aochan さん プロフィール

  •  
aochanさん: キス好きの投げキッス! 
ハンドル名aochan さん
ブログタイトルキス好きの投げキッス! 
ブログURLhttp://aochan202.blog.fc2.com/
サイト紹介文主に島根県東部(境水道、島根半島から大田方面まで)のキスの投げ釣りに特化した釣行記です。
自由文3年前、転勤生活から実家に戻り本格的に鱚の投げ釣りを始め、今年で4年目です。主に島根半島メインで境水道から大田方面まで投げ歩いています。ちなみに昨年は41回の釣行で1,385匹(33.8匹/回)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/05/20 11:51

aochan さんのブログ記事

  • 良型シロギス連発!釣り日和の金沢八景
  • 『フィッシング倶楽部』は、テレビ埼玉製作(がまかつ提供)の釣り番組…。山陰地方では「山陰中央テレビ」で放送。次回は「良型シロギス連発!釣り日和の金沢八景」となります。で、放送日時は…本日(火)の深夜、26:05〜26:35です。その他の地域の放送日については、「放送局リスト」をチェックのこと。また、どこの放送局も映らないという地域の人でも、「BS12 TwellV」で、毎週土曜日に同じ内容を放送しますので…BS [続きを読む]
  • 島根半島で キス釣り。(3/26 美保関、恵曇)
  • 日曜日、良い天気だったのでキス釣りに出掛けました。ただ、当日の水道内は、潮位差が大きく、とても太刀打ち出来ない潮流なので…美保関の外洋方面へ向かい、7:00、「風ヶ浦」到着。腰も大分良くなったので、岩場から投げてみると、緩い東流でニゴリもなく…直ぐに、16cmほどのキスが釣れ、良いスタートだったのですが、後が続かず…30分ほどで、早々に見切りを付け、撤退です。今度は、少し西に戻り「長浜」まで移動。水道に近 [続きを読む]
  • 侍ジャパン敗れ、キス釣り。(3/23 境水道)
  • WBC決勝戦を観るため、土曜日の予定と入れ替えたのですが、準決勝で敗退…と言うことで、時間が空いたのでキス釣りに出撃です。6:30、「境水道」に到着。平日なので、ガラガラと思いきや、結構な人手。当日は、小潮→小潮→小潮→長潮と続いた後の「若潮」なので、暫く潮の入れ替わりが無く、潮が淀んで釣れないパターンでした。取敢えず、投げてみると…流れも全く無く、釣れる感じではありませんでしたが、1投目からアタリ [続きを読む]
  • 単発ながら、激震アリ。(3/20 境水道)
  • 連休最終日(春分の日)。彼岸の来客も一段落したので、キス釣りに出撃です。家を出ると何も見えず、前夜の酒が残っているかと錯覚?したのですが、濃霧でした…視程は50mほどで、境水道までの道中、ずーっと、リアル五里霧中でした。6:00、「境水道」へ到着。珍しく人気の「橋下の橋脚」が空いていたので、早速、釣座を構えることに…霧で何も見えませんが、前方に投げ込むと、潮の流れが無く不安になりましたが、直ぐにアタリが [続きを読む]
  • 激震、連発?(3/19 境水道)
  • 連休初日(土曜)は、腰痛にてベットから起きれず、部屋で来週の作業の前倒し…で、連休の中日(日曜)は何とか動けたので、キス釣りに出掛けました。ただ、午後から来客があり、夜は飲み会があるので、11時がタイムリミットです。当日は「小潮」で、緩やかな上げ下げなので「男鹿のハズレ」で型狙いでも…と思ったのですが、腰の負担が大きいので回避し、足場の良い「日向浦」をチョイス。で、6:00に到着しますが、狙いの場所には [続きを読む]
  • キス釣り大解剖…なのだ。
