mao さん プロフィール

  •  
maoさん: mao
ハンドル名mao さん
ブログタイトルmao
ブログURLhttp://momoworks.blog.fc2.com/
サイト紹介文手染め帆布と革を使ったオリジナルかばん制作のこと。 東京のはじ、築50年の古い平屋での日々のこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/05/22 22:46

mao さんのブログ記事

  • 楽器かばん
  • ご依頼頂いた楽器用かばんが出来ました。・size 縦25.5cm×横55cm×マチ14.5cm・帆布(柿渋染め、よもぎ染め)、ヌメ革、真鍮クラリネットとシンセサイザーを入れる鞄です。サイズもそれに合わせているので横長い鞄。雨の日用に巾着も付けました。柿渋染めと、よもぎ染め、どちらも鉄媒染の渋い色が、とてもいい感じに合ったと思っています。サイドは柿渋そのままの明るい茶色です。四角い形でかっちりと。裏は見えませんがバ [続きを読む]
  • ニゲラ
  • 庭の記録 追記ニゲラがたくさん咲いている。3年位前に蒔いた種のこぼれ種が毎年出てきます。ふわふわして幻想的な花で青と白がある、と思っていたら、今年はかけ合わさって、白交じりの青や青交じりの白もある。様々な天気の日の空を映したような色花びらも一重と八重があって、不思議こちらも変わった色の、セリンセマヨールという花青から紫のグラデーションがきれいです。東小金井のタカハシプランツで買った苗、こぼれ種でも [続きを読む]
  • 朝の庭
  • リビングの窓から、ばらがたくさん見える・・何年ぶりの景色だろう。おととしと去年、赤子がいたり展示があったりでちゃんと世話できなかったら、やっぱり花も咲かなくて、ほんとに淋しい5月でしたが。今年はニームオイル撒いたり、虫を見つけたら取ったり、ずいぶん前に仕込んだ自家製肥料もやって、今までにないくらいの蕾ができている!植物を育てるのは日々の積み重ねで、頑張っても次の日には何の変化もなく見える。でも続け [続きを読む]
  • 切り絵Tシャツ
  • 専用のシートをカッターで切って、アイロンでTシャツに転写するとこのようになる。ピンクとシルバーの2色うしろなかなかおもしろいです。この日は2人そろって保育園に着ていきました。家にあるレッサーパンダのぬいぐるみ、名前はパンパン。長女が1歳の時フリマで買うことになったもので、ずーっとお気に入り、次女も早い段階で「パンパン!」と言って連れまわしている。そんなパンパンがひっそりTシャツにいますけれども、2人 [続きを読む]
  • よもぎ染め
  • 近くの野川のよもぎを摘んで、よもぎ染めをしました。今ちょうどぐんぐん伸びて勢いがついてきたところ。今回は小さい寸胴で染液を作り、大きい寸胴にあけてまた小さい寸胴で染液を作って・・を繰り返し、大きな寸胴に布を浸して染める、冷染という方法にしました。染色をしていたお友達のお母様からいただいた、大きな寸胴、帆布など厚手や大きい布も何度も折りたたまずに染めることが出来て、とても効率よくきれいに染まりました [続きを読む]
  • 藍の種蒔き
  • GW中に藍の種を蒔く去年はじめてちゃんと育って種もたくさん採れて、自家採取の種から蒔いてみる。芽は出るのだろうか。秋から軒下に干していた種蒔いたそばから、土を掘り返す人がいますが・・先日今年初の蚊さんとご対面ちょっと早くないですか。家中に蚊取り線香を配備する。平屋の夏、それは虫との共同生活。台所にゲジゲジ、お風呂にゾウリムシ、蚊、コバエ、クモはいたるところにいらっしゃる。去年のビッグゲストといえば、 [続きを読む]
  • なずな染め
  • 1週間と3日ほどで、子供たち復活。大人も酷いことにはならず、落ち着きを取り戻したGWです。特にどこへ行く予定もないのに、うれしい気がするGW。胃腸炎騒動の前、自宅の前にあんまりナズナがいっぱい咲いているので、染めてみる。いっぱい咲いてると、カスミソウのようでふわふわとかわいいのです。バケツいっぱいハートいっぱい染上がり一番下に敷いているのが染める前の帆布の色です。朝に撮影したので青っぽく写っています。鉄 [続きを読む]
  • のわわ・・
