になった帰国子女保持教室では、Grade2よりサイエンスクラスがスタートします。何よりも、このクラスを楽しみにしていた娘。保持教室を変えたことで、すでに忘れているかと思いきや・・・。しっかりと覚えていた6歳児。 ということで、先日体験へと行ってきました。今回体験させていただいたクラスは、Grade2(新3年生)のクラス。その中で、年長の娘は一人かなり小さく、なんともアンバランスな光景でした [続きを読む]
  • 子どもの邪魔をしないこと
  • 「間違いを指摘しないこと」という記事にて触れた通り、モンテッソーリ教育を知ったことで、子育てが一変した母。当時2歳だった怪獣のような我が子の心が読めず、子育ては正直楽しいものではなく、どちらかといえば辛いものでした。 「間違いを指摘しないこと」に続き、心から知って良かったと思えることのもう一つに「子どもの邪魔をしないこと」があります。当初、教師養成講座にてこのトピックが上がった時・・・&n [続きを読む]
  • モンテッソーリエレメンタリー教師養成講座の悩みと野望
  • NAMCのプライマリー教師養成講座を受講している際、チューターから教えていただいたことの1つに、エレメンタリー講座は同じ教師養成講座でも読まなければならないマニュアルも、こなさなければならない課題も、そしてプログラム自体がとにかく膨大だということがありました。 現在第一回目の課題提出に向けてマニュアルを読み漁る毎日ですが、早速悩みが・・・。 読んでも読んでも追いつかない!!! 第一回 [続きを読む]
  • 保持教室の新年度を迎える前に
  • 今週で今年度の授業は最後の娘の保持教室。入塾してから半年。娘の英語環境について色々と考えた時間でした。 最初は新たな保持教室の宿題の多さに圧倒され、日々宿題だけで終わったような感覚でした。気が付くと、いつでも鉛筆を握り、何かしら英語で書いている毎日。けれども、「書く敏感期」が続いている娘には、この宿題は負担にはならないようでした。スペリングや文法もまだまだ危ういところだらけですが、文章を書くと [続きを読む]
  • モンテッソーリ園に合わない子ども!?
  • 来月には幼稚園卒園を迎える娘。あれほど小さかった背中が、もうランドセルを背負う年齢になったことが未だに信じられません。 母となり6年。この間に下した決断の中で、最も難しいと感じたのは幼稚園選びでした。英語育児しか目に見えていなかった当時。2歳でプリスクールへと通い出した娘は、当然そのままそこの園で卒園を迎えると思っていました。しかし、その岐路の途中で出会ったモンテッソーリ教育。今まで漠然としか [続きを読む]
  • 間違いを指摘しないこと
  • モンテッソーリ教育と出会い、子育てが一変したといっても過言ではない母ですが、そんな中でも、心から知って良かったと感じていることがあります。それは、「間違いを指摘しないこと」モンテッソーリの関連書籍では「自己訂正」と言う言葉がよく使われていますが、他人が間違いを指摘しないのがモンテッソーリ教育。「本当に?どんな場面でも?絶対に?」と当初は疑いまくりの母でしたが、モンテッソーリアンの先生方やチューター [続きを読む]
  • 幸せのおすそ分け?
  • 本日2本目。バレンタインにちなんで、愛の告白記事です(笑)。このブログを始めてからそろそろ4年という月日が経とうとしています。マリア・モンテッソーリに惚れ込んだ素人の母の綴る育児日記。モンテッソーリへの想いをぶつける目的で始めたものですが、最近たくさんの幸せのおすそ分けをいただいています。 それは、ホームモンテッソーリを実践されている方、これから始められようとしている方々との出会い。 オン [続きを読む]