zabiena さん プロフィール

  •  
zabienaさん: 時計草の庭通信
ハンドル名zabiena さん
ブログタイトル時計草の庭通信
ブログURLhttp://zabiena.exblog.jp/
サイト紹介文鉱物や透明標本、貝殻などを蒐集し、園芸などを楽しみ、鉱物スノードーム製作をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/05/18 17:26

zabiena さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 時計荘HPができました
  • 大変長らくご無沙汰しております。このたび時計荘HPを開設いたしました。時計荘HP http://tokeisou.jp/以後、このブログはイベント等の記録をつけ、HPのほうで販売やニュースのご案内をさせていただくこととなります。なお、お問い合わせ等には従来通り、zabiena@excite.co.jpをお使いいただけます。どうぞ今後とも、時計荘を宜しくお願いい... [続きを読む]
  • 時計荘第二回個展「夢の浸蝕」ご案内
  • 昨年に引き続き、シャララ舎で時計荘の個展を開催いたします。今回の展示は2回続いた企画展とは違い、私の作品のみの展示・販売をする個展です。より自由にのびやかに、私がやりたかったことを実験的にする場となる予定です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・時計荘 2nd exhibition 「夢の片鱗」2015.4.29(金)〜5.29(日)open 11:00〜18... [続きを読む]
  • 企画展「時計荘のアトリエ」ご報告と御礼
  • (こちらのDMの素敵な背景…、実はpiikaさんの下北沢の店舗で撮影をさせていただきました。piikaさんは近日高円寺に移転されるそうですので、この雰囲気を味わいたい方はお早目にpiikaさんへどうぞ)4月3日(日)、満開の桜の花咲く中、企画展「時計荘のアトリエ」が幕を閉じました。会期中にはたくさんのお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。沢山の温かいご支援により、私の夢だ... [続きを読む]
  • 企画展「時計荘のアトリエ」告知
  • 年末年始とせわしなく過ごしてしまい、ご挨拶もせずにご無沙汰しておりました。大変遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いいたします。石の夢展が終了すると同時に水面下で楽しい企画のご用意や新作開発に関するあれこれなどで駆け回っておりまして、ようやく、3月に催す小さな展示のお知らせができる運びとなりました。企画展「時計荘のアトリエ」2016.3.17(木)〜4.3(日)(会期中... [続きを読む]
  • 時計荘xROUSSEAU企画展「石の夢」ご報告と御礼
  • 大変ご無沙汰しております。企画展終了後にいろんな予定が重なりまして、こんなにお礼が遅れてしまいました…。大変申し訳ありませんでした。お陰様で、シャララ舎において開催された時計荘xROUSSEAU企画展「石の夢」は大盛況のうちに幕を閉じました。沢山のお客様にご高覧いただきましてこんなに幸せなことはないと、心より感謝しております。本当に、どうもありがとうございました。今回は時計荘とし... [続きを読む]
  • 時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」出展者ご紹介・その3
  • 昨夜に引き続き、来月6日から始まるシャララ舎(公式サイトはこちら)での企画展「石の夢」(最初の告知記事はこちら)のゲスト出展者のご紹介をさせていただきます。noir lapinさんにつきましては、以前当ブログでもご紹介したことがあります(当該記事はこちら)ので、詳細はそちらをご覧ください。今年の夏の鉱物bar(当ブログの紹介記事はこちら)でも展示をされていたので、ご覧になっ... [続きを読む]
  • 時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」出展者ご紹介・その2
  • 初夏から準備してきたシャララ舎(公式サイトはこちら)での企画展「石の夢」(最初の告知記事はこちら)もいよいよ来月6日の初日を目前に控え、各作家の作品も続々と完成してきています。本日は前回(こちら)に引き続き、今回のゲスト出展者を紹介したいと思います。「ささきさ」(公式サイトはこちら)名義にて自然科学と空想が入り混じったノスタルジーをテーマに漫画・イラスト(主に透明水... [続きを読む]
  • 時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」出展者ご紹介・その1
  • リュケリの理科室 (当ブログでのご紹介記事はこちら)の出展もご好評を頂き、ありがとうございます。会期の最中ですが、来月のシャララ舎での企画展「石の夢」(前回の告知記事はこちら )もすぐそこまで迫ってきておりますので、出展者のご紹介をさせていただきたいと思います。なお、今回の企画展は出展者多数のため、複数回に分けてお送りいたします。まずは今回、共同主催のROUSSEAUさん... [続きを読む]
  • 10月10日より「リュケリの理科室」がいよいよ始まります!
