ゆたか さん プロフィール

  •  
ゆたかさん: ゆたかのブログ 2
ハンドル名ゆたか さん
ブログタイトルゆたかのブログ 2
ブログURLhttp://blogyutaka.blog.fc2.com/
サイト紹介文自宅付近でのコンデジ写真です。カメラはキャノンPowerShot G15です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/05/23 09:34

ゆたか さんのブログ記事

  • 湯谷温泉 一泊 一人旅  その3 最終回
  • さて昨日は重要なことを書きませんでした。蛍です。おお、蛍だよ、蛍はどうした?夕食後8時半ごろに蛍狩りにマイクロバスでその場所まで運んでもらいました。けっこう時間がかかって20分ほどでした。「はい、ここです」。「え?ここ」蛍が飛んでるようには見えないのです。降りてからしばらくしてようやく「お、蛍だ」というほどのものでした。そうですね数えるというのは難しいですが、川に沿って50mぐらい川側と道の反対の山 [続きを読む]
  • 湯谷温泉 一泊 一人旅  その2
  • 今日は湯谷温泉での旅気分の2回目です。湯谷温泉駅に着いたのは4時まえ。お風呂に入る前にちょっと散歩。といっても山道を歩けないので近くのつり橋まで。つり橋までの途中の眺め  川の流れです   川は宇連川(うれかわ)という名前です4時過ぎなので明るさがもうひとつでしょうか。つり橋  大きくはないですけどまったく揺れませんでした。怖くなかった。つり橋から下流側の眺め空がきれいに映りこんでいますが。映り込み [続きを読む]
  • 湯谷温泉 一泊 一人旅
  • しばらく更新をしていませんでした。あるいはご心配をおかけしたかもしれませんけど、そうだったらごめんなさい。じつは13日、14日と一泊旅行・一人旅に行ってました。 宿泊地 湯谷温泉(愛知県、飯田線沿線) 宿 湯の風 HAZUどうして湯谷温泉か?  それほど遠くなくて旅疲れがなくてよさそうだったから    結果 相当に疲れた(´・_・`)  天気予報では当日雨は降らないようだったから  結果 予想より [続きを読む]
  • 便り
  • 今日は少々シリアスともいえる暗い内容です。スルーされたほうがいいかもしれません。最近家内が僕を呼んでいるような気がすることが何回かありました。そして今日家内から便りがありました。次のような内容でした。 どうしたの?なぜこっちに来ないの早くおいでよなにぐずぐずしてるの私が待ってるというのにあなたは一人になって淋しいって泣いていたりするけど私も淋しいのよ私も淋しくて泣いているのに知らなかったの [続きを読む]
  • 朗読とギターの饗演
  • 今日2回目の更新です。一つ目の方がまだの方はご覧になってください。その後この記事の方もご覧下さいね。ときどきランチを食べにに行く「パン・カフェ  香炉」で「朗読とギターの饗宴」と称したイベントがありました。企画・推進は慶応大学のフランス語講師の原山重信氏。朗読は山本學さん。ギターは兼古隆雄さん。会場はカフェで入場者は40人ほどでした。狭い場所に目いっぱい椅子を並べてあり、もちろん満員でした。会費は前 [続きを読む]
  • 墓参りにて
  • だいたい1月に1回の割合で墓参りに行っています。6月1日に行ってきましたけど例によってその近辺の写真を撮ってきました。まずビワですかなりの数が成っていました。よかったぁ。と言っても僕が採って食べられるわけでもないのですけどね。なんとなくよかったなぁって。人がいいんですね。近寄ってまだすこし熟するのは先のようでまだ色が不十分かな。スーパーなんかではもう売ってますね。これでビワの追跡写真は終わることにしま [続きを読む]
  • 久しぶりのアップ
  • しばらく更新をしていませんでした。先月の下旬に体調が悪くなって2、3日寝ていました。だんだん良くなって今は復調したのですが、体力の衰えとか体の痛みなどがあって写真も撮りに行けませんでした。あるいはご心配をおかけしたかもしれませんね。昨日久しぶりに佐鳴湖東岸の景色を見に行ってきました。曇っていたのですが暑い直射日光がなくて僕好みの天気でした。佐鳴湖東岸より西岸を臨んで。新緑というより、もう緑が濃くな [続きを読む]
  • 木の花
  • 最近よくアップしている場所の近くで見た木の花たちです。野草の群生、例えばニリンソウとかカタクリのようにわぁ〜という風な咲き方はしませんが花に魅力がある点は同じですね。カナメモチ  バラ科 カナメモチ属ある神社の境内で咲いていました。満開です。近づいて葉が少し赤味を帯びています。よく垣根に植えられている新芽・新葉が鮮やかな赤い木がありますけれど、ベニカナメモチ(レッドロビン)はこのカナメモチの交雑種 [続きを読む]
  • ブタナ  え?ブタナってなに?