  • 本日、『投げ釣りパラダイス2017春夏号』が届いた。競技のキス釣りから限界領域のビッグゲームまで、あらゆる投げ釣りのシーンを網羅する唯一無二の専門誌…ビギナーから中〜上級クラスのキャスターまで…投げ釣りファンが必要とする情報の発信源となる1冊…と、予告通りの内容?特集は『キス釣り大解剖』と題して、6人の名手達の勝負エサと仕掛けを紹介。その他、吉野川のキス、宮津湾のキス、北九州のキスの釣行レポートもある [続きを読む]
  • 一寒六温…。
  • 今日は最高気温8℃で、北風が強く氷雨も降り、寒い一日となりましたが…明日から「晴れマーク」が続き、週末の3連休も穏やかな天気とのこと。一方、海の中は寒さ知らずのようで?相変わらず…境水道方面では、キスが好調に釣れ続けています。右は、衛星観測による山陰沖の表面水温で、今年の3月5日のものですが…左上の、キスが1匹も釣れなかった3年前の3月の、同じ日と比べてみると…2℃も高いことが分ります。また、「美 [続きを読む]
  • 晴のちワカメ、時々キス。(3/12 美保関、境水道)
  • 良い天気なので、前日の残りのエサを持ってキス釣りに出掛けてみました。ただ、腰を動かす度に激痛が走るので、ワカメ採りの序でにキス釣り…って感じです。8:00前に、美保関の「長浜」へ到着。20分ほどワカメ採りをした後、投げてみると…大潮なので、河口からココまで離れても、仕掛けが東へ流されます。ただ、ワンド部の流れが少し緩いポイントで仕掛けが止まると、アタリがあり…思い掛けなく、1投目からキスが掛かります。 [続きを読む]
  • 「境水道」の大潮に挑む。(3/11 境水道)
  • 前日までの強風が治まり、良い天気になったのでキス釣りに出撃しました。当日は「大潮」なので、外洋へ向かいたいところだったのですが…前回の釣行時に、腰を痛めてしまい岩場はNG。そこで、敢えて「水道内」にて…潮位の変化と釣果の関係を、定点観測してみました。…7:40、「日向浦」到着。時間的には干潮のハズですが、激流なので1時間ほど時間潰してからスタート。暫くして、つれたかさんが来られたので、暫し情報交換し [続きを読む]
  • 唯一無二の「投げ釣り専門誌」…創刊。
  • 月刊『つり人』を刊行している「つり人社」より…国内唯一の?投げ釣り専門誌『投げ釣りPARADISE』が創刊されます。創刊号「2017 春夏号(仮称)」は、2017年3月15日発売で…形態はムック(別冊)となります。価格は1,620円で…「Amazon」でも、予約受付中ですので参考まで。ブログランキングに参加しています。 ポチット…よろしく。 [続きを読む]
  • キスは 潮下の回り者…(3/5 境水道、美保関)
  • 3/5は、二十四節気の啓蟄(けいちつ)。大地は温まり、冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃。それに反し、海中は雪解けにより水温も低下し、シロギスの捕食行動も鈍るハズなのですが、今年の「境水道」のキスは、まだまだ元気な様子なので…前日に続き、キス釣り連投です。当日は「小潮」で、前日と然程変わらない潮回りなので、日の出前から時合と読み、暗いうちに「日向浦」に着いたのですが、狙っていたポイントには既に先客あ [続きを読む]
  • キスは外道…?(3/4 境水道、美保関)
  • キスに飽きてきたのか…?前回、釣りの合間に採ったワカメを味噌汁、ナムルにしたところ大好評。で、キスよりワカメをよろしく…と言うことで、ワカメ採りの序でに?キス釣りに出撃…取り敢えず「美保関」の外洋方面を目指します。と、その前に…水道に寄り道。タイドグラフをみると、9:30頃までは流れが緩そうなので、2時間ほどキス釣りをして時間を潰してから?ワカメ採りへ…様子見で、フロートシンカー20号を投げてみると… [続きを読む]
