foxyborderline さん プロフィール

  •  
foxyborderlineさん: [FOXY] 境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ
ハンドル名foxyborderline さん
ブログタイトル[FOXY] 境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ
ブログURLhttp://foxyborder.exblog.jp/
サイト紹介文境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログです。 日々を簡潔に文章にしています。
自由文境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログです。
日々を簡潔に文章にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/05/24 17:47

foxyborderline さんのブログ記事

  • 「生きています」
  • しばらくブログすら開いておりませんでした。生きています。ご心配のコメントをいただきましてありがとうございます。エビリファイ頓服を毎朝飲むようにしているおかげか、初夏に起こったような絶望的な解離はこのごろ、全くない。主治医にも回復を褒められている。Hさんとは結局、先日、セックスをした。週に度々会っていたし、お互い独身であり、趣味も同じなので、... [続きを読む]
  • 「幸せでも不幸せでも」
  • 「喪女をディスることでご自分の存在意義を確認されているのは哀れな感じがします」とコメントいただきました。ああ、前回の記事、そう取られてしまったのかあ、と思いました。私なんて、アラフォー、バツイチで子供なし、彼氏なし、精神障害者、ボーダー、さして美人でもない。と一般的な世間様から見たら立派な事故物件なわけです。ただ、「人は人と関わることでしか生活できない」とい... [続きを読む]
  • 「無題」
  • Hさんと会って話してきた。「友達でいないといけないね」という内容。友達は同じベッドでは眠らない。なので、もう眠らない。お付き合いするということはあまりにもお互いが人と深く関わることが臆病すぎるためできないという結論になった。彼も精神ギリギリの方だったようだ。それならば、精神障害者の私を支えることなんて不可能だ。なぜかフラられた気分になった。... [続きを読む]
  • 「同衾」
  • 昨夜、先日告白してくれた男性(仮にHさんとする)とただ眠った。そもそも長い付き合いの友達で、今後も友達でいようと言ったのだから、好きにはならない。お互い付き合う気もない。HさんはAさんの知り合いでもあるし、私の趣味の仲間でもある。私がAさんと付き合っていた事も、障害の事もHさんは知っている。「僕は弱い人間だから、foxyを完璧に支えることができない」と私に言った人... [続きを読む]
  • 「通院とか、いろいろ」
  • 先日は通院の日だった。主治医と30分ほど話して終了。解離があったことも伝えた。主治医はいつも私を褒める。「良くなっている」と何度も言う。そりゃあ寝込んでいた5年前よりは良くなっているのだと思う。薬は本当に酷いときに頓服としてエビリファイ内用液0.1%/6ml × 1(メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。様々な精神症状に効果を発揮す... [続きを読む]
  • 「気づいて欲しい、の小石を投げる」
  • 強烈な解離はあれからもう一度来た。死にたいまんま、なんとか生活というものを送っている。死にたいまんま、しっかり仕事もしている。「SNSを活用せよ」と会社で言われているので今日も記事を書いていた。でも私は、ポジティブなことだけを書かない。いわゆる「毒」を多少書く。ほんの少しだけ混ぜるのだ。不愉快さを、混ぜる。何かを自慢したりす... [続きを読む]
  • 「強烈な解離」
  • 日曜は、激しい解離に襲われた。休日出勤をしたのだけれど、通勤電車の中ですでにもう夢か現実か分からなくなり、駅で一旦座ろうと入った喫茶店でさらに解離が加速してしまった。気がついたら2時間も喫茶店にいた。とにかく叫びたいような、暴れたいような、変な気持ちになり、目線は定まらず異常に瞬きは増え、手が震えて脂汗をかいていた。こんなことは初めてだ。必死の思いで会社に... [続きを読む]
