mebiusu さん プロフィール

  •  
mebiusuさん: 預言者mebiusuの独り言
ハンドル名mebiusu さん
ブログタイトル預言者mebiusuの独り言
ブログURLhttps://ameblo.jp/farisulove/
サイト紹介文預言者mebiusuの独り言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/05/21 21:32

mebiusu さんのブログ記事

  • 真のお母様の「主管性転倒」は、いつから始まったのか?
  • 金振春氏の講義を見ました。とてもよく整理されていて、とても解りやすいと思います。 ・真のお母様の「主管性転倒」は、いつから始まったのか。 ・真のお母様は、いつから真のお父様と一つにならなかったのか。 というテーマに対し、 という内容を挙げ、その頃から(2005年ごろ)、お母様の「主管性転倒」が始まったと説明されています。 ・ 1999年10月15日 <お父様一人で歩んで来た>この膨大な内容を先生が全部合わせて [続きを読む]
  • 「FPA」は、神様が準備された「新しい救命ボート」
  • 『皆さんが統一教会の "船" の一部であるなら、 "船" が沈む時に一緒に沈むでしょう。(◇セウォル号の "高校生の事" を思い起こしてください! ///」) しかし、今、「FPAの船」があります。私に関する限り、二つのアイデンティティはありません。「FPAメンバー」であれば、祝福中心家庭である事を意味し、「FPAメンバー」でないなら、そうではないという事です。』 『「FPA(家庭平和協会)」は、世界平和統一家庭連合が本来あるべ [続きを読む]
  • 「独生女」の方程式
  • 「原理講論」の「第七章 キリスト論」の「第一節 創造目的を完成した人間の価値」の「(一) 生命の木復帰から見た完成したアダムとイエス」に、 「堕落した人間は、彼自身の力では、到底、生命の木に復帰することができないので、ここに必ず、創造理想を完成した一人の男性が、生命の木として来られて、万民が彼に接ぎ木されなければならなくなっている。このような男性として来られる方が、すなわち黙示録二二章14節に、生命の木 [続きを読む]
  • 「再臨主の息子」が「再臨主」として迎えられる日も近い!!
  • 「再臨主の息子」が「再臨主」として迎えられる日も近い!! 「顕進様」は願わないかも知れませんが、「顕進様」の語る理念に触れた世界の人々は、理念の崇高さに心打たれます。 「顕進様」は、「再臨主」である御父様の偉大な理念を証されますが、多くの人々は、その「再臨主の息子」に神様の栄光を見ます。 「再臨主」である御父様が他界されている今においては、地上の人々は、「再臨主の息子」である「顕進様」に触れて、「顕 [続きを読む]
  • 「お母様」と「独生女」と「孤独女」
  • 「お母様」の心の中に「御父様」はいらっしゃるのだろうか。 「お母様」が、「独生女」を希望されるなら、それもいいのではないでしょうか。 「お母様」は、「孤独」なのです。 「御父様」が「お母様」を訪ねてきても、 「お母様」は「御父様」を迎え入れることは難しいのではないでしょうか。 「御父様」の耳障りな「御言葉」はもう聞きたくない。 今度は、地上に残された「真の父母」である「お母様」が「御言葉」を語る番です。 [続きを読む]
  • 御父様とお母様の「親子DNA鑑定」をすべき!!
  • お母様が「独生女」かどうかは、御父様とお母様の「親子DNA鑑定」をすればわかると思います。 『任命すれば、文鮮明と何の関係がありますか? 真の父母の息子、娘として、血統が変わりました。先生の血液型が何型か、知っていますか? お母様は何型ですか?(真のお母様「(真のお父様と)同じです。」)お母様は何型ですか? (真のお母様「同じですよ。」)ああ、ですから、「何型なのか?」と聞いているのです。同じ型ですか [続きを読む]
  • 「亨進様」の「御言葉選集」の削除に対しての「容認」疑惑!!
  • 「真の家庭の分裂が*1極限に達していた2012年4月頃、韓鶴子は創始者の補佐官・金孝律と一緒に成和社を訪問し、「今後、『み言葉選集』で公式のみ言葉以外に、創始者の私的なみ言葉を削除し、2012年1月に出版された22巻を全て回収して、特定の人に関連する言及と不必要なみ言葉を削除せよ」と指示したと言う。」 2012年4月といえば、「亨進様」は、韓国に世界会長として滞在していたのではないでしょうか。 2008年4月18日、 「世界 [続きを読む]
  • 「神の弟」と「昼の神」が「サタン」と共に取った「お父様御聖和」の手順
  • ブログ「統一教会の経典の秘密」のタイトル「2012年4月当時でも、み言葉選集に手を付けた韓鶴子の意図」に、 「真の家庭の分裂が*1極限に達していた2012年4月頃、韓鶴子は創始者の補佐官・金孝律と一緒に成和社を訪問し、「今後、『み言葉選集』で公式のみ言葉以外に、創始者の私的なみ言葉を削除し、2012年1月に出版された22巻を全て回収して、特定の人に関連する言及と不必要なみ言葉を削除せよ」と指示したと言う。」 と書かれ [続きを読む]
  • ”三日儀式のルーツ”
  • 血わけを行っていた女教祖(丁得恩)の「ヨンチェ」という性的儀式は、祝福家庭が家庭を持つときに行われる「三日儀式」のルーツと思われます。 「堕落論」の大きな骨子を御父様がお生まれになる23年前に、「洪順愛大母様」が第一弟子であった「金聖道」(聖主教団の教祖)が啓示で、解明していたように、(「洪順愛大母様」の証、「侍義と精誠の生涯」) 「ヨンチェとは、エデンの園でエバとへびの関係から人類が受け継いだ汚れ [続きを読む]