  • つい一週間前、桜も咲いてて呑気にお花見なぞしていたあの日々・・平和はさなかにいると気が付かないもので。子供2人がウイルス性胃腸炎でダウン、あっちでゲローこっちでうんちドバーで、地獄絵図のような我が家であります。とはいえ、山は越えたようであと一息か・・! [続きを読む]
  • 保育園
  • 次女、1歳4か月、初めて保育園に行きました。かわいい椅子や張り紙いっぱいの、楽しそうなお部屋に入ってニコニコ。支度と手続きが終わり、ベテラン保育士さんに「さ、あっちであそぼっか!」ひょいっと抱えられ、あれよあれよと奥へ連れていかれる。振り返る顔がわっと泣き顔になり、絶叫になり・・「お願いしまーす」と何でもないように部屋を後にしましたが、内心自分の心もざーざー嵐のように動揺その日はもくもくと夫アトリエ [続きを読む]
  • 星の原
  • 庭が星でいっぱいです。星の形の花、ハナニラが毎年この時期いっぱいに咲きます。夕暮れ前に見たら、白く光って見えて、まさしく星の原でした。他にもいろいろな花がずんずん育っていて、嬉しい季節です。プランターにフダンナとベビーリーフの種まきをしました。この季節はあれもこれもやりたくなってしまうのですが、これからやってくる草との闘い・・だんだん草取りにかける時間の方が長くなってしまい、花や野菜の世話どころじ [続きを読む]
  • 柿渋染め リュック 4
  • 柿渋染のリュック4号が出来ました。今回は革部分を関西ヌメという革でお作りしました。単純につるりとしておらず、ほんの少し風合いがあるようなところを買い付けてきて使いました。革は革になる前は皮、つまり生きていたのだな。それを忘れぬよう、無駄のないように、ありがたく使わせていただきます。内布は麻100%で優しい亜麻色です。ご希望により、背面にファスナーを付けました。なのですが、大失敗!左右逆に付けてしまって [続きを読む]
  • 柿渋染め
  • 穏やかに晴れた日は柿渋染めです。最初だけ浸してうっすら染めて希釈した柿渋を刷毛で塗って、日に当てて、また塗って日に当てて、何度も繰り返すと、ごわっとワイルドな茶色になります。柿からこんな色がいただけるとは なんとも不思議です。この柿渋染め帆布を、只今リュックにしています。これで4作目ですが、毎回微妙に色や質感が変わるので面白い。濃いこげ茶は、鉄媒染したものです。酢酸鉄水溶液で媒染するとこんな色にな [続きを読む]
  • こどもワンピース
  • 娘2人にワンピースを作りました次女が生まれたときに、この子が歩くようになったら二人おそろいのワンピースを作りたいなと思っていました。隙間時間に急いで作ったおかげで、ところどころ気になる部分はありますが。それぞれに似合いそうな色や刺繍を考えて作るのは楽しい。胸のポケットに刺繍、長女は夏生まれでデージー次女は冬生まれですみれ です。背中はチェコの糸ボタン次女の断乳をはじめて5日目本当はもう少し母乳を続け [続きを読む]
  • 春の足音 
  • 日の長さ、花と草の香り、水の光に、春の気配がしてきました。どこも家から歩いてすぐの場所です。よちよち歩く次女と散歩しながら、毎日眺める景色です。この時間がとても愛おしいです。次女の四月からの保育園、入れなかったけれど、悔しいけれども、ちょっとほっとしていたりも・・ですが仕事もせにゃいかんです。別の手段を考えているところです。 [続きを読む]
  • つぎあて
  • 寒い・・平屋の朝の寒さ、一年忘れていましたが、毎年想像よりちょっとだけ寒いです。朝水道管が凍結するので、やかんのお湯をかけに行くところから始まります。とはいえ、昼間の日差しは暖かさを感じるようになって、少しだけほっとします。年中毎日穿いている無印のパジャマのズボン、ついに右ひざに穴が開きました。ウールのつぎあてをして、刺繍糸でステッチしました。あと2年くらいいけそうです。庭の南側、あまりの寒さで、 [続きを読む]
  • フライヤー