  • 「リアル」
  • コメントに宗教や職業のことを批判してコメントを書かれた方がいらっしゃいましたので、少し私の日常生活を補足しておきます。10代から私には経済的にサポートしてくれる父がいません。もう父は死にました。薄給で働く母親を援助するために毎月10万円を入れ、母の車のローンも払うため障害者であることをクローズにして正社員で朝から晩まで働き週末だけホステスをしています。障害年金も... [続きを読む]
  • 「大人」
  • 先日ライブに行った男友達から告白された。彼は私に2年近くに渡り様々なチケットを取ってくれたり食事に連れ出したりCDや本、誕生日プレゼントを贈ってくれたり帰りを送ってくれたりそんなことを続けてくれていたのだ。私がホステスで、彼がお客さまなら「私の時間にお金を支払っていただいて当然」でその好意をうける事ができる。淡い好意を受け続けながらも手を出されないよ... [続きを読む]
  • 「中毒」
  • 予定を詰め込む中毒状態になっている。楽しい事をしなくては、忙しくしなくては、と強迫観念に駆られる。仕事も遊びも趣味も目一杯詰め込んでいる。先日は友人男性とライブに行った。本当にいい内容だった。なのに、素晴らしい音に乗って「おまえは早く死ねよ」と脳内でガンガン声がする。「私は人生を楽しんではいけない」「私には人生を楽しむ価値がない」と思... [続きを読む]
  • 「慌ただしい」
  • 結局セカンドオピニオンも気力がなく行っていない。治療して何になるんだろう?Gさんとお別れしてから、気を紛らわせるために週に何度も男女問わず食事や呑みに行ったりしていた。それから先日、初めて食事して呑んだセクシャルマイノリティの人に抱かれた。美しく聡明な人だった。何軒かはしごし、終電を逃した私はその人の部屋に泊まることになった。気がついたらそんなこ... [続きを読む]
  • 「おとうさんがほしい」
  • Gさんと会わなくなって、一年ぶりにひとりの日曜日を過ごした。セカンドオピニオンの話を進めたいのに、気力が湧かない。昼すぎに目が覚め、軽く食事をした後、一日何をして過ごせばいいのかさっぱり分からなくて、ふらっと買い物にでかけた。家族連れやカップルで賑わう中、私はひとり歩いていた。何を思ったのか、普段なら選ばない綺麗な柄のブラウスを買った。とても素敵で「これは勝負服だ... [続きを読む]
  • 「鬱状態」
  • 朝起きたらまず、「また目が覚めてしまった」「生きたくないのに」と思う。珈琲を入れて煙草を吸って、無理矢理身支度をして会社に向かう。眠剤を飲んで8時間から9時間、しっかり眠っても体がいつも怠くて頭がぼんやりしていて、小一時間の通勤だけでもすでにかなりの体力を消耗する。鬱状態なんだろうな、と思う。今かろうじて飲んでいるエビリファイ頓服も、効いているのかどうなの... [続きを読む]
  • 「不倫について」
  • 不倫を繰り返す女性の大きな特徴に、「自己肯定感が低すぎる」というものがあると知った。「私はどうせ愛される価値がない」「一番に愛されることはない」「二番手でも仕方ない」という気持ちが作用しているという。そして失敗し、「やっぱり私は愛されないんだ」という確証を自ら得る。得る事で変化しなくていいと安心してしまう。それに加えて、不倫と言うのは恋をすると出る、P... [続きを読む]
  • 「死にたい日々は続く」
  • 先日は月一の精神科通院の日だったし、カウンセリングも、担当のカウンセラーの先生が退職なさって新しい先生に引き継ぎして頂いてなんだかんだと書くことはあったのに、なにも書く気がしなかった。昨日は久々に首を吊り、それをGさんに見つかり激昂され蹴られてしまった。Gさんは床に倒れて泣き続ける私をなだめ、ベッドに無理矢理連れていった。背中をさすられながら、泣きつかれて寝た。「お父さん... [続きを読む]
  • 「カウンセリング 13回目」
  • 先日は13回目のカウンセリングだった。「こころを癒すノート」を元に認知処理療法を受けている。今回で担当のカウンセラーが退職なさるということで、心ばかりではあるけれども、お花を持って行った。一年ほどお世話になった。初診では大変失礼な態度を取り、先生を困惑させたと思う。(以下リンク)先生は「ああやって、foxyさんがハッキリと言って下さってよかったと思っています... [続きを読む]
