わん吉 さん プロフィール

  •  
わん吉さん: わん吉「模型・原付旅」
ハンドル名わん吉 さん
ブログタイトルわん吉「模型・原付旅」
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wankichi_152
サイト紹介文模型・原付・単車・ツーリングなど
自由文模型制作・バイクツーリングなどがメイン
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2013/05/25 19:08

わん吉 さんのブログ記事

  • Porikarpov I-5(1931ポリカルポフI-5)
  • 本日のお買い物「Porikarpov I-5」です1931年に採用された複葉戦闘機ですが、wikiによれば安定性に欠ける飛行機だったそうですが、どの程度なのかは謎。ちなみに後の日本の九六艦戦なども捕獲した米国人パイロットにすれば舵が過敏過ぎるとの評ですし、同じ日本人パイロットでも陸軍の九一式戦闘機はこれまた舵がやはり過敏で操縦が難しいと。(生卵をそっと握るような感覚で操縦せよと云われたそうな)、中々乗り物系のクセは難し [続きを読む]
  • 模型小道具追加
  • 本日のお買い物「ラインチゼル」と面だしヤスリの240番です。本来有ったはずのラインチゼルとトライツールのラインエングレーバー(細彫り)が行方不明で、勿体無いと思いつつ、同じものを買うのもあれなので今回はMr.Hobbyのものを試すことにしました。*で、どうせ用がなくなってからまた道具出てきたりするのですが・・・。約2000円ナリ・・・高いなぁ突き針との比較(ラインチゼルは先端0.3mm)1/72だとまだ少し太い気もします [続きを読む]
  • A-wing Starfighter
  • 本日のお買い物「A-wing Starfighter」バンダイビークルモデルです。以前にも書きましたが、1993年に発売されたDos-Game「X-wing」が好きで当時このゲームのクオリティに驚嘆して、この中で1番扱いやすいと思ったY-wingがお気に入りになるという映画とはまた別の理由で興味を持ったのがキッカケです。約四半世紀前の昔でこの再現度。しかも音声再生&セリフに合わせて口パクしたり何よりX-wingやタイファイターの例のスキーム音? [続きを読む]
  • 九六式三号艦戦(A5M3a)
  • 疲れて帰宅後食事をした後知らぬ間に寝てしまって気がつけば夜半過ぎ・・・ビンボーなわん吉には盆休みも無いのであります(泣)変な時間に目が覚めて寝れないし、でも今日だけは休みなのでこんな時間にUP。本日のお買い物「九六式三号艦戦(A5M3a)」1/72です。九試単座戦闘機と並んで欲しかった機体ですね。(とは言え欲しい割合は九試・三号>8:2ぐらいでしたが)キットのメーカー、”AVI”て・・・動画ファイルの拡張子か?と思 [続きを読む]
  • エアラボニタ(2機目)
  • 本日のお買い物「FL-1 Airabonita」RSModels 1/72です!え?前にも同じもの買っていなかったか?って?そんなスルドイ指摘するあなたは「ヘイトスピーチ認定」です(笑)*事実かどうかは関係なく本人の気分次第で認定される大阪独自の人権侵害認定公式条例(笑)がヘイトスピーチです(呆れ)キットを組み立てていたものの実はキャノピーの合いが悪く失敗したので再購入?現物は”しくじり箱”等に仕舞い込んでいる筈ですが・・・ [続きを読む]
  • CurtissHawkⅡ(1/72RSModels)
  • 本日のお買い物「CurtissHawkⅡ」(1/72RSModels)ですカーチス・ホークと云えばエルンスト・ウーデットが惚れ込んで購入してドイツの国威掲揚の場であるベルリンオリンピックで会場上空をこれで飛んだという逸話がありますが、その乗機が何と現存しているそうですね。戦後ドイツは国土の半分をポーランド領にされましたがその地にて発見されたそう。*ポーランドにて復元展示されている↓で、購入のキットはこれです。RSモデルの1/ [続きを読む]
  • 色々物資補充
  • 長年模型を弄っていると必要なものはある程度ストックするようになります。いまだにラッカー系塗料をン十年も使い続けている私塗料や筆、エアブラシの洗浄に必要なシンナーはまさに”何がなくとも”コレは絶対に必要な品筆頭とも言えます。*接着剤よりも塗装で必要なシンナーの方が重要。組み立て前に塗装が必要なのは飛行機模型の常だから。所が1年半ばかり模型制作から離れていて予備で置いていたはずの1Lのシンナーが見当たら [続きを読む]
  • 北欧空戦史 新装再販!
  • 本日のお買い物「北欧空戦史」です!!!かつて朝日ソノラマ文庫、戦史シリーズは読み漁りましたが日本戦史物はあまりの悲惨さばかりで途中でそれ以外のものを求めましたがやはり、数は少なくてそれでも、英国空軍(RAF)の戦闘機隊司令官だった人の翻訳本を読むと”ビールを増槽に詰めて英国から欧州へ運んだ”とか日本物との落差に流石戦勝国は余裕過ぎるなぁ・・・と思ったり。そしてウソのような本当の英雄的大活躍をした、た [続きを読む]
  • ウルトラセブン「ハイドランジャー」
  • 本日のお買い物「ハイドランジャー」です。ウルトラセブン・ウルトラ警備隊の潜水艦です。例によりメカコレシリーズキリヤマ隊長渋いですね〜昔の人は格好良い!*この当時キリヤマ隊長役の中山昭二さんはまだ実は30代というのも驚いたり・・・(現代人が幼すぎなんでしょうけれど)ひし見ゆり子さんは歴代ウルトラマンシリーズ随一の女優だと今でも勝手に確信したり*当時僅か19〜20歳!正直言えば、ハイドランジャーは劇中での印象 [続きを読む]
  • ポリカルポフ試作戦闘機I-17・プロペラ修正
  • ポリカルポフ試作戦闘機 I-17制作続きです。詳細なモールドがあったりと、”力作”のI-17キットですが如何せん成形技術が甚だ心もとなく?残念な状態のパーツ達プロペラの表と裏面、周りの円盤状の物はプロペラスピナー裏打ちとか。取り敢えず切り出して成形したけれど・・・プロペラの形状が違う!少なくともキットの”薙刀”状にはなっていないので修正することにしました。最初適当な他のキットのプロペラをコンバートしようと [続きを読む]
  • 本日のお買い物 PC用アンプ&スピーカー
  • 本日のお買い物「PC用アンプ&スピーカー」とか・・・パソコンのスピーカーは10数年前からクリエイティブメディアの疑似5channel3D音響のものを使用していました。価格19800円だったかな?そのスピーカーと+ウーハーを接続して満足していましたが長年本体のスイッチを酷使したのでスイッチの寿命+中のコンデンサ?がイカれたらしく音が出なくなりました。分解して修理しようとしましたが外装を外すと何故か四角の鋼製BOXにガッチ [続きを読む]
  • Porikarpov I-17
  • ポリカルポフ試作戦闘機 I-17の制作何とかチマチマと継続中垂直尾翼中程の補強板?のリベット再現したり機首センターより左にオフセットされたオイルクーラーを取り付けましたが形がキレイに決まらず前後のラインが真横から見た時に垂直に揃うように0.25プラ板を貼り付けて修正したり・・と中々地味で代わり映えのない作業ばかりが続きます。このも貼り付けたプラ板が乾燥したら貼り合わせた境目を消す作業が当然あります。機首先 [続きを読む]
  • 電磁式カタパルト搭載最新空母
  • リニア・鉄道館の話題の次は「電磁(リニア)カタパルト」を搭載した米国の42年ぶり新型空母「ジェラルド・フォード」を進水させ、先日その最大の特徴である装備電磁式カタパルトでの実機射出試験が行われた様子が公開されていたのでその動画の紹介です。2009年度より建造が始まった「ジェラルド・フォード級」ですが当初予定より2年程遅れて?運行が始まり実戦配備完了されれば(書類上は今現在”戦闘可能”とされるが)世界での [続きを読む]
  • リニア・鉄道館⑧
  • リニア・鉄道館その8です。自分のブログでここ迄連番続くのは珍しいですね(笑)さて今回訪問の「目玉」、「ドクターイエロー」です。新幹線用の初代線路点検用車両ということですね。正式名が「922形新幹線電気軌道総合試験車」だそう。その車両と横並びで。通常の0系新幹線にある車両先端と運転席ガラスの間にある点検ハッチ?が溶接で埋められていたのですがその処理が意外に”荒い”のが気になったり(モデラー的視点)しまし [続きを読む]
  • リニア・鉄道館⑦
  • 「リニア・鉄道館」その7です。今更ですがやはり、鉄道の歴史は飛行機より長くより一般に浸透しているので非常に興味深く思えました。*写真は「ドクターイエロー」とのツーショット余談だが自分の写真写りがあまりの”爺化”していてちょっと驚いたり・・・。同行者と業者に撮ってもらった1枚ちなみ何故かこの業者写真を買う平日にこういう場所に来れるのが羨ましい?色々その他を犠牲にしてるのですよ?(泣)700系新幹線と(こだ [続きを読む]
  • リニア・鉄道館⑥
  • リニア・鉄道館その6です。今回で最後と言いつつ良く見たらまだ写真が有るのと、同行者タロの写真が送られてきたので次回以降順次一部紹介しようかと思います。写真は「クロ381」新聞か何かの写真で見た記憶がありますね、何か格好良いのがあるな、何処に走っているのかと当時思いました。設計?最高速度120kmと成っていますが現在だと急行は普通にコレくらいの速度で走っていますよね?そう言えば米国は意外な事に国土が広すぎる [続きを読む]
  • リニア・鉄道館⑤
  • 「リニア・鉄道館」その⑤です。「オハ35形」昭和14年から24年まで製造された鋼製客車です。今ほど人口集中していない時代だったからか、座席が対面式ですね。*昭和16年頃は約7200万人(日本本土のみ外地含まず)平成16年度で約12700万人で現在の半分近くしか人口が無い上に60歳以上が殆ど居ない(!)照明が何とも言えない雰囲気ですね。オリジナルは白熱電球なのでしょうかね?展示車両各種・・・1番奥のトゲトゲ車両は車体がト [続きを読む]
  • リニア・鉄道館④
  • 「リニア・鉄道館」その④です。前日のC57型運転台の簡単な説明パネル写真があったので掲載変わった形式の車両がこちら「ホジ6005形式蒸気動車」(大正2年製)一見普通の客車のようですが(吊革等が時代を感じさせます)前部に何と蒸気機関が組み込まれています。1両で運行出来る初めての車両だそうで、各地のローカル線で運用されたそう。(運転席の熱や客室に煤が入り込まないのか?等々気になる構造)その解説板関西本線では昭 [続きを読む]
  • リニア・鉄道館③
  • 「リニア・鉄道館」その3です。当方が鉄道知識0なので思った以上にコメントし辛いので潔く写真だけを・・今の目でみると総木製だと高コストな気がしますが、技術的な壁の方が高かったのでしょうか?走行中のギシギシ音が凄い気もします。あとやはり木製だと重いのか車重44トンとかでした。*鋼製車両で35トン程度先の1922年(大正11年)米国製車両昭和25年(1950年)と1955年に何らかの改修工事を受けて居る模様。マメに銘板も追加 [続きを読む]
  • リニア・鉄道館②
  • リニア・鉄道館その2です。何の知識も無いのでサラッと流したい・・・が。1922年製造(大正11年)のED11形式電気機関車と云われる物電気機関車(電車)を国産出来なかった為アメリカより輸入したものだそう。展示車両は全て前照灯が点灯した状態で良い感じですね。側面銘板にはG.Eと!?現在と同じ会社か?後部正面アップモーターの排熱用スリット?こういった当時の工業製品、開発された意図、性能目標などを調べたらきっと面白 [続きを読む]
  • リニア・鉄道館①
  • 知り合いに「名古屋のリニア・鉄道館見に行きませんか?」と誘われたがあまり考えなしに”まぁ、名古屋位の距離なら良いか”と安請け合いしたのがキッカケで代休的に空けた日程で先日「リニア・鉄道館」まで行ってきました。18切符で!!(泣)時間と場所だけ記憶にあったが以前10年?程前に18切符で同じく名古屋へ行った時も別の連中に誘われてだったが、さすがに体力落ちてツライかも?帰りはせめて近鉄特急程度には乗りたいか・ [続きを読む]
  • 天神祭2017
  • 今まさに花火が打ち上がっている天神祭。以前よりビルが増えて全体が見えなくなったがまだマンションのリビングから花火は見えるし音がエアコンで締め切っている窓越しにも聞こえる程。根っからの”引きこもり”体質なので昔々、女の子と見に行ったキリ祭りと名前が付くものは全然行った事がないというか、避けています(笑)天神祭は主に淀川支流の土佐堀川で行われる神輿より船での流しの方がメインの祭りだそう(花火でも有名) [続きを読む]
  • 塗装待ちのメカコレ達
  • 毎日猛暑日ですが如何お過ごしでしょうか?連日34〜36℃とかトンデモナイ暑さですが昔より暑くなった気がするのは気のせい?歳のせい?いやいや、実は35年程前の平均気温は7月で30℃を超えた日が6日間だけですが2016年7月は21日間もありました!しかも34℃超えた日が連日続くなども珍しくないという暑さ!当方の部屋も南向きの壁がまた絶妙に太陽に向かって傾斜した様な構造で太陽光発電パネルを設置すれば最高なのでしょうが現状 [続きを読む]
  • 久々の飛行機模型いじりポリカルポフI-17
  • 「ポリカルポフI-17」制作の続きです。ちなみに何故連番がタイトルに振っていないかというと完成まで続くか判らないからですさて、ようやくキャノピーを接着しようかとパーツと胴体を合わせて見ましたがキャノピーパーツを真後ろから見た時に両裾部分が左右にはみ出しすぎた状態で胴体背後、背部後端より一回り大きかったので、機体側を少し拡張させてキャノピー裾が目立たないようにします。0.5mmプラ板でなだらかに胴体ラインが [続きを読む]