きつつき父さん さん プロフィール

  •  
きつつき父さんさん: シングル父さん奮闘記
ハンドル名きつつき父さん さん
ブログタイトルシングル父さん奮闘記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kitutuki103/
サイト紹介文小中高と生きづらく、発達障害児支援を生業として30数年。シングル父さんの育児と発達障害支援奮闘記。
自由文学校や「街」での生きづらさから逃れるように山登りに明け暮れた「山屋」。しかし人が嫌いなわけではなく、心理学を学ぶうちに心身障害・発達障害児者支援を「街での日常」の生業に。40をすぎて息子と娘を授かり「山屋休業」したものの、いつしかシングルとなりました。育児と発達障害支援の両立に奮闘する日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/05/18 03:43

きつつき父さん さんのブログ記事

  • 育ち直しのエビデンス…支援経過に学ぶ〜その1
  •  発達障害の認知特性や過酷な成育環境下で、『平均的な子育ち』が叶わずに…  「育ちにつまずいてしまう」状態に置かれた子どもたちの「育ちの個性・個人差」は、それ自体としては問題でも、課題でもありません。 しかし、私たちの社会は、 「平均的な子育ちによって支えられる、適応力」を求めており、同じことは家庭にも学校にもいえます。 この、 「その集団内で求められる適応力」 について、その集団としての適応 [続きを読む]
  • 「面前DV」が子どもの心に生み出す深淵
  •  私たちの仕事の中でも、乳幼児期の成育過程で… 「自分以外の家族の誰かが暴力(心理的・身体的)を受けている」 場面を 見ていたことが、発達障害と同様の様々な育ちのつまずき=発達凸凹(でこぼこ)の背景になっているのではないか? と推察できるお子さんに出会うことが少なくありません。 杉山登志郎氏は、児童虐待が子どもたちの育ちに与える影響の大きさと深さについて、 『第四の発達障害としての虐待』 という視 [続きを読む]
  • 「大様は裸ですよ…」と呟く勇気を
  •  5月での撤退が決まった南スーダンPKO関連で、 「派遣維持の目的のために、戦闘を武力衝突と言い換える」防衛大臣の国会答弁の危うさが話題になっていた、 「派遣部隊の日報」 について、陸上自衛隊内部で… 「従来の発表とつじつまが合わない。今更公表できないので、破棄する」という指示が行われていたことが、陸上自衛隊幹部の「内部告発音声」で明らかになりました。 国会でも、今回の日報問題や、安全保障関連法、 [続きを読む]
  • 偶然=巡りあわせ・職人芸からエビデンスのある支援へ
  •  先日、今は家に近い他施設に通っていた、 「聾と重い知的機能障害」を重複している女性が亡くなりました。 今から約20年前に出会った時の女性は、喃語レベルの発語も困難で他害行為もあったことから、聾学校卒業後の受け入れ先が(入所も通所も)見つからず、約1年間「在宅」を余儀なくされる中で、聾学校時代から増加傾向にあった体重が劇的に増えてしまい、在宅と肥満のために… 「20〜30メートル歩くことさえできない」状態 [続きを読む]
  • セラピー犬「めい・二世」の独白…
  •  私は、生後1ヶ月と少しだった去年の1月に、河川敷の橋の下に捨てられていたところを、今のご主人に拾われて「めい・二世」と名付けられた。 私は会ったことがない先代の「めい」さんも、捨てられていたところをご主人に拾われて、15歳で亡くなった。そして、「初代・めい」さんは、亡くなって二週間後に私とご主人を引き合わせてくれた「恩人(犬)」でもある。 初代のめいさんも、ご主人の職場の障害を持った子ども達との「散歩 [続きを読む]
  • 忖度(そんたく)を教える…子育ての目標?
  •  大阪・森友学園の小学校認可申請・国有地払い下げの不透明な経過と、系列幼稚園での… 「教育方針と保育内容への疑問」を深掘りしていくと、森友学園に親しく関わる大人の中には… 「きちんとしすぎている幼児集団=子どもらしさが失われているのでは?」という疑問を抱く人はおらず、むしろこの幼稚園を視察し、そのの会合で講演した安倍総理大臣夫人や、賄賂を叩き返したとされる元大臣の衆議院議員を筆頭に、 「きちんとして [続きを読む]
  • 森友学園の異様な幼児教育…総理大臣夫妻が共感?
  •  国有財産の安価での売却と、小学校設置認可の過程の不透明さについて連日報道され、国会審議も続いている、 「大阪・豊中市の学校法人森友学園」に関連して、その系列幼稚園の運動会での… 「教育勅語唱和、安保法案可決賛成、総理大臣応援」の選手宣誓映像は、繰り返し映し出される度に… 「これが幼児教育…?」という疑問を抱かせるものです。 加えて、宿泊学習に際しての園児に対する「園長講話」で、 「日本人…、日本 [続きを読む]
  • 裸の王様…? 子どもに見せる大人の背中
  •  アメリカの大統領…北朝鮮の労働党委員長…、私たち日本の総理大臣の姿を見ていると…そこに共通するイメージがわいてきます。 それは、アンデルセンの童話、 『裸の王様』に描かれた、 「体裁を整えることに汲々とし、実体のない地位と名誉の呪縛にとらわれて、目的と手段の区別もつかなくなり、事実が見えなくなった大人」と、そのような人たちには… 「思考・判断の根拠になる事実の情報さえ届かなくなる」という「滑稽」 [続きを読む]
  • 子育て支援の共通言語…共同注視と波長合わせ記録
  •  大人の目にも、友達の目にも原因不明の「泣き・パニック」を示している子ども達に対して、  「どうしたの…?」といった方向の第三者的な声掛けではなく、 「そうなんだ〜、いやなこと(困ったこと)があったんだね…」という、 「共感的で、当事者意識に根差した声掛け・呟き」を大切にして支援を進める視点を、一人でも多くの子育て支援関係者・従事者の皆さんと共有することは、私がお引き受けしている研修会や、巡回相談の [続きを読む]
  • オルタナティブ・ファクト(もう一つの事実)…子どもの宇宙
  •  「オルタナティブ・ファクト」…「もう一つの(代替的)事実」 アメリカの新政権、トランプ大統領の側近が… 「オバマ前大統領就任式典時より明らかに少ないトランプ大統領就任式典への参加者数」等々に関連した、トランプ大統領の… 「事実に基づかない発言」について、マスコミから、 「事実の裏付け・発言の根拠」を求められた際に… 「トランプ大統領の発言は、もう一つの事実(オルタナティブ・ファクト=代替的事実)を示 [続きを読む]
  • 一般論ではない子育ち・子育て支援
  •  大人は、時々… 「一般的に、一般論として」と「断った上で」 自分の考え方を述べることがありますが、このように「断りを入れて」大人が自分の意思を伝えることの、 「乱暴な議論の間違い・思い込みによるボタンの掛け違い」に気づかせてくれるのが、 「子どもたち」です。 しかし、私たち大人は、 「断りの有無にかかわらず、日々一般論の罠と格闘している」といっても過言ではありません。 今日も移動の車中で国会中継 [続きを読む]
  • 子育ち・子育ての原点…
  •  先週土曜日に続いて、今日も… 「幼児保育・教育機関保護者対象の子育て研修会」で、 「母子共生段階から自己主張(天の邪鬼)の始まる時期の子育ちと子育て…」についてお話しさせていただきました。  今回の研修で、私が講師を努めた今年度の研修受講者数が述べ1000人を超えましたが、 全員が初めての方だったこともあり、とても新鮮でした。 「新鮮さ」という点では、私たちの施設がある地域で住民組織の主催で、昨日 [続きを読む]
  • 子育て研修
  •  今日は、インフルエンザ発症の不安を抱えつつ、保育園の保護者対象の… 「子育て研修会」でお話をさせていただきました。 『お母さんと一緒…から自分で! 自分で!へ』をテーマに、 「母子共生と自立心・自我の芽生えによる天邪鬼行動について」を副題として、貴重な休日返上で参加して下さったお母さんたちと、 「濃密な時間」を「楽しむ」ことが出来ました。 この研修会は、参加保護者のお子さんたちを預かる各保育所の先 [続きを読む]
  • インフルエンザの猛威
  •  職場が先週から今週に掛けて、 「インフルエンザの猛威」に晒されています。  同僚職員で、インフルエンザに感染・発症していないのは1名のみ…、という緊急事態で、 「通所支援事業の臨時休業」という措置を取らざるを得ませんでした。 例年は、 「保育所・小学校や医療機関への訪問」という仕事柄、感染者が出ているクラスの子どもたちとも濃密な接触が避けられない立場上、同僚に先んじて私自身が一番にインフルエンザに [続きを読む]
  • こどもの育ちと心を育む環境…見通しを持つことの意味
  •  子育て支援の仕事を通じて、最も深く、強く考えさせられ、工夫を求められているのが…  「子どもが、その理解力に応じて、自分の暮しに見通しを持つ」ことを、子どもたち個々の特性・個性や、置かれている環境を踏まえて、如何にして支援していくかという点です。 教育や福祉の領域でいわれている、 「合理的配慮」も、その配慮の目的は、 「見通しを持って、自分の生活を組み立てていけること」であり、 「特定の子に対す [続きを読む]
  • 「不可逆的解決」?…日韓慰安婦問題…堂々巡り
  •  大統領が弾劾・休職中の韓国との間で、日本が10億円を拠出して、 「不可逆的に解決した」とされた、 「従軍慰安婦問題」が、日本の大使館や領事館前の、 「慰安婦像」設置と、撤去にまつわる論争を切っ掛けに… 「駐韓大使・領事の帰国」という事態に発展しています。 この「慰安婦問題」では、これまでも国・地方の政治家や各分野の「保守系の著名人」による、 「軍隊には、(男性)兵隊の性欲処理の機関が不可欠で、どの国 [続きを読む]
  • 研修資料まとめ…切り替えの試練育
  •  論文2本の内の1本の修正を終えて、当初は年末年始に行う予定でいた… 「年間4回の継続研修の4回目の資料まとめ」に、ようやく取り掛かっています。 この継続研修は、 「1回について約2時間30分の研修を年間4回」実施しているもので、 数か所で各回ともに30〜50人程度の、ほぼ固定した受講者を対象としています。  職種は、小学校の下校後時間に、主に共働き家庭の子育て支援を担う、 「放課後児童指導員」ですが、その背景 [続きを読む]
  • 子どもたちの心身のリズムに寄り沿うために…論文まとめ
  •  昨年末の仕事納め後の12月30日から「集中?」し始めた、 「小児医療系学会誌への実践報告論文修正」作業は、 「眺めるだけで、気持ちが萎えるほどの分量」の、詳細な査読修正意見とにらめっこしつつ、  「施設の日常業務が休みの年末年始だからこそ…」の「論文まとめのスイッチ」が入り、 「最初の投稿時点では、自己評価でも60%の完成度」出会った内容について、査読委員や編集委員会の著名な先生方の助言にも導かれて [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願い致します
  •  年末も体調不良を抱えながらバタバタと年越しし、あわただしく2017年が明けてしまいましたが、 『今年もよろしくお願い致します』 12/29、家庭崩壊の危機から完全には脱しきれていないご家庭への支援を「仕事納め」として、論文修正の… 「蟻地獄」にはまり込み、炬燵の周りで時々雪崩を起こす… 「先行研究の参考文献の山」と悪戦苦闘しつつ、 「詳細な査読修正意見書とPC画面」とにらめっこで、キーボードをたたいてい [続きを読む]
  • 「論文修正漬け…?」になりそうな年末年始
  •  肺炎入退院後のリハビリで明けた2016年も、余すところ3日間になりました。 施設全体の業務は本日で仕事納めとなりましたが、私自身は一部のお子さんの通院の付き添いが明日の夕方まで入っており、ギリギリのところで「家庭崩壊」の危機を乗り越えつつあるご家族の年末年始の… 「平穏」を願い、その道筋に方向性を生み出す支援を今年の集大成にできればと考えています。 そして、5日間の年末年始休みの間には、今年の夏に自ら [続きを読む]
  • 「本音と建て前」事勿れの使い分けを止めるには…?
  •  子育て支援に関連して、今年も不幸な事件が沢山起きてしまいましたが、その背景に… 「忙しさから逃れるために、事勿れ主義を足場にした目線で本音と建て前を使い分ける」「大人の現実」があることを、私たち自身が当事者となった身近な出来事からも痛感させられつつ、肺炎入院のリハビリで明けた1年が締めくくられようとしています。 そんな折も折、「本音と建て前を事勿れで使い分ける現実」をダメ押しするようなニュースが [続きを読む]
  • 子育ちの危機を感じ行動する時の…壁
  •  私たちは、心身に障害を抱えている子どもたちや青年たちを含めた子育て支援の仕事に際して… 「今すべきことは何か…? 今できることは何か…?」をいつも意識しています。 時には、 「今すぐにすべきことはあっても(分かっていても)、実践(実現・実行)は困難…」という事態にも直面します。 「すぐにすべきことはあるのにできない」時に直面する… 「壁」が、制度や施策面の制約である場合も少なくありませんが、5年…10年前 [続きを読む]
  • 子どもの育ち…「天邪鬼」にたじろがないために
  •  私は、自分自身の育ちと我が子の子育て、そして子育て支援の仕事を通して、子どもの育ちと、大人の子育ての波長のずれ、歯車の軋みをはっきりと示す現象として、 「お母さん(主たる養育者)との共生関係からの独立期・自我の芽生えに伴う第一反抗期」と、 「自我の確立・社会のルールマナー取り込み過程での葛藤に伴う第二反抗期」に加えて、 「天邪鬼期」が存在している事を実感させられています。 この天邪鬼期は、 「親や [続きを読む]
  • 危機感が薄い「心無いことばによるいじめ」
  •  横浜での、 「福島原発からの避難児童に対するいじめ」報道がきっかけになり、新潟でも… 「担任教諭による『〇〇菌』呼ばわり」により、不登校になる児童が確認されたとのことです。 横浜の報道の際には、各方面から、 「これ(福島原発避難児童へのいじめ)は、氷山の一角」という意見が示されていましたが、新潟の児童は、 「横浜の事件報道により、かつて自分も『菌』呼ばわりされていたのは、やっぱりいじめだったんだ… [続きを読む]
  • 子育ち・家族の危機と支援
  •  小規模であっても、子育て支援の仕事をしていると… 「この環境と、お子さんの個性・特性を抱えた中で、親として踏ん張る原動力は…?」と、 親御さんの忍耐と活力に脱帽させられることがあります。 以前に出会った、小学校中学年から幼児までの「多動とこだわりを併せ持つ」3人のお子さんを育てる、20代の… 「シングルマザー」は、地道なかたちで個性的なお子さんたちを支え、見守りつつ、いつ瓦解・崩壊してもおかしくない [続きを読む]