kzunoguchi さん プロフィール

  •  
kzunoguchiさん: コモディティトレーダーの投資ノウハウ公開してます!
ハンドル名kzunoguchi さん
ブログタイトルコモディティトレーダーの投資ノウハウ公開してます!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kzunoguchi
サイト紹介文海外のコモディティトレードを中心に、ローリスク/ミドルリターンを目指し、研究レポートを書いてます。
自由文海外Metal・Oil・Soft専門のコモディティトレーダーです。 趣味は園芸と沖釣りですが、漢方にも詳しく医食同源に拘ってます…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11397回 / 365日(平均218.6回/週) - 参加 2013/05/20 09:42

kzunoguchi さんのブログ記事

  • 2017年夏の海外女子旅 人気のホテルランキングを発表[FISCO]
  • 2017年夏の海外女子旅 人気のホテルランキングを発表[FISCO]・旅行予約サービス「楽天トラベル」は、2017年7月15日(土)〜8月31日(木)の女性複数名による海外宿泊の予約人泊数(=予約人数×泊数)をもとに、「2017年 夏の海外女子旅 人気のホテルランキング」を発表しました。・対象期間中の女性複数名による海外宿泊は前年同期比+49.4%(約1.5倍)と大きく伸びており、目的地別では、韓国が前年同期比+81.1%(約1.8倍)と [続きを読む]
  • NYの視点:米インフレへの判断分かれる[FISCO]
  • NYの視点:米インフレへの判断分かれる[FISCO]・ブラード・セントルイス連銀総裁は、米ウォールストリートジャーナルとのインタビューで更なる利上げは必要ないが、FRBが保有している4.5兆ドル規模の資産ポートフォリオの縮小を速やかに開始すべきだとの考えを示した。・同総裁は2017年の投票権を持たない。・また、FOMCメンバーの金利軌道の予測は「不必要に積極的」との見解を示した。・2年半あまりで、FF金利誘導目標が3%に達 [続きを読む]
  • 米国ミシガン州フリント市内国際空港で襲撃事件 警官が負傷[FISCO]
  • 米国ミシガン州フリント市内国際空港で襲撃事件 警官が負傷[FISCO]・米国で6月21日午前(現地時間)、ミシガン州のビショップ国際空港で、警察官1人が刺される事件が発生した。・容疑者は既に拘束されている。 ・外務省によると、容疑者は犯行時に「アラーは偉大なり」と叫びながら警察官を何度も刺していたとされ、テロの可能性もあるとして関係当局が捜査中。 ・過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)がイスラム教 [続きを読む]
  • 【経済と日本株】民進・逢坂氏:公文書管理の抜本的な法改正が必要[FISCO]
  • 政治から読み解く【経済と日本株】民進・逢坂氏:公文書管理の抜本的な法改正が必要[FISCO]・民進・逢坂氏は「加計、森友、PKO日報、いずれも公文書管理が滅茶苦茶だ。・菅長官は行政文書の管理に関するガイドラインを見直すと述べたが、これは期待できない。・一年未満文書を廃棄しないこと、組織共用性を見直すことなど、抜本的な法改正が必要。・そうしなければ抜け穴だらけで、公文書管理の質は上がらない。」とツイート(6/22 [続きを読む]
  • 【中国の視点】英国の貧富格差は拡大、EU離脱後は一段深刻も[FISCO]
  • 【中国の視点】英国の貧富格差は拡大、EU離脱後は一段深刻も[FISCO]・英国のシンクタンクであるレソリューション・ファンデーション(RF)は最新リポートで、英国の貧富格差が過去10年で拡大し続けていたと指摘した。・1%の富裕層(約48万人)が英国の14%資産を握っているとは対照的に、・15%の英国人(約730万人)は金融資産を持たないあるいは債務の返済に奔走しているというデータは示された。・ただ、英国政府は、英国の収 [続きを読む]
  • 英格下げ懸念浮上、長期金利上昇で株安の可能性[FISCO]
  • 英格下げ懸念浮上、長期金利上昇で株安の可能性[FISCO]・20日の欧米市場では主要通貨に対するポンド売りが活発となった。・有力格付け会社S&Pの格付け責任者が「英国の長期債務格付けを欧州連合(EU)からの離脱交渉が終了する前に変更する(引き下げる)可能性もある」との見解を伝えたことがポンド売り材料となった。・S&Pによる英国の外貨建て長期債務格付けは昨年6月27日に「AAA」から2段階引き下げられており「AA」となって [続きを読む]
  • 不認可大学サギに注意!中国に381校のニセ大学[FISCO]
  • 不認可大学サギに注意!中国に381校のニセ大学[FISCO]・毎年6月7日と8日は、大学入学を目指すすべての中国人受験生にとってまさに決戦の時。・全国大学統一入試(通称「高考」)が行われ、あらゆる大学のあらゆる学科の合否が、この試験の結果一つで判定されるからだ。・だが、毎年この時期、受験生やその親を悩ませるもう一つの問題が発生する。・「ニセ大学」問題だ。 ・6月12日、中国メディアが「上大学网(大学入学ネット)」 [続きを読む]
  • 中国臓器濫用問題の調査第一人者「日本は早急な法整備を」[FISCO]
  • 中国臓器濫用問題の調査第一人者「日本は早急な法整備を」[FISCO]・神奈川県逗子市で6月14日、中国の臓器濫用問題を題材にした受賞ドキュメンタリー映画の上映会が行われた。・来日した同問題の調査の第一人者である人権弁護士デービッド・マタス氏は、最新調査の内容を踏まえて解説した。・マタス氏は、日本が移植技術を中国人医師に指導したことや、移植用製薬が日本が輸出していることなどを挙げ、大量殺人が背景にあるとされる [続きを読む]
  • NYの視点:市場、FRBの利上げ政策に依然懐疑的[FISCO]
  • NYの視点:市場、FRBの利上げ政策に依然懐疑的[FISCO]・市場関係者は依然、連邦公開市場委員会(FOMC)による年内の追加利上げに懐疑的見方を維持している。・金利先物市場での12月までの利上げ確率は40%前後と引き続き50%を割り込んだまま。・債券ストラティジストは、米金融当局がインフレが低下するなか、利上げという間違いを犯しているかどうかを検証している。・米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は先週13−14日 [続きを読む]
  • パナマと台湾国交断絶、中国当局が背後で金銭誘惑[FISCO]
  • パナマと台湾国交断絶、中国当局が背後で金銭誘惑[FISCO]・中米のパナマは13日に、中国本土と国交を樹立し、100年以上に渡り外交関係を築いてきた台湾との断交を発表した。・台湾政府も同日、「怒りと遺憾の意」を表明し、パナマとの国交を断つことを明らかにした。・中国当局が、中国共産党に強硬的な姿勢を示す台湾蔡英文政権を国際的に孤立させるために、台湾と外交関係を持つ国に対して、投資・貿易利益で働きかけたとみられる [続きを読む]