やまと さん プロフィール

  •  
やまとさん: やまとの休日きもの生活
ハンドル名やまと さん
ブログタイトルやまとの休日きもの生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/yamato7777777/
サイト紹介文黒猫大好き、やまとの地味でまったりチープなきもの生活
自由文無性に黄八丈が好き♪縞も格子も麻の葉も、幾何学模様と博多献上帯がほとんど。たまにお能の話や、骨董市、ちまちまてづくりしているものの話も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/05/25 22:11

やまと さんのブログ記事

  • 雨……
  • 雨ですが、今日はこんなん。滝縞の(多分)大島紬の袷着物博多の半幅帯着物は、正絹でも種類によっては少しの雨なら許容範囲。俗に云う『洗える着物』は化繊なのであらえるのですが、正絹の着物が全て洗えないわけではありません。袷着物の裏地(胴裏)と、表地の縮み具合がかなり違うので、洗うと型崩れする可能性が非常に高いってだけ。(それが問題)解いて反物に戻してしまえば、簡単に洗えますよ〜着物生活で、色々失敗してきた経験 [続きを読む]
  • 着物は大変なものではないと思いたい。
  • 着付け教室で、平安の十二単の着装を見て『いつもの着物でも大変なのに、当時の貴族は大変』と云う感想の方がいました。2年間毎週、着付けを学んできた人でも、着物を着ると云うのは大変なんだな〜、と。留め袖を12分で自装できるのに。そう思うと、やっぱり着付け教室で学ぶ着方は、見せるための着付けと云うことなんですね。あくまでも、自分が心地良くいられる方法ではないんです。その辺りが、私が教室の授業に心酔出来ない [続きを読む]
  • 鼻緒ののすげ替え
  • 夜なべして、昨日500円で購入した新古品の駒下駄の鼻緒をすげ替えました。新古品だけに、元々の鼻緒はむっちゃ可愛い赤い鹿の子絞り柄でしたが、革の部分全てにカビのようなものが付いていました。カビを落としても、このまま履くと足袋に染料が移ったりして危険。思い立ったが吉日と、夜も更けているのにすげ替え始めてこんな風になりました。可愛いけれど、ちょこっと渋い。そして、普段履き用の細かい細工塗りの下駄は、剥げ易 [続きを読む]
  • 春の体調不良
  • 暖かくなると、年がら年中自律神経が出張(失調ね)しているわたしは、大体色々具合が悪くなります。今日も授業があると云うのに(あるからなのか?)不定愁訴で色々な部分がおかしい。そんな本日の着物雪花絞りの袷着物桜柄の絞り染めの名古屋帯授業の前に、久しぶりの大江戸骨董市に行ってきましたが。家を出る前から調子が悪いし、電車待ちで立ち眩みするし、電車内で揺れた拍子に座っていた私は物凄い勢いで壁ドンされたし、駅に着 [続きを読む]
  • 下準備中
  • ようよう暖かくなる兆しも見え始め、絞り染めの意欲も湧き始めたので、待機していた白生地の湯通しを始めました。水洗いではなく湯通しなのは、私の絞り染めが植物染料で煮染めをするから。100℃まではいきませんが、7〜80℃の染料に浸けて染めるので、白生地段階である程度縮み具合を確かめなければいけません。先日の植物染料だけで黒を染めた訪問着の縮みっぷりが失敗の代表作(笑)湯通しでかなり縮んだり、縮みそうな反物は、常 [続きを読む]
  • ヤフオクでポチっとな。
  • 本場黄八丈の、ボウタイorネクタイでした。織り模様の美しさったら♪(まあ、黄八丈好きな和服の方には使い道が無いですけどね)そして、400円。送料込みでも600円未満。美しい〜って愛でているだけではつまらないので、なにかに利用したいのですけれども。長さは短めの帯締めくらいですが、一番太い部分の幅が四センチくらいはありそうです。実は、黄八丈のネクタイも持ってはいますが、使ったことはありません。(?当たり前)使用目 [続きを読む]
  • 絞りたい……
  • 久しぶりに、絞る作業に没頭したいのに、ここ最近染めたいアイデアは、型染めやら手描きばかり。(革の手縫いにまで脱線してるし)1つ思い付いたものはあるものの、まだしっかりとした形になっていないので作業に入れないし。そんなフラストレーションが溜まっている今日の私黄八丈の袷着物久米島紬の半幅帯……なんだか無性に、名作ホラー映画が見たい気分です。シャイニングとか、エクソシスト、ポルターガイストみたいな有名どこ [続きを読む]