  • キスは 自分の足で釣れ…。
  • 先週の日曜日(2/26)…「境水道」から「美保関」方面にかけての、投げ師の多さに驚いた。この時期、ルアーマンなら兎も角、キス狙いの釣人を見掛けることは、ほとんど無く…ほぼ顔見知り?だけで、マニアックな釣りを楽しむ程度だったのだが…どこかで大会があったかと疑うほどで、むしろシーズン中より多いくらいだった。確かに…当日は釣り日和だったのだが、それ以外にも地元紙の釣り情報が、少なからずとも影響したようだ。 [続きを読む]
  • 短い時合に 賭けたものの…(2/26 美保関、境水道)
  • 良い天気だったので、前日の残りのエサを持って、キス釣りに出掛けました。午後には帰らなければいけなかったので、エサを補給せずに水道方面へ直行。ただ、当日も大潮なので、潮止まりまで「美保関」へ…6:50、「旧料金所」到着。前日は、アタリすら無かったのですが、“ゴン”とアタリ。フグかと思いきや、カレイが連続で掛かります…が、あくまでも外道…本命のキスを求め、東へ移動しつつ投げ歩きます。すると、良いアタリが [続きを読む]
  • 5分だけ 爆釣?(2/25 美保関、境水道)
  • 絶好の釣り日和の予報だったのですが、朝起きてみると雨が降っています…まあ、ただの通り雨だと思い、キス釣りに出撃。大潮なので、水道をスルーし、美保関の「旧料金所」へ8:00に到着。予想に反し、依然として雨がポツリポツリと降り続く中、投げ続けてみますが、全くアタリがありません。そこで、思ったより水温が高いので、比較的、水深のない「加鼻」へ移動。すると、1投目で…当日の初アタリ。慎重に、2本目の針を飲ませ [続きを読む]
  • キスに寄生虫?
  • 先日、釣れたキスを捌いていたら、背中に黒い物体が寄生しているのに気付いた。確かに、釣行時の写真を見返してみると、黒い物体が背ビレ付近に付着しているのが確認出来たのだが…その時は、海藻と認識。で、この寄生虫なのだが…見た目から“ヒルの一種”かと思い、簡単に捕れると思いきや、体長の半分までキスの体内に寄生していた。そこで、色々と調べてみたところ、これぞという寄生虫が見当たらず、結局、正体は不明のまま… [続きを読む]
  • 冬の海、ヒネギスのたりのたり…かな?(2/19 美保関、境水道)
  • 当日は、風も弱く晴の予報…この時期、週末に良い天気に恵まれるとは限らないので、キス釣り連投です。前日、お刺身サイズをそこそこキープ出来たので、大物狙いで「美保関」の外洋方面へ向かいました。7:00、「旧料金所」到着。風は弱いのですが、ウネリがあり、波飛沫が足元まで押し寄せて危険な感じ…早速、前回に釣れたポイントを攻めてみますが、アタリがありません。そこで、数メートル…移動すると、20cmオーバーが2匹掛 [続きを読む]
  • 雪氷とけて雨水に キス釣り…。(2/18 境水道)
  • 当日は「雨水(うすい)」。空から降るものが雪から雨に変わり、氷や雪が溶け始める頃とされるのですが…正にその通りの1日で、未明から雨です。雨雲レーダーを確認すると、止みそうなのでキス釣りに出撃。ただ、前回の大雪釣行で濡れたサーマルブーツが、まだ乾いておらず、岩場のポイントには行けないので…足場の良い、「日向浦」へ7:30前に到着。当日は「小潮」で、潮流予測では緩い上潮のハズ…でしたが、緩い下潮です。早 [続きを読む]
  • 冬ギスは 一期一会…。
