foxyborderline さん プロフィール

  •  
foxyborderlineさん: [FOXY] 境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ
ハンドル名foxyborderline さん
ブログタイトル[FOXY] 境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ
ブログURLhttp://foxyborder.exblog.jp/
サイト紹介文境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログです。 日々を簡潔に文章にしています。
自由文境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログです。
日々を簡潔に文章にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/05/24 17:47

foxyborderline さんのブログ記事

  • 「カウンセリング 13回目」
  • 先日は13回目のカウンセリングだった。「こころを癒すノート」を元に認知処理療法を受けている。今回で担当のカウンセラーが退職なさるということで、心ばかりではあるけれども、お花を持って行った。一年ほどお世話になった。初診では大変失礼な態度を取り、先生を困惑させたと思う。(以下リンク)先生は「ああやって、foxyさんがハッキリと言って下さってよかったと思っています... [続きを読む]
  • 「境界例とわかるまで まとめ」
  • コメントに返させていただきます。ボーダーかもしれない、判断基準に当てはまる、と自覚のある方は精神科でその旨をお伝えされるのがいいと思います。どうかボーダーのみなさんが、よい精神科医に巡り会えることを祈っております。追記ずっと、コメントの返信ができません。すみません。皆さんいつもありがとうございます。励みになります。全て読ませていただいております。人気... [続きを読む]
  • 「ずる休み」
  • 昨日は会社をずる休みした。朝起きてどうしても体が動かなかった。「生理痛が酷く、吐いてしまい動けない」と社長に嘘の理由を連絡した。うちの社長は女性なので、女性の体調の不安定さには理解がある。どうしても精神的に仕事に行けない…という日はこうして半年に一度ほど生理休暇を使わせてもらうことにしている。罪悪感ももちろんあるけれど、心身を守る為に必死だ。ぼ... [続きを読む]
  • 「半分落胆、半分安堵」
  • 妊娠したかな、と思ったけれど今朝生理が来た。Gさんと一度だけ、避妊しなかったことがあった。生理が来て正直なところ「半分落胆、半分安堵」という気持ちだ。Gさんは「僕は年齢的に、きっと先に死ぬだろう。死んだあと、foxyにお金は残せても1人で寂しい想いをさせてしまう」「子供を産んでほしい。子供を希望にして生きて欲しい」と言った。私は「Gさんが死んだら、また違... [続きを読む]
  • 「通院」
  • 昨日は通院の日だった。もう通院は5年目に入った。おそらく初めてバレンタインが通院の日に重なったので主治医にチョコレートを持って行った。調子があまりよくないと訴えたが、今は薬はやめておこうと言われる。仕事で集中力が全然ないことを伝える。去年の9月くらいからだろうか。ただあまりに眠くなるので、もう向精神薬は飲んでいない。頓服にエビリファイ液は持ち歩いてい... [続きを読む]
  • 「日々」
  • 仕事が大変忙しいのに、去年の秋頃からあまり集中できなくて困っている。昇給と共に業務も増えたので、残業をしないというスタンスは壊れつつある。先週の木曜は、共通の趣味の先輩女性と飲んだ。その方も機能不全家族で育っているので、悩みについての理解が深い。もう一軒誘われ、結局深夜2時まで飲んでしまった。色々と共通の知人がいるので、話は長くなった。人それぞれ、いろんな苦悩がある。... [続きを読む]
  • 「生きることを舐めている」
  • コメントに「生きることを舐めている」と頂きました。健常者の方からしたら、何かにつけ辛い辛いと弱音を吐く私はそう思われても仕方ないのかもな、と思います。数年前まで自殺未遂をし続けてきました。三日三晩意識がなく、生死の境をわけたこともありました。今は死ねないまま、死にたいまま生きているだけなのです。以前、精神障害者手帳の更新に向かう私に母は「そんなバッ... [続きを読む]
  • 「2017年のはじまり」
  • 新年。ゆっくりと過ごした。精神障害者は長期休暇になると不調になる人が多いらしい。人と会う等の予定をこなせないからだと思う。もしくは会う人がいないので孤独、か。私も確かに少々不安定になっていた。Gさんとは仲直りし、クリスマスと年末年始を過ごしていた。プレゼントもいただいたし、たくさん美味しい物を食べた。年末からずいぶんと仕事を任されることが多... [続きを読む]
  • 「近況まとめ」
  • まるで私が治療してないみたいに、誤解されている方もいらっしゃるのかもしれませんが…。私は4年間、日本で数少ないボーダー専門医からの治療をうけています。ボーダーに有効であると言われている「認知処理療法」のカウンセリングもうけています。プロテスタントの教会にも通い、牧師先生とも定期的に面会をしています。生活保護寸前の寝たきりだった私が、今は正社員で普通に稼... [続きを読む]
  • 「不調」
  • 不調。夜になると動悸がするようになってきた。Gさんと会った。謝罪をうけた。彼なりに私に対して不安があるらしい。「foxyはいつか若い男に取られてしまう」「自分より稼いでいる男も、格好いい男もいる」と気弱に思い、心配したという。何歳でも、愛されていたいという想いは強いんだろう。馬鹿みたいだな、とも思ったけれど気持ちは分からなくもない。私はGさんを許し... [続きを読む]
  • 「友人の病気。Gさんとの距離感」
  • 先日高校からの友人から連絡があった。40度の熱が一週間続き、ついに入院したのだという。友人は離れた場所に1人で住んでいる。連絡を受けあわてて有給をとり、翌日新幹線に乗りお見舞いに向かうことにした。Gさんにそのことを告げると、「まさか男じゃないだろうね」と言った。私は頭がくらくらし「違うよ、もう寝るね」と寝室に向かった。あとからあとから胸に棘が刺さっ... [続きを読む]
  • 「自由な心」
  • 先日、百貨店へ買い物へ行った。私がずっと欲しいと思っているバッグもついでに見た。他のブランドバッグなんて興味がない。けど、少女のころから憧れ続け、唯一欲しいと思うバッグ。27歳の頃、銀座本店で持たせてもらったことがあったけど、全く似合わなかった。香水だけを買って帰った記憶がある。その日は半日仕事だったので、スーツっぽい格好だったのも良かったのかも... [続きを読む]
  • 「カウンセリング 11回目」
  • 先日は11回目のカウンセリングだった。「こころを癒すノート」を元に認知処理療法を受けている。10回目のセッションのことが書けずにいる。今は亡き父に、思春期に殺されそうになったこと、貧困と暴力に塗れた時代を思い出すことが怖くて仕方ない。今回もGさんに車で連れて行ってもらったのだけれど、カウンセリングルームに近付くにつれ気分が悪くなり、解離しそうになって横にな... [続きを読む]
  • 「死にたいまま」
  • やはり、前回のカウンセリングのことが書けない。そうこう言っている間に、次回のカウンセリングの日が近付いて来た。記憶の箱にしっかり閉じてきた中身を、開けつつあることが怖い。日々なんとか暮らしている。パートナーであるGさんにも試し行為も見せていない。「死にたい」と口に出すことはあっても。でも口に出せる相手がいないので、Gさんに死にた... [続きを読む]
  • 「寛解について」
  • 先日コメントで、「境界性人格障害は寛解しないと思うと怖い」「絶望しかない」との内容をいただきました。胸が痛くなりましたので、私の考えを書いておきます。私は寛解と言う言葉がしっくりこないのであまり使いたくないのですが、「境界性人格障害の症状は軽減することができる」と思っています。実際このブログを書き出した4年前、私はD... [続きを読む]
  • 「日々」
  • 父の墓参り後のカウンセリングが終わって、その数日後の診察が終わってそれからブログが書けないままでいた。もう2週間も経っている。(後日なんとかしてまとめたいと思う)頑張って治療に立ち向かってはいるけれど、やはり恐怖が勝る。認知処理療法を受けながら解離してしまうことも怖い。固く閉じた記憶の箱を開けてしまうことが怖い。父から殺され... [続きを読む]
  • 「それでも生きている」
  • 前回のカウンセリングを受けてから、少々不安定になりつつある。軽い解離と物忘れが酷くなり、心ここに有らずといった感じだ。全身を覆う死にたいという膜に加えて、現実味がないという状態になっている。ただ幸い仕事が忙しく、人と会うことが増えてきたのでなんとか気を張って乗り越えようとしている。次回のカウンセリングは30日。その前に父の墓参りをし... [続きを読む]
  • 「幼児退行」
  • 日曜にカウンセリングを受け、深くにしまい込んでいた父のトラウマを心のテーブルに載せてしまったせいで昨日は解離と、軽く幼児退行が起こっていたように思う。夜はGさんの部屋で過ごしていたのだけれど体が接触していないと不安になるだけでなく些細な要求(私の思うタイミングで寝かしつけて欲しい、先に寝ないで欲しい等)が満たされないと泣きそうになっていたりした。最... [続きを読む]
  • 「カウンセリング 9回目」
  • 先日は1ヶ月ぶり、9回目のカウンセリングだった。8回目は記事に書くのが遅くなっただけで、1ヶ月おきに通っている。「こころを癒すノート」を元に認知処理療法を受けている。セッションを2度も避けてきた父のトラウマにいよいよ向かうことになるだろうと思っていたので向かうのがとても気が重く、Gさんに送ってもらったのだけれどすでに解離しかけていた。... [続きを読む]
  • 「通院」
  • カウンセリングの後日は診察の日だった。薬のせいか、あまりに午前中ぼんやり脱力してしまい寝てしまうので減薬を試みているところだ。●セロクエル25mg ×1錠メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。統合失調症以外にも様々な精神疾患に用いられている。●ラミクタール100mg × 2錠脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。また... [続きを読む]
  • 「カウンセリング 8回目」
  • 先月半ばに行ったカウンセリングの話。その前はこのような感じ。「こころを癒すノート」を元に認知処理療法を受けている。4年以上苦しめられた、Aさんへのトラウマが軽減され、フラッシュバックもおさまりつつある。次は父のトラウマへ進もうということになった。けれど、私はそれに対して拒否に近い態度を取っていた。父の件でIES-R(PT... [続きを読む]
  • 「晩年」
  • 仕事が手に付かない。合間に風邪をひきながら無理をして出勤していたこともあるけれど、さすがにまずい。人生に何も希望がないから、私は何も頑張れないんだろう、と思った。最低限のことしか出来ていない。37歳にして、もう晩年を迎えている気分だ。私の人生は「いつか死ぬ日までの暇つぶし」になってしまった。もうよっぽどのことが無... [続きを読む]
  • 「子供を持つということ」
  • 台風で気圧の変化のせいか、とても調子が悪い。調子が悪いのがデフォルトなのだけど、それでも辛い。Gさんが別居しだしてから、ほぼ毎日彼の部屋で過ごしている。愛されていると感じることもある。彼は私に、「foxyに僕の子供を産んで欲しい」と言う。毎日死ぬまでのカウントダウン。息を吸うのも辛いくせに、惰性で暇つぶしのように生き... [続きを読む]
  • 「ボーダーであるということを選んでいるのか」
  • 2012年9月に書き出したこのブログ。当時私は寝たきりで、毎日目が覚めてはベッドで絶叫しオーバードーズ、首つり、入水など、連日自殺企図を繰り返していた。ボーダーである基準を調べる、DSM-IV診断の項目全てに当てはまっていた。自傷、試し行為、自殺企図、なにもかもやっていた。寝たきりになっていた間、貯金も底をつき生活保護も受給出来なかったため... [続きを読む]
  • 「「こころラボ」というブログのご紹介」
  • とても素敵なブログを見つけましたので紹介させてください。(ご本人様承諾済みです)ジンさんという方が書かれている「こころラボ」というブログです。タイトル下には「境界性人格障害の人と付き合う方の心をケアするブログ」と書かれています。とかく他のブログは「ボダからは逃げろ」「ボダは死んでしまえ」といったことばかり書かれています。(私... [続きを読む]