  • 「境界例とわかるまで まとめ」
  • コメントに返させていただきます。ボーダーかもしれない、判断基準に当てはまる、と自覚のある方は精神科でその旨をお伝えされるのがいいと思います。どうかボーダーのみなさんが、よい精神科医に巡り会えることを祈っております。追記ずっと、コメントの返信ができません。すみません。皆さんいつもありがとうございます。励みになります。全て読ませていただいております。人気... [続きを読む]
  • 「ずる休み」
  • 昨日は会社をずる休みした。朝起きてどうしても体が動かなかった。「生理痛が酷く、吐いてしまい動けない」と社長に嘘の理由を連絡した。うちの社長は女性なので、女性の体調の不安定さには理解がある。どうしても精神的に仕事に行けない…という日はこうして半年に一度ほど生理休暇を使わせてもらうことにしている。罪悪感ももちろんあるけれど、心身を守る為に必死だ。ぼ... [続きを読む]
  • 「半分落胆、半分安堵」
  • 妊娠したかな、と思ったけれど今朝生理が来た。Gさんと一度だけ、避妊しなかったことがあった。生理が来て正直なところ「半分落胆、半分安堵」という気持ちだ。Gさんは「僕は年齢的に、きっと先に死ぬだろう。死んだあと、foxyにお金は残せても1人で寂しい想いをさせてしまう」「子供を産んでほしい。子供を希望にして生きて欲しい」と言った。私は「Gさんが死んだら、また違... [続きを読む]
  • 「通院」
  • 昨日は通院の日だった。もう通院は5年目に入った。おそらく初めてバレンタインが通院の日に重なったので主治医にチョコレートを持って行った。調子があまりよくないと訴えたが、今は薬はやめておこうと言われる。仕事で集中力が全然ないことを伝える。去年の9月くらいからだろうか。ただあまりに眠くなるので、もう向精神薬は飲んでいない。頓服にエビリファイ液は持ち歩いてい... [続きを読む]
  • 「日々」
  • 仕事が大変忙しいのに、去年の秋頃からあまり集中できなくて困っている。昇給と共に業務も増えたので、残業をしないというスタンスは壊れつつある。先週の木曜は、共通の趣味の先輩女性と飲んだ。その方も機能不全家族で育っているので、悩みについての理解が深い。もう一軒誘われ、結局深夜2時まで飲んでしまった。色々と共通の知人がいるので、話は長くなった。人それぞれ、いろんな苦悩がある。... [続きを読む]
  • 「生きることを舐めている」
  • コメントに「生きることを舐めている」と頂きました。健常者の方からしたら、何かにつけ辛い辛いと弱音を吐く私はそう思われても仕方ないのかもな、と思います。数年前まで自殺未遂をし続けてきました。三日三晩意識がなく、生死の境をわけたこともありました。今は死ねないまま、死にたいまま生きているだけなのです。以前、精神障害者手帳の更新に向かう私に母は「そんなバッ... [続きを読む]
  • 「2017年のはじまり」
  • 新年。ゆっくりと過ごした。精神障害者は長期休暇になると不調になる人が多いらしい。人と会う等の予定をこなせないからだと思う。もしくは会う人がいないので孤独、か。私も確かに少々不安定になっていた。Gさんとは仲直りし、クリスマスと年末年始を過ごしていた。プレゼントもいただいたし、たくさん美味しい物を食べた。年末からずいぶんと仕事を任されることが多... [続きを読む]
  • 「近況まとめ」
  • まるで私が治療してないみたいに、誤解されている方もいらっしゃるのかもしれませんが…。私は4年間、日本で数少ないボーダー専門医からの治療をうけています。ボーダーに有効であると言われている「認知処理療法」のカウンセリングもうけています。プロテスタントの教会にも通い、牧師先生とも定期的に面会をしています。生活保護寸前の寝たきりだった私が、今は正社員で普通に稼... [続きを読む]
  • 「不調」
  • 不調。夜になると動悸がするようになってきた。Gさんと会った。謝罪をうけた。彼なりに私に対して不安があるらしい。「foxyはいつか若い男に取られてしまう」「自分より稼いでいる男も、格好いい男もいる」と気弱に思い、心配したという。何歳でも、愛されていたいという想いは強いんだろう。馬鹿みたいだな、とも思ったけれど気持ちは分からなくもない。私はGさんを許し... [続きを読む]