ゆたほん さん プロフィール

  •  
ゆたほんさん: ユタホン東京散歩
ハンドル名ゆたほん さん
ブログタイトルユタホン東京散歩
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/yutahon0281
サイト紹介文東京・さいたまを散策。写真をもとにパソコンで絵を描いております。
自由文定年後の余暇を東京の散歩に費やしております。
主に下町(谷中、千駄木、根津、上野、浅草、向島など)を回っております。
東京は未だに江戸、明治、大正、昭和の歴史が生きづいており、魅力的な街です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/05/18 08:51

ゆたほん さんのブログ記事

  • なぜJR川口駅前に巨大なオブジェがあるのか
  • (JR川口駅西口の錦町公園の高台から撮影)浦和方面から電車で川口駅に近づくと商業ビルの屋上に巨大なライオンのオブジェが現れる。その巨大さに驚くが、なぜ、だれが、何のために建てたのかわからなかった。先日、川口駅西口の錦町公園からオブジェを撮影していたところ、年配の女性にうしろから声をかけられ説明をうけた。その説明によると、平成8年ころビルが建ち、その時に屋上に巨大なライオンのオブジェが建ったそうで、 [続きを読む]
  • なぜJR川口駅前に巨大なオブジェがあるのか
  • (JR川口駅西口の錦町公園の高台から撮影)浦和方面から電車で川口駅に近づくと商業ビルの屋上に巨大なライオンのオブジェが現れる。その巨大さに驚くが、なぜ、だれが、何のために建てたのかわからなかった。先日、川口駅西口の錦町公園からオブジェを撮影していたところ、年配の女性にうしろから声をかけられ説明をうけた。その説明によると、平成8年ころビルが建ち、その時に屋上に巨大なライオンのオブジェが建ったそうで、 [続きを読む]
  • 猫のいた風景(ミケ)
  • かれこれ60年以上前の写真。私が抱いているのは猫のミケお袋が猫好きで、私が生まれた時に子猫(ミケ)をもらってきて一緒に育てたそうだ。私がハイハイが出来る頃には、お袋が目を離すとミケと一緒に猫まんま(ご飯に鰹節を混ぜた餌)を食べていたとよくお袋が笑って話していた記憶がある。ミケの名前は三毛猫からつけたらしいけれど、この写真ではわからない。いつも一緒でまるで仲の良い兄弟のようだったそうだ。幼かったせい [続きを読む]
  • 猫のいた風景(ミケ)
  • かれこれ60年以上前の写真。私が抱いているのは猫のミケお袋が猫好きで、私が生まれた時に子猫(ミケ)をもらってきて一緒に育てたそうだ。私がハイハイが出来る頃には、お袋が目を離すとミケと一緒に猫まんま(ご飯に鰹節を混ぜた餌)を食べていたとよくお袋が笑って話していた記憶がある。ミケの名前は三毛猫からつけたらしいけれど、この写真ではわからない。いつも一緒でまるで仲の良い兄弟のようだったそうだ。幼かったせい [続きを読む]
  • 飛べなくなったピコちゃん(オカメインコ)
  • 三週間ほど前からオカメインコのピコちゃんがゲージから出たがらなくなった。昨日、嫌がるのを無理に外に出して、飛ばしたら飛べずに床に落ちた。(食欲もあり病気ではないようだ)仕方なく30分ほど肩にとまらせてゲージに戻した。そういえばピコちゃんが我が家へ来てから十数年が経っているので鳥としてはもう私と同じ年寄なんだと思う。足の具合が思わしくなく、出かけることが億劫になり、ウォーキングの会、写真の会を辞め、 [続きを読む]
  • 飛べなくなったピコちゃん(オカメインコ)
  • 三週間ほど前からオカメインコのピコちゃんがゲージから出たがらなくなった。昨日、嫌がるのを無理に外に出して、飛ばしたら飛べずに床に落ちた。(食欲もあり病気ではないようだ)仕方なく30分ほど肩にとまらせてゲージに戻した。そういえばピコちゃんが我が家へ来てから十数年が経っているので鳥としてはもう私と同じ年寄なんだと思う。足の具合が思わしくなく、出かけることが億劫になり、ウォーキングの会、写真の会を辞め、 [続きを読む]
  • 日露戦争凱旋橋遺構(埼玉県川口市)
  • 川口市の旧鎌倉街道(御成り道)を辿っていると日露戦争の凱旋橋の遺構がありました。この道は何回も通っていましたが、いままでは気が付きませんでした。橋の遺構といってもとても小規模で川口市の説明板が無ければ通り過ぎてしまいそうだ。出身兵士の凱旋に時に用水に架けた橋なんだ。正面の欄干が現在に残された部分のようですね。観光資源にはならないと思うが、歴史を残す遺構としてずっと残してほしい。 [続きを読む]
  • 日露戦争凱旋橋遺構(埼玉県川口市)
  • 川口市の旧鎌倉街道(御成り道)を辿っていると日露戦争の凱旋橋の遺構がありました。この道は何回も通っていましたが、いままでは気が付きませんでした。橋の遺構といってもとても小規模で川口市の説明板が無ければ通り過ぎてしまいそうだ。出身兵士の凱旋に時に用水に架けた橋なんだ。正面の欄干が現在に残された部分のようですね。観光資源にはならないと思うが、歴史を残す遺構としてずっと残してほしい。 [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流(スプレー画)
  •  栄養不良と下肢静脈瘤の為に歩行が難儀していたのを栄養改善と散歩でかなり回復してきた。しかし、15分程度から始めた散歩も1時間程度できるようになったが、最後はやっとの思いで、足を引きずるように家に帰ってくる。数年前は元気に歩き回っていた事が隔世のことのように思える。 40歳代と思われる男の人とよく散歩の途中で会う。 彼の右足を引きずりながら歩く姿はおそらく脳梗塞で半身まひのため、リハビリとして散歩 [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流(スプレー画)
  •  栄養不良と下肢静脈瘤の為に歩行が難儀していたのを栄養改善と散歩でかなり回復してきた。しかし、15分程度から始めた散歩も1時間程度できるようになったが、最後はやっとの思いで、足を引きずるように家に帰ってくる。数年前は元気に歩き回っていた事が隔世のことのように思える。 40歳代と思われる男の人とよく散歩の途中で会う。 彼の右足を引きずりながら歩く姿はおそらく脳梗塞で半身まひのため、リハビリとして散歩 [続きを読む]
  • ヒリゾ浜(スプレー画)
  • ヒリゾ浜。海外ビーチにも負けないくらいキレイと言われた伊豆半島の最南端、下田・中木にある秘境です。ヒリゾ」という意味不明の名称の由来は、日の入り洞(ヒノイリドウ)が詰まって「ヒリド」それがなまって「ヒリゾ」となったそうですスプレーで透明な海を描くのは大変難しい。 [続きを読む]