シオン さん プロフィール

  •  
シオンさん: シオンのブログ
ハンドル名シオン さん
ブログタイトルシオンのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sinkai_12
サイト紹介文折に触れてお茶の事を書いてみます。
自由文はじめまして
来月からお茶のお稽古に、再び通います。
お茶の事、お能の事について書いていきます。
コメント大歓迎です。
これからどうぞよろしくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/05/25 22:25

シオン さんのブログ記事

  • ホウチャク草
  • お稽古に行ってきました。GW最中というのに朝の通勤電車は人で溢れていました。座席を確保しないままに目的地に着いてしまいました。泣き、、お席には風炉の構えに火鉢に銀瓶が掛けていました。昔懐かしい盆点前ですがその前に茶杓飾りとセットになっています。拝見のお勉強です。次の人は茶碗飾りとセットに、そして皆さんで火鉢の傍に寄り野点風にして野点をしました。掛け軸はー山花笑緑水ーこの季節の山の花々は咲き乱れて緑 [続きを読む]
  • 桜日和
  • 今年も満開の大島枝垂れですが去年よりは花が疎らです。しかし、此の春又、咲いてくれるという事に意味のあるような、、、桜と供にですね。   此方は梨の木、可愛い花です。 [続きを読む]
  • 春のお庭
  •                                                       昨年の暮れ、ある人から頂いたシクラメンは健気に咲いていますよ。 久々に桃と李とアマリリスの生け花です。庭には一重の山吹も咲きそろう 気温が上がると待っていたかのように春のお庭          [続きを読む]
  • 着物で
  •  来週のお稽古、相伝物には着物でお点前が筋でしょうか、そうかも、お茶の神様に申し訳ないからと言われそう着慣れてないのでついつい洋服で済まします。出来る限りは着物で出かけるようにそうなりたいですね [続きを読む]
  • 菜の花
  • お棚は糸巻棚の続き薄のお点前をしました。途中で替茶碗を用意して半東を仰せつかり別の方がお薄をするという、、半東の役をするとは思いもしなくて大変さがひしひしとお勉強になりました。糸巻棚には地板を置かないのが表流なのだそうです。お床の花はそろりの花入に菜の花と土佐水木ですが花が開いてないので水木だそうです。菜の花の葉が縮れてないのが関東とかいう方も、此の季節、菜の花は畑でも道端にも咲いてますよね。畑に [続きを読む]
  • 菜の花
  • お棚は糸巻棚の続き薄のお点前をしました。途中で替茶碗を用意して半東を仰せつかり別の方がお薄をするという、、半東の役をするとは思いもしなくて大変さがひしひしとお勉強になりました。糸巻棚には地板を置かないのが表流なのだそうです。お床の花はそろりの花入に菜の花と土佐水木ですが花が開いてないので水木だそうです。菜の花の葉が縮れてないのが関東とかいう方も、此の季節、菜の花は畑でも道端にも咲いてますよね。畑に [続きを読む]
  • 椿にもいろいろ
  • 茶通箱、二度目を教わりました。細かなところにも教えてもらい幸せでした。割稽古では茶入の扱いを丁寧に教わりました。合間にお話の桐の板の上に花入でして、雪柳、椿が床の間に飾られてあり、椿の銘が月光(がっこう)という珍しい雌しべが大きい椿だそう、、他にも日光(じっこう)もあるそうな。午後から花月を致しました。輪になってお菓子を頂いて札をひいて、幸か不幸か亭主になり花月をしました。 [続きを読む]
  • 椿にもいろいろ
  • 茶通箱、二度目を教わりました。細かなところにも教えてもらい幸せでした。割稽古では茶入の扱いを丁寧に教わりました。合間にお話の桐の板の上に花入でして、雪柳、椿が床の間に飾られてあり、椿の銘が月光(がっこう)という珍しい雌しべが大きい椿だそう、、他にも日光(じっこう)もあるそうな。午後から花月を致しました。輪になってお菓子を頂いて札をひいて、幸か不幸か亭主になり花月をしました。 [続きを読む]
  • 新たに茶の湯
  • もう許状は数年前に頂いてはいたのに機会がなくて出来ない儘でした。今日、初めての相伝物の茶通箱を教わりました。長板の総飾りでしました。お客様に連座された三名の方もお疲れかと、、、二回もお濃茶を飲むのですから。準備に抹茶を漉して二つの茶入にはく、そして桐の利休箱に入れて出します。箱の扱いを覚えます。掛け軸は、早蕨の草の戸叩く拳哉  (宗心)先代の     さわらびのくさのとたたくこぶしかな花入は、うず [続きを読む]
  • 新たに茶の湯
  • もう許状は数年前に頂いてはいたのに機会がなくて出来ない儘でした。今日、初めての相伝物の茶通箱を教わりました。長板の総飾りでしました。お客様に連座された三名の方もお疲れかと、、、二回もお濃茶を飲むのですから。準備に抹茶を漉して二つの茶入にはく、そして桐の利休箱に入れて出します。箱の扱いを覚えます。掛け軸は、早蕨の草の戸叩く拳哉  (宗心)先代の     さわらびのくさのとたたくこぶしかな花入は、うず [続きを読む]
  • 春霞
  • 一月のお稽古は紹鷗棚です。春草の色絵茶碗が可愛らしい。茶器は金地の住吉蒔絵中棗です。お花も春を呼んできたような、、、題名を付けるとすると春霞でしょうか^^  ストック あおもじ  カーネーション。 [続きを読む]
  • 春霞
  • 一月のお稽古は紹鷗棚です。春草の色絵茶碗が可愛らしい。茶器は金地の住吉蒔絵中棗です。お花も春を呼んできたような、、、題名を付けるとすると春霞でしょうか^^  ストック あおもじ  カーネーション。 [続きを読む]
  • 無地の着物
  • 無地の正絹の着物に名古屋帯です。今年は着物に慣れてみようかとも、僅かばかりの義理の母の残してくださったのもあり帯はほとんどそうです。こうしてみると体型を何とかしないとシミジミ、、、でも着物は慣れることから、がんばりましょう  [続きを読む]
  • 無地の着物
  • 無地の正絹の着物に名古屋帯です。今年は着物に慣れてみようかとも、僅かばかりの義理の母の残してくださったのもあり帯はほとんどそうです。こうしてみると体型を何とかしないとシミジミ、、、でも着物は慣れることから、がんばりましょう  [続きを読む]
  • 久々に
  • ゆっくりな時間ができたので久々に、略点前をしました。瓶掛けの前に座ってゆったりな時間を過ごせました。 松の内までに正月花を片付けるという慣わし、、、まだまだ捨てるには忍びないですが。 [続きを読む]
  • 久々に
  • ゆっくりな時間ができたので久々に、略点前をしました。瓶掛けの前に座ってゆったりな時間を過ごせました。 松の内までに正月花を片付けるという慣わし、、、まだまだ捨てるには忍びないですが。 [続きを読む]
  • 年明けての一服
  • あけましておめでとうございます。  今年もどうぞよろしくお願い致します。穏やかな三が日でしたよね。穏やかに此の一年を過ごせると良いですね。お正月ですのでおめでたいお茶碗を使って一服しました。松竹梅の色絵茶碗です。遠山も見えます。お茶銘は又玄です。 [続きを読む]