  • 「サタン」は「お母様」と共に、「御父様」に挑んだ!!
  • 御父様は、「7年路程を勝利されたお母様」に「金孝律氏」という2.3歳年下の「ボーイフレンド」を与えたのではなかったのか。 御父様には、「自信」があったのかも知れません。 御父様がされた多くの女性との「復帰(血わけ)」によって「絶対的自信」があったのではないでしょうか。 それは、「男」としての心理であって、 女性である「お母様」の心理は、御父様が思っていた「異性に対する分別された心情」とは全く違うという [続きを読む]
  • 「お母様」の天使長復帰の失敗
  • 『金孝律(ピーター・キム)氏は、一九六五年に統一教会に入教、その後二年半、開拓伝道師と教会長を務め、一九六八年にはソウルの韓国文化部で雑誌の編集に携わった。文夫人から当時小学一年生の長男孝進氏の世話を依頼されたのは、一九七〇年三月のことだった。それ以来今日に至るまで、金氏は文師の家庭と生活を共にしてきた。』(久保木修己監修「文鮮明師とダンベリーの真実」(1989年 光言社刊)) お母様は、金孝律氏に出会 [続きを読む]
  • 第一のお母様の失敗の「重すぎた蕩減」と「お母様」の天使長復帰の失敗
  • 『三十年目に女性解放を宣布したのです。それゆえに、先生一人でも真の御父母様の代身であり、お母様が一人でも真の御父母様の代身です。「レバレンド・ムーンが古稀を過ぎて七十を超えたのだから、後継者が出てくるのではないか」という、そのような言葉は片づけてしまうのです。レバレンド・ムーンの夫人は四十七歳にしかなっていません!ですから今、先生が第一教主、それからお母様が第二教主だというのです。』(1990年3月27 [続きを読む]
  • イエスは私生児か? 「お母様」は、私生児か?
  • 「女メシア」としてお生まれになられた「お母様」は、 イエス様と生まれた経緯がよく似ています。 『イエスは私生児か?・・・生前のイエスがユダヤ人からどう見られていたかについて、次に記そう。当時のユダヤ人には姓がなかった。通常は自分の名の次にベン(ヘブル語)もしくはバル(アラム語)をつけ、次に父の名を置いた。正確ではないが、イエスがヨセフの子なら、イエス・ベン・ヨセフという言い方をする。この点、ロシヤ人 [続きを読む]
  • 17歳までのお母様の「姓」は「韓」だったのだろうか? 1
  • 『外祖母(趙元模)は、絶えず私に「お前のお父さんは、天のお父様だ」と言われました。その記憶しか思い出しません。「天のお父様がお前のお父さんだ」と言われていました。 それで、父親と言えば、肉身の父のことを思わず、いつも天のお父様のことを思ったので、神様を思うと常に心温まる感じをもったのであり、外的に見れば人々がすぐには理解し難い環境で育ちましたが、特別な不平不満はありませんでした。いつも何かが私を包 [続きを読む]
  • 天使長ルーシェルの魔法
  • 多くのシックは、サタン(天使長ルーシェル)に魔法をかけられています。「天使長ルーシェルの魔法」は、とても特殊です。 神山先生講演文(9)に、 血統そして三代王権について 最後に、血統そして三代王権について話してみたいと思います。皆さん、考えてみて下さい。日本国は神武天皇から平成天皇まで125代。何故この体制が今まで残ってきたのか、あることを私達に教えるために神様が守ったのではないかと私は考えておりま [続きを読む]
  • 初めて見た「顕進様の夢」の中で確認したこと!
  • 昨日、あるシックと夜、2時間近く話をしました。その方は、「顕進様」を擁護される方ですが、もちろん、私と見解の違いが多くありました。 というか、私が一般の、「顕進様」を擁護される方とだいぶ違う見解、主張をしているわけですが、とても有意義な時間を過ごすことができました。 基本的に、私のブログの記事の内容は、「顕進様」に「祝福家庭」をつなげていく上で、あまりよろしくないということですが、ごもっともな話です [続きを読む]
  • 御父様とお母様は、離婚されている!
  • 「真の御父母様」の「離婚」に至る経緯を考察しいたいと思います。 ■ 「離婚するぞ」 1.2015年3月15日 文亨進様説教「王は永遠に君臨する」 『天使長は、必死になって、お母様をなんとかしたく、あなたは原罪なく生まれたのです、お父様はあるのですと語っていました。ある日、御父母様が、暖炉のまえで、座っておられて、話されておられました。お母様はお父様に、「あなたも、原罪を持って生まれてきたのでしょう」と言われ [続きを読む]
  • 御父様の御聖和編 「お母様」から「御父様」のご生前の思い出を聞けたなら....
  • 御父様の御聖和以降、 お母様が、御父様のご生前のときの思い出話を聞いたことがありません。 お母様が、語られたけれども、私が知らないだけかも知りません。 もし、語られているとしたら、ぜひ、知りたいと思います。 「亨進様の説教」(10/25/2015)で、 『お父様の聖和の直後でした。天正宮の最上階のお母様の部屋での会話を忘れることができません。会話の中で私はこう言いました。 「お母様は勝利された真の母であり [続きを読む]
  • 八方美人の御父様・御言葉の時系列では、「亨進様」に分があるようですね。
  • 御父様の御言葉を時系列で追いかけると、面白いことが解ってきます。 ・お母様に対し、 『それゆえに、先生一人でも真の御父母様の代身であり、お母様が一人でも真の御父母様の代身です。「レバレンド・ムーンが古稀を過ぎて七十を超えたのだから、後継者が出てくるのではないか」という、そのような言葉は片づけてしまうのです。レバレンド・ムーンの夫人は四十七歳にしかなっていません!ですから今、先生が第一教主、それからお [続きを読む]