  • この冬、最大の寒波が過ぎ去り、街並みも普段の冬の様相に戻りつつある。平野部の雪も溶け始め、冷たい雪解け水が、河川から海へと流れ込んで行くのだが…かと言って、一気に海水温が低下するワケでは無く、まだ暫くはキスは狙える。逆に、キス以外の魚達の捕食活動が鈍るので釣り易く、また、エサとなる生物の活動も少なく飢餓状態なのか、エサを呑み込んでくれる。先日、2本バリを全て飲み込んだ写真をアップしたところ、これを [続きを読む]
  • 雪中ギス…。(2/12 美保関)
  • メディアが「不要不急な外出は控えて下さい」と連呼していたのですが… 雪も、島根半島の平野部は鳥取県ほど多く無く、晴れ間も出てきたので、我慢出来ずにキス釣りに出掛けました。10:30、境水道へ到着。道中は除雪がしてあり、思いの外、スムースにたどり着けたのですが、路肩には除雪した雪の壁があり、車を止める場所がありません…何とか車を停めて、水道の様子を見にいきますが、下げ潮が速く水温も低いので、外洋を目指し [続きを読む]
  • 2月とは 思えない釣果。(2/8 美保関、境水道)
  • 当日は、良い天気で暇。また、今週末は大雪の予報で、釣行は無理そうなので、久しぶりに平日出撃です。8:00、「男鹿」に到着。平日は、工事をしているようで鬱陶しいので、護岸壁の端の方から投げてみると…干潮から1時間半経っているのですが、まだ結構な下げ潮で、東へ流されます。が、1投目から良いアタリがあり、連掛けはないものの、8匹連続で釣れます。これなら、20匹ほどキープし、サッサと帰れそう…と、皮算用するも [続きを読む]
  • 3匹寄れば 姦しい?
  • 我が家の猫が、3匹体制になって3ヶ月が過ぎた。大(トラ、♂)、中(オセロ、♂)、小(ナナ、♀)のデコボコトリオなのだが…2匹だけの時は、一日中寝てばかりだったのが、1匹増えて暴れるようになった。まあ、家の中は散らかって大変だが、メタボ気味の上の2匹には、良い運動です。斯く言う小生も、運動不足…で、明日は暇になったので、天気が良ければ、釣り竿片手にクーラーを担いで、キスを求め歩き回るつもりです。ブロ [続きを読む]
  • 体調不良、キスも不漁…。(2/4 美保関)
  • 当日は立春…。春という字に誤魔化されがちですが、そもそも立春の前日は節分で、大寒(冬)の終わりの日。つまり、立春とは「寒さが底を打った日」になるワケで、潮汐で言えば、下げ止まりにあたり、まだまだ寒さが続くハズなのですが…一気に、春が来たかのような暖かい1日となりました。で、絶好の釣り日和だったのですが、生憎の体調不良。しかしながら、日曜日が確実に雨の予報だったので、強行出撃しました。7:30前、美保 [続きを読む]
  • ピンギスにポン酢…。
  • この時期のキスは、脂が乗っていて美味しい。ただ、水温低下とともにエサも少なくなり、秋口に蓄えた体内脂肪を消費しつつあるが、それでも美味しい。なので、なるべく刺身で食するようにしている。針を飲み込み、仕方なくキープしたピンギスも…刺身にしたら美味しい…と、「つれたか」さんに教えてもらい、手間がかかるが刺身で食している。これで、ピンギスも猫のエサから肴へと変身。で、そのキスの刺身だが…この時期は、ワサ [続きを読む]
  • 雪溶けて キス深みに落ちる也…(1/29 美保関)
  • 当日は、午後から雨の予報でしたが、風が無かったので、約2週間ぶりにキス釣りに出掛けました。水道内は、雪解け水が流れ込み、急激な水温低下が懸念されたのと、午前中は速い下潮なので、「美保関」の外洋方面へ向かいました。大混雑している「美保関港」をスルーして、8:00前に「旧料金所」へ到着。久し振りなので、上から刺網の位置を確認しますが、特に変化が無いので、これまでの経験が生かせそうな感じ…で、投げてみると [続きを読む]