  • 定期的に行っている病院の駐車場の隅などでブタナが咲いていました。タンポポに似た黄色の花で、タンポポよりやさしい雰囲気があり黄色もタンポポより穏やかな黄色のように思います。タンポポより好きかなぁ。ブタナ(豚菜) 別名(タンポポモドキ)  キク科 エゾコウゾリナ属帰化種  日本には昭和初期に渡来狭い植栽に咲いていました。茎が長く地面から高いので遠くから見ると宙に浮いているようできれいです。ブタナという [続きを読む]
  • 母子 と 父子
  • タイトルが「母子 と 父子」ですけど、これはちょっと悪戯っぽい書き方でして、正確に書くと「母子草と父子草」で、もっと正確に書きますと「ハハコグサ と チチコグサモドキ」なんです。ハハコグサ(母子草)   キク科  ハハコグサ属   在来種まばらな群生群生というほどたくさんはありませんでした。写真で見るより黄色の花が目立っていました。ときどき行くカフェの駐車場の横の空き地で見つけました。頭状花序時期 [続きを読む]
  • キツネノボタン・・・かな?
  • 家内の墓参りに行く途中にある林縁でキツネノボタンを撮りました。キツネノボタンではないかと思いますが、あるいはケキツネノボタンかもしれないです。確定は難しいです。キツネノボタン  キンポウゲ科  キンポウゲ属   ケキツネノボタンとの違いが茎などに毛(開出毛)があるかどうかなのですが、しかし明確な区別ができないそうです。ケキツネノボタンでも毛があまりない、あるいはキツネノボタンにも毛があるのもあるそ [続きを読む]
  • あの花は今・・・
  • 今日は記事が長いです。お時間ありますればお付き合い下さい。TV、週刊誌、ネットなどで、昔活躍して有名だったタレントとかの現在の状況を伝える番組とか記事があって人気があるようです。例えば「あの人は今・・・」などというタイトルが付けられたりしています。花も咲いているときはみんなから注目されてカメラを向けられますが、花後とか果実は忘れられてしまうことが多いようですね。そこでというわけではありませんが、そん [続きを読む]
  • 林縁の草花 その2
  • 今日もまた例の林縁で見た草花です。昨日に続いてるので「その2」としました。さまざまな花を見ることができました。平凡な普通に見られる花たちですが、でも他の珍しい花美しい花と同様に彼らは咲いてくれています。オヤブジラミから。あまり名前が良くないですね。可哀想。オヤブジラミ(雄藪虱)  セリ科  ヤブジラミ属   だいたいこういう草は群生するもんなんですね。厳密性に欠ける表現ですが。花は小さい、とにかく [続きを読む]
  • 林縁の草花
  • 気になっている小説を書こうという気持ちが最近出てきているのですけど、このところ撮った写真をアップするのにアップアップ(−−;)しているのでなかなか思うようになりません。写真もずいぶんと溜まってしまってます。それで今日の画像の枚数が多いのですがよろしくお願いします。墓参りに行く途中に両側が林になっている坂道の道端にいろいろな林縁の花を見ることができます。去年はヤブミョウガの花や実を撮ったところです。 [続きを読む]
  • 墓参りにて
  • 家内の墓参りは大体1月に1回のペースで行っているのですが今回はちょっと遅れました。いつものように墓参りのついでに付近の様子を写真に撮りました。毎回撮っているビワの実ですが、かなり成長してきているようです。ビワの実収穫して市場に出すにはちょっと少ない感じですね。ビワの木の本数も3,4本ですし無理ですね。栽培しているのではないようですがわからないです。ビワの実一つを近づいてまだまだ青い実で黄色になるの [続きを読む]
  • 近くの公園にて  チチコグサモドキなど
  • キュウリグサとかを撮った同じ公園、同じ日(4月23日)に撮った花たちです。花と言っても花だろうなぁというものですけど。不確かな情報には注意を! しかし危険というわけではなくてですけど。チチコグサモドキ  キク科  ウスベニチチコグサ属    帰化種 熱帯アメリカ原産  日本には昭和初期ごろ帰化この写真ではまばらで群生とは言えないようですが実際は公園の芝生にたくさん生えていました。株の上部葉の裏、茎 [続きを読む]
  • 近くの丘の公園にて   トウグミとドウダンツツジ
  • アメリカフウロ、キュウリグサと続けて小さい花をアップしましたが、今日は同じ日に同じ公園で撮った木の花です。まずトウグミです。トウグミは3年前にも同じものを載せました(こちら)トウグミであるのか同じ仲間のナツグミなのか判定が難しいのですが、質問掲示板の「このきなんの木」に質問して「トウグミ」であるとの回答を頂いています。ただしトウグミはナツグミの変種らしいので単にナツグミでもよいのですけどね。トウグ [続きを読む]
  • 小さい花  キュウリグサ
  • 昨日のアメリカフウロと同じ日4月23日に同じ近くの丘の公園でキュウリグサを撮ってきました。今年はややキュウリグサを見かけることが多いように思います。雑草・野草は毎年同じ場所で同じように咲くわけではなくて今年は少ないかな、とか別の場所で繁茂していたりします。キュウリグサ   ムラサキ科  キュウリグサ属ここでは群生して花がいっぱいでした。青い星を散りばめたような感じでした。花序 花序の先端はカールし [続きを読む]
  • 小さな花  アメリカフウロ
  • 今日の小さな花はアメリカフウロです。近くの丘の公園で撮りました。アメリカフウロ(あめりか風露)   フウロソウ科  フウロソウ属   帰化植物 北アメリカ原産  昭和初期に日本に帰化花の大きさは1cm弱。おしべは10本あるとのことですが・・・。めしべの柱頭は5裂。花弁5枚、萼も5枚。キー数は5ですね。キー数とは僕の造語で、花弁、萼、果実(分果)などがおなじ数でおしべは同じ数かその倍数となります。こ [続きを読む]
  • 小さな花 かわいい花  ヤブニンジン
  • 近くの林縁でヤエムグラとかヒメウズとかクサイチゴを見つけて写真に撮ってここにアップしましたが、同じ場所でヤブニンジンが咲いているのを見つけました。最初は以前に別の場所で見たことがあるオヤブジラミかとも思いましたが調べるとヤブは付きますが「ヤブニンジン」らしいと分かりました。半日蔭とか林縁に多く見られるそうです。今年は近くの林縁でいくつかの初見の草花の写真を撮ることができました。ヤブニンジン(藪人参 [続きを読む]
  • 小さい花  ヤエムグラ
  • 雑草です。林縁とか道端にはびこっています。やや日陰のところに見られることが多いように思います。日なたの植物ではないかも。ヤエムグラ(八重葎)   アカネ科  ヤエムグラ属   この写真のようにたくさんの株・茎が重なるように群がっているのでこれだけでも「あ、ヤエムグラだ」と分かります。なお白い花はクサイチゴです。花目立たないです。まず大きさが2mm弱で色も薄い黄緑色なので。めしべが2本、これは写真で [続きを読む]
  • 小さな花  かわいい花
  • 今日も小さい花をアップします。今までオランダミミナグサとかコハコベとかノミノツヅリなど小さい花をアップしましたが、今日は小さいといってももう少し大きいかも。コメツブツメクサ  マメ科  シャジクソウ属   帰化植物   ヨーロッパなどの原産コメツブツメクサだと思います。花序この写真では大きさがわかりませんが、直径が大体1cm弱です。葉 表側葉脈がわりとはっきりしています。葉 裏側葉脈は裏の方がもっ [続きを読む]
  • 蜆塚遺跡 と 花
  • 僕の家から車で10分余りの所に蜆塚(しじみづか)遺跡があります。縄文時代の住居跡と復元住居と貝塚が見学できるようになっています。規模は小さいけれども昔の生活の一端を知ることができます。掲示板復元された四角い住居復元されたまるい住居この写真からは分かりにくいですけど近づいて見てみると草で葺いた屋根の厚みが50cm以上あって十分に寒さや雨からしのげて、また夏は涼しかったのではないかと思いました。貝塚  [続きを読む]
  • アケビとミツバアケビ  佐鳴湖東岸にて
  • 一昨日に近所の林縁で見つけたアケビをアップしましたが、そのアケビを撮った日(18日)と同じ日に佐鳴湖東岸に行ってみました。というのは4年ほど前にアケビの実を見たことがあった(こちら)ので、花が見られるかもしれないという期待でした。運のいいことにアケビの花をたくさん見ることができました(シアワセェ〜、小さなしあわせぇ〜)。アケビ 雄花花序バナナとは色は違いますがバナナのような形がおもしろいです。おし [続きを読む]
  • 近くの林縁にて  ムラサキケマンとか
  • 近所の林縁に行ったとき、クサイチゴをクマイチゴと間違えた花を撮りましたが他にもいくつか撮ったので今日アップしますね。ムラサキケマンは最後に載せますが、まずアケビ。アケビをこの場所で初めて見ました。たぶんアケビだと思います(クサイチゴで間違えてので用心した書き方ですねぇ(^^ゞ)アケビ(木通、通草)   アケビ科  アケビ属斜面の上の方なので撮り方が難しくてボケていますね。左上の花(一つ)が雌花で、右 [続きを読む]