ゴンちゃん さん プロフィール

  •  
ゴンちゃんさん: 朝な夕な
ハンドル名ゴンちゃん さん
ブログタイトル朝な夕な
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hinemosunotari7201976
サイト紹介文いぬのこと、毎日のちょっとした出来事、あれやこれや、綴っています
自由文行き場のなくなった子たちを、一人でも多く助けたいとおもってます。
でも、ひとりでやることには、限りがあり、歯がゆい思いをしています。
もっとも助けられているのは、私の方かもしれません。
とても、お返しできないほどの、愛を注いでもらっています。
見返りなど求めない無償の愛を・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/05/24 15:14

ゴンちゃん さんのブログ記事

  • 約束
  • 秋晴れの一日美しい日の終わりもまた美しいものでした明日も元気に生きますと神様と約束しないではいられないような雄大で厳かな空でした陽が完全に沈んだ後いきなり雲が華やかな色に染め上げられましたいつも繰り広げられる天体のドラマ何度見ても新たな感動を覚えます終焉今日もありがとう [続きを読む]
  • 人気者
  • 午前5時空気はひんやり明け始めた空は秋の色そして陽が昇った空は真っ青でした元気者揃いの第一弾の散歩の後第二弾はキャバリアたちこの時間にはもうひと泳ぎして海から上がってくるサーファーこれから海に入るサーファーそして浜辺で一休みしているサーファーと海辺には多勢の人の行き交う姿が見られますその人たちから次々に声が掛かります「可愛い!」私の後をトコトコ歩いてくるこのキャバ軍団の姿が微笑ましく映るようでみん [続きを読む]
  • 抱きしめられてるのはどっち?
  • ここぶーたんの隠れ家大きな身体を小さくするようにして自分が見なければひとからも見えないと思っているらしいぶーたんと呼ぶとえ?見つかったの?あら〜どうして判ったのかしらと言うような顔をしますこの表情の豊かさたまらなく可愛くって思わず抱きしめてしまいますでももう最近ではどっちが抱きしめているのかどっちが抱きしめられているのか判らないくらい大きくなってしまいました [続きを読む]
  • 何に見える?
  • 台風が去った後の浜辺ちょっとドラマチックな雲が浮かんでいました雲間から漏れてくる光も美しい浜辺には大きな鷲が降り立っていましたに見えませんか?まるで獲物めがけて降り立ったところのようにも見つけた獲物を鋭い爪で掴んでこれから飛び立とうとしているところの様にも見えるこれ実は流木です海は引き潮引いて引いて広い砂浜が更に広がってその砂浜をこぶしちゃんが走る雷くんも走る悲しいことに今朝も出遭ったうみがめの死 [続きを読む]
  • 朝日の当たる家
  • 朝日の当たる家それは明るく光り輝き希望あふれるイメージがあるけれど「朝日の当たる家」という歌があります暗いけれど哀調を帯びた美しい旋律を持つその曲が私は大好きなのですが朝の光に浮き上がるような美しいイメージとは違ってその歌の家は娼婦の館でしたこの歌はアメリカ南部の古いブルースでいろいろな歌い手たちがカバーしたことによって有名になっていった歌なのですその家は19世紀に実在した娼館だったようですその事 [続きを読む]
  • お箸でどうぞ!
  •  台風が近付いていて朝から雨と強い風が吹いていますまだ今のところこの辺りは大したことはないようですが各地に大変な被害を与えながら北上しているようでとても心配です皆さまお住いの地方は大丈夫でしょうか昨日まだ雨が降る前に青じそを収穫してきましたので雨降りの今日しその実の佃煮を作ってみましたチリメンジャコとゴマを加えて濃い目の味付けで煮ましたとてもおいしくて熱々のご飯に乗せて食べたらいくらでも食べられそ [続きを読む]
  • 天上の花
  •    毎年驚かされます毎日歩いている庭なのにいつも知らない間に芽を出していて蕾を見てはあ!いつの間に?と思うのです曼珠沙華お彼岸の頃に咲くからなのかひがんばなと呼ばれることが多いけれど私は曼珠沙華という名が好きです僅か三輪ですがそこだけまるで光り輝いているように見えます群れて咲いている様を紅の雲と表現した詩がありましたがさもありなんと思いますでも群生も素晴らしいけれどまるで三人寄り添うように咲いて [続きを読む]
  • 家も砂浜!