  • いよいよ今週末、10日(土)より、金沢の雑貨店リュケリにて、企画展「リュケリの理科室」が開催されます。以前より告知の通り、時計荘は今回、鉱物ジオラマ瓶15点、鉱物ガラスドーム5点、鉱物ジオラマ電球(吊り下げ型・UVライト式各一点)2点を納品済みです。今回も通常通り、展示即売という形になりますので、お近くの方はどうぞ遊びにいらしてください。季節は秋、すっかり肌寒い季節となりまし... [続きを読む]
  • 『リュケリの理科室』出展のお知らせ
  • 10月10日(土)〜27日(火)、石川県金沢市にある音楽と雑貨のお店『Lykkelig(リュケリ)』で催される企画展『リュケリの理科室』に時計荘が出展します。(リュケリのブログはこちら。企画展の記事が掲載されています。)リュケリ(公式HPはこちら)は音楽と雑貨のお店…ということなのですが、実はお誘いを頂いているものの、まだお店へ伺ったことがありません。そもそもお恥ずか... [続きを読む]
  • 海福雑貨通販部にて鉱物ガラスドームの通販が開始されました
  • 8月中のいちのいちでの催事にはたくさんの方に来ていただき、盛況のうちに終えることができました。まことにありがとうございました。そんなこんなでバタバタと過ごしておりましたが、いつの間にやらすっかり秋めいて涼しくなりました。夏の苦手な私にはとても過ごしやすいこの季節、気合十分で毎日制作に励んでおります。また近いうち(1週間以内くらい?)には新しいお知らせもできるかと思いますの... [続きを読む]
  • 「神保町いちのいち」出展、31日で会期終了です
  • 8月1日から期間限定で「神保町いちのいち」にて時計荘作品を展示販売しておりましたが、いよいよ残り3日間、31日(月)で会期終了となります。当初は会期終了後に当ブログでお礼とご報告をさせていただこうと思っていたのですが、お客様からリクエストのお声を頂戴いたしましたので、現場のことなど少しだけご紹介させていただきたいと思います。時計荘のブースはこちら、三省堂書... [続きを読む]
  • 鉱物bar vol8「天体嗜好症 石と星と」
  • (ギャラリーみずのそら公式サイトより転載)今年も、先週末金曜日より鉱物アソビさんプロデュースの「鉱物bar」(公式ページはこちら)が西荻窪のギャラリーみずのそらにて開催されています。今年のテーマは「天体嗜好症 石と星と」。鉱物と天体とはやはり相性が良いもので、詩情そそる組み合わせですね。初日は例年にもまして、会場直後から日没くらいまでは大変な混雑だったようですが、私が到着した... [続きを読む]
  • 神保町いちのいちにて販売予定の作品ご紹介
  • 午前0時を回り、31日になりましたので日付では明日になりましたが、8月1日より31日まで、神保町の「神保町いちのいち」(公式サイトはこちら)にて、時計荘作品の展示販売が開始となります。「いちのいち」は神保町の三省堂書店の1階にあり、「贈る」「彩る」「愉しむ」「手寄る」の4つのテーマに沿った、こだわりの品々が並ぶすてきなお店です。こうした楽しいお店に自分の作品が並べられ、たくさんの方々... [続きを読む]
  • 海福雑貨分室にて時計荘作品のお取り扱いが始まりました
  • 先日よりTwitterにてお知らせしておりますが、明日より相模原・東林間の「海福雑貨分室」にて時計荘作品のお取り扱いが開始されます。海福雑貨の二階にある分室のみでお取り扱いで、営業は金・土・日のみです。(来週は海外にて買い付けのためお休みだそうです。詳しい営業スケジュールはこちらをご覧ください)相模原の小田急線・東林間駅もしくはJR横浜線・相模原駅より徒歩約15分(道順については... [続きを読む]
  • 下北沢・piikaさんへ
  • 先日はヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの時計荘作品販売にお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。おかげさまで前回の倍以上の点数を納品したにも関わらず、ほとんどの作品が旅立ってゆきました。残る4点はガラス管オーナメントのみ(こちらです)となっておりますが、材料の高騰につき、値上げは致しませんが当方のストックが無くなり次第廃盤予定(おそらく、半年〜一年後くらいかと思われま... [続きを読む]
  • VVオンラインストアにて販売予定のガラス管オーナメント10点ご紹介
  • 昨夜に引き続き、本日もヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて明日10時ごろより発売になる作品のご紹介をさせていただきます本日は鉱物ジオラマ瓶10点と、鉱物ガラス管オーナメントについてです。まずは、鉱物ガラス管オーナメントについて…鉱物は天然のものですので一つずつ、色合いや質感が異なります。また、一点につき最低... [続きを読む]
  • 過去の記事 …