  • 去年の秋ごろから、友人のお姉さんのお友達のご依頼で進めていたフライヤーがやっと納品できました。今年一番はじめのお仕事です。オステオパシールームCHUPさん体を整えるオステオパシーという考え方のもと、サロンをされています。お話を伺いながら、こんな雰囲気がいいかなぁとイメージを膨らませて作りました。主催の久里さん、とても素敵なやわらかい雰囲気の女性です。私もいつかお願いしてみたい・・と思っています。そろそ [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 2017年 もう13日経ちました。今年こそは、このブログをたくさん更新しようと思います。と言っておきながら、ほんとかなぁ。がんばろう。今年の年賀状です。庭で遊ぶ子供たち年末にお義兄さんから送っていただいた、香川のいりこ、白みそ、餡餅それをお雑煮に具は大根、里芋、人参、ネギ、かまぼこ です。甘いあんこが白みそにとけて、これは・・おいしい・・!!関東のお吸い物風お雑煮も大好きですが、香川のお雑煮はなんだか乙 [続きを読む]
  • 1歳
  • しばらく夫の方の仕事の手伝いで慌ただしかったり、自分が風邪を引いたりとまだまだ家のことも、子供のことも、仕事も、やるべきこと、やりたいことがあるのですが思うように進めない日々です。私が必死な顔をしていても、子供たちは無邪気で呑気で笑わせてくれるので、これでバランスがとれているのかなとも思います。そんな中、次女は1歳に、私は33歳になりました。次女、振り返らずんずん歩いて5メートルくらい歩きます。そんな [続きを読む]
  • 反物で授乳服
  • 子供たち、相変わらずこっちが治ればこっちが風邪ひきを繰り返しています・・2人だともれなく両方時間差で体調を崩すという、姉妹が多いとこういう大変さがあるのねと実感する日々です。夫個展準備もあり、どたばたでなかなか自分の制作時間が持てませんが夏に作ったものを記録します。毎日授乳するので前ががばっと開く服がいい。おのずとボタンのシャツばかり着ていましたが、他の服も楽しみたい。頂いた着物地を使って作った授 [続きを読む]
  • 肩掛けかばん 茜染め
  • 肩掛けかばんのご依頼をいただきました。・肩掛けかばんsize:縦約22?×横約34?×マチ最大約10?帆布、ヌメ革、真鍮以前試作で作った色の組み合わせ、袋側は茜染め、蓋はさだらの木の染め、紐部分は染なしで帆布のままです。やわらかい女性らしい色合わせです。蓋のひらひらしたところは、実は茜染めの時に使った濃し布です。薄いインド綿ですが、染ムラがある場所をあえて使っています。内側にはご希望により、ポケットに挟む形 [続きを読む]
  • 茜染めとナタ割フレーム
  • 生地を、中性洗剤を少量入れたぬるま湯に浸しておいて、糊や汚れを落とします。茜の根は染料店で細かく切ってあるものを買っています。一晩水につけます。すると水が赤くなります。途中の画像がありませんが、そのまま鍋で煮出します。媒染剤はお湯にミョウバンを溶かしたアルミ媒染と、鉄くぎをお酢に漬けておいた鉄媒染の2種類をしました。染上がり今回は淡い茜色なので、一晩干してからもう一度染めました。そうすると淡い色で [続きを読む]
  • 藍染めのベビーパンツ
  • 娘のお迎えに行こうと表へ出たら、涼しい風の中にふわんと甘い香りが混ざっていました。キンモクセイの香りは、若いころの恥ずかしい記憶を呼び起こしうわーっとなります・・誰にも話しませんが。夏に藍染した生地はベビーパンツになりました。たくさん穿かせています。おっきなおしりに、ふわふわのダブルガーゼの薄い青、たまらなくかわいいと思うのですがどうでしょう。がしかし、おとといから次女熱で元気がありません。はやく [続きを読む]
  • 北海道へ
  • 北海道へ行ってきました。帯広美瑛前半はあいにくのお天気でしたが、後半美瑛からは晴れてすがすがしいお天気でした。帯広で親戚とおばあちゃんにご挨拶をして、美瑛ではお友達の木工作家さんナブの家へ子連れであまりたくさんはできない旅でしたが、北の透き通った空気を吸い込んで、木々、草や星、動物、東京では遠く感じるものも目に焼き付けて帰りました。これから制作に励まなければ。 [続きを読む]
  • 柿渋染めリュック その3
  • ご依頼頂いた柿渋染めリュックが出来上がりました。今回で3つ目です嬉しいです。柿渋染めリュック・size 縦約42? × 幅約30? × マチ約14?  肩ひも62?〜82?に調節できます ・素材 表布帆布に柿渋染、裏布麻100%、ヌメ革、真鍮今回はご希望で、背面にスマートフォンと定期入れを入れるポケットを付けてほしいとのことでした。内側に隠れるポケットを付けました。リュックを背負ったまま、手を後ろへ、リュックを下ろ [続きを読む]