  • 今朝は波の具合が良いのでしょうか海にはたくさんのサーファーたちの姿が次々と波に乗っていますお見事!浜辺にはプードルのクロちゃんがいましたクロちゃんおはようお母さんは?あっ後ろの方にいました後ろでゴミを拾ってくれているのがクロちゃんのお母さんお母さんは皆んなが捨てていくゴミを毎朝大きな袋を持ってきて拾ってくれるのですそんなクロちゃんのお母さんに逢うたびにワンちゃん達の散歩で手一杯だと言い訳している自 [続きを読む]
  • 初めまして柚和ちゃん!
  • 初めまして柚和ちゃん!「可愛い〜!」こんな時他の言葉があるでしょうか?とにかく可愛いちょうどおっぱいを飲んだ後だったせいかニコニコとご機嫌な柚和ちゃんまだ見えていないというけれどしっかりとこちらの顔を見つめて笑っているところはまるで見えているみたい足も手もバタバタとさせて元気いっぱい7月21日に生まれた柚和ちゃんはもう5キロもあるのだそう抱っこさせてもらったけれどまだ首が座っていないのでとても怖く [続きを読む]
  • 柚和ちゃんと感動のご対面をしてその余韻も覚めやらぬまま夕方の散歩に行きましたそこで再びの感動が・・・まさしく息を飲んで立ち尽くした瞬間でした柚和ちゃんのお話は明日ゆっくり・・・ [続きを読む]
  • 初孫
  • 友人のお嬢さんが一か月前に女の子を出産初孫の誕生明日おばあちゃんになった友人宅に行ってお孫ちゃんの柚和ちゃんに逢う予定でまだ見ぬ柚和ちゃんのために作ってみました前後の色が違うエプロンそれからキャミソール型のエプロンでも出来上がった物を見てこんなに小さくていいの?頭が入るかしら?と心配になりましたどれほど小さいかというとこんなにも小さいのです明日になれば判る事だけれど赤ちゃんてこんなに小さかったかし [続きを読む]
  • 手と足があるだけで
  • 同じ爬虫類なのに手と足があるだけで天と地程に受け止め方が違ってくるのが不思議でならないのだけれどこの子トカゲだと思っていたらカナヘビと言う名前らしいかな・・・には可愛らしいという意味がありつまり小さくて可愛い蛇だからかなへびと呼ばれているみたい指が一本非常に長いのが特徴らしい蛇は大の苦手でテレビなどの画像はもちろんの事写真やイラストでさえまともに見られないほど気味が悪いそれなのに田舎に住んでいるせ [続きを読む]
  • 判らないままに・・・
  • 九月の花のしめらん木の下で晩夏から秋にかけていつの間にか咲いている花ですこの花の事はずっと”のしめらん”だと思っていましたところが”やぶらん”という名もあるようでどちらの名前でも記載があるようです藪の中にひっそりと咲いているから”やぶらん”と呼ばれるらしいのですがでは何故”のしめらん”とも言われるのか・・・葉の形が熨斗に似ているからと言われても熨斗と熨斗目は全く違う物なのでなるほど!という訳にはい [続きを読む]
  • 大型犬は・・・おおき〜い!
  • 大型犬と初めて暮らすようになって当たり前だけれどその大きさに驚いています顔がおおき〜い!当然だけど身体もおおき〜い!るなちゃんと並ぶとその大きさがよく判りまするなちゃんはきょうだいの中で一番身体が小さいそのせいもあるけれどやっぱりおおき〜い!身体は一番大きいのにとっても怖がりで何かあると隠れてしまいますぶーたんがいない!と探し回るとこんな所に隠れています本人は隠れているつもりらしい一緒に暮らすこと [続きを読む]
  • 散歩の後は・・・(追記あり)
  • 天気予報は雨雨が降らないうちにと海に行くと同じ思いのライズ達一家も散歩に来ていましたライズ達のパパさんはいつもおやつとお水をご馳走してくれます大型犬の家族だからおやつもお水も沢山必要でしょうに家の子たちにも分けてくれるのですいつもありがとうケリーテリー波打ち際には珍しく舌平目がいました曇り空での散歩は涼しいかと思っていたのですが湿度が高かったせいかずい分と汗をかきました夏の散歩の後はこのお楽しみが [続きを読む]
  • ゴンちゃんカフェ
  • 暗い雨で今日は始まりました朝の散歩を諦めると何だかずい分時間を得したような気分になってあれをしようかこれもしようかそう思い描きながらも気持ちばかりが先行して結局何にもできないまま朝の時が過ぎて行ってしまいました残ったものはため息ばかり・・・雨の日はちょっと憂鬱ワンちゃん達は涼しくて気持ちが良いのか部屋中に広がってグーグーグー私はと言えばあの子をつついてみたりこの子を撫でてみたり・・・どの子もちょっ [続きを読む]
  • 同じスズメでも
  • スズメバチには大変な思いをさせられたけれど同じように名前にスズメが付いてもこちらのスズメは大歓迎スズメ瓜です正式には沖縄スズメ瓜普通のスズメ瓜の実は緑からやがて白くなりますがこの沖縄スズメ瓜は秋が進むにつれて紅くなります今はまだ緑に白い縞が入った小さなスイカのようですが…2センチくらいの可愛い実ですカラス瓜よりも小さいのでスズメ瓜と呼ぶのだとかゴーヤに似たきれいな葉を持つツル性の植物で近くの木に巻 [続きを読む]
  • 世にも不思議な物語?
  • 眼を疑ったもう一度眼を凝らして見た何という事!先週の日曜日に遊んだ後そのままにして置いたプールごみや泥で汚れていた水に止める間もなくぶーたんが飛び込んだそこに信じられない物を見たおやまじゃくし何故?急いで網を持ってきて掬った間違いなくおたまじゃくしだった何が何だか判らぬまま池に持って行って放したするとまだ一匹泳いでいるえ〜っ!混乱したまま再び掬って池へまさかまだいるってことは・・・いた!ここにもア [続きを読む]
  • オオスズメバチ・・・らしい
  • 今朝の事強い風が倒した鉢を直そうと雨の止み間を見計らって庭に出た転がっている鉢を起こそうと草をよけた途端左手に斬りつけられたような痛みが走った見ると軍手に大きな虫がとまっていた3,4センチはありそうなその虫の黄色い胴体を見たとき思わずきゃ〜っ!と大声で叫んでしまったスズメバチでは?と思ったからだった血の気が引いていくような思いがした咄嗟に軍手を脱ぎ払って刺された小指の根元を押さえながら家に駆け込み [続きを読む]
  • 1000キロも離れているのに・・・
  • 台風15号は1000キロも離れた父島にいるそれなのに海辺は昨日から風雨が強い大型のこの台風は強風域が1300キロもあるらしいだから海はすでに大荒れ散歩して家に帰ったら激しく雨が降り出したこんな日は甘いおやつを食べるに限るという訳で今日の一品イチジクのワイン煮を作って夏の疲れを吹き飛ばそうと・・・生クリームを添えて・・・台風は明日沖を通過するらしい被害がなければ良いのだけれど・・・ [続きを読む]
  • 激変
  •  昨日の暑さが信じられません今日は涼しさを通り越して寒いくらいですまさに激変真夏からいきなり秋になりました激変したのは天候ばかりではありません庭も一部ではあるけれど激変しました(と 自分では思っています)重い腰をあげるまで庭の通路はこんな具合でした今朝も雨で開けましたが雨の日は両側から覆いかぶさった草で足元が濡れてしまう状態でした雨のたびに不快な思いをしているのに明日こそと思いながら放置していたの [続きを読む]
  • ここがお気に入り?
  • こんなところに・・・この場所が気に入っているのか昨日もここにいましたその前は走り出してから気が付いて大変落ちてしまうと慌てて車を止めようとしたら飛んで行きましたそうかカマキリって飛ぶんだ!納得したようなしないようなでも実はあまり飛べないのだと知りましたそこで昨日は車を出す前に傍の木に置いてあげたのでしたそれなのに今朝は再びこの場所に・・・仕方なく今朝も傍の葉の上に移動してもらいました今日も朝から暑 [続きを読む]
  • 青い獅子ゆず
  • 青い獅子ゆず鬼ゆずとも呼ばれていますゴツゴツとした表面が獅子のようでもあり鬼のようでもあるところからその名が付いたようですなかには普通のゆずの20倍にも大きくなるものもあるようです ただゆずと呼ばれていてもゆずの仲間ではありませんブンタンの仲間なので香りは普通のゆずのように強くはありません実もパサパサになってしまったグレープフルーツのよう生食には向きませんジャムにしたりお風呂に浮かべたり・・・また [続きを読む]