urara-30 さん プロフィール

  •  
urara-30さん: 安心できる医療とは?
ハンドル名urara-30 さん
ブログタイトル安心できる医療とは?
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/urara-30
サイト紹介文安心できる医療とは何か?一市民のブログです。患者・遺族と向き合う医療事故調査の実現を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2013/05/17 19:34

urara-30 さんのブログ記事

  • 無痛分娩で出産中に意識失い死亡 子どもは無事・・・ 大阪
  • 無痛分娩で出産中に意識失い死亡 子どもは無事 大阪無痛分娩で出産中に意識失い死亡 子どもは無事 大阪04月25日 21:49朝日新聞 大阪府和泉市の産婦人科医院で1月、麻酔でお産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産中の女性(当時31)が意識不明になり、その後死亡したことが捜査関係者らへの取材でわかった。府警は院長らから事情を聴いており、業務上過失致死容疑での立件も視野に調べている。 医院の代理人弁 [続きを読む]
  • 術後徘徊で死亡に賠償命令 「防止措置怠る・・・山梨病院
  • 術後徘徊で死亡に賠償命令 「防止措置怠る」甲府地裁 2017年4月19日 (水)配信共同通信社  山梨県甲斐市の男性=当時(83)=が、がんの手術後に幻覚や妄想などを伴う「術後せん妄」を発症し徘徊(はいかい)して死亡したのは、入院先の山梨病院(甲府市)が適切な防止措置を取らなかったためとして、病院を運営していた「全国社会保険協会連合会」などに遺族が損害賠償を求めた訴訟の判決で、甲府地裁は18日、連合会側に慰謝 [続きを読む]
  • 「使命最期まで」 「生きる希望」情報発信・・・難病医師:
  • 難病医師「使命最期まで」 「生きる希望」情報発信 2017年4月9日 (日)配信毎日新聞社  難病の筋萎縮性側索(そくさく)硬化症(ALS)とたたかいながら、同じ難病患者や震災被災者の支援に取り組んでいる医師がいる。訪問診療の現場で末期がんの患者らに寄り添ってきた千葉県八千代市の医師、太田守武(もりたけ)さん(45)。手足が動かなくなり、一時は自ら死ぬことを意識したが、周囲の励ましが再起を促した。医師として [続きを読む]
  • 長期の心のケア必要 県教委、生徒への対応強化
  • 那須雪崩事故 長期の心のケア必要 県教委、生徒への対応強化那須町のスキー場で、登山講習会に参加した県立大田原高校山岳部の生徒ら八人が死亡した雪崩事故で、県教委は、参加した各校生徒らに対する心のケア強化へ乗り出した。「長期のケアが必要」と、カウンセラーがいつでも相談できる体制を整えている。 (北浜修) 雪崩事故は三月二十七日早朝に発生。講習会には県立六校と私立一校が参加していた。 県教委によると、県 [続きを読む]
  • 薬過剰投与で女性死亡」=遺族が東京女子医大提訴
  • 「薬過剰投与で女性死亡」=遺族が東京女子医大提訴03月28日 18:26時事通信 東京女子医大病院(東京都新宿区)で2014年に死亡した女性の遺族らが28日、抗てんかん薬の過剰投与が原因だとして、同大と当時の担当医2人に計約4300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。 死亡したのは川崎市の長浜裕美さん=当時(43)=。原告側によると、長浜さんは別の病院で脳腫瘍の手術を受けた後の14年8月20日、 [続きを読む]
  • 患者放置死、防止策徹底を要望 ・・・東京慈恵会医科大病院
  • 東京慈恵会医科大病院、患者放置死、防止策徹底を要望 2017年3月18日 (土)配信毎日新聞社 東京慈恵会医科大病院:患者放置死、防止策徹底を要望 東京慈恵会医科大病院で肺がんの疑いを指摘された男性(72)が、主治医が報告書の確認を怠ったために1年間放置されたまま先月死亡した問題で、医療事故の被害者遺族らで作る「患者の視点で医療安全を考える連絡協議会」(永井裕之代表)が17日、厚生労働省に単純な医療ミスの防 [続きを読む]
  • 宮崎大付属病院に10万円支払い命令・・・ 地裁判決 /宮崎
  • 損賠訴訟:宮崎大付属病院に10万円支払い命令 地裁判決 /宮崎 2017年3月12日 (日)配信毎日新聞社  悪性リンパ腫の疑いで宮崎大医学部付属病院に検査入院した女児(13)が病院の注意義務違反で脳に障害が残ったとして、女児と両親が病院に損害賠償を求めた訴訟の判決が10日、宮崎地裁であった。藤田光代裁判長は原告の主張を一部認め、病院に10万円の支払いを命じた。 判決によると、原告の当時7歳だった女児は20 [続きを読む]