  • 予定のない土曜日の清々しさったら♪
  • 朝、いつも通りの時間に起き出して『今日は何をしよう?』とのんびりして図書館に行きいきつけの珈琲店でいつもの珈琲を一杯。もう、お昼です。そんな今日は先週日曜日に購入して、毎日、目で楽しんでいた鳶八丈を着ました♪うん、やっぱり良い。購入したときに、骨董市のとあるほどほどな常連さんから『あなたには地味すぎない?』と言われましたけど。鳶八丈の樺色(焦げ茶色)は、赤味が強めなので、着ると奥深い色味で少しばかり [続きを読む]
  • 4月の発表会に向けて
  • 練習が始まりました。………………去年さんざん身体に叩き込んだ帯結びですが。結果は、ねぇ。自分の記憶力の無さに、笑うしか有りません。何一つ覚えてないったら(笑)そんなかんじで、手探りなのがこんなん。まずは、ふくら雀お次は文庫結びちょこっと言い訳致しますと、教材の枕を使っているからです、覚えていないのは。教室でも、ほとんど手結び枕の授業ですからね。 はぁ、練習しないとね〜 [続きを読む]
  • 骨董市のお買い物
  • 戦利品はこちら。右の赤茶色の縞の着物が樺(かば)色の『本場黄八丈』通称、鳶八丈です♪(樺色なのに、鳶とは何故?)こんなに深く、赤味がかった美しい茶色に染まった物には滅多に出会えません。さらに、杢糸で織られた物も非常に珍しいのです。テンション高かったらつい購入するでしょう?寸法もほぼマイサイズで、汚れも無ければ、八掛も黒で申し分無し!ちなみに、2.5万でした。激烈絶賛金欠中の私には、かなり痛い出費ではありま [続きを読む]
  • 早朝の新井薬師の骨董市
  • 朝7時から、参加してきました〜♪月に一度のお楽しみ。今日は先日お願いされた『生々しいタコの帯』を納品。「帯を直して欲しい」とのお願いついでに、折角なので巻いて貰いました。ほら、タコです。いろんな人に誉められて天狗になる私。素人作にしては面白いでしよ?(自画自賛)調子に乗って、物凄く貧乏なのに(笑)着物を1枚買ってしまいました。これがまた非常に綺麗で格好良い、鳶八丈の縦縞の着物で。今週末は絶対に着ますね [続きを読む]
  • 町娘なイメージで
  • 黄色に黒白茶色の、バッチリ黄八丈の着物黒朱子地に龍の丸紋の名古屋帯半襟も色付きで、町娘(って歳でも無いが)に。この着物、本場の黄八丈で生地もしっかりしているし、柄も可愛いくてお気に入りですが、いかんせん身幅が狭すぎます。物凄くスリムな方が着ていたらしく、よっぽどじゃないと狭く仕立てない衽(おくみ)までもが狭く仕立ててあります。トータルで、私の普段着より15cm程も細身なので、足元がはだけるのなんのって。( [続きを読む]
  • 暁斎(きょうさい)展に行って来ました♪
  • 国芳、若冲ときて、今年は河鍋暁斎。かなりの人出ということで、有給消化日の平日金曜日の朝一に観に行きました。それでも、開館前には行列が出来ていましたし、中々の観覧者で。河鍋暁斎は、国芳に師事した幕末の絵師です。動物のユーモラスな描き方や、洒落っ気のあるテーマは通じるものがあります。ただ、私が好きな暁斎は、精緻極まりない描き込みと滑らかな色味なんです。おおらかに大胆な筆遣いで描かれた風景と、豆粒程の極 [続きを読む]
  • 本革の手縫いミニショルダーバッグ
  • 第二弾♪バケツ形バッグの完成後、思い付きで突貫工事。思い付いてから作業は半日。ミニショルダーバッグです。(一ヶ所縫い目がよろけているのは、多分気が散ったせいかと。)目的は、長財布が入るサイズの、着物で出掛けるときのバッグ。長財布がすっぽり入るけれど、それ以外のものはほとんど入りません。まあ、着物でお出掛けする時は、スマホは帯に、手拭いはたもとに、ティッシュやメモ帳がわりにもなる懐紙は胸元に。収納でき [続きを読む]
  • 本革の手縫いバッグ
  • 完成♪深緑色に、えんじ色の縫い糸楕円のシンプルなバケツ形です。(中に入っているのは高さ38cmの反物)世田谷のボロ市でお安く手に入った本革(500円)を加工したかったのと、着物で出掛けるときのお出掛け用に、長財布と反物と雑誌までが入るサイズの鞄が欲しかったんです。そして縁のぐるりに縫い付けている内布で、中の目隠しも出来ますよ。この内布は側面だけなので、紐を緩めると鞄の底の革が見えます。そして、この内布は実は [続きを読む]
  • 美しい着姿とふだんの着姿
