わん吉 さん プロフィール

  •  
わん吉さん: わん吉「模型・原付旅」
ハンドル名わん吉 さん
ブログタイトルわん吉「模型・原付旅」
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wankichi_152
サイト紹介文模型・原付・単車・ツーリングなど
自由文模型制作・バイクツーリングなどがメイン
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/05/25 19:08

わん吉 さんのブログ記事

  • 「要塞無人島ソロキャンプ」⑥
  • 「要塞無人島ソロキャンプ」⑥です。少し熱も下がりひどい頭痛もようやく薬が効いてきたので記事の続きを・・・*完治まで放置するとまだまだ時間が掛かりそうなので。発熱ボケ気味の頭で書いているので何時にもまして取り留めが無いのはご勘弁ください(笑)島の要所要所に桜の木が綺麗な花を咲かせていました。この将校用宿舎門前にも桜が咲いておりました。*門などは例によりパクられてありません。一旦桟橋前を通りキャンプ地に [続きを読む]
  • 「要塞無人島ソロキャンプ」⑤
  • 「要塞無人島ソロキャンプ」その5です。第5砲台(多分)の将校用宿舎から紹介です。宿舎裏にある排水施設跡?近年の造営かと思うほど保存状態の良好な宿舎跡?物置?格子が開いた状態でした(窓ガラスなど無い)8基の28cm重榴弾砲を配備した第三砲台陣地跡の説明板です。当時は直射ではなく、曲射方式なので事実上命中は期待できません。*命中公算3〜5%程度なので可能な限り砲門数を増やすしか無かったのです。その弾薬庫将校 [続きを読む]
  • 要塞無人島ソロキャンプ④
  • 「要塞無人島ソロキャンプ」その④です。最初に第4砲台跡に向かいましたが写真が雑然と多いので適当にピックアップして掲載します。すっかり崩れた指揮所家屋跡こういう家屋は崩壊が一旦始まると加速度的に一気に崩れるので立入禁止に成っていましたが、30年前ならかなり原型を留めていた筈?その時に訪れてみたかったですね。第4砲台跡だったか・・このレンガの緻密さは淡路島の由良要塞でも同じように作られていましたがやはり凄 [続きを読む]
  • 要塞無人島ソロキャンプ③
  • 「要塞無人島ソロキャンプ」その③です。今は丁度季節も春。景色も良く風もそんなにありません。最初、軽量化のためにタープ泊でと考えたのですが、1kg程度重さが変わるかどうか程度で風雨に対する抗甚性が全く違うのでオーソドックなテントに直前になって入れ替えたのですが、その事でちょっとした忘れ物がまた発生しました(笑)テントは例の”ホビット専用”寸足らずなバンドックテントです収納サイズが公称より小さく38cm以下 [続きを読む]
  • 要塞無人島ソロキャンプ②
  • 「要塞無人島ソロキャンプ」その2です。簡単にこの要塞島”友ヶ島”正式名称「沖ノ島」の要塞としての歴史的経緯を。友ヶ島は元々幕末の「ペリー来航」(1853年)*以降の国土防衛の為に莫大な国費・人員を投入した火急の国防事業で明治時代初期に建設された由良要塞群に属し(1889年、明治22年建設開始)大阪湾、瀬戸内海を防衛する目的で造営されたもの。当時は現代日本より酷い防備状況で日本全体の軍設備は殆ど無く(せいぜいが [続きを読む]
  • 要塞無人島ソロキャンプ①
  • 今回、要塞無人島「友ヶ島」へ行ってまいりました。思えば3年程前に「島巡りをしたいなぁ・・・」と思いついたものの先ずは本州東西南北かな?と(日本の東西南北先端は攻略済み)思っていたのと、以前のように長期の旅の時間が取れなくなり、中々島巡りは出来ませんでした。ちなみに島の定義として周囲が0.1km以上であり、人工島(埋立地やそれにより陸地と一体化等)は省いて6852島だそうです(*海上保安庁昭和62年発表より) [続きを読む]
  • 本日のお買い物「スノーピーク・ノクターン」
  • 本日のお買い物「スノーピーク・ノクターン」です。キャンプには必需品のランタンですがジャンク市で買った灯油を使う古いランタンからLED式ランタンまで、LEDランタンもジェントス757MSからスノーピークの「たねほおずき」など何だかんだと増えてしまいましたが、基本バイクでのキャンプなのでコンパクトさが最重要です。そういう意味でスノーピークの「たねほおずき」は現在最適優良候補なのですが*野営時等で実際常備携行してい [続きを読む]
  • 現在の軍用暗視カメラはこんなに凄い!?
  • スマホとガラケーの2丁持ちで費用も2倍のわん吉ですが突然ガラケーの方が故障です。保安基準の厳しい所で使うために外部SDカードなどが無いモデルのガラケーなのでメルアド等がサルベージ不可能?かなり困っています(仕事に成らない)新古品のガラケーをポチりましたが電話番号はauショップで移行できるでしょうが、内部メルアドデーターが引き継げないとかなり困った事に・・・。いきなり電源入らないとか・・・(泣)そんなロ [続きを読む]
  • 隠れ野宿地に再び・・・五
  • 「隠れ野宿地に再び・・・」最終章です。夜半何度も目が覚めてしまいましたが、寝袋をモンベルのダウンハガー#3にしてしまい(昼間が暑いくらいだったのでこれで良いかと思った)寒かったので目が覚めたのかもしれませんが、実は私は花粉症で寝ている間に鼻が詰まってしまい息苦しくなったのが原因?この一両日中にヒノキ花粉が飛散し始めたとのニュースがあったようなのでソレのせいかもしれません(泣)寝ぼけ眼でススで”真っ [続きを読む]
  • 隠れ野宿地に再び・・・四
  • 「隠れ野宿地に再び・・・」その四です。40cm程小枝を細切れにして用意したウッドストーブの燃料ですが3/4程で炊飯から豚肉料理まで全部まかなえました。とても優れた燃料効率ですね。2,3年前にキャンプ動画常連者間で流行っていたアルコールストーブとチタン(笑)バーゴのヘキサゴンウッドストーブの組み合わせは定番と言えるほど流行りましたがその燃費の悪さと風に極端に弱い性能からか、すっかり使う人が減った気がします。そ [続きを読む]
  • 隠れ野宿地に再び・・・三
  • 「隠れ野宿地に再び・・・」その3です。その野宿地ですが前回もショットガンの空薬莢が転がっていましたが、今回も探すでもなくテント設営周辺だけで3個も見つかりました。*その後更に4個見つかりましたが・・・見つけた撃ちカラは全て銘柄が違うので違う時期か別々の人が撃ったのでしょう。この辺は狩猟可なのかな?ウッドストーブを組み立てて、直径3cm以下の小枝を長さにして40cm位?程細切れにしたものを少々とあとは松ぼっ [続きを読む]
  • 隠れ野宿地に再び・・・弐
  • 「隠れ野宿地に再び」その弐です。無事に野宿予定地に到着して、荷物を下ろします。車と違い、テンションコード(自転車用のゴム紐のようなもの)でバイクに括り付けているので積み下ろしに時間が掛かります。グランドシートを最初に拡げてみてペグで仮止め、そして下に石や大きな異物が無いかを確認して防水シートをその上に敷きます。それからテントシート2枚をボタン留めして立ち上げていきます。天気が良いので少しダウンハガ [続きを読む]
  • 隠れ野宿地に再び・・・壱
  • 去年、グーグルアース(衛星写真)を元に調べて実際にCB125Tにてこの地に向かいましたが、林道が路面再構築中工事?の為酷い有様で(工事中で路面が掘り返されていた)しかも全線結構な坂道で轍のある部分も酷かったので(沢の池よりバイクでは危険)とても気持ちの良い景観&静かだったのですが行きあぐねていました。今回、出番の減ったCB400SSですが折角、車検に通した事もあり”使わにゃ損”という事と、スカイウェイブだとセ [続きを読む]
  • 隠れ野宿地に再び・・・
  • 編集中です。再び道なき?道の野宿地へと向かいました。近日公開予定今回CB400SSにて出撃。テントは勿論ドイツ軍用テントシート穴だらけ補修オプション付きのボロにて泊まり、小枝だけを燃料として夜の独り宴会など。夜半、早朝に意外な来訪者? [続きを読む]
  • 完ソロ野営ドイツ軍穴空きテントシート④
  • 「完ソロ野営ドイツ軍穴空きテントシート」その④最終です。これから宴の準備など野営本番なのにカメラのバッテリーが切れてしまい仕方なく幾らかスマホで撮影しましたが、暗いとてんでダメな模様で大半の写真が使い物に成りませんでした(泣)写真は焚き火を調子に乗って盛大にやっている様子それにしても焚き火は不思議な魅力があります。なぜだかいつまでも薪が有るだけやって、眺めて居られる不思議。やはり火があると安心?* [続きを読む]
  • 完ソロ野営ドイツ軍穴空きテントシート④
  • 「完ソロ野営ドイツ軍穴空きテントシート」その④最終です。これから宴の準備など野営本番なのにカメラのバッテリーが切れてしまい仕方なく幾らかスマホで撮影しましたが、暗いとてんでダメな模様で大半の写真が使い物に成りませんでした(泣)写真は焚き火を調子に乗って盛大にやっている様子それにしても焚き火は不思議な魅力があります。なぜだかいつまでも薪が有るだけやって、眺めて居られる不思議。やはり火があると安心?* [続きを読む]
  • 「完ソロ野営ドイツ軍穴開きテントシート」③
  • 「完ソロ野営ドイツ軍穴開きテントシート」その③です。買い出しに向かうも、道が悪い上に乗り慣れていないスクーターで怖い思いをした後、また同じ道を通ってなんとか宿営地に戻り、食事の用意です。今回少し早めに現地へ着いたので(とは言え買い出しや荷物運びに時間が取られてこの時既に17時過ぎ)お腹も空いたので取り敢えず買い出しで買ったカップ麺のために湯を沸かします。湿気っているからか物凄い煙が・・・!そして薪を [続きを読む]
  • 完ソロ野営ドイツ軍穴開きテントシートで②
  • 「完ソロ野営ドイツ軍穴開きテントシート」その②です。”チョットばかり助かった”事例とは野営場所に薪が沢山放置されていたことです(笑)今回は焚き火をやりたいがために来たようなものなので、のこぎりや手斧も持参してきましたが、予想外の薪を確保出来てありがたかったり・・・。ちなみに今回コレだけのカバン類を持ってきましたがバイク時でのキャンプより150%増しの荷物の多さですねかなり頑張って集めたであろう薪やそ [続きを読む]