  • 『美しいキモノ』の春号を見ていて、ふと思いました。着物雑誌の美しい着姿は、胸元、腰回りにしっかり補整を入れて、厚い帯板を付けて、胸高にシワひとつなく着せ付けた姿ですよね。式典や、パーティなんかだと隙の無いそんな着物姿が良いのかもしれませんけれど、個人的には好きでは有りません。 特に、胸回り、帯回りがゴツい。凹凸なく仕上げて、着物をより美しく撮影するためでしょうけれど、私は程よく凹凸ある、丸みが感じ [続きを読む]
  • 梅から桜へ
  • 風はまだ冷たいけれど、日差しはかなり春めいて来ましたね〜♪てなわけで、今年着納めの梅柄の着物と桜柄の帯梅が満開な中、梅柄の着物を着るのは少しばかり不粋ですけれど。日本民藝館へ行って来ました。先日は『バーナード・リーチ』の展示が無かったので、本日リベンジです。正直に云うと、焼き物にはほとんど興味が湧かないので期待はしていなかったのですけれど。彼の作品は、色・形・デザインが何故か好みでした。手にとって [続きを読む]
  • 革のもの
  • 1月の世田谷のボロ市で手に入れた、ランドセル用の本革のはぎれ(と云っても70cm角ですが)を、目下楽しく加工中♪手縫いのバッグが出来る予定。子供が6年間使い続けるランドセル用の革なので、ビニールコーティングがされているのですが。強いです!手縫い作業でちょこっと工具をぶつけたりしても、キズは付かず、曲げてもしっかりとした伸縮性があります。500円ですよ〜仕事なんかしないで家に帰って、早く完成させたいです。現状 [続きを読む]
  • テスト終わった〜♪
  • 無事に終わりました。結果は後日。留袖の自装なので、持ち物削減のために小物は着て行ったので、本日の着物はちょこっとあり得ないコーデ紫色の牛首紬の色無地着物箔が少な目な淡い桃色の袋帯白い絞りの帯揚げ白に金糸の帯締め帯の左脇に差した、金銀の末広なんだか、中居さんみたいな色味ですね。 [続きを読む]
  • テストの前日に
  • ほら、受験の験担ぎとかでありますよね。タコにまつわるものを『置くとパス(オクトパス)』って云うもの。テストの前日と、前々日に、こんなタコ足を描いてます。(いや、だから勉強しようよ)あんまり、生々しくなりません。どちらかと云うと、美味しそう?下染めをしたらむっちゃにじんだし。ちなみに、三本の方は帯前になります。右上のは、お太鼓のたれ。そして、……写真失敗して、かすかすな写りになっていますが。足が4本しか [続きを読む]
  • 銀座で展示会のハシゴ、三軒
  • 年度末までに有給を消化しなくてはいけなくて、珍しく水曜日休んでみました♪今週末は着付け教室のテストで忙しくて、今週行きたい展示会だらけだったのでちょうど良いタイミングでした。。銀座に足を伸ばして来ましたよ〜まず、8丁目で『タナツハタメラ染織展』京都造形芸術大学の卒業生有志の作品。染めや織り、柔らかい春向けの着物やタペストリー作品がありました。……個人的には、全体的にちょこっとパンチが足りない感じ。 [続きを読む]
  • 反動で下がったり、四角っぽかったり。
  • 昨日、テンションが高かった反動で、今日は朝起きてからかなりのど〜〜〜んより気分。もともと浮き沈みは激しいので慣れていますが、今日は何にもしないでぼーっと過ごします。さて、そんな今日ですが、本疋田の練習を染めたものをご披露。右上が、1?間隔のもの右下が、5?間隔のもの。……たしかに、一粒は四角っぽく染まっているのもありますが、問題は揃っていないこと。 1?はそこそこ真っ直ぐですけど、5?は……五粒× [続きを読む]
  • 細かい練習と肩凝り頭痛と
  • 先日、京の絞り展で教わった『本疋田』を目下絶賛練習中〜♪5?間隔で、縦×横に各五粒でこんな感じ。うーん、見事に不揃い(笑)お次に、1?間隔で、絞りやすくするために、頂点に赤色で印をつけたもの。これもまた、不揃い。手と目と、サイズ感をしっかり覚えるまで練習しないと。さて、こんな細かい作業ばかりしているので、昨夜は頭痛で早々に床につきました。が、あまりの痛みに起きること三回。仕方なく、3回目(明け方4時 [続きを読む]
  • た、タコ……
  • 骨董市の知人に頼まれた、なまなましいタコの帯。早速下絵を描いてみた。…………締めたいかな〜?ざっくり下絵なので、がしがし書き込んでもっと生物に見えるように描き込むつもりですけど。さて、ぬめっと感は、どう描けば表現出来るのだろうか。